お腹 の 左下 が 痛い。 腸の痛みの原因 右腹部、左腹部、中央など部位別に解説!

お腹やみぞおちがキリキリと痛い!5つの症状の原因と治し方!

お腹 の 左下 が 痛い

左下腹部〜足の付け根が痛い原因 鼠径部とは、足の付け根から下腹部にかけての溝の部分を指します。 この下層には鼠径部靭帯があります。 縫行筋、股関節の内転に作用する長内転筋の内側縁、鼠径靱帯で囲まれた部分は、スカルパ三角(大腿三角)と呼ばれています。 鼠径靱帯上では、スカルパ三角部のまんなかあたりを大腿動脈と大腿静脈が縦走、その外方を大腿神経が縦走しています。 深層には腸腰筋があり、鼠径部は体の大事な部分なのです。 鼠径部には大きなリンパ節があります。 鼠径リンパ水平列と垂直列といわれ、これは体の表面からさわって確認することができます。 痛みがあるときは、そこが腫れてしまっていると考えられます。 引用元- 腰痛からくる鼠径部の痛みもあれば、ウイルスの侵入を防ぐため、リンパ節でその侵入をくいとめるためにたたかっているため、リンパの腫れがみられる場合もあります。 その場合は突然しこりができる場合も多いよう。 リンパの腫れが見られるようなら、内科での受診をおすすめします。 痛みがなく倦怠感や体重減少がみられる場合は悪性リンパ腫の場合も。 そのほか、脂肪腫である場合も。 さわるとぐりぐりとしたしこりが確認できる場合は脂肪腫と考えてよいでしょう。 痛くない場合、大きさが変化しない場合など、日常生活に支障がないなら大丈夫ですが、しこりが大きくなったり心配であれば皮膚科、形成外科での受診をおすすめします。 引用元- 質問:左下腹部〜足の付け根が痛い 左下腹部~左足の付け根が痛いです。 我慢出来ない痛さではなく,何かに集中していれば忘れている位の痛さです。 便秘気味だからかな? っと勝手に思ってますが,以前から何度痛みがあるので質問してみました。 ごくまれに,左足の指まで同じ様な痛みがあります。 以前腰痛で,整形外科に行った時,特にヘルニアなどではないと分かったので,何か内臓が悪いのかと少し不安です。 また,左側だけっていうのが気になります。 これは,何かの症状でしょうか? 引用元- 回答:左下腹部〜足の付け根が痛い 病気ではないと思います。 お腹の痛みや張りの原因としてあなたの症状は胃腸管の働きが低下して大腸内を食べたものがスムースに流れないときに起こる症状です。 原因はいろいろですが、多いのが何らかのストレスにより大脳が緊張し大脳に直接支配される胃腸管も緊張萎縮して働きが低下して食物カスが滞留して体温で腐敗したり、便秘薬の副作用や長年の便秘状態などで大腸管筋肉が弛緩してダラ〜ンとのびて下垂やくびれができてそこに食物カスが滞留して腐敗して腐敗毒や腐敗ガスが発生します。 ちょうど、夏場に放置された牛乳が腐敗して悪臭ガスが発生したようなもので、この腐敗があなたのお腹の中で起こっています。 症状として腸内圧力が上昇することで腹痛やお腹の張りが起きます。 このガスは暫くすると腸内に拡散して腸管壁面から吸収されて血液に入り腸内圧力は低下して腹痛や張りがなくなります。 腸管壁面から吸収された腐敗毒は血液を汚してドロドロにし、血流が悪くなって冷え性、肩こり、頭痛、イライラ、肝機能が毒素の解毒で過労状態になり解毒機能が低下して疲労感や新陳代謝の低下、貧血感、食欲不振で嘔吐感、細胞の老化で肌荒れや吹き出物、臭い血液の水分が皮膚から汗で発散してうんち臭い体臭、ときに微熱やむくみ、不眠などいろいろな便秘症状がでてきます。 お心あたりの症状がありますか。 便秘薬や漢方下剤では直腸の便の塊は排泄できますが、腸管壁面の粘液にからまった汚れやくびれにたまった老廃物はなかなか落ちませんので、便秘薬(下剤)や胃腸薬では症状は改善しないと思います。 お腹の中をきれいにして自力排便を回復させる方法として、生体の排便反射機能を低下させる便秘薬などの不要な下剤は服用しないこと、食べたものは毎日すっきりきれいに排泄することで自力排便を訓練して回復させ、大腸管内の食物カスの流れをよくして腐敗を減ら血液をきれいに保つことです。 