非課税とは。 非課税支給額とは、何ですか

通勤手当とは? 交通費と何が違う? 計算方法、非課税の範囲、事例、不正受給

非課税とは

郵便切手代は、配達代76円と消費税6円の合計82円ということですね。 (円未満は四捨五入しています。 このような理由から郵便切手を購入するときは非課税となっていのです。 郵便切手は購入時に課税仕入れしても良い つまり、本来であれば、• 郵便切手の購入したときは「非課税」• 郵便切手を配達代として使用したときに「課税」 で処理するのが正しい方法です。 しかし、そこまで厳密な処理をするのは、 煩雑で実務的ではありません。 法別表第一第4号イ又はハ《郵便切手類等の非課税》に規定する郵便切手類又は物品切手等は、購入時においては課税仕入れには該当せず、役務又は物品の引換給付を受けた時に当該引換給付を受けた事業者の課税仕入れとなるのであるが、郵便切手類又は物品切手等を購入した事業者が、当該購入した郵便切手類又は物品切手等のうち、自ら引換給付を受けるものにつき、継続して当該郵便切手類又は物品切手等の対価を支払った日の属する課税期間の課税仕入れとしている場合には、これを認める。 出典:国税庁「課税仕入れ等の時期」 ただ、商品券は、取引先に贈答するために購入するのが一般的であり、贈答時は消費税がかからない「不課税」扱いとなります。 つまり、• そのため、商品券は、郵便切手と違って、購入時に課税仕入れすることはできません。 最後に いかがでしたか? 今回は、意外とやっかいな郵便切手の取り扱いについてまとめてみました。 郵便切手は、原則として、• 郵便切手の購入したときは「非課税」• 郵便切手を配達代として使用したときに「課税」 で処理するのが正しい方法です。 また、郵便切手以外で消費税が課税されない場合、非課税の他にも「不課税」「免税」に分類される可能性があるので、それらの違いに注意しましょう。

