チャーハンの作り方。 パラパラチャーハンの作り方!卵を入れるベストタイミングを大公開

絶対失敗しないパラパラチャーハンを作るコツ。初心者でもプロ並みのできに!

チャーハンの作り方

カテゴリー:、 激うまチャーハンレシピ!人気のご飯料理の作り方 おいしいチャーハン、つまりべたつかず、ポロポロとほぐれたチャーハンを作るコツは、とにかく火力! 火力! 火力! だ。 他にも細かなコツはさまざまにあるが、とりあえず強い火力さえ確保できれば、あとはいい加減でもおいしいチャーハンができてしまう。 しかし、家庭用コンロの火力は弱い。 つまり、家庭でおいしいチャーハンを作るのは難しいということになる。 しかしご心配なく。 以下の作り方で火力をキープすれば家庭でも十分においしいチャーハンを作ることができるのだ。 まずは長ネギと卵で作るシンプルチャーハンで、火力を保ちながらおいしく作るコツを習得しよう。 基本のチャーハンの材料( 1人分) A:よく知られているのは山田工業所の打ち出し中華鍋です。 打出しのため熱伝導がよく、また表面の凹凸のせいで焦げ付きにくいというメリットがあります。 しかし、家庭でチャーハンを作るにあたっては、普通の中華鍋で十分です。 家に鉄の中華鍋やフライパンがあるなら、買い直すことはありません。 なぜなら山田工業所の中華鍋の最も優れた点はその軽さ、そしてあおりやすさだからです。 あおると火力の下がる家庭用コンロではその良さは生かせません。 もしあなたが火力が強い業務用コンロを購入し、毎日のように中華鍋を使うのであれば、山田工業所の中華鍋の購入をお勧めします。 ガイドのワンポイントアドバイス 材料の中に冷たいものがあると、それを投入した際に鍋の温度が一気に下がってしまう。 鍋の温度が下がったら最後、あとはベチャベチャした油まみれのご飯ができるだけ。 そのために炒める前に冷たいものは温めておく必要がある。 卵は冷蔵庫から早めに出し、常温になるまで置いておく。 冷たいご飯を使う場合は電子レンジで加熱して温め、軽くほぐしておく。 温度が下がらないよう、できれば一人分ずつ作る。 それが無理でも同時に炒めるのは二人分までとし、三人分以上を一度に炒めない。

次の

冷凍ご飯での美味しいチャーハンの作り方!簡単にパラパラにするコツは?