この方法は自力排便回復法として知られている「絶対排便力」です。 検索してみてください。 自力排便が回復し血液がきれいになればお悩みの症状も徐々に改善するでしょう。 引用元- 左下腹部の痛みの男女共通の病気 ・左側の下腹部が痛む お腹のうち、左下側腹部が痛いときには、大きな病気を抱えている可能性もあります。 急性腸炎、慢性腸炎、食中毒、潰瘍性大腸炎、大腸がん、過敏性腸症候群などなど。 病気の種類が多いというのも、左側の下腹部が痛むときの特徴です。 急性腸炎 腸に炎症を引きおこす疾患群の総称のこと。 下痢、嘔吐、吐き気、腹痛などがみられます。 慢性腸炎 慢性的に左下腹部の痛みを繰り返し、下痢、吐き気、嘔吐などを伴います。 食中毒 食事と一緒に入ってきた、有害物や細菌、またはウイルスなどによって急性の中毒症状を引き起こす病気です。 熱い季節は集団で発生することがあります。 食中毒の原因によって症状は様々ですが、下腹部の腹痛、下痢、嘔吐といった症状が多いです。 潰瘍性大腸炎 大腸に炎症や潰瘍ができる病気であり、長期間に渡って下痢や腹痛を繰り返します。 大腸がん 中高年に多い病気で、主に欧米的な食生活がひとつの原因であるといわれてます。 血便、下痢、便秘を繰り返す症状がみられます。 過敏性腸症候群 下痢や便秘などの症状がずっと続く病気のこと。 「腸が弱いんです」訴える人の大部分は、この過敏性腸症候群に当てはまると言われています。 主な症状は下痢、便秘、腹痛など。 排便によって腹痛症状は軽くなるのも特徴。 ここまで、男性女性に共通する下腹部の病気でした。 引用元- 足の付け根の痛みは鼠径ヘルニア? 「鼠径(そけい)」部とは、太もももしくは、足のつけねの部分のことをいい、「ヘルニア」とは、体の組織が正しい位置からはみ出した状態をいいます。 「鼠径ヘルニア」とは、本来ならお腹の中にあるはずの腹膜や腸の一部が、多くの場合、鼠径部の筋膜の間から皮膚の下に出てくる下腹部の病気です。 一般の方には「脱腸」と呼ばれている病気です。 |鼠径ヘルニア 脱腸)のイメージ 鼠径ヘルニア(脱腸)は子供の病気と思われがちですが、むしろ成人に多く、手術以外、治療方法がありません。 痛みも少なく短期入院で済む新しい手術方法が普及してきており、生活の質を考慮すれば、積極的に治療した方が良い病気です。 |鼠径ヘルニア(脱腸 の症状 初期症状は、立った時とかお腹に力を入れた時に鼠径部の皮膚の下に腹膜や腸の一部などが出てきて柔らかいはれができますが、普通は指で押さえると引っ込みます。 太ももや足のつけね(鼠径部)に何か出てくる感じがあり、それがお腹の中から腸が脱出してくるので「脱腸」と呼ばれています。 次第に小腸などの臓器が出てくるので不快感や痛みを伴ってきます。 はれが急に硬くなったり、膨れた部分が押さえても引っ込まなくなることがあり、お腹が痛くなったり吐いたりします。 これをヘルニアのカントン(嵌頓)といい、急いで手術をしなければ、命にかかわることになります。 — みーもん kznr0742958 最近、足の付け根や左下腹部に鈍い痛みが…なんだろう。 座りっぱなしだから? — クロ machi510 昨日から、また左下腹部、足の付け根辺りの激痛が治まらない。 今日は、午前中に面談があるだけで、午後は、久々に、ゆっくり過ごせると思ったのに、痛みのせいで、何も出来ず寝込んでます。 昨日の授業も痛みで、集中出来ず、身に入らなかった。 でもそれ以外は異常なし! — いながき ゆり yurinyan1006 最近、左下腹部〜足の付け根あたりが少し痛むので調べてみると、卵巣の〜とか生理の〜とか女性の悩みばかりで、もしかして俺は女だったのか — こたろ dolce997 ここ数日、左下腹部・足の付け根辺りが痛むなぁと思い、ネットで調べたらなんだかこわくなって内科へ。 検査したところ、恐らく腸炎だとな。

