猫 毛色 種類。 猫の柄・毛色は24種類!模様によって性格がちがうって本当?

三毛猫には、オスがいない!?猫の毛色・毛柄の不思議

猫 毛色 種類

メインクーンは「穏やかな巨人」の異名をもつアメリカ原産の大型猫です。 筋肉がよく発達していて、胴がとても長く、がっしりした長方形の体型をしています。 その大きさは1mを超えることも珍しくありませんが、さらにメインクーンを大きく見せているのは、たっぷりとした被毛です。 そんなメインクーンの毛色の種類と値段についてランキング形式で詳しく紹介しましょう。 メインクーンの毛色の種類と値段について メインクーンの人気の毛色1位は「ブラウン」値段は21万円 メインクーンの人気毛色1位は「ブラウン」です。 渋くて落ち着きのあるこげ茶に近い色合いは、メインクーンの大きな体と非常に相性が良く、どっしりした風格を感じさせます。 野生的な印象を引き立たせるブラウンは多くの愛猫家を魅了しています。 単色は見かけず、縞模様であるタビーが入っているのが特徴です。 シンプルなブラウンタピーは慣れ親しんだ模様であり、特に人気があります。 額のM字模様がトレードマークです。 また、暖かな色合いの地色に、黒い大きな渦巻き模様が入った「ブラウンクラシックタビー」も人気があります。 ほかにも「ブラウンタビー&ホワイト」「ブラウンクラシックタビー&ホワイト」、赤い毛が混じった「ブラウンパッチドタビー」「ブラウンパッチドタビー&ホワイト」などがあります。 ブラウンのメインクーンの値段は約21万円です。 メインクーンの人気の毛色2位は「レッド」値段は22万円 メインクーンの人気毛色2位は「レッド」です。 ベースの色は茶ですが、オレンジがかった温もりを感じさせる色合いが人気の理由です。 単色もありますが、タビーが多いのが特徴です。 その中でも人気があるのがレッドクラシックタビーです。 濃いレッドのタビーは明るい地色によって映え、額にはM字模様が描かれています。 細かな縦縞模様が入ったレッドマッカレルタビーも人気があります。 ほかにはレッド&ホワイト、レッドクラシックタビー&ホワイト、レッドマッカレルタビー&ホワイトなどがあります。 レッドのメインクーンの値段は約22万円が相場です。 メインクーンの人気の毛色3位は「シルバー」値段は22万円 メインクーンの人気毛色3位は「シルバー」です。 よく目立つ色であり、上品で高級な印象を与えることが人気の理由です。 単色は見かけず、すべてタビーが入っています。 「シルバータビー」は黒く濃い縞模様が明るい地色によってきれいに浮かび上がり、額にはM字の模様があります。 また、黒い渦巻き模様が両脇腹に大きく描かれた「シルバークラシックタビー」は、明るい地色によって模様がよく目立ち、根強い人気があります。 ほかには「シルバータビー&ホワイト」「シルバークラシックタビー&ホワイト」、クリームやオレンジの毛が混じった「シルバーパッチドタビー」「シルバーパッチドタビー&ホワイト」などがあります。 シルバーのメインクーンの平均的な値段は約22万円です。 メインクーンの人気の毛色4位は「ブラック」値段は20万円 メインクーンの人気毛色4位は「ブラック」です。 ほかの毛色が一切混じらない単色のブラックは、日本の黒猫に当たります。 ブラックは彩りがまったくなく地味な色ですが、落ち着いた印象を与え、「穏やかな巨人」の異名をもつメインクーンにぴったりです。 大きな体にブラックの毛色のメインクーンは人目を引きます。 また、完全な黒色以外に、下毛と上毛の根元がホワイトで上毛の大部分がブラックの「ブラックスモーク」というカラーも存在します。 ブラックスモークは、歩いたときにブラックの上毛の間から真っ白な下毛がのぞき、非常によく目立ちます。 また、頭部、背中、四肢が最も暗い色合いで、耳や脇腹が明るい色合いであるのも特徴です。 ほかには「ブラック&ホワイト」「ブラックスモーク&ホワイト」があり、コントラストがはっきりしていて強い印象を与えます。 ブラックのメインクーンの値段は約20万円です。 メインクーンの人気の毛色5位は「クリーム」値段は20万円 メインクーンの人気毛色5位は「クリーム」です。 