チャーハンの作り方

そんなチャーハンは簡単に作ることはできますが、パラパラに作ることが難しく、どうしてもべちゃっとしてしまったり、具材により何から炒めればいいのかわからない時も少なくないでしょう。 さらにチャーハンといっても、単純に卵とご飯を炒めただけのチャーハンからさまざまな具材の入ったチャーハン、納豆やマヨネーズといった、普通では入れないような食材や調味料を使ったチャーハンなど、チャーハンの美味しさ、可能性は多岐に渡ります。 今回はチャーハンを美味しく作るコツや、チャーハンの種類別にご紹介させていただきます。 冷凍ご飯 まず、冷凍ご飯を使用したチャーハンを美味しく作るコツをご紹介いたします。 冷凍ご飯を使用したチャーハンはどうしても水気が多く、すこしべちゃっとしてしまいがちです。 そこで美味しいチャーハンを作るおすすめのコツは、冷凍ご飯を完全に解凍しきらないことです。 だいたいご飯一杯分の冷凍ご飯は500Wほどの電子レンジで3分程チンする方が多いですが、2分程に抑え、ご飯が少し手でほぐれるくらいの状態が良いでしょう。 その後は必ず解凍したご飯をほぐしてから調理することが、冷凍ご飯で美味しいチャーハンを作るコツです。 パラパラなど 家庭用のコンロでチャーハンをパラパラと、美味しく作るのはなかなか難しいという方も少なくありません。 そこでおすすめのパラパラのチャーハンを作る方法、コツがいくつかありますのでご紹介させていただきます。 油をたくさん入れる まずは強火で一気に水分を飛ばしながら炒めるのがコツです。 家庭用のコンロの火力では、お店のように一気に水分を飛ばすことは難しいのが現状です。 なので、家庭用コンロの火力でパラパラのチャーハンを作るコツは、たくさんの油をフライパンでたくさん熱しましょう。 その後、チャーハンの卵、具材、ご飯の順番で思いっきり熱したフライパンに入れ、一気に手早く炒めましょう。 パラパラのチャーハンができます。 ご飯は硬めに チャーハンをパラパラに作るコツその2は、チャーハンを作る際に使用するご飯を炊くときに、あらかじめ水分量を少なくしましょう。 硬めに炊いたご飯を使用し、よく熱したフライパンで一気に炒めるか、また、冷蔵庫であらかじめ冷した、冷ご飯を使用しましょう。 冷蔵庫で冷やしたご飯は、ご飯の粒が分離しやすく、パラパラのチャーハンが作りやすくなります。 すごく簡単です。 ネギを刻みます。 その後、塩コショウ以外の全部材料は、全て混ぜておきます。 混ぜた材料を熱したフライパンで炒めるのみです。 あとのコツとしては、お好みですが、納豆に付属されているからしは入れないほうがまろやかな味になります。 最後塩コショウで味を整え、お皿に盛り付け完成です。 パラパラはしていませんが、納豆の絶妙なコクを楽しむことのできる一品です。 卵なしの和風チャーハン チャーハンは好きだけど卵が好きではない、または食べられない、たまには卵が入っていないチャーハンが食べてみたい、という方に、一味違ったチャーハン、和風チャーハン美味しく作るコツをご紹介いたします。 用意するもの 一人分 ・合いびき肉 適量 ・シイタケ 適量 ・カツオ顆粒出汁 適量 ・ご飯 茶碗一杯分 ・チューブニンニク お好みで ・チューブ生姜 お好みで ・醤油 少々 ・油 適量 ・小ねぎ お好みで 作り方 まずは、シイタケ、ネギを細かく刻みます。 熱したフライパンに油を入れ、細かく切ったシイタケと、合いびき肉、ニンニクと生姜を炒めます。 火が通ったあとに、ご飯と投入するのがコツです。 その後、カツオ顆粒出汁と醤油で味を調え、チャーハンをお皿に盛った後に小ねぎをトッピングするのがおすすめです。 和風味で香ばしく、香り豊かなチャーハンをお楽しみください。 マヨネーズチャーハン 用意するもの 一人分 ・卵 一つか二つ ・ご飯 茶碗一杯分 ・マヨネーズ 大さじ一 ・長ネギ お好み ・鶏肉 お好み もも肉が好ましい ・塩コショウ 少々 作り方 まずは、鶏肉、ネギを刻みます。 その後、鶏肉に火を通す必要があるため、鶏肉をあらかじめ、電子レンジでチンすることにより余分な油も落ち、時短になります。 その間に、マヨネーズも含め、すべての具材を混ぜておきます。 鶏肉に火が通ったら、火の通った鶏肉を、先に熱したフライパンに入れ焦げ目をつけます。 焦げ目がつきかけた時がポイントです。 その後全て混ぜておいた具材もフライパンに投入し、水分が無くなるまで炒めるのが美味しく作るコツです。 水分が無くなり、パラパラになったら、塩コショウで味を調え、マヨネーズチャーハンの完成です。 鶏肉の余分な油を先に落としているため、まろやかでコク深いけど、割と脂っこく無く、美味しいチャーハンです。 重たく、すぐにご飯がこびりついてしまい、中華鍋でチャーハンを作るのが苦手な方も少なくはありません。 そこで、中華鍋で作るチャーハンをより一層美味しく作るコツをご紹介いたします。 まずは、とにかく中華鍋を熱することがポイントです。 中華鍋から煙が出てくるくらい熱してください。 その後に油を多めに入れよく中華鍋になじませましょう。 その後に卵、ご飯の順番で中華鍋に入れるのが中華鍋で美味しいチャーハンを作るコツです。 さらに鍋の種類によってになりますが、中華鍋は鉄製でテフロンコートがされていないため、鉄分を摂取できるものもあります。 熱伝導も、普通のフライパンより優れているため、一気にチャーハンを美味しく作ることができるでしょう。 ただ、IH式の家庭用ガスコンロですと、大きく鍋を振ったりすることにより、火力が弱まってしまい、パラパラで美味しいチャーハンを作ることが難しいことが少なくありません。 ですが、IH式のガスコンロでも美味しく、パラパラのチャーハンを作ることが可能ですのでご安心ください。 IHコンロで美味しいチャーハンを作るコツは、他のチャーハンを作る時と同じで、フライパンを強く熱することが大切です。 その後は、時間をかけて水分を飛ばしながら調理しましょう。 ただし、普通のテフロンコートがしてあるフライパンですと、熱伝導が伝わりにくいフライパンもあるため、中華鍋があるご家庭では中華鍋を使用することをおすすめいたします。

次の

【みんなが作ってる】 初心者 炒飯のレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

チャーハンの作り方

所要時間: 10分 カテゴリー:、 チャーハンをパラパラにする方法……一番効果があったレシピは? チャーハンをパラパラにする方法で、よく言われているのは、で、これは確かにパラパラになります。 それでは 「1. 卵」「2. マヨネーズ」「3. バター」「4. 油」を先にご飯と混ぜた場合、どれが最もパラパラになるか色々と試してみました。 チャーハンに使うご飯は、かためで、適度に水分が抜けた温かいものがいいです。 例えば、炊飯ジャーに保温してある前の日のご飯がぴったりです。 冷やご飯や冷凍ご飯は電子レンジで温めて軽くほぐしてから使いましょう。 冷たいご飯を固まったまま鍋に放り込んで、ヘラやお玉でつついてほぐすのはよくないやり方です。 それでは、具材と作り方をほぼ同じにして作って比較します。 パラパラチャーハンの材料( 1人分) 最もパラパラになったのは 卵混ぜチャーハンで、次がマヨネーズ混ぜチャーハン。 一番風味良く美味しく感じたのは、 バター混ぜチャーハン。 ココナッツオイルを混ぜたものは、独特な香りと味がするので、好き嫌いが分かれそう。 油とココナッツオイルは、混ぜなくても、それで炒めたら同じかも。 ただし、少し作り方を変えて、油を混ぜたご飯を、最初にしっかりと焼いて、うっすら焦げ目をつけて炒めると香ばしくて美味。 全てのチャーハン作りでそうしたように、酒をふりかけて炒めると、パラパラになる。 ガイドのワンポイントアドバイス チャーハンはパラパラが好きって人もいれば、そうではなくて、ほっこりふっくらのチャーハンが好きって人もいます。 くっつき癖の無いフライパンや中華鍋を使って、温かいかためのご飯で作れば、誰にでも美味しいチャーハンが作れます。 何が何でもパラパラにしたいのなら、タイ米を使うのも一案です。 あと、2度炒めすると 冷めたらもう一度炒めるということ パラパラになりますが、水分を補ってあげないとパサパサになります。

次の