コスチューム 事件。 小林快の謝罪は不十分?コスチューム事件は木村花の中で未解決か!?

木村花のコスチューム事件でのその後の未公開動画をまとめてみた

コスチューム 事件

テレビ番組を作るのも難しい時代になった。 — 新 快 速 東 京 行 き hankyu6450 コメディアン志望の小林快さんが、 花さんの仕事(プロレス)のコスチュームが入っているのに気づかず そのまま洗濯し乾燥もかけてしまい、縮ませて色も落ちてしまったらしく それが原因で喧嘩となってしまいました。 このコスチュームはデザイナーさんと相談し10万円以上したもので、 夢にまで見た東京のリングにも上がれた思い出の衣装だったようです。 最後には「ふざけた帽子かぶってんじゃねえよ!」と、 快さんがかぶっていた帽子をはたき落としたほどでした。 しかし、花さんが激怒したのはたしかにコスチュームがきっかけでしたが、 色々と積み重なり激怒してしまったようです。 スポンサーリンク 木村花の激怒までの時系列 一体なにが原因でここまで激怒してしまったのか、時系列で見ていこうと思います。 日帰り温泉デートに行くなど仲が良さそうに見えたのですが、 新メンバーでモデルのビビさんというライバルが現れます。 凌さんとビビさんが仲良くしている姿に落ち込んみ 思わず涙を流すシーンもありました。 その後も食事に誘うなど色々とモーションをかけていたのですが、 凌さんは花さんのことが恋愛対象として見れなかったようで、あえなく失恋…。 結局、凌さんは誰とも付き合うことなく「バスケットボールに専念したい」と卒業していきました。 その優しさに花さんも段々と心を開いていき、 一緒にご飯に行ったりトランポリンデートに行ったりするなどしていましたが、 快さんのことは男性というより友達として見ていたようで…。 すると、新メンバーである社長に「一緒に行くとか?ダブルデート」と誘われます。 社長も新メンバーとした入った夢さんを狙っていたので、ちょうどよかったのかもしれませんね。 この頃から、 花さんは快さんのことを好きだと感じるようになっていました。 ダブルデートで行く水族館もいいけれど、2人きりで行きたかった… なんて可愛らしい悩みも女性メンバーにもらしていました。 しかし、この ダブルデートがのちに 花さんが快さんに激怒した原因の一つになってしまうのです。 水族館デートに行こうと思っていたのも元々は、花さんと気持ちの確認をしたかったそうで、 夢であるスタンダップコメディアンの舞台もあまり上手くいかず 自分の心に余裕もなく、お金もそんなにない。 その状態で行くのはどうかと相談する快さんに、社長が解決策を提案します。 元々2人のデートに俺が入っていったから、お金は俺(社長)が出す• 一回、旅行に行って白黒ハッキリさせたほうがいい• スタンドアップもダブルデートに行くことで、何かネタができるかもしれない 快さんはダブルデートに行ってリフレッシュしようと決意します。 しかし、花さんのことは気になる存在ではあるのですが、 デート中も頭の中はスタンドアップのことでいっぱい。 花さんは「好きな人がいるから頑張ろうって思う恋愛がしたい」と言いますが、 快さんは「集中して自分の世界に入り、周りが見えなくなるから、自分のペースに合わせられる人」がいいと 恋愛について語るもいまいち噛み合わない様子。 また、お金の面でも快さんに色々と思うことがあったようで、 お風呂のときに夢さんと愚痴を言い合っていました。 ホテル、レストラン、新幹線のチケットなど全部社長任せ• ご飯のときに財布を出す素振りがなかった• コンビニに行ったとき、お会計の時になると先に出ていく• カフェに行ったときも注文だけして、すぐ席に座った(夢が快の分を支払うも「払うよ」はなく「ごちそうさま」のみ) この京都旅行をきっかけに花さんの心は快さんからどんどん離れていきます。 そして、この京都旅行後に花さんが激怒した事件が起こりました。 もちろん洗濯機の中をよく確認せず回してしまった快さんは悪いのですが、 洗濯機にコスチュームを入れたままだった花さんも悪かった部分はあったと思います。 しかし、色々とたまりにたまったものが負の連鎖となって、 ここで爆発してしまったんでしょうね…。 木村花のコスチューム事件のその後は? 花さんが激怒してしまい、完全に仲違いしてしまった快さん。 コスチュームを洗濯して縮ませてしまった翌日の夜に、花さんに「少し話さない?」と誘います。 花さんが来てくれたことに感謝しつつ、改めて謝罪をします。 共同生活の中で、勝手に人のものを洗濯するのはあり得なかった。 自分のことしか考えていなかった。 謝って済むものではないけど、本当にごめん。 京都でもスタンドアップのことで頭がいっぱいだったけど、花には関係のないことだったから、自分勝手で子どもだった。 コスチュームを弁償はできないけど、お金はバイトして返したい。 その時にまた花に会いたい。 もう一度、花と仲良くなれるチャンスが欲しい 花さんは、お金は別に自分でまた稼いで作ればいいし、 コスチュームも1着をずっと使うわけではない。 もとに戻せないからことだから、しょうがない。 色々と考えてくれてありがとう。 と快さんに伝えます。 そして、快さんは京都旅行をきっかけに自分がやりたかったことが分かり、 スタンドアップに集中するために卒業するとメンバーに伝えます。 翌朝、テラスハウスを出る日、花さんにずっと描きかけだった絵を渡します。