ベースの色は茶でややオレンジがかっていますが、レッドよりも淡い色合いでやさしい印象を与えます。 単色もありますが、ほとんどがタビーです。 シンプルな「クリームタビー」、大きな渦巻き模様が特徴的な「クリームクラシックタビー」が人気です。 また、シルバーの地色にクリームの縞模様が描かれた「クリームシルバータビー」は、ほかの猫種ではあまり見られない毛色です。 ほかには「クリーム&ホワイト」「クリームタビー&ホワイト」「クリームクラシックタビー&ホワイト」「クリームシルバータビー&ホワイト」などがあります。 クリームのメインクーンの値段は約20万円です。 メインクーンの人気の毛色6位は「ブルー」値段は21万円 根強い人気を誇るのが「ブルー」の毛色のメインクーンです。 完全な青色ではなくグレーがかっていますが、オリエンタルで落ち着いた印象を与え、多くの愛猫家を魅了しています。 色の濃さは個体差が大きく、ロシアンブルーを彷彿とさせる濃いブルーからライトグレーに近い淡い色合いまでさまざまです。 よく見かけるのは単色の「ブルー」「ブルー&ホワイト」「ブルータビー」「ブルータビー&ホワイト」です。 下毛と上毛の根元がホワイトで上毛の大部分がブルーの「ブルースモーク」は、グラデーションがきれいで人気があります。 ほかには「ブルースモーク&ホワイト」、地色がシルバーの「ブルーシルバータビー」「ブルーシルバータビー&ホワイト」「ブルーパッチドタビー」「ブルーパッチドタビー&ホワイト」などがあります。 ブルーのメインクーンの値段は約21万円です。 メインクーンの人気の毛色7位は「ホワイト」値段は27万円 純粋無垢を連想させる「ホワイト」の毛色のメインクーンは一定の人気があります。 ほかの色が一切混じらない完全な白色であり、日本で言うところの白猫です。 ホワイトの毛色はフサフサした被毛の質感を際立たせ、上品で優雅な印象を与えます。 人形のようなかわいさも魅力です。 また、まれに片目がブルーで、もう片方の目が金色のオッドアイの猫が生まれることがあり、ホワイトのメインクーンの中でも特に人気があります。 しかし、オッドアイの猫はブルーの目に関係して片方の耳に障害が現れるとされています。 ホワイトのメインクーンの値段は約27万円です。 メインクーンの人気の毛色8位は「キャリコ」値段は27万円 流行に左右されない安定した人気を獲得しているのが「キャリコ」のメインクーンです。 キャリコとは赤、黒、白などの三色の毛色を持つ猫のことで、日本で言う三毛猫です。 レッド、ブラック、ホワイトがきれいに分かれたキャリコは日本人に馴染みがあり、どこか素朴でやさしい印象を与えます。 ほかには「ダイリュートキャリコ」と呼ばれる淡い色合いのキャリコも存在します。 ダイリュートキャリコは色味を弱める遺伝子が働くことで淡いブルーやクリームが生まれるのが特徴です。 キャリコのメインクーンの値段は約27万円が相場です。 メインクーンの人気の毛色9位は「トーティー」値段は31万円 赤と黒がモザイクのように入り混じった「トーティー」は密かに愛猫家を魅了している毛色です。 キャリコに近い濃い色合いのトーティーのほか淡い色合いのトーティーも見かけます。 また、暖かな色合いの地色に濃いレッドの部分とブラックのタビーが入った「ブラックトービー」「ブラックトービー&ホワイト」も人気があります。 ほかにも「トーティー&ホワイト」、シルバーの地色をもつ「シルバートーティー」、タビーが入った「シルバートービー」、ブラウンの地色をもつ「ブラウントーティー」、タビーが入った「ブラウントービー」などが存在します。 トーティーのメインクーンの平均的な値段は約31万円です。 メインクーンの毛色の種類と値段についてのまとめ メインクーンの毛色はブラウンが最も人気があり、レッド、シルバー、ブラックと続きます。 メインクーンはほとんどすべての毛色が認められていますので、自分の好みでカラー選ぶことができます。 どの毛色も人気があり、ホワイト、キャリコ、トーティー以外は大きな価格差はありません。 メインクーンは穏やかな性格で飼い主さんに寄り添うのを好みます。 どんな毛色であっても一緒に過ごすうちに愛着が強くなります。 毛色の人気は参考程度に考え、自分が直感を信じて相性の良い猫を探しましょう。

