厚生 労働省 大坪 寛子。 大坪寛子の元夫(元旦那)や子供は誰で顔写真はある?補佐官と不倫で炎上

大坪寛子の経歴は?性格がキツすぎることで有名!若い頃は超美人?

厚生 労働省 大坪 寛子

彼女は慈恵会医科大学から厚労省に入った医系技官ですが、医師としての実力はたいしたことはありません。 ところが、菅義偉官房長官の信頼が厚い和泉洋人・首相補佐官 66 と極めて近い関係になったことで、とんでもない権力を握ってしまったのです」(厚労省の行政に詳しい医師) 今年8月に和泉補佐官と大坪氏は、山中伸弥教授が所長を務める京都大学iPS細胞研究所を訪問。 予算削減を一方的に通達し、山中教授を「恫喝した」と医薬専門メディアで報じられた。 一方の山中教授は会見を開いて予算削減の理不尽を訴え、最終的に削減は見送られる見通しになった。 そこに週刊文春が二人の京都旅行と銀座デートを報じたのだ。 「和泉補佐官と大坪氏の『ただならぬ関係』が厚労省内で噂されるようになったのは、夏頃でした。 内閣官房に出向していた大坪氏は7月に厚労省に戻ってきて、審議官に抜擢されます。 しかし、課長になったことのない大坪氏が、なぜ(課長よりも上の)審議官をやるのかと話題になり、和泉補佐官と『昵懇 じっこん の仲』だったことが判明した」(全国紙厚労省担当記者) 前出の医師が続ける。 「山中教授と同じような手口で予算をカットされた『被害者』の話はよく耳にします。 厚労省には自由に使える数十億円規模の『調整費』というものがあり、大坪氏がその予算を握っている。 そのため、彼女の傍若無人な振る舞いを知っていながら、誰も表立って批判することができないのです。 ただ、疑問なのが、なぜ彼女はそんなに権力を行使したいのか、ということ。 『官邸官僚』の著書があるジャーナリストの森功氏はこう説明する。 「和泉補佐官は菅官房長官の腹心と言われ、その威光を背景に自分の好きなように政策を進めてきました。 そんな恐ろしい状況が、この国の中枢で進行しているようだ。 そんなおそろしい状況がこの国の中枢で進行してるようだ」 — 俵 才記 nogutiya 和泉補佐官と大坪審議官の公私混同、不倫報道が、された時点で、公務員の信用失墜行為に該当しますね。 懲戒免職相当です。 しかし安倍総理が認めないでしょう。 だとすれば、安倍内閣総辞職の要求を拡散しましょう。 おそらく通常国会で、桜を見る会の問題、IR問題答弁立ち往生、解散か総辞職でしょうね。 — IKEDAYA SHIN 池田屋 真 ikedayashin 今の官邸は、権力の中に長く居て、自分を見失い、実力もないのに自信過剰になった政治家・官僚・その他の人たちが住む異常な倒錯の館のようです。 — ANZU ANZU2615 研究費を削る様な国では、これからの若い才能は日本を見限り海外に行ってしまうだろう。 国民を使い捨てにする様な企業が、海外に逃げると心配している輩がいるが、そんなものより頭脳の流出の方が恐ろしい。 このままでは日本は国際競争に負ける! 国の衰退に繋がるのだ。 — himehimemoon hiro36mati2121 もう人との最悪カップル💑が居る。 【京都出張不倫旅行】の大坪女史だ。 京都大学の山中教授を脅し研究費をゼロにした最悪カップル💑だ。 脅し成功報酬が【午後からの京都出張不倫旅行でした】 2人👫は【あ〜して】で愛を育む。 66歳和泉首相補佐官と厚生労働省審議官の52歳大坪女史。 — 凍結2代目・伊勢谷明神(至) 9trIqkBXqoKmGBp 普通はスネに傷持つ人間は大人しくしていればいいものを、よりによってノーベル賞受賞の中山教授を恫喝したらどういう結果になるか分かりそうなものです。 やはり頭脳が宜しくないのですね😓— mao meirisasaki >和泉洋人・首相補佐官 66 と極めて近い関係になったことで、とんでもない権力を握ってしまったのです よくある話です。 大坪は研究員としての実績は血液と名がつくものの専門的な研究に深く絞らず、結果的に大した研究を行っていなかった。 つまり、研究員としても医師として、それが彼女の限界だったんでしょうね。 大学院の研究助手や大学病院の研究員が、教授のポジションや省庁のポジションを確保するために、その身分の男に色目仕掛けで近づき、不倫をしてそのポジションを手に入れるというのはよくある事です。 実際、この手の女を3人知っています。 私の知人の女性(国立大学院助手、大学病院医師、附属病院研究員)が大坪のような男と不倫をして、そのポジションを手に入れています。 女の闘いは、すさまじいものですよ。 ある国立大学の学部長(60歳)には長年の助手(50歳女性)がいて、その助手が書いた研究論文を学部長の論文として発表していました。 学部長は助手に、准教授・教授の道をちらつかせ不倫を続けていた。 そこへ新しく28歳の助手(中国人既婚女性)が入った。 その助手と2人で中国へ出張に行き、帰国して半年後、助手は准教授になった。 彼女の実際の学歴は高卒です。 学部長に気に入られ愛人になれば准教授の道は近いものです。 高卒であっても、なぜか准教授になれるんですよ、日本の場合はね。 どこもかしこも日本は腐っていますよ。 昔も今もね。 それに比べ山中教授は、ノーベル賞を受賞するまでの苦労は並大抵なことではなかった。 何度も厚生労働省に足を運んでは、研究予算を上げてほしいと土下座しては門前払いをくらっていました。 研究予算が足らないため自分の給与を全額研究費に使い、山中さんの妻(医師)の収入で生活していました。 日本は失うものはすべて失ったと思いますよ。 残っているのは、食品添加物の著作権くらいでしょう。 : : [15] 「今年8月に和泉補佐官と大坪氏は、山中伸弥教授が所長を務める京都大学iPS細胞研究所を訪問。 予算削減を一方的に通達し、山中教授を「恫喝した」と医薬専門メディアで報じられた。 一方の山中教授は会見を開いて予算削減の理不尽を訴え、最終的に削減は見送られる見通しになった。 そこに週刊文春が二人の京都旅行と銀座デートを報じたのだ。 (ある厚生行政に詳しい医師の話として)山中教授と同じような手口で予算をカットされた『被害者』の話はよく耳にします。 厚労省には自由に使える数十億円規模の『調整費』というものがあり、大坪氏がその予算を握っている。 」 どうも腑に落ちない点が多すぎる。 第一、投稿の元になっているフライデーの記事(上はその引用)ではことの内容といきさつが適切にまとめられていないのではないか。 フライデーの記者が、本来直接関連性のない予算打ち切り通告案件と「不倫出張」を安易に結び付けようとする意図だけが見えて来る。 これでは、わが国医療研究の財産であるips細胞によって難治療に対する画期的進歩がいつ実現されるかという、国民一般大衆の大きな関心とは裏腹な方向へと嚮導しかねない。 「朝日デジタル記事11月19日」の伝えるところでは、 「京都大のiPS細胞の備蓄事業について、政府が、年約10億円を投じてきた予算を打ち切る可能性を京大側に伝えたことがわかった。 」というものである。 また、発端となった「薬経バイオの本年8月の記事」によれば、 「大坪氏は、(この備蓄事業予算について)財団法人化後は関連予算をほぼゼロにする方針を主張。 これに対して山中教授は、一定期間をおいて段階的に予算を減らすことを希望したとされる。 2人の議論は徐々にヒートアップ。 大坪氏は財団法人の甘い収支見通しを厳しく批判する意見を述べるとともに、『iPS細胞の研究には10年間で1000億円以上の補助金が国から支給されることになっているが、そんなものは私の一存でどうにでもなる』と恫喝とも思える発言もあったという。 」 と詳しいいきさつが報じられていた。 上の二つの記事から分かることは、和泉と大坪が山中教授に通告したのはips備蓄事業の年間10億円の補助停止である。 それとともに判明するのは、フライデー記事のある医師が言ったという「調整費」を大坪氏が握っていて、あたかもips備蓄事業もその一つであるかのような言い方は、正確でないということである。 今回の問題は(スキャンダルという側面でなく)、ips備蓄事業への補助を止めるという厚労省の方針が何に基づき、抵抗した山中教授の言い分がどうであるかであるはずだ。 和泉と大坪の不倫スキャンダルを記事にするなというのではない。 高級官僚たちのあるまじき品行として、社会倫理上からも公にされてしかるべきだと思う。 しかしジャーナリズムのあり様として、峻別すべきものは厳密に分離して記事にし論説しないと、ipsの価値を最大に引き出していくというわが国社会の正当な要請を曖昧なものにしかねないと懸念する。 : : [2385] さま 仰りたいことには賛同するが、表現がわかりにくい感じ。 これを機に、政府は国を挙げてiPS細胞の研究支援をすることに決めた。 2013年から向こう10年で総額1100億円。 山中教授のCiRAにも年間約10億円の助成金を出すという約束だった。 (CiRAは、献血のようにあらかじめ複数の型のiPS細胞をストックしておく備蓄事業を進めようとしていた。 : : [244]. 斜め中道 さま 仰りたいことには賛同するが、表現がわかりにくい感じ。 2013年から向こう10年で総額1100億円。 山中教授のCiRAにも年間約10億円の助成金を出すという約束だった。 (CiRAは、献血のようにあらかじめ複数の型のiPS細胞をストックしておく備蓄事業を進めようとしていた。 厚生労働省大坪らが通告した打ち切りはips備蓄事業分への助成、年10億円ということでいいかと思います。 この打ち切りの理由は、ips実用化は企業化の時期に移行するべきいうようなことで表立っては報道もされているようですが、これには少し疑問があります。 長周新聞(11. 29)で、 「山中所長はまた、自民党などから『寄付金がもらえるのなら、その分、政府の支援は減らすべきだ』という発言があったことに関して、『寄付をしてくれた人に対しての冷や水になる。 そんなことでは誰も寄付を集めなくなる。 』と批判した。 」 と報道されています。 これは長周新聞の非忖度的な姿勢から正確な取材内容だろうと思われます。 要するに厚労省や官邸は、この自民党の一部の声に敏感に反応したのではと思われます。 そうでなかったら、官邸の和泉を同行・同席させた理由はつかないと思われます。 党筋からの話だからこそ、厚労省の担当課長や担当官でなく和泉補佐官であった理由が付きます。 山中教授が打ち切り通告に対し、自民党や公明党の国会議員に泣きこんで撤回に成功したという後日譚も逆にうなずけると思います。 山中さんとは一度あいさつ程度話したことがありますが、物腰は柔らかい一方関西人的な商売感覚としたたかさを併せ持った科学者と感じました。 これくらいでないと今の先端研究分野は仲間内や政府などにどんどん食い物にされてしまう一面があるようです。 : : [2390] ひと まさに 他人の生き血 が 私の専門。。。 東京慈恵会医科大学に勤務し、 血液安全確認システムの起ち上げなどに参画した。 一時、 国立感染症研究所に出向し、血液・安全性研究部で研究員を務めた。 その後、厚生労働省に技官として入省し、省内の要職を歴任するとともに、 環境省や内閣官房にも出向した。 : : [11].