次の

木村花さん「テラハ」“コスチューム事件”以降アンチ急増、誹謗中傷1日100件…母にも矛先― スポニチ Sponichi Annex 芸能

コスチューム 事件

木村花がテラスハウスを辞めたがっていた 木村さんがテラスハウス出演を疑問に感じていた件について「文春オンライン」は次のように報じています。 25日、「スターダム」のロッシー小川社長は、 記者から 「(「テラスハウス」を) 辞めたがっていた木村さんから相談は受けていたか」 という質問に対して、 こう答えている。 「相談をされていた訳じゃなく、 まあそれはもう、 制作側と出演側の ギャップというか。 制作側はシンプルにおもしろいのを使うから、 あれが本人のパーソナリティじゃない。 そのため、彼女は 「本当の自分」と 「虚構の自分」のギャップに悩んでいたようです。 木村さんを知る男性は、彼女の性格について次のように証言しています。 改めて知人男性が生前の木村さんについて語る。 「確かに 気持ちの浮き沈みが激しいと思うことはありました。 LINEの返信も気ままで、 忙しかったりするとしばらく何も連絡がないこともありました。 」 「それでも、 文面にはハートをよく使ってくれたり、 顔文字もたくさん使う、 普通の明るい子だった。 」 「思ったことをすぐ口にしてしまうだけで、 真っ直ぐで本当に純粋な普通の女の子だった。 感情の浮き沈みが激しい一面こそあったものの、感情の起伏は誰にもあることです。 世間の反応 メディアの今日の対応みたいだけど 放送側の落ち度は棚に上げて 誹謗中傷してる人に責任転換してるかのような内容だった もちろん誹謗中傷してる奴が一番悪いけど 裏でそういう奴らを念じかけるように拍車をかけていたのは制作側であろう ネットの反響を知らないはずはないからね 自分たちの反省がない段階で良い番組なんて作られないよ フジテレビはもう見たくないな レスラーが気の強い人に見えたり、 強面に見えたりするのはほとんどが虚像 もちろん、 真剣に試合をやっている時は本人も必死だろうが、 そのキャラを維持する為に普段から一生懸命演技しているのが実情 レスラーに限らず、 世間的な露出がある人は、実像とは違う自身を演じている それを真に受けて非難したりバッシングしたりするのは、完全な勘違いだ キツイ言葉を投げかけられれば誰でも傷つく そういう当たり前のことをもう少し考えるべきではないだろうか? マスゴミは信用できない。 問題がすり替えられてる気がする。 レスラーが自分の判断だけでテラハに出るわけない。 もし、彼女がアンチの誹謗中傷を全く意に介さない性格であれば、今回のような結末には至らなかったことでしょう。 また、以前からテラスハウスには「演出」や「ヤラセ」を疑う声が上がっていました。 公式の説明では、テラスハウスには 台本はありません。 その人物が番組出演後、自身のインスタグラムに 「台本ハウス」という文言を投稿していたのです。 問題の投稿がこちらです。 この人物はTwitterにも同じ情報を投稿しましたが、批判が殺到したため、アカウントに鍵をかけてしまいました。 客観的に見れば、テラスハウスに台本があるのかは不明です。 しかし、出演者の1人が「台本あり」と暴露したことで、テラスハウスに「ヤラセ」や「演出」の疑惑が付きまとっていることは事実です。

次の

テラスハウスのコスチューム事件の内容とは?何話の話なの?youtube動画も!