次の

猫の毛色&模様の種類10選!性格や遺伝は?模様/黒/トラ/白猫/猫柄

猫 毛色 種類

猫の毛色や柄はどうやって決まるのだろうか。 『トラねこのトリセツ』(東京書籍)など3冊を監修した動物遺伝学の専門家、大石孝雄さん(元東京農業大学教授)に解説してもらいました。 現在、日本の家庭で飼われているイエネコのルーツは、中東に生息している野生のリビアヤマネコだといわれている。 黒と茶色の縞模様の猫だ。 リビアヤマネコに近い毛柄のキジトラ猫 「風景に身を隠しやすい黒と茶色の縞模様の遺伝子が、家畜化し、愛玩動物として飼われていくうちに、突然変異を起こして、長い年月をかけてさまざまな毛柄を生み出したと考えられます」 このため、現在のキジトラ猫は、もっとも野生のリビアヤマネコに近い毛柄だといわれる。 この基本の縞柄の遺伝子に、茶(オレンジ)の毛色を作る遺伝子が加わると茶トラになり、シルバーの毛色を作る遺伝子が加わるとサバトラになる。 キジトラから茶トラ、サバトラ(東京書籍「トラねこのトリセツ」から) 9種類の遺伝子座で決まる 猫がどんな毛色や柄になるかは、「遺伝子座」という染色体の一部が関与するという。 これに優性、劣性の遺伝子が組み合わさって、どの遺伝子が強く出るかで、猫の毛柄が決まる。 茶トラ、キジトラ、黒、白、黒白、サビ、三毛、茶トラ白など、計16通りにもなる。 猫の毛柄には「背中の上からソースをたらしたように色がついていく」という法則があるそうだ。 たとえば、白黒猫では、黒いブチ(斑点)やマーブルのような模様が出やすいのは背中やわき腹、頭などで、お腹の中心は白くなるという。 さらに親がキジならキジ、親が黒なら黒など、親子で同じ毛色が生まれるとは限らない。 そこが猫の毛の発現の不思議さだ。 「野生型の毛色を持つキジトラからサバトラと茶トラが生まれ、同じくキジトラから黒や白や、サビや三毛が生まれます。 親猫とまったく違う色の子猫が生まれることがあるのは、劣性遺伝子が孫の世代以降に飛び超えて受け継がれるためです」 キジトラから黒、サビ、三毛…(東京書籍「トラねこのトリセツ」から) 三毛猫にオスはまずいない とくに遺伝の仕方がユニークなのが三毛猫だ。 三毛猫は、茶、黒(またはキジトラ)、白の3色の柄が出ている猫。 この三毛猫はオスでは「3万分の1」の確率でしか生まれないという。 「三毛の茶色を決めるO遺伝子だけは、性染色体のX染色体上にあります。 メスはXX染色体で、オスはXY染色体。 オスは茶(O)と、黒あるいは縞(o)の2色を持つことができない。 この結果、オスの三毛が生まれるのは染色体異常の時だけです。 とても珍しいため、航海のお守りとして珍重された時代もあります」 かつて南極観測隊が「タケシ」というオスの三毛猫を同行させ、疲れた隊員を癒したこともあったという。 時代や地域によって、毛柄の好みによる正の人為的選抜があったのだろうと大石さんはいう。 茶色(オレンジ色)を持つ猫は西ヨーロッパでは36%以下、東アジアでは50%以上に達する地域もあるそうだ。 尾が曲がった鍵尻尾の猫 鍵シッポは鎖国時代にやって来た 毛色だけでなく尻尾も遺伝するという。 70%の猫が尾曲りで、典型的なのは先が折れた鍵尻尾。 ボンボンのような短い尾や、尾がないものもいます」 尾曲がりは、今もタイ、マレーシア、インドネシアなどに多いという。 「日本が鎖国をしていた時代、東インド会社の本部があったジャカルタから船が猫を乗せて長崎までやって来ました。 それが尾曲り猫で、長崎に根付いたと考えられています。 さらに、尾曲がりが広まったのは、負の選抜を受けなかったから、つまり地元で愛されたからでしょう。 昔は長い尾は年をとって猫又になると考えられたり、もっとリアルなところでは、尾が長いとお膳の上のお椀を振り払ってしまうので、尾が短くて粗相しない猫は『いいね』と大事にされてきたのかもしれません」 【関連記事】 ・ ・.