次の

左下腹部の痛み

お腹 の 左下 が 痛い

腹壁が腫れる感じがする事は、お腹に皮下脂肪が付いている事なので、病気などではありません。 お腹が痛い場合は腹痛と言い、みぞおち辺りや右上あるいは左上の腹部、右あるいは左側の腹部、右あるいは左側の下腹部や下腹部全体、腹部全体などの痛みがあります。 病気の中で、腹痛を主な症状とする場合が最も多く、痛みの程度や部位、性質などで原因となる病気が推測出来るのが腹痛です。 痛みのほとんどは異常のある臓器がある場所に現れ、突然激しい痛みを起こす場合は、緊急に処置が必要な場合もあり、すみやかに救急車を呼んで手当が必要な事もあります。 原因とは? 腹痛は消化器や泌尿器、婦人科系や血管、筋肉や腹膜や腹腔内などの変化で起こり、心臓の病気でも起こります。 緊急を必要とする病気は、虫垂炎や腸閉塞、急性胆管炎なfどがあり、その他には急性膵炎や急性腹膜炎、胆石症や尿路結石、胃がんや大腸がんなどによる出血などは急を要する腹痛の症状です。 お腹が張る場合の症状は、胃や腸の内容物が増える場合や器官のどれかが大きくなっている場合、おなかの中にできものができている場合や腹水がたまる場合などがあります。 胃や腸の内容物が増える場合以外原因の時は、大きな病気が隠れている場合があるので、すみやかに医療機関を受診する事が必要と言えます。 水分をよく摂るようにし、お腹を温めたり、マッサージをすることも効果的です。 引用元- |急性虫垂炎(盲腸) 子どもによく見られる急性虫垂炎。 右上腹部やみぞおちあたりに違和感を覚えてから、時間の経過とともに、徐々に右下腹部へ痛みが移動することがあります。 腹部の痛みがひどい箇所を指で強く押して、離すととても痛がる特徴があります。 あわせて、発熱や下痢、嘔吐などの症状もあります。 軽度の場合は、薬で散らすことも可能ですが、重症化すると盲腸に穴が開いたり、腹膜炎を起こすことがあります。 内科の受診でも良いのですが、手術適応の場合もあるので、外科を受診することをおススメします。 |子宮内膜症や子宮ガンなどの婦人科系疾患 子宮や卵巣などに筋腫やガンなどの腫瘍があると、重く感じたり、腹水が溜まってお腹の張りを感じるようになります。 その場合、エコーでの診察が必要となってきます。 婦人科系の疾患は、恥ずかしさがあって、受診もためらってしまいますね。 しかし、治療には早期発見が一番。 早めに、産婦人科で診てもらうようにしましょう。 症状は、下痢や便秘、左下腹部の違和感、チクチクした痛みや鈍痛、ガスが溜まったりなど人によって様々です。 原因のほとんどは、ストレスや生活習慣のバランスの崩れなどが考えられています。 【左尿管結石の場合】 左脇腹、背中部分にかけて激痛が生じ、膀胱付近にも痛みがひろがることもあり、冷や汗、吐き気、血尿などの症状も伴う場合があります。 結石ができる原因は、はっきりとはしていないのですが、食生活、特に動物性タンパク質の取りすぎが影響していると言われていて、やはり普段の食生活の見直し 野菜やバランスのとれた食事 が予防策として考えられています。 一般的に尿管結石は30代ー40代の男性によく見られる病気です。 他に、左下腹部の痛みから考えられる病気として、 【急性腸炎】 感染性と非感性があり、症状は、下痢、腹痛、発熱など。 