アルコール 依存 症 末路。 アルコール依存症に関する誤解と真実|特定非営利活動法人アスク

アルコール依存症の原因や症状・治療法まとめ!末期になるとどうなるの?

アルコール 依存 症 末路

お酒のおいしい季節。 でも今回はちょっと耳の痛い話…アルコール依存症についてです。 お酒をよく飲む人のほとんどは、自分がアルコール依存状態にあるとは思っていないはずです。 自分は違う…そう思っていたとしたら、要注意。 アルコール依存症への第一歩は、自分は違うという思い込みから始まります。 「自分はアルコールに強い」と思っている人は、とくに注意が必要です。 アルコールに強いというのは、肝臓でアルコールが分解されるときに発生する有害物質アセトアルデヒドの処理能力が高いという意味。 つまり、悪酔いしにくい体質のことです。 でも、そのこととアルコールが脳やからだに与える影響とは、まったく別のもの。 酒気帯び運転によくみられる、「これくらい平気だ」という気持ちが、すでに危険な状態なのです。 からだへの影響についてはWHO(世界保健機関)が、アルコールを原因とする病気が60以上あることを指摘しています。 実際に、アルコール依存症を放置していると、50歳代前半で死亡するケースが目立つほどです。 自分の健康をそこなうだけでなく、仕事を失ったり、家庭崩壊をまねく例も少なくありません。 お酒が好きでよく飲むという方ほど、アルコール依存症の怖さを知っておくことが大切です。 アルコール依存症の患者数は、約80万人とされています。 しかし、体調をかなり悪化させたり、仕事などでトラブルを起こした人以外はほとんど治療を受けていないため、実際の患者数はその数倍はいると推定されています。 これは有害物質のアセトアルデヒドではなく、アルコールそのものが脳の働きを麻痺させ、判断を鈍らせるためです。 また、アルコールに強い人は、自分の酔いの程度を低く評価する傾向があることもわかっています。 離脱症状に特徴が アルコール依存症の典型的な症状…それは体内のアルコール量が減ったときに起こる「離脱(禁断)症状」です。 手のふるえ、悪寒、寝汗、イライラ、不安、焦燥感、睡眠障害などがみられます。 こうした症状は、アルコールを飲むと一時的に治まります。 そのため、また飲むという悪循環の原因ともなります。 人によっては吐き気や下痢、胃痛、動悸、高血圧といった症状もみられます。 さらに進むと、うつ状態におちいり、ないものが見える(幻視)、ない声や音が聞こえる(幻聴)といった症状や、記憶障害なども起こすようになり、仕事や家庭生活にも大きな支障を及ぼすようになります。 こうした不快な症状は、なぜ起こるのでしょうか。 それは私たちの脳が、アルコールの影響を受けやすいためです。 アルコールを飲むと、私たちの脳の働きが変化し、緊張がゆるんだり、いい気持ちになったり、気が大きくなったりします。 それが「酔う」ということですが、普通は脳への影響は数時間程度で治まります。 ところが、毎日のようにアルコールを多く飲んでいると、脳はその状態を「通常」だと判断するようになります。 すると反対に、体内のアルコール濃度が低くなったときに対応できなくなり、さまざまな不快な症状があらわれるのです。 離脱症状がみられたら、すでにアルコール依存症になっているということができます。 できればそうなる前に、予防したいものです。 こんな経験はありませんか アルコール依存症は、長いあいだの飲酒習慣が原因で起こる生活習慣病の1つです。 一般に、1日平均でビール1500ml(ミリリットル)、日本酒なら3合程度を飲み続けると、10~20年でアルコール依存症になるといわれています(高齢者と女性は、半分程度の飲酒量でもなりやすい)。 しかし、飲酒量や飲酒回数は自分ではなかなか把握できません。 そこで、 次のような経験がないかチェックしてみましょう。 (1)家族や友人から「飲みすぎ」といわれたことがある。 (2)飲んだときの会話や行動をおぼえていないことがある。 (3)体調が悪いときも飲んでしまう。 (4)仕事中や昼間でも「飲みたい」と強く思うことがある。 (5)約束を忘れたり、仕事でうっかりミスをした。 (WHOの診断基準、その他から作成) 1 ~ 4 はいずれも、自分でアルコール摂取をコントロールできない状態を示しています。 5 はアルコールが人間関係や仕事に悪影響を及ぼす典型的な例です。 これらのことが、合計で月に2~3回以上ある場合は、アルコール依存症を疑い、早めに受診しましょう。 アルコール依存症は、自己流で節酒をしても改善はむずかしく、断酒をはじめとした専門的な治療が必要です。 きちんと医師の指導を受けることが大切です。 高齢者と若い女性はとくに注意を 最近の傾向として、高齢者(60歳以上)と若い女性にアルコール依存症が急増しています。 高齢者の場合、リタイア後の孤立感や時間をもてあますなどの理由から飲酒を続け、若いころよりアルコールに弱くなっていることもあって、短期間でアルコール依存症になるケースがみられます。 また、20歳代前半の女性の場合、飲酒率が90%に近く、すでに中年男性を上回っています。 女性はストレスなどが原因で飲酒を続けることが多く、アルコールの影響も受けやすいため、30歳代の若さでアルコール依存症になるケースが増えています。 不安やストレスの解消をアルコールに頼るのはとても危険です。 趣味をもったり、地域活動に参加するなど、別の方法を考えるようにしましょう。 早期受診と予防のために アルコール依存症はそれ自体でも危険な病気ですが、もう一つの怖さは、長期にわたる飲酒が原因の さまざまな臓器障害の併発が多いことです。 もっともよくみられるのは肝機能障害で、アルコール性脂肪肝はその典型ですが、致死率の高いアルコール性肝炎(重症型)を起こしていることもあります。 また、アルコール性膵炎(すいえん)も多くみられます。 膵炎を起こすと、胃のあたりや背中に強い痛みを生じるほか、慢性化するとインスリンの分泌が悪化して糖尿病を併発する可能性も高くなります。 アルコールには脳の神経細胞をこわす作用もあるため、記憶障害などの認知症を起こしていることもあります。 脳の神経細胞の破壊が進むと、治療をしても回復がむずかしくなります。 アルコールがあまり強くない人が飲み続けている場合には、食道がんや口腔がんの発症率が高くなることも知られています(アルコールを飲むと顔が赤くなる人はリスクが高いとされています)。 こうした多くの病気の早期発見のためにも、アルコールが好きでよく飲むという人は、定期的に受診して検査を受けることが大切です。 専門の医療機関がわからないときは、それぞれの地域にある精神保健福祉センターや保健所に相談してみましょう。 予防面では、前章で紹介した5つのチェックのほか、アルコールの飲み方の変化にも注意が必要です。 「飲酒量が増えた、飲むスピードが速くなった、二日酔いが多くなった、飲酒中に口論などトラブルを起こした」といった面ことがみられたら要注意。 なんらかの理由でアルコールへの依存度が高まり、コントロールがきかなくなりつつある状態だからです。 本人はもちろんですが、家族などのまわりの人がこうした初期段階での変化に気づき、適切な対応(断酒、早期受診)ができれば、アルコール依存症の予防につながります。 専門医の管理の下、入院してきちんとした治療を受けるようにしましょう。 自助グループに参加する アルコール依存症は治療後も、断酒を続けるなどの生活改善が必要です。 個人では続けることが困難なため、各地域にアルコール依存症の患者さんたちが運営する「断酒会」などの自助グループができています。 医師に紹介してもらうか、インターネットなどで探し、自助グループに参加することも考慮しましょう。

