ピンズ 麻雀。 麻雀用語一覧

ピンズ

ピンズ 麻雀

052. ピンフツモの点数 ピンフツモの手をアガったときに、ぱっと点数が出ない方は多いのではないでしょうか。 ここで、しっかりピンフツモに関して覚えてしまいましょう。 「ピンフツモのみの点数」 ピンフとは「符が付かないアガリ」という役なので、ツモアガリをしてもツモの2符を付けないで、基礎の20符だけになります()。 そのため、ピンフ・ツモ・バンバンのアガリは、必ず400・700(子が400点、親が700点を払う)になります。 そこで、まず、ピンフツモは「400・700」と覚えてしまいましょう。 「ピンフツモに他の役がついたときの点数」 また、「20」の倍は「40」ですので、点数計算の原理から20符と40符は同じ点数が出るということが分かります。 これを踏まえて、ピンフツモの他に役が付いたときの点数です。 図1 図1は、40符の点数を書いたものです。 ピンフツモは一番左の400・700でしたね。 この後は、1翻増えるごとに1つ数字が右にずれていくのです。 400・700の下にある枠(ピンフツモとかいてあるところ)を数字1つ分右にずらすと「+1翻」と書かれている位置に来ますね。 つまり、ピンフツモにもう1翻付いたときは、700・1300(子が700点、親が1300点を払う)になります。 さらに1翻増えると、1300・2600(子が1300点・親が2600点を払う)になります(+2翻のところ)。 ピンフツモの点数は「400・700」「700・1300」「1300・2600」の3つだけで、これ以上はマンガンになるので、全部覚えてしまうと良いでしょう。

次の

麻雀の役【役満】

ピンズ 麻雀

麻雀の捨て牌の読み方を学ぶことは初心者脱却への第一歩です。 攻撃は最大の防御という言葉もありますが麻雀にとっては防御を知ることは攻撃を知ることにも繋がります。 捨て牌を読むことで、あえて引っ掛け待ちなども出来るようになり戦術、戦い方の幅が広がることでしょう。 筋の種類 麻雀において筋は道理とも言えるくらい重要な部分です。 筋は基本的に、リャンメン待ちになり、上がり牌を待つ上で一番待ち牌の数が多いので、対戦する相手も使用する事が多いので 筋を読むことはロンをされる可能性を大幅に下げることが可能です。 筋の読み方 マンズ、ピンズ、ソーズ、全て共通にあるのが筋です。 1と4、2と5、3と6これが筋ですね。 1と4が待ちの場合は、2と3をもっており順子として揃えたい時です。 捨て牌に1があれば、4もロンされることはないという読み方が出来ますね。 これは全てのマンズ、ピンズ、ソーズに全て適応可能です。 捨て牌は手牌の裏返し これは分かりますよね? 捨て牌はプレイヤーがいらないから捨て牌なのです。 なので、そこから反対の牌が手牌となっているわけですね。 チンイツやホンイツはすぐに分かると思います。 そして捨て牌を見ることで、どんな役を狙っているかも推測する事が出来ます。 ヤオチュー牌(1と9)ばかり捨て牌にある場合は、中の牌が危険と予測する事が出来ます。 麻雀は4人でしますので、字牌も注意深くみておきましょう。 中盤になっても、「東」などの字牌が1つも捨て牌に出てない時はロンを待っているか、ポンを待っているか、すでに揃っているか、など推測が出来ます。 まとめ 麻雀の捨て牌の読み方の考え方でしたが、自分が手牌を作っていく事と照らしあわせて考えるとより理解が深まるでしょう。

次の

麻雀・ピンズ(筒子)の画像・素材

ピンズ 麻雀

【 筒子(ピンズ)】 『牌系の用語』 筒子とは 麻雀で使用する牌の種類で、丸い玉の図柄の描かれた 数牌の事です。 筒子は1筒から9筒までの9種類あります。 牌は 字牌(ツーパイ)7種、 数牌(シュウパイ)27種の合計34種で各4枚あるので全部で136枚あり、その中で 筒子は9種類、各4枚で36枚です。 数字の読み方以下の通りです。 「筒子」はトンズの漢字です。 中国ではこの牌は殆ど「ピンズ」といわないで「トンズ」と呼んでいるそうです。 どうしても「ピンズ」と呼びたいのなら漢字も素直に「餅子」と改めて表示すべきではないでしょうか?さもないと東京と書いて「エド」と発音させるようなものです。 この世界中で愛され特に日本ではリーチ麻雀なるものが考案され我々を楽しませてくれています。 この環境の中で勝手に読み方と漢字表記を取り変えるなんてあってはならないことです。 中国語を冒どくする事に他ならないことと考えます。 如何でしょうか?.

次の