スプレッド シート アイドル 状態。 おやじプログラマー日記: static.shopadvisor.com:Spreadのセルのボタンクリック時のイベント処理

【必見】スプレッドシートを他人に共有する方法を紹介!

スプレッド シート アイドル 状態

アイドル状態について アイドル状態とは、ある一定の時間処理が行われていないときに、処理が必要ないとパソコンは判断してアイドル状態 何もしていない状態 になります。 別の言葉では「待機状態」に入るとも言えます。 ここでは、アイドル状態について関連する以下の4つに分けて説明していきます。 アイドル状態になる目的 アイドル状態にパソコンがなる理由は、無駄な「発熱」と「消費電力」を抑えるのが目的です。 アイドル状態からの復帰は、マウスやキーボードを使ったり、インターネットをするとアイドル状態が解除されます。 ちなみにアイドル状態は、スリープ スタンバイ とは違うのでご注意を。 例えば、音楽をインターネットで聞いていたりItunesで音楽を聴いている場合は、アイドル状態では無いです。 CPUの使用率とHDD・SSDの使用率を目で確かめたいのであれば「タスクマネージャー」から確認することが出来ます。 ただし「タスクマネージャー」を開いているとCPUをちょくちょく使うので、アイドル状態に入らない場合があります。 1でも操作は一緒です。 アイドル状態になると自動作成される復元ポイント アイドル状態に関連してくる代表的なものが「システムの復元」です。 システムの復元とは、パソコンが不安定になったり、何か不具合が起きた時に「復元ポイント」を使い「システムの復元」を行う事で、パソコンを正常だった以前の状態に戻すことが出来ます。 システムの復元は、復元ポイントが無いと実行できません。 復元ポイントは、初期設定ではCドライブのみ自動で作成されるようになっております。 しかし、条件があり、大きく分けると「タスクスケジューラー」と「重要な変更があった時」の2つになります。 ウィルス対策ソフトから見るアイドル状態について ウィルス対策ソフトでは、パソコンがアイドル状態になった時にウィルスチェックをしてくれるものもあります。 特にパソコンが低いスペックの場合は、アイドル状態の時にウィルスチェックを行ってくれた方が、パソコンが重くならず快適に使えるというメリットがあります。 その他のパソコン用語について知りたい方は、下記を参考にしてみて下さい。

次の

仕組みを理解すれば怖くない 「スプリットブレイン」からの復旧方法 (1/3):DRBDの仕組みを学ぶ(13)