次の

共働き世帯の住民税は非課税にならない?税金が免除になる対象条件をFPが解説

非課税とは

通勤手当は非課税? よく交通費については、「通勤手当をいくら支給すればよいですか?」という質問が聞かれます。 通勤手当は、あくまで会社が定める任意の金額で支給することが可能です。 ただし従業員に支給される手当は、基本的に従業員個人に対する所得税の課税対象です。 例えば住居手当や残業手当、扶養手当など、全ての手当が課税対象となります。 ところが通勤手当の場合、課税方法が他の手当と異なります。 通勤手当は一定基準の範囲内であれば、所得税は非課税です。 その理由は、通勤手当の性質が会社に出勤するための単なる実費の補てんであり、所得に馴染まないからです。 非課税となる通勤手当とは 通勤手当であれば、交通費がいくらでも非課税になるわけではありません。 非課税となる金額は、国税庁の通達で、以下のように分けられています。 交通機関で通勤する人• 車両や自転車などの交通用具で通勤する人• 定期乗車券で通勤する人• 交通機関+交通用具を利用する人 それぞれについて、詳しく見ていきましょう。 交通機関で通勤する人 運賃全額が非課税となりますが、1ヶ月15万円が上限です。 ただし運賃について、国税庁の通達では「通勤のための運賃・時間・距離等の事情に照らして、最も経済的かつ合理的な経路及び方法で通勤した場合」としています。 例えば、グリーン車の利用料金は交通費とはいえ非課税となりません。 車両や自転車などの交通用具で通勤する人 車やバイク、原付、自転車は、通勤距離で非課税限度額が定められます。 車であっても自転車であっても、非課税限度額が変わりません。 そのため、不公平感はあるかも知れませんが、経理側としては覚えやすくてありがたい規定です。 なお、平成28年1月1日以後適用分の例では次のように定められています。 2㎞未満(片道の通勤距離。 (参考) 車の場合、2点補足があります。 1点目は駐車場代です。 会社に駐車場がない場合、近隣の月極駐車場を利用することがあるでしょう。 この駐車場料金を会社が負担するかどうかは、会社の自由です。 ただし負担する場合は全額課税となりますので、非課税の通勤手当に含めることはできません。 2点目は有料道路を使用する場合です。 通勤途中に有料道路を使用する際は、距離に応じた非課税限度額に有料道路の通行料金を合計した金額が非課税限度額となります。 例えば片道の通勤距離が60㎞で、うち30㎞が有料道路(通行料が5,000円)の場合、 31,600円(55km以上の非課税限度額)+5,000円=36,600円 となり、36,600円が非課税限度額です。 ただし、1ヶ月で15万円が上限となります。 定期乗車券で通勤する人 通勤に必要な乗車区間分の定期券であれば、全額非課税となります。 ただし、1ヶ月15万円が上限です。 交通機関+交通用具を利用する人 自宅から2㎞以上離れた最寄り駅まで自転車で行き、電車に乗る場合などが該当します。 非課税限度額は前述した1・2の合計で、1ヶ月15万円が上限です。 課税通勤手当は年末調整で給与に含める 課税通勤手当を支給した場合は所得税を課税するため、年末調整で給与に含める必要があります。 給与計算ソフトを使用して課税・非課税を分離していると自動計算してくれるため、交通費の計算に間違いは起きにくいでしょう。 ただし、もし手書きの給与明細書や社内で作成したエクセルなどで対応している場合は注意が必要です。 毎月の給与明細の上で、通勤手当の課税と非課税を確実に分けて記録しておきましょう。 通勤手当の消費税は? 消費税の納税義務者である会社の場合、通勤手当が課税仕入となるか、非課税仕入となるかを迷うかもしれません。 しかし、通勤手当の所得税が非課税となる理由は実費補てんです。 所得の性質に馴染まないので、消費税には関係ありません。 そのため、基本的に通勤手当は全額課税仕入れとなります。 税額控除の区分は、その従業員が課税売上にのみ貢献している場合を除き、共通課税仕入で処理しましょう。 通勤手当の具体例 それでは、いくつか具体例を挙げながら交通費に伴う通勤手当について見ていきましょう。 条件 自宅~最寄りのA駅:徒歩 A駅~B駅:電車(1月の定期券代10,000円) B駅~会社:徒歩 通勤手当10,000円支給• 課税・非課税の別 課税通勤手当:0円 非課税通勤手当:10,000円• 条件 自宅~会社:車30㎞(非課税限度額は、18,700円) 有料道路:1,000円 通勤手当:20,000円支給• 課税・非課税の別 課税通勤手当:300円 非課税通勤手当:19,700円• 条件 自宅~会社:車1. 8㎞ 通勤手当:2,000円• 課税・非課税の別 課税通勤手当:2,000円 非課税通勤手当:0円• 仕訳 借方 金額 貸方 金額 給与 2,000円 現金預金 2,000円 仕訳で非課税・課税に分ける必要はありません。 エクセルで給与計算を行う会社の場合は、補助科目で課税・非課税を分けておくと、年末調整の際に残高試算表で付け合せがしやすくなるでしょう。 社会保険料の計算には通勤手当が含まれる 交通費について通勤手当を支給する場合に迷いやすいのが社会保険料の算定です。 多くの会社が加入する全国健康保険協会(協会けんぽ)の場合、社会保険料は従業員ごとの「標準報酬月額」に基づき、健康保険料は都道府県ごとに定められる保険料率で、さらに厚生年金保険料は全国一律の保険料率を掛けて計算されます。 実際には都道府県ごとの保険料一覧表があるため、難しい計算は不要です。 迷いやすいのは、この「標準報酬月額」を算定する算定基礎届の手続きの際に非課税の通勤手当を含めるかどうかです。 結論から言えば、これは含めます。 ここで、例を挙げて考えていきましょう。 <例>• 月給25万円• 住宅手当1万5,000円• 課税通勤手当800円• 非課税通勤手当4,200円 これらを毎月支給する従業員の標準報酬月額は、27万円です。 非課税通勤手当はあくまで所得税が非課税というだけで、他の税や保険料が非課税となることはありません。 また、毎月計算する雇用保険料の計算も、通勤手当を全額含めて計算します。 上記の例で言えば、27万円にそれぞれの事業に応じた保険料率を掛けて計算する形です。 まとめ 最後に、交通費に伴う通勤手当のチェックポイントについてまとめます。 受け取った側の所得税が一定要件下で非課税となる• 交通機関を使う場合は基本的に全額非課税• 車両など交通用具は距離に応じて非課税限度額が変わるが、2㎞未満は全額課税• 非課税額の上限は15万円• 所得税以外の扱いでは課税・非課税の区別が不要 また、交通費・経費精算システムの「楽楽精算」なら、交通費精算だけでなく経費精算業務全体の時間短縮・効率化できる機能が豊富です。 定期区間控除のチェックや検算作業など、毎月の処理が大変と感じている方は、交通費精算システムの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