【潰瘍性大腸炎】 下痢や粘血便、発熱、腹痛。 【虚血性大腸炎】 下腹部に激痛、吐き気などを伴います。 このように、腸炎と言っても、発症する原因はバラバラでも、症状が似ているものがありますので、注意が必要です。 また、しこりや痛み、血便などがある場合には、大腸がんなども考えられます。 引用元- 左下腹部の痛みと張り解消マッサージ 左下腹部の痛みを軽減させるマッサージを紹介したいと思います。 私も便秘の腹痛に悩んでいた時に行ったら、痛みが軽くなったので効果はかなり高いです。 そしてその軽減法のマッサージ法というのはのの字のマッサージ法です。 結構有名なマッサージ法なんですが、やり方は非常にシンプルでどこでもできます。 トイレ中に中々便が出ない場合などにも行っても良いです。 一番簡単に行えて、即効性もある方法ですので左下腹部痛みがある時は試してみてください。 引用元- オリゴ糖で左下腹部の痛みと張り解消 もしも、油っこい食事や菓子パン、コンビニグルメ的な物が多いのであれば、極力減らす事が重要で、栄養バランスの良い食事を普段から意識して摂る事が大切です。 仕事等がなかなか忙しく、腸内環境を健康的な状態にする食品を積極的に摂る自信が無い場合は、「オリゴ糖」が最も有効です。 その理由に関してですが、オリゴ糖には腸内の善玉菌の栄養になり、爆発的に増やす働きが有るからです。 便秘が原因で起こる様々な病気を予防し、改善する事が可能で、発病のリスクを大きく下げる事が出来ます。 ですが、オリゴ糖なら何でも良いと言う訳では有りません。 出来るだけ「高純度」の物で沢山の種類のオリゴ糖が配合されている物を選ぶようにしたいですね。 でないと、「ショ糖」等の糖分が原因で、「便秘」「肥満」「むし歯」が引き起こされてしまうからです。 それに、単種〜数種程度のオリゴ糖では、腸内環境によっては十分な効果を得る事が出来ないからです。 引用元- twitterの反応 黄疸、左下腹部の痛み、みぞおち下の痛み、腹部の張り で調べたら肝硬変が出てきた。 昨晩左下腹部がひきつるような痛みあり(張りは無し)。 結構長く続いた。 お腹の張りは相変わらず有り。 歩いたり車の揺れ等で張りやすい。 ウテメリンは飲み続けている。 胃が圧迫されているせいなのか暑さのせいなのか食欲あまり無くなった。 押さえたり動くと痛くてじっとしてると違和感がある感じ。 はぁぁぁぁぁ。。。 段々張り安くなってきたのかな。 尾てい骨の痛みも半端無い。 — ころちゃん kjfactory2 数時間前から、左下腹部に張りと痛みを感じるんだが…これは寝れば治るのか? — カヒミ unabow 昨晩、寝るときに横になっていたら、左下腹部がズキズキと痛くなった。 結構長時間痛く、張りとは違う感じ。 なんじゃこりゃ、と少し不安になるも、動かず耐えていた。 で、なんとなく左向きから右向きに体を動かしたら痛みはスッと消えた。 なんやったんや。 — さやか maru8marun 18時20分左下腹部ドレナージ処置開始。 55分処置完了、膿120cc排出。 19時50分クラビット500。 KDRがCTオーダーを忘れていて、撮影が遅くなった。 腹の張りは収まったが、傷の痛みが気になるようになった。

