有賀 さつき さん の 死因。 有賀さつきの死因は乳がんだったって本当!?父親の証言で判明?

有賀さつきの死因は乳がんだったって本当!?父親の証言で判明?

有賀 さつき さん の 死因

元フジテレビの人気アナだった有賀さつきさん アイドル女子アナブームの火付け役、元フジテレビ人気アナの有賀さつきさん(享年52)の早すぎる死から1か月。 「知人に聞いてみたら、やはり噂されてる通り乳がんだったらしいですね」とは某テレビ関係者だ。 その知人とはテレビ局の元スタッフで、かねて有賀さんとは公私にわたって親しくしていたという。 「はっきり乳がんと聞いたわけじゃないそうですが、有賀さんは痩せるずっと前、乳がん検診の話を熱心にしていて『ひょっとしたら…』と何度も言っていたとか。 私も何度か仕事で一緒になりましたが、有賀さんは超マイペース。 だから連絡があるときとないときの差も激しく、半年間音信不通とか普通だったそうです。 約束のドタキャンも多く、その理由を『バラ園へ行きたくなった』と言われたことも。 15年6月以来、ツイッターは放置状態で「2年ぶりにツイートしてみました(中略)私は色々疎いから」と昨年8月に更新したと思ったら、翌9月までに番組告知など計4回つぶやいただけ。 最後のツイートは他界する3日前の1月27日だが「レイバンのサングラス80週年慈善活動特価今日2499円!」と明らかに本人発信ではなく、乗っ取りか何かとみられる。 くしくもフリーアナの小林麻央さんは、16年6月に夫・市川海老蔵(40)が乳がんだと公表し、昨年6月に34歳の若さで他界。 SNSなどで闘病生活をオープンにしていた麻央さんの陰に隠れる形で、同じ時期、有賀さんは人知れず闘病生活を送っていた。 1年半以上ぶりのブログ更新となる昨年2月13日、有賀さんはネットで騒がれた前出の「有吉反省会」出演時の写真をアップ。 「『有吉反省会』ならぬ、有賀反省会」という書き出しで「とにかく、怒濤の日々でして」と近況報告している。 文面は「良く寝て、身体に声をかけて、感謝して。 ありがとう、ありがとう! 生活を見直したら、涙が滲んできました。 (中略)ずいぶん私も病んでいました(笑)」などかなり達観した内容。 文末ではブログ終了をほのめかしているが、翌日のバレンタインデーにも更新。 このときは16年9月に出演した「お坊さんバラエティ ぶっちゃけ寺」(テレビ朝日系)でのオフショットを載せ、このブログ更新前日に終了した同番組について触れている。 その写真については「あまり現場で写真撮影をしない私が、昨年『ぶっちゃけ寺』ロケでどうしても撮ってほしいとお願いしたものです」と説明。 一緒に写っているのは闘病の末、1993年に胃がんで他界した元フジテレビアナ・逸見政孝さん(享年48)の長男・逸見太郎(45)と「クイズ世界はSHOW by ショーバイ!!」(日テレ系、88~94年)で逸見さんと名司会コンビだった渡辺正行(62)だ。 そのロケで有賀さんは、2人に同行し逸見さんの遺品整理を手伝った。 そしてブログを「たくさんの感謝を込め、ご冥福をお祈り申し上げます」と締めている。 有賀さんのブログはこれが最後。 このときすでに、若くして逝ったフジの大先輩アナと自分の境遇を重ねていたのかもしれない。 有賀さんの病状や死因は、遺族にさえ伝えられていない。 父・洋さん(84=写真)によると、葬儀前後に必要な死亡届の死因などの欄には「何も書いてありません」。 届け出作成の際に要る医師による死亡診断書も「手元にはない」ため、2月5日、入院先の病院(東京・港区)を訪ねたが「口外しない」という本人の意思を尊重したいと医師から言われ、「説明も具体的になかった」という。 その約束の証拠は「一紙も何も残っておりません」とのこと。 横浜の実家を離れ、一人娘(15)と暮らしていた有賀さんからは「あまり体の不調について、私に直接何の連絡もなかった」といい「娘を頼む」的なことを言われたこともなかった。 孫娘が母親の異変を連絡してくることもなく「本人はもともと自分はそうなる(死ぬ)とは思ってませんでしたから。 家庭の中でもあんまり(調子が悪いなどの)訴えはなかったみたいですね。 自分のことは自分でやってたようです」。 医師らの話だと、資格マニアの有賀さんは亡くなる寸前まで前向きで、病室で漢字検定一級の勉強をしていたという。 最後の瞬間まで意識ははっきりしていたらしく、容体が急変し意識がなくなる前までは、一人でトイレにも行くなどちゃんとしていて「自然衰弱に近い形」だったそうだ。 見舞いに訪れても苦痛など訴えることは全然なく「それが最期の瞬間まで…。 私は驚異の人だと思います」と洋さんは表現した。 病状を身内にすら隠し通したのは「他人に迷惑を掛けたくない一心じゃないでしょうかね」と娘の気持ちを代弁。 ただ、そんな強い信念が「あるいは災いしたのかもしれません」とも語った。 法曹関係者からはこんな指摘も。 「死因欄空白ならまだしも、保険は下りないと思います。 保険が下りない拒否事由にあたるか否か、分からないためです。 感覚としては、そこらへんの事情を話せば普通は教えてくれるのではないかと思います。 他方で、医療ミスなどの可能性があるにもかかわらず死因を隠せば、警察に告発し、警察が死因を医者に確認することになると思います」 いずれにせよ洋さんは「多くのものが、私にも分からないまま通り過ぎていった時間の短さに驚いております。 (中略)私自身、これから何をすべきか分かり得ない」と困惑しきりだ。