次の

【日本猫】の毛柄の種類一覧。キジトラや茶トラって世界中にいる?

猫 毛色 種類

の性格、値段、毛色の種類は? 1 はどんな猫、大きくなるの?毛色は? 2 の性格や飼い方 3 のかかりやすい病気は? 4 値段や入手方法は? 今回の記事では、猫の種類の中で、という品種についての情報をまとめていきます。 毎日のクリックに感謝! はどんな猫、大きくなるの?毛色は? 猫の種類で、と呼ばれている品種の原産国はアメリカで、長毛種です。 という名前の由来は、ぬいぐるみからきています。 人間が抱き上げてもおとなしくしていて、ぬいぐるみのような手触りをしているところや、抱き上げると全身がぐったりとしてしまい、その姿がまさに「ボロ人形()」のように見えるところなどから、この名前が付けられたといわれています。 という猫の種類は、比較的近年に、人間が人為的に交配させて作った品種です。 出自に関しては様々な説があるようですが、一説によると、とシールポイントのバーマンの間に生まれた猫と、バーミーズを交配させて生み出した種類であるといわれていて、生まれたときのはすべて真っ白です! 生後数時間後くらいから、徐々に色が出始め、その子によって、色の濃さなどに微妙な違いが出てくるといわれています。 目の色は必ずブルーになる種類だったのですが、、近年は緑の子も出てきて、などもいます。 体温が低い、体の末端部分の毛の色が濃くなります。 最初は鼻や耳から発色していくようですが、体の色は、体温や、血統、さらに皮毛の状態などで変化していくようです。 体のポイントなどの色は、月齢が経つほど色味がどんどん増していき、時間をかけながら、濃淡の差が出てくるので、ブリーダーの中には、成長プロセスでこんな色になるんじゃないかと予想して楽しんでいる人たちもいるようです。 という種類の猫の発色の鍵を握っている温度は、38度だといわれています。 多くの色のポイントが出てくるのが、の特徴でもあります。 毛色は3つが基本となっています。 顔の真ん中、または顔全体が濃い色になっていて、しっぽ、耳、手足も色が濃くなっていて、それ以外の部分は明るい色になっているのが特徴です。 シールポイント、ブルーポイント、レッドポイントなどその他数種類ポイント柄があります。 「シールポイントの」 「ブルーポイント」 「レッドポイント」 「ミテッド」は手足の末端が靴下をはいたように白くなっていてお腹周りにも模様があります。 「バイカラー」は、頭から背中にかけてブラウンやグレーになったり、顔や手足はホワイトになり鼻を含めた下側が白く「八」の模様になっているのがバイカラーです。 0~8.0kg、メス4.0~6.0kg という種類の猫が誕生したのは、1960年代初期に、アン・ベーカー婦人達によって開発されたといわれています。 アン・ベーカーは、ブリーダーを管理して、経営を展開した人物です。 販売された猫に、ロイヤリティーを請求するという仕事を始めたのです。 1971年になると、アン・ベーカーは、当時アメリカにあった猫協会に、を登録することに反対だったため、自分で「IRCA」という名前の、彼女自身の協会を創設しています。 一緒にの繁殖を行っていた、デニィ・ダイトン氏 動画にも登場します)は、逆にメジャーな組織への、の登録や受け入れを支持していたので、その後アン・ベーカーから離れて、自ら「(後にRFCI)」を1972年2月に創設して、袂を分かつことになりました。 こちらのグループは、メジャーな協会へのの登録に熱心だったため、1965年に、最初にはアメリカのメジャーな猫協会に登録をされました。 これは、すでに現在はありませんが、NCFAという団体でした。 その後TICAというメジャーな猫協会の団体にも、は登録されました。 これらは、このデニィ氏達の尽力で実ったものです。 この方たちの働きによって、という猫の種類は、国際的に認識されるようになり、現代では、を承認していない団体はほとどなく、一部の団体では、特定のカラーとパターンを認定していません。 1975年12月になると、アン・ベーカーは「」という名前の特許を申請をしました。 2005年まで有効で、IRCAのブリーダーだけが使用できるようにしようと考えたのですが、すでに1965年にメジャーな猫協会で登録をされていたため、多くの人たちからという名前で認知されていたため、これはかなわなかったのです。 