コスチューム 事件

テレビ番組を作るのも難しい時代になった。 — 新 快 速 東 京 行 き hankyu6450 コメディアン志望の小林快さんが、 花さんの仕事(プロレス)のコスチュームが入っているのに気づかず そのまま洗濯し乾燥もかけてしまい、縮ませて色も落ちてしまったらしく それが原因で喧嘩となってしまいました。 このコスチュームはデザイナーさんと相談し10万円以上したもので、 夢にまで見た東京のリングにも上がれた思い出の衣装だったようです。 最後には「ふざけた帽子かぶってんじゃねえよ!」と、 快さんがかぶっていた帽子をはたき落としたほどでした。 しかし、花さんが激怒したのはたしかにコスチュームがきっかけでしたが、 色々と積み重なり激怒してしまったようです。 スポンサーリンク 木村花の激怒までの時系列 一体なにが原因でここまで激怒してしまったのか、時系列で見ていこうと思います。 日帰り温泉デートに行くなど仲が良さそうに見えたのですが、 新メンバーでモデルのビビさんというライバルが現れます。 凌さんとビビさんが仲良くしている姿に落ち込んみ 思わず涙を流すシーンもありました。 その後も食事に誘うなど色々とモーションをかけていたのですが、 凌さんは花さんのことが恋愛対象として見れなかったようで、あえなく失恋…。 結局、凌さんは誰とも付き合うことなく「バスケットボールに専念したい」と卒業していきました。 その優しさに花さんも段々と心を開いていき、 一緒にご飯に行ったりトランポリンデートに行ったりするなどしていましたが、 快さんのことは男性というより友達として見ていたようで…。 すると、新メンバーである社長に「一緒に行くとか?ダブルデート」と誘われます。 社長も新メンバーとした入った夢さんを狙っていたので、ちょうどよかったのかもしれませんね。 この頃から、 花さんは快さんのことを好きだと感じるようになっていました。 ダブルデートで行く水族館もいいけれど、2人きりで行きたかった… なんて可愛らしい悩みも女性メンバーにもらしていました。 しかし、この ダブルデートがのちに 花さんが快さんに激怒した原因の一つになってしまうのです。 水族館デートに行こうと思っていたのも元々は、花さんと気持ちの確認をしたかったそうで、 夢であるスタンダップコメディアンの舞台もあまり上手くいかず 自分の心に余裕もなく、お金もそんなにない。 その状態で行くのはどうかと相談する快さんに、社長が解決策を提案します。 元々2人のデートに俺が入っていったから、お金は俺(社長)が出す• 一回、旅行に行って白黒ハッキリさせたほうがいい• スタンドアップもダブルデートに行くことで、何かネタができるかもしれない 快さんはダブルデートに行ってリフレッシュしようと決意します。 しかし、花さんのことは気になる存在ではあるのですが、 デート中も頭の中はスタンドアップのことでいっぱい。 花さんは「好きな人がいるから頑張ろうって思う恋愛がしたい」と言いますが、 快さんは「集中して自分の世界に入り、周りが見えなくなるから、自分のペースに合わせられる人」がいいと 恋愛について語るもいまいち噛み合わない様子。 また、お金の面でも快さんに色々と思うことがあったようで、 お風呂のときに夢さんと愚痴を言い合っていました。 ホテル、レストラン、新幹線のチケットなど全部社長任せ• ご飯のときに財布を出す素振りがなかった• コンビニに行ったとき、お会計の時になると先に出ていく• カフェに行ったときも注文だけして、すぐ席に座った(夢が快の分を支払うも「払うよ」はなく「ごちそうさま」のみ) この京都旅行をきっかけに花さんの心は快さんからどんどん離れていきます。 そして、この京都旅行後に花さんが激怒した事件が起こりました。 もちろん洗濯機の中をよく確認せず回してしまった快さんは悪いのですが、 洗濯機にコスチュームを入れたままだった花さんも悪かった部分はあったと思います。 しかし、色々とたまりにたまったものが負の連鎖となって、 ここで爆発してしまったんでしょうね…。 木村花のコスチューム事件のその後は? 花さんが激怒してしまい、完全に仲違いしてしまった快さん。 コスチュームを洗濯して縮ませてしまった翌日の夜に、花さんに「少し話さない?」と誘います。 花さんが来てくれたことに感謝しつつ、改めて謝罪をします。 共同生活の中で、勝手に人のものを洗濯するのはあり得なかった。 自分のことしか考えていなかった。 謝って済むものではないけど、本当にごめん。 京都でもスタンドアップのことで頭がいっぱいだったけど、花には関係のないことだったから、自分勝手で子どもだった。 コスチュームを弁償はできないけど、お金はバイトして返したい。 その時にまた花に会いたい。 もう一度、花と仲良くなれるチャンスが欲しい 花さんは、お金は別に自分でまた稼いで作ればいいし、 コスチュームも1着をずっと使うわけではない。 もとに戻せないからことだから、しょうがない。 色々と考えてくれてありがとう。 と快さんに伝えます。 そして、快さんは京都旅行をきっかけに自分がやりたかったことが分かり、 スタンドアップに集中するために卒業するとメンバーに伝えます。 翌朝、テラスハウスを出る日、花さんにずっと描きかけだった絵を渡します。

次の