次の

有賀さつき

有賀 さつき さん の 死因

暇人見聞録 生活を見直したら、涙が滲(にじ)んできました。 生活するのって楽しいことなんですね。 ずいぶん私も病んでいました(笑)。 毎日幸せだと思っていましたが、いつの間にか疲弊していたみたい」 これ、私たちの生活でもこういうことありますよね。 風邪をひいて初めて、今まで呼吸をしていたことに気がつきます。 転んで初めて、地面が硬いことに気がつきます。 きっとそんな心境だったのではないでしょうか? 私たちは病床に伏して初めて、今まで健康だったということに気がつくものです。 最後の最後まで、自分で全部抱え、決して他人に弱みを見せずにいつも笑顔でいた有賀さつきさんは本当に強い人だと思います。 がんに冒されていたのが自分だったら、それを周囲の誰にも言わずにやり過ごすことが果たして私たちできるでしょうか? カツラを被ってテレビに出演できるでしょうか? そう思うとき、有賀さつきさんの強さが尋常ではないことに気がつきますし、52歳というとても短い人生ではあったものの、太く逞ましく生き抜いた有賀さつきさんの姿が思い浮かびます。 残された娘さんも、もちろん今は悲しみで一杯でしょう。 でも必ず母である有賀さつきさんの強さ、なぜここまで強く入られたかわかる日が来るものと思います。 有賀さつきの強い要望で病名は家族にも伏せられていた。 有賀さつきの死因や病名は最後の最後まで伏せられており、その徹底ぶりは家族にも伏せられていたほど。 本人の強い遺志で家族にも病名は知らされていなかったということでした。 何が彼女をここまでにするのでしょうか? スポニチ Sponichi Annex これは私田中の予想にすぎませんが、やはり家族にも病名を伏せるということは、心配させたくないという他人を思う気持ちに他ならないのではないでしょうか? 私にはそんなこと絶対できませんが、有賀さつきさんは本当に強い人なんだなと改めて思うエピソードです。 事実、有賀さつきの父有賀洋は、有賀さつきの亡くなる3日前まで、もうすぐ退院できると思っていたそうです。 おそらく有賀さつき本人は、自分で悟っている部分もあったでしょうが、そんな極限の場面のおいても一人で抱え込む姿勢は相当な強さの証ですね。 父有賀洋さんのコメントはこちら。 亡くなる3日前のことを回想しています。 「亡くなる3日前にさつきを見舞ったとき、食欲がなくて点滴を受けていたが元気だった。 『早く家に帰りたい』といっていた。 これまで離婚や娘のことで迷惑・心配を掛けてきたという想いが有賀さつきをここまで強くしたのでしょうか。 有賀さつき、最期に口座も整理していた waynews. info 他人への配慮を決して忘れない強い女性である有賀さつきさん。 周囲にも病気のことは決して伝えず一人孤独に闘いました。 有賀さつきさんは、おそらく自分の最期を悟っていたのでしょうか、生前に本人しか解約できないような口座もすべて解約されていたと関係者が告白しました。 残された人間に迷惑がかからないようにするためと思われます。 最後の方は、仕事もほとんどキャンセルし、理由には家族や介護をあげていたようです。 昨年末までに仕事についても全て整理されていたようです。 口座は解約できても、残された娘さんのことだけはどうしても気にかかっていたようです。 当たり前ですよね。 とても無念です。 有賀さつきの想いは? 有賀さつきの父洋さんは、生前の有賀さつきさんの銀行整理や乳がんについて否定しました。 これ以上の詮索はもはや無用であり、亡き有賀さつきさんの最後の想いを我々も大切にすべく調査はここで終了しました。 女子アナブームの火付け役という偉大な功績を残した有賀さつきさん。 ご冥福をお祈りいたします。 以上、女子活!制作局の田中でした。