次の

大坪寛子は独身!経歴は凄いが和泉洋人と週刊文春で…

厚生 労働省 大坪 寛子

「作業場であるサボイ・ダイニングは左右に分けられており、右側は食事可能エリア。 一方、左側の作業エリアでは、感染対策で飲食ができないルールになっていました。 しかし大坪さんは、作業エリアにもスイーツやコーヒーを持ち込み、『美味しい』と言いながら堂々と飲み食いしていたのです。 あるときその様子を見咎められ、全体ミーティングで『作業エリアで喫食しないように』と改めて注意喚起がありました」 さらに、こんな緊張感に欠けた様子も見られたという。 「基本的に船内では常にマスクをしていなければなりません。 外しても良いのは、着席して食事を摂るときくらいです。 しかし大坪さんは、マスクをしていない姿がしょっちゅう目撃されています。 そのため、こちらも全体ミーティングで看護師から『マスクをしていない人がいる。 自身の問題行動の有無については、詳細には回答しなかった。 「ご指摘の食事スペースに関する取り決めは当初から設けられておらず、職員等が事務スペースで水分補給や休憩等を行っている状況を踏まえて、一部の医療関係者からそうした提案があったことは事実です。 現在も食事スペースに関して明確なルール化はされていませんが、各自、衛生管理に細心の注意を払っております。 船内において、食事時以外でマスクを着用していない職員等はおりません。 そのため、改めてマスク着用に関する注意喚起があった事実は承知しておりません」 2月27日発売の「週刊文春」では、 今日の事態を招いたのは誰なのか、「ダイヤモンド・ プリンセス号」内の様子の詳細や、加藤勝信厚労大臣、 橋本岳同副大臣らの言動、 地元後援会の新年会のために新型肺炎の対策会議を欠席した小泉進 次郎環境相の近況など、「新型コロナ肺炎非常事態」 を15ページにわたって詳報している。

次の

大坪寛子があ~ん不倫!恋愛成就の神社に言った証拠画像。美人と噂の顔画像も!