次の

住民税非課税世帯とは年収いくら?わかりやすく解説【2分でわかる】 [税金] All About

非課税とは

キーワード :• コロナによる経済対策として様々な給付金や助成金が交付されることになりました。 これらのお金の多くは課税対象なのですが、そのことに対し一部の国民から不満の声が出ているようです。 今回は、所得税の課税・非課税の基本的な考え方に焦点をあてていきます。 「自粛は求めるくせに補償はお粗末なのか」という批判はある程度収まったものの、今度は「国からもらうお金なのに課税するとはどういうことだ」という声が一部の事業主から上がっています。 「非課税は限定的だ」「助成金を充てても赤字なら課税されない」「他の事業者との課税の公平が図れない」と言われてもなかなか納得がいかないようです。 主なコロナ対策のお金には次の4つがあります。 1人あたり10万円が支給されます。 この特別定額給付金は新型コロナ税特法第4条第一号により非課税所得とされています。 自治体によって名称や支給額が異なります。 東京都の感染拡大防止協力金については、一律50万円(2事業所以上で自粛する事業主には100万)となっています。 こちらは課税対象です。 中小法人は最大200万円、個人事業主は最大100万円がそれぞれ支給されます。 こちらも課税対象です。 事業規模や従業員への支給割合によって異なりますが、中小事業者に対しては支払額の8~9割が支給されます。 こちらも課税対象です。 「人が何らかの理由でお金を得ているなら税金を支払う力(担税力)があるはず」と考えるからです。 この考え方を上記のコロナで支給されるお金に当てはめると特別給付金のみが非課税、それ以外は課税になるわけです。 なお、所得税法第94条に事業所得を生ずべき事業の休業により得た補償金の類は課税の対象とする旨が書かれています。 ここを見ても事業主向けの国のお金は課税対象だと判断できます。 所得税法第9条で非課税所得とされているもののうち社会的・政策的配慮によるものと他の規定で非課税とされているものに共通する概念は「最低限の生活の保障」です。 最低限の生活の保障という文言は、生存権の保障を謳う憲法25条に書かれています。 生活資産の売却益や生活保護費、遺族年金や児童扶養手当に課税をされてしまうと、人は安心して生活できません。 特に低所得者や障害者、子どもを一人で育てている人には切実な問題です。 こういった配慮から非課税規定が設けられています。 家計費支援という位置づけである特別定額給付金も同様の考え方で非課税になったと思われます。 この判断をめぐり、過去何回か裁判になったことがありました。 この判決から所得税法の課税・非課税の考え方をより深く読むことができます。 賠償金判決で共通して非課税としているのは「その賠償金が心身や財産の損害の回復に対するものだけ」です。 ここでいう賠償金とは最低限の生活を営むのに必要な資本を損なうことに対するものであり、その原状回復のためのお金に対して課税するのは不適当だというわけです。 しかし、賠償金を非課税とする規定も全額を非課税としているわけではありません。 所得税法施行令第30条柱書かっこ書には、賠償金のうち事業の必要経費の補填に充てられるものを除いて非課税とする旨が書かれています。 必要経費の補填になる賠償金は、通常ならば得られたであろう収入の代わりです。 このお金は原状回復というより担税力の増加に当たります。 そのため、課税の対象となるわけです。 なお、判決の中には「仮に必要経費の補填請求と原状回復のための請求を同時に行うなら、それぞれ区別して請求するべきだ」としているものもあります。 まとめると、非課税となるお金はあくまでも原状回復に対応する部分に限られ、まとめて賠償請求するなら区別する必要が生じることになります。 また、国からもらったお金を非課税とし、かつ支払った家賃などの支出を必要経費としてしまうと二重の控除となってしまい、補償を得ていない他の事業主との間で課税の公平が図れません。 さらに、課税の不公平は、他の問題を引き起こす可能性があります。 同じ50万円にしても一方は働いて収入を得たのに課税され、もう一方は休業協力でもらって課税されないとなると、課税が不公平なだけでなく「働かない方がラクしてトク」という印象を国民に与えることになってしまうのです。 実際、事業主の中には「協力金がほしいんだけど、いつまで休んでどれくらい売上を減らしたらいいの?」と顧問税理士に相談する人もいると聞きます。 この状況で、もし国からのお金がすべて非課税になってしまったら、「真面目に働くなんてばかばかしい」という風潮を生み出しかねません。 以上を見ると、やはり事業主向けの国のお金は課税所得として扱わざるを得ないと言えます。 【参考文献】 ・税理2014年5月号「ライブドア被害回復金と課税」 ・「非課税所得となる損害賠償金の範囲」 ・「租税平等負担原則における所得税と消費税」 ・「資産に加えられた損害に対する損害賠償金等を巡る所得税法上の諸問題」 バナーをクリックすると㈱レックスアドバイザーズ(KaikeiZine運営会社)のサイトに飛びます 最新記事はKaikeiZine公式SNSで随時お知らせします。

次の