1975年時点で、IRCA(アン・ベーカー)とRFCI(デニィ・ダイトン)の2つのグループによって、という猫の種類は、繁殖されていったのです。 いろいろとブリーダー同士で考え方が違い、方向性が違うため袂を分かつこととなったのです。 いろいろな人間同士の複雑な関係もあったようですが、このような歴史をたどって、現在日本でも家猫として人気の高いが、世界中に広まっていったのです。 1994年アン・ベーカーの元を、大きな一群が去っていき、その後「ラガマフィン」と呼ばれる種類の猫を作ったのですが、という名前が使えなかったので、この名前をつけたといわれています。 ラガマフィンのブリーダーは、ポインテッドとそれ以外の猫を繁殖させていき、2001年5月に、ACFAでチャンピオンシップステータスを獲得しました。 は、2年ほどかけて色が変化していき、3~4年ほどかけて体が成長していきます。 特徴は、とてもしっかりとしたロング&サブスタンシャルタイプだといわれていて、これは、大型で体つきががっしりとしていて骨が太く、重量感があるタイプです。 このタイプの猫で代表的なのはです。 大きくなる種類の猫なので、成長したあとの大きさに驚く方もいるかもしれません。 オスで6~8kg、メスでは4~6kgほどに成長します。 もともとがっしりとした体つきのうえに、大きくなる種類で、さらに皮毛がふさふさなので、かなり迫力のある大きさに成長する猫だと想像していただければ分かりやすいかと思います。 皮毛はシルクのような光沢があり、とても手触りが良く、セミロングなので毛が絡みにくいのも特徴です。 再度強調しておきますが、かなり大きくなる種類の猫であると認識されたほうがいいかと思います! の性格や飼い方 性格ですが友好的で社交的、さらに賢いといわれていて、非常におおらかなので、人間の子供に対しても寛容に接するため、安心して一緒に暮らせる猫だと評判です。 鳴き声も静かで、扱いやすい猫であるといわれています。 ちなみに、元AKB48のさんや、モデルのローラの飼っている猫も、です。 残念ながら、2015年5月2日に、ローラの飼っているのココナッツの最後の姿を、インスタグラムにアップしています。 のかかりやすい病気は? がかかりやすい病気は、肥大性心筋症です。 これは心臓の筋肉の壁が厚くなる病気で、遺伝性があるため、この病気にかかったは交配させないようにしているようです。 1歳~1歳半で発症する例が多いといわれていて、西洋医学の考えでは、肥大性心筋症のような心臓病を発症したら、一生治らないと言われているようですが、的観点からケアをしてあげることで、心臓機能の回復という奇跡が起こる場合もあると言われています。 それは例えば、手作り猫ごはんを与えるようにする、西洋医学の薬を使わずに、ハーブ系のや、自然薬などを使ってみる。 猫の体を心臓が悪いという面から見るのではなく、ホリスティックに全体的に見ていく的な考えを取り入れて、食事療法や、ハーブや漢方などの自然な栄養素などを摂取させることで、体の解毒機能を高めてあげるというケアの仕方も、検討にいれると治療の可能性が広がるのではないでしょうか? 値段や入手方法は? の入手方法ですが、できれば優秀で愛のあるブリーダーさんから購入されることを個人的にはオススメします。 やはり、血統書つきの猫ですから、きちんとしたブリーダーの元で愛情を込めて育てもらた猫を引取り、一緒に暮らすほうが安心でもあると、いろいろと調べると情報が出てきますので、ペットショップより割高になるかもしれませんが、やはり譲っていただく人物は選んだほうがいいのでは?と思います。 近年、保護猫などの里親に対する審査も厳しくなっていますから、血統書付きのなどの種類の猫を譲り受けるのもまた、厳しく審査したほうがいいのでは?と思われますが、こればかりはどうするかは、飼い主さん次第だと思います。 の値段ですが、ペットショップなどで購入すると、10~20万円ほどになり、平均15万円ほどだと言われています。 ブリーダーからの購入は10万前後と言われています。 成長すると大きくなるタイプの猫なので、オスよりも大人しいメスのほうが小柄で落ち着いているといわれていて、選ばれることが多いので、メスのほうがやや高い傾向があるといわれています。 mo88mo.

次の