スプレッド シート アイドル 状態

図1 DRBD+Corosyncで構成した正常動作時の高可用性WordPressサーバ環境 図1は、一号機をプライマリー機としてWordPressサーバを稼働させ、同じ構成の二号機が待機している、DRBD+Pacemaker+Corosyncを用いた冗長化構成です。 ユーザーはVIP(仮想IPアドレス)を通じて一号機へアクセスし、更新データが一号機から二号機へ同期されることで冗長化する仕組みです。 これによって、もし一号機に何らかの障害が発生したとしても、二号機へプライマリー機を切り替えることでサービスを継続できます。 ユーザーは不変的なVIP(図では、192. 168. 50)へアクセスするので、一号機と二号機が入れ替わったとしてもアクセス先のIPアドレスは変わりません。 「どちらかがプライマリー機であること」が保たれることによって、仮にどちらかに障害が発生したとしても、ユーザーに影響を与えず、サービスも止めない運用を実現します。 続いて、スプリットブレインが発生した環境は何が違うのでしょう(図2)。 図2 スプリットブレイン発生時の高可用性WordPressサーバ 本来、どちらかがプライマリー機ならば、他方はセカンダリー機でなければなりませんが、「どちらもプライマリー機」になっています。 このように、クラスタが分断された時に プライマリー機が複数存在してしまう状態のことをスプリットブレインと呼びます。 この状態でデータ更新が掛かると、データの不整合が発生してしまう恐れがあります。 なぜ、スプリットブレインが発生するのか スプリットブレインは、主に一号機と二号機を結ぶネットワーク障害によって発生します。 上記の図1は、現プライマリー機に障害が発生したら、ネットワークを経由して他方のサーバがその障害を検知することで、プライマリー側とセカンダリー(待機)側が入れ替わります。 一号機と二号機は、eth1とeth2、2経路のネットワークでお互いのサーバを監視し合っています。 2つのサーバは大抵の場合、それぞれ離れた場所に置かれ、ネットワーク越しに互いの状況を一定の間隔で監視しています。 ネットワーク障害/不調などによって「監視対象のサーバ(一号機)が見えなくなった」ら、二号機は、現プライマリー機である一号機が「障害が発生した/ダウンした」と見なし、自身がプライマリー機に昇格します。 同時に、一号機はセカンダリー機に変更されます。 本来ならばこの時点で一号機と二号機の役割が入れ替わるのですが、ネットワークが不通だとその情報がお互いに伝わりません。 一号機は、正常に稼働しているならば、そのままプライマリー機として存在し続けます。 つまり、一号機は「切り替える情報を受けとっていない」のでプライマリー機のままで変わらず、二号機は一号機が見えなくなったので「一号機がダウンした」と判断し、プライマリー機に切り替わります。 それぞれが仕様に沿った正しい動作をした結果、複数のプライマリー機が存在することになるのです(図3)。 ワンポイント これまでにも紹介してきた図1のようなDRBDのシステム構成は、eth1とeth2の2経路を使って監視を二重化することによって、スプリットブレインのリスクを防ぐ仕組みを設けています。 実は、eth1のインタフェース1つだけでもDRBD同期と監視を行うシステムは構築可能です。 しかしこのようなシステムでは、一号機と二号機を結ぶ拠点間のネットワーク障害があっただけでスプリットブレインが発生してしまいます。 図1のシステムは、監視経路を二重化しつつ、データ同期の経路はeth2で行います。 DRBDによるデータ同期の経路こそ二重化されていませんが、どちらかで監視が正しく動作していれば、スプリットブレインは発生しないというわけです。 もっとも、eth2に障害が発生したら、DRBDによるデータ同期は停止します。 しかし、インタフェースを復旧させればシステムは元に戻ります。 インタフェースが切れていた時間に応じて、同期に時間がかかってしまうことに注意するくらいとなります。 サービスを止めてはならない環境で活躍する冗長化支援ツール「DRBD」。 今回は、CMSツールとして多くのWebサイトで利用されている「WordPressサーバ」の高可用性をDRBDで確保する方法を解説します。 前編は、必要なソフトウェアのインストールと初期設定までを説明します。 障害監視ツールなどと一緒に使うことで、サービスの継続提供を助けるDRBD。 Linuxカーネルに統合されている機能ですが、上手に使いこなしているでしょうか? 本連載では、DRBDの動作や使いどころを順を追って紹介していきます。 「Heartbeat」の適切な導入によってHAクラスタを構成し、Linux上で動作しているサービスの可用性を上げることができます。 続いて、肝心のデータそのものを保護できるツール「DRBD」について紹介しましょう。 「CentOS 7」を皆さんどれだけ理解していますでしょうか。 CentOS 7は、以前のバージョンから使い勝手がかなり変わりました。 本連載では、今さら聞けない/おさらいしたいというインフラエンジニアに向け、CentOS 7の概要と基礎から活用Tipsまでを紹介していきます。 Linux上で動作するオープンソースソフトウエア「DRBD」とiSCSIを組み合わせ、部門内のWindows端末のデータをバックアップするシステムを構築してみよう•

次の

スプレッドシート大喜利 簡易マニュアル|虎猫|note

スプレッド シート アイドル 状態

Googleスプレッドシートを開いた時、最初に表示されるシートを指定できたらすごく楽なのに! ぬぉおぉおぉおおおおおーイライラする! ・・・こんな経験、ありませんか? それじゃなくて、こっちのシートなんだよなあ 複数人と一つのプロジェクトをすすめるときなど、メンバー全員でリアルタイムにExcelを共有できるExcelスプレッドシート。 とても便利なので、会社などでも利用頻度が増えていると思います。 Googleスプレッドシートを起動した直後、毎回イライラしてしまうのが「開くシートを自由に設定できない」事。 Office Excelでは起動直後は、前回使用時、最後に保存したシート&セルが開いた状態となります。 でもGoogleスプレッドシートでは、どこで終わろうが無関係。 いつも同じシートが開いてしまいます。 ほんの少しの事ですが、毎日となるとやはりストレスを感じますし非効率的です。 実はとっても簡単な方法で、スプレッドシート起動時、最初に表示するシートを指定することができます。 最初に表示したいシートをクリック > アドレスバーに表示されたURLをコピーしブックマーク パソコンにインストールして使用するタイプのOffice ExcelやOpenOffice・KINGSOFTなどとは異なり、Googleスプレッドシートにはシートごとに「URL」が割り当てられています。 最初に表示したいシートのURLをブックマークし、次回はブックマークからスプレッドシートにアクセスすることで、好きなシートを開いた状態でスプレッドシートを起動することができます。 いままで感じていたイライラがすっきり解決! 業務もスムーズに取り掛かれて、すごく便利です^^ また、Google Chrome右上「:」 > その他のツール > デスクトップに追加 を行うと指定したシートで開くショートカットをデスクトップ上に作成できます。 お気に入り登録(ブックマーク)が禁止されている会社などでは、後者のデスクトップにショートカットを作成する方法のほうが便利ですね。

次の