次の

有賀さつきの死因発表は何?なぜ隠す?病名は癌の真相の理由は?

有賀 さつき さん の 死因

来歴・人物 身長は170cm。 両親は出身で母親の里帰り出産でで生まれで育った。 小学校から高校まで東京都内の公立学校で学んだが 、父親の転勤で1970-1973年(5-8歳)までに住んでいたであり、英語は得意。 小中学生時代は塾通いの毎日であったという。 ピアノが得意で、4歳から17歳まで習っていた。 1984年、1985年には、「」にてラジオのパーソナリティーを務めた。 同期の女性アナウンサー2人(、)とともに「花の三人娘」と呼ばれ、女子アナブームの全盛期を飾った。 の料理学校「Le Cordon Bleu(ル・コルドン・ブルー)」代官山校・菓子本科を修了し、フランスでは長い歴史を誇るコンクール「シャルル・プルースト」のシニア部門(22歳以上)で3位入賞。 また、専門の料理教室で「近茶流」本科を修了している。 所持資格は、準1級、準1級、930点、2級、(国内A級ライセンス)、JAAコーディネーターなど多数。 「有賀は(きゅうなかせんどう)を1日中 山道(いちにちじゅう やまみち)と読み間違えた」といわれることがある が、これは正しくない。 真相は「」にて業界人の誤読の実例を紹介した際、「他局のアナウンサーが『いちにちじゅうやまみち』と読み間違えた」という内容のフリップボードを手に持ちながら「『きゅうちゅうさんどう』ですよね」と有賀自身も誤読したというものであった。 その後の有賀は準1級を取得し、クイズ番組では難問にも正解するなど、漢字が読めないわけではない。 会社の上司であるフジテレビ解説委員のと結婚。 「プロポーズをされたがお断りした。 その一週間後に妊娠していることがわかったので、改めてお受けした」とのことである。 2002年11月に一女を儲けるが後に離婚 [ ]。 有賀は2016年頃から体調を崩し気味だったといい、フジテレビ在籍時の先輩にあたる(フリーアナウンサー)は「この1、2年(の有賀は)かなり痩せていた」ことを語っている。 その松田に有賀は2017年秋に「親の世話をするために年内(2017年)限りで活動を停止する」ことを伝えていたという。 また、同じくフジテレビ時代の先輩であるによれば、2017年夏にフジテレビ系のバラエティ番組『』で共演した際に、有賀が痩せたことを山村が指摘すると、有賀は「ダイエットに成功した」と話しており、さらにこの時、有賀はウィッグを着用していたことも山村に対して明かしていた。 2018年1月30日に東京都ので逝去 、52歳没。 有賀の死去は2月5日のスポーツニッポンによる記事で初めて伝えられ、同月4日未明に放送された日本テレビの通販番組『日テレポシュレ』では、前年に事前収録された映像が流されていた。 同期の八木を始め、古巣のフジテレビ関係者、あるいは有賀とつながりがあった人たちの多くは有賀が闘病していたことを全く知らなかったという。 取材に応じた実父によれば、1月半ばより入院加療していたとのことで、1月30日8時過ぎに病院からの連絡で娘の死を伝えられたことを明かしている。 