厚生 労働省 大坪 寛子

1986年 東京慈恵会医科大学 入学• 1992年 東京慈恵会医科大学 卒業• 1992年 東京慈恵会医科大学附属病院で内科医勤務• 2006年 国立感染症研究所 出向• 2008年 厚生労働省に入省し医薬食品局血液対策課に配属• 2009年 健康局結核感染症課• 2010年 医薬食品局血液対策課• 2011年 環境省総合環境政策局企画課特殊疾病対策室石綿健康被害対策室• 2012年 環境省総合環境政策局企画課特殊疾病対策室長• 2013年 医政局総務課医療安全推進室長• 2015年 内閣官房に出向し参事官に 室長が和泉洋人• 2019年 大臣官房審議官 危機管理、科学技術・イノベーション、国際調整、がん対策、国立高度専門医療研究センター担当 大坪寛子は結婚を機に大学病院をやめて国立感染症研究所に出向をし、その後厚生労働省に入省。 やがて夫と離婚をしてバツイチとなり それ以降は独身。 大坪寛子と和泉洋人の仲が親密になったきっかけ 大坪寛子は前述のようにもともと医者。 そして2015年に和泉洋人が室長の健康・医療戦略室に参事官となり 仕事上で関わりを持つように。 そんな二人の仲が急速に発展したのが2018年6月。 和泉洋人が執務中に突如として呼吸停止。 その時に大坪寛子が応急措置をして事なきを得ますが 恋の炎? は燃え上がったようで、それ以降二人は行動を良く共にするようになったと言われています。 週刊文春が2週間に渡り不倫スキャンダルを報じる 明日の文春。 かき氷をスプーンで「アーン」と差し出すのは、菅官房長官の懐刀・和泉首相補佐官。 お相手は厚労省キャリア大坪女史。 今夏、京都の昼下がり。 — ジャーナリスト 田中稔 minorucchu 週刊文春は2019年12月12日、19日の 2回に渡って決定的な写真と共に大坪寛子と和泉洋人の不倫スキャンダルを報じています。 前述のように大坪寛子は夫がいたもののそれは過去の話。 現在は旦那がいないバツイチの独身女性。 しかし和泉洋人は嫁がいて しかも愛妻家だと評判。 二人の不倫スキャンダルは京都大学iPS細胞研究所 CiRA の山中所長に来年から 国費の提出を一方的に打ち切る事を通告した時の出来事。 この時に和泉洋人と大坪寛子は二人きりで気京都へ。 そして二人でデートをしたかったのかすぐに山中所長との面談を すぐさま終えて京都を観光。 ちなみに 大坪寛子の趣味は旅行です。 二人は京都デートを3時間ほど続けていました。 また、実はこの事自体は8月の出来事であり、薬研バイオが 「厚労省・医系技官が山中教授を恫喝」と報じていました。 この時は 大坪寛子が和泉洋人をバックにつけて強気な態度であるといった内容の記事。 2回めの週刊文春での疑惑 12月12日の週刊文春では主に大坪寛子と和泉洋人の不倫スキャンダルということで 大衆の耳目を集めました。 しかし週刊文春が本当にツッコミたかったのは2回目。 12月19日発売の 週刊文春が本命です。 不倫スキャンダルが報じられたのは前述のように京都大学iPS細胞研究所を訪れ、医療用のiPS細胞の備蓄プロジェクトへの 国費の打ち切りを告げるため。 これは山中所長も「国費は出さないと言われたことで非常に驚いている」と証言。 しかし実は和泉洋人は11月27日の衆議院科学技術特別委員会で質問をされ 「20年度から支援をゼロにすると伝えた事実はない」と報告書を提出し、さらに委員会でもそう答弁しました。 しかし前述のように山中所長は 「法人に対しては国費を充当しない」と言われたと証言しており、 実際にそう書かれたA4の文書を所持。 これは和泉洋人と大坪寛子が不倫スキャンダルの際に提示した文書であり、 大坪寛子が原案であるとされています。 つまりは物証のある 国会虚偽答弁。

次の