次の

左腹部や左下腹を押すと痛い!原因はなに?

お腹 の 左下 が 痛い

お腹の左下が痛い!疑われる病気や症状は6つ お腹の左下のあたりには、大腸の肛門の手前側にある 「S状結腸」があります。 まるで「S」の字を描くようにカーブしていることから、この名前が付けられました。 このS状結腸のあたりは、大腸の中でも一番便が溜まりやすく、それに伴う痛みも出やすい場所です。 このS状結腸のあたりから左下の腹部までに、痛みが出やすい6つの病気や症状を見ていきましょう。 ただし、これ以外が原因という場合もあるので、自己判断はしないようにしてくださいね。 いずれの病気であっても、早めに消化器科、胃腸科などを早めに受診することをおすすめします。 お腹の左下に痛みが出やすい病気・症状• 潰瘍性大腸炎• 虚血性大腸炎• 大腸憩室症• 過敏性腸症候群• 大腸がん• 便秘 潰瘍性大腸炎 大腸粘膜が炎症を起こして、ただれや潰瘍を作る原因不明の病気です。 病変が現れる場所には個人差がありますが、左側大腸炎型というタイプでは大腸の左側を中心に炎症を起こします。 下痢・腹痛・血便・粘り気のある便が主な症状で、ひどくなると発熱や貧血、体重減少などの症状も見られます。 何らかの要因で免疫異常が起こって、大腸粘膜を過剰に攻撃してしまうことが原因と考えられていますが、はっきりとは解明されていません。 遺伝的な要因に加えて、肉食中心の食生活や腸内細菌のバランスが関係しているとも考えられています。 参考: 虚血性大腸炎 「虚血(きょけつ)」というのは特定の部分に血が届かなくなり酸欠状態となってしまうことをいいます。 大腸への血流が悪くなって栄養分や酸素が供給されなくなり、炎症や潰瘍が生じる病気です。 左下腹部に多く現れやすいといわれていますが、腸のどこでも起きる可能性がある病気です。 特徴としては激しい腹痛・下痢・下血が主な症状で、嘔吐や吐き気、発熱が見られることもあります。 この病気の原因は不明ですが、動脈硬化などで血流が悪くなっているところに、便秘などの影響により腸内の圧力が上昇することが原因の一つとも考えられています。 参考: 大腸憩室症 大腸憩室(けいしつ)症というのは、大腸粘膜が袋状になって、ところどころ腸の外側に突き出たものが多発する病気です。 発生部位に民族による違いがあり、欧米人においてはお腹の左側、日本人ではお腹の右側に発症することが昔は多かったそうです。 しかし近年、食の欧米化やライフスタイルの変化などにより日本人でも左側に発症するケースが増えています。 左側の場合は、S状結腸あたりに発症しやすいとされています。 無症状で偶然に大腸検査で見つかることがあります。 腹痛・下痢・便秘・腹部膨満感があって発見される場合もあるようです。 また、便が詰まったりして炎症を起こすと、憩室炎となります。 進行すると強い痛みが出てくるので注意が必要です。 参照: 過敏性腸症候群 大腸検査では特に異常がないのに、便秘・下痢・腹痛・腹部膨満感などが見られる病気です。 便秘型・下痢型・混合型(便秘と下痢を繰り返す)の3つのタイプに分類されます。 この病気の場合にも、腹痛が左の脇腹から下腹部に多く現れると言われています。 腸のぜん動運動の異常や腸全体の知覚過敏が見られ、精神的なストレスが原因と言われていますが、原因ははっきりと判っていません。 詳しくはこちらを参考にしてください。 大腸がん S状結腸は大腸がんが発生しやすい場所です。 早期の大腸がんではほとんど自覚症状がありません。 しかし、S状結腸に発生した大腸がんでは比較的早い段階で便に血が混ざることもあります。 また、腹痛・便秘と下痢を繰り返す・残便感などの症状も見られます。 原因はまだ全て解明されてはいませんが、飲酒や肥満、肉食中心で食物繊維の少ない食生活が一因であることが指摘されています。 病気の進行を食い止めるためには早期発見・早期治療が大切です。 便のチェックや検便、大腸検査などを受けて早期発見を目指しましょう。 参考: 便秘 便秘の症状として、お腹の左下が痛むということもあります。 腸の中でも最も便が溜まりやすいところが左下中央寄りのS状結腸のあたりです。 この部分は、構造的にどうしても便が溜まりやすくなっています。 なぜ便秘で腹痛に? 腸は「ぜん動運動」することで便を肛門の方へと送り出し、排泄しやすくしています。 ところが、ぜん動運動が弱かったり、水分不足で便が硬かったりすると、S字結腸のようなカーブの所で便秘を引き起こしてしまうことがあります。 お腹に溜まった便のせいで、腸が膨らむことが痛みの原因になります。 また、ガスで腸が膨らむことで、周りの臓器を圧迫して痛みを感じることもあります。 便秘になりやすい生活習慣は? 便秘による腹痛を防ぐには、そもそもの便秘を改善し、繰り返さないように予防することが大切です。 食生活では、肉類などの動物性脂肪の摂り過ぎや食物繊維不足も便秘の原因になります。 これらはガスの原因になる悪玉菌を増やしやすい食生活です。 また、排便を我慢することが多いと、便が溜まっても便意を感じなくなってしまって便秘になることもあります。 また、お腹が痛い時に、刺激の強い便秘薬や腸への刺激が強い不溶性食物繊維の摂りすぎは逆効果になることもあるので気をつけた方が良いでしょう。 適切に早めの受診を なお、便秘の影には重大な病気が隠れていることもあるので、甘く考えないようにしましょう。 腹痛は体の大事なサインと考えて、原因を見極めて対処することが大切です。 腹痛を伴う便秘の場合には、自己判断で薬を使うよりも、医師に相談することをおすすめします。 さいごに お腹の左下が特に痛むという場合には、ここで紹介したような病気の可能性が考えられます。 しかし、他にも原因は考えられるため、自己判断するのは危険です。 もし気になる場合には、早めに医師に相談することをおすすめします。 また、長い間何らかのお腹の症状に悩まされている場合には、腸内環境を改善することが必要かもしれません。 食生活や生活習慣についても改めて見直してみましょう。

次の