正式な死因は有賀本人の意思により当初は公表していなかったが、死去から一年を経たにだった事が公表された。 3月 卒業。 3月 科卒業後、フジテレビに入社。 同期アナウンサーは・河野景子・八木亜希子。 10月 フジテレビを退社。 4月より、本格的に芸能活動を始める。 芸能界を引退。 の勉強を始める。 3月 和田と結婚。 また、和田と共著で『実況解説! 小泉劇場』を出版。 活動を再開。 同年11月、長女を出産。 5月 和田と離婚。 長女(当時3歳)の親権は彼女が持つ。 タレントとして活動を再開()。 晩年は母校でもあるで、アナウンス講座を受け持っていた。 1月30日 死去。 享年52。 主な出演番組 フジテレビ時代• :スポーツコーナー担当• スペシャル• スペシャル• :いいともアナウンサー• フリーランス後• - サブ司会(1993年4月9日 - 1996年3月22日)• - 司会• - アシスタント(1994年4月 - 1995年6月)• - 準レギュラー• 有賀さつきのテレビの悪口(2007年1月14日、1:30 - 2:00 JST 、) 「欲9」BS日テレ特別番組メインキャスター選びから放送へとなった。 ナレーション• (準レギュラー回答者)• - 「」のゲスト(2015年6月1日、・・・・・と共に出演) 著書• (八木亜希子, 河野景子) 『私たちがアナウンサーだったころ(アナ本)』 (、1991年)• 『』 (、1994年)• (和田圭) 『実況解説! 『会話美人 35のレッスン』 (PHP研究所、2004年) 脚注 [] 注釈• Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. 2018年2月5日. 2018年2月5日閲覧。 2013年12月2日閲覧。 2007年1月7日時点の [ ]よりアーカイブ。 2013年12月2日閲覧。 2013年12月3日時点の [ ]よりアーカイブ。 2013年12月2日閲覧。 2018年2月5日. 2018年4月16日閲覧。 2002年6月7日号『和田圭 シアワセ証人喚問 有賀さつきに49歳のプロポーズ』(54-57ページ)より。 スポーツ報知. 報知新聞社. 2018年2月5日. 2018年2月5日閲覧。 2018年3月30日閲覧。 サンケイスポーツ. 産業経済新聞社. 2018年2月6日. 2018年2月6日閲覧。 - スポーツニッポン 2018年2月5日• Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. 2018年2月5日. 2018年2月5日閲覧。 2019年1月30日. 2019年4月21日閲覧。 (2019年2月12日号掲載記事)• 2012年1月6日時点の [ ]よりアーカイブ。 2012年7月10日閲覧。 関連項目• (有賀入社時のフジテレビ会長) 外部リンク• 2016年12月1日時点の [ ]よりアーカイブ。 2006年6月14日閲覧。 2016年3月10日時点のよりアーカイブ。 2018年11月23日閲覧。 - Twitterアカウント•

次の