次の

【驚愕】「実はアルコール依存症の人」の行動&特徴がヤバイwwwwww

アルコール 依存 症 末路

アルコール依存症患者の中には、このまま酒を飲んで死ねたら本望だと豪語する人もいるようですが、実際にはどうなんでしょう。 アルコール依存症となってしまう事を前提に飲酒を始めたんではなかろうに、 減酒や断酒をしたくないからそう言ってるだけでしょうね。 アルコール依存症を発症してからそう思うようになったなら、本望と言うには少し違う気もします。 病気なんですから。 飲酒を始めた頃から酒の美味しさに魅せられて「酒で死ねたら本望だ」と言うのなら別ですが。 飲酒を咎められて逆ギレして、酒で死ねたら本望だ言うには本望ではなくただ今何が何でも飲みたいだけなのです。 アルコール依存症はアルコールを欲しがり、コントロールが効かなくなり、いつしか見境のない飲酒が生活の全般を占めています。 この病気で死ぬかと言えば難しいところで、アルコールの長期にわたる過剰な摂取で 肝障害、膵炎、胃腸障害、糖尿病、脳炎などの病気が起こります。 そして、記憶や言動、視力にも害を及ぼします。 ここまで身体に無理をさせてまで飲酒をするのです。 アルコール依存症で死ぬというよりアルコール依存症になって体を壊してしまい、死に至る病とったところです。 末期症状は、飲んで寝て、起きて飲むといったところでしょうか。 末路でいうと、 肝硬変や糖尿病など命に関わる病気を引き起こしていながらも飲酒を続けて死に至る、それか、 精神異常をきたし鬱状態に陥り自殺を選ぶ。 もしくは命に関わる病気を引き起こして断酒をしてもなお不自由な生活を強いられるといったところです。 末路というのは誰もが安易に想像していたよりもずっと過酷といいますか、それ相当なものです。 悲しいことに、末路を辿る本人以外はその後始末として本人に返る末路が目に見えているのです。 アルコール依存症じゃなくても、バカなことばかりしている人、だらしない生活を送っている人、皆がそうなのです。 周りの人は「それみたことか」としか思えないのです。 私個人、アルコール依存症を患いながら、それでも酒を飲み続けた人が身体を壊して入院し、苦痛にあえぎ、治療の甲斐あって身体の不調も落ち着いた頃にはもう酒を欲しがる状態が末期症状だと感じます。 どんなに痛い目に逢おうと、ほとぼりが冷めればアルコールを求めて後に来る苦しみを知ったくせに飲もうとする状態。 末期症状とは逃れられない状況であり、アルコール依存症の末期症状とは、 まさに苦しみを知ったうえでもなおアルコールを求めること。 もう、 生死を問わない狂った姿が末期症状です。 アルコールの禁断症状 禁断症状という言葉を聞いた事はあるかと思いますが、今は「 離脱症状」と言うようです。 アルコール依存性患者がアルコール摂取をしていない時に出るのが、この離脱症状です。 身体の症状として 発汗、発熱、不眠、下痢、吐き気、手や指の震えや痙攣が特徴です。 精神的な症状は 不安感、焦燥感、落ち込み(抑うつ)が特徴です。 アルコール依存性患者がお酒を飲んでいない状態で7~8時間経過した時に「 早期離脱症状症候群」が起こり、 20時間経過すると「後期離脱症状症候群」が出ます。 こうした点で分かるように、アルコール依存性というのは 24時間365日飲んでいなければ気が済まないということではありません。 仕事を終えてから飲み始め、仕事に支障がこない時間内に飲酒を切り上げていればアルコール依存性ではないということではありません。 離脱症状が起こるかどうかで見極めるのです。 この後期離脱症状症候群は、 自律神経の乱れを起こして興奮状態を作り上げ、発汗や発熱を引き起こします。 ここで 怖いのが幻覚や興奮です。 アルコール依存性患者の死亡率はこの時に高まると言われています。 離脱症状が見られた時点で、必ず医療機関にかからなければならないと思ってもいいでしょう。 依存性と離脱症状は患っている本人が、どれだけ強く改善や禁酒を誓ったとしても簡単に覆すほどの影響力があるのです。 アルコールという物質を求める欲求や離脱症状の辛さというものは計り知れない威力を持ち、本人や支えになろうとしている人達を平気で裏切らせるものです。 ですが、離脱症状を起こしていたら、これは禁酒をできない 本人の問題ではなく病気のせい。 アルコール摂取をコントロールできるよう勧めても意味がないと理解し、まずは医療機関で適切な処置を受ける事が最善だということを踏まえてください。 重度のアルコール依存症症状失禁 人は、何が「せめてこれだけは自分でしたい。 自分でできなくなるのは嫌か?」というと、きっと排泄が多い答えかと思います。 私自身も、 もしも病気や怪我で自分でトイレに行けなくなり、誰か人の手を借りたりオムツの世話になったりしたら?などと考えると、辛いものがあります。 しかし、もしもそうなったとしても、その時は病気や怪我によるものであり、自ら進んで、トイレもままならない状況になるなんて絶対にあり得ないと思いたいものです。 誰しも思うことですね。 ところが、アルコール依存症症状が進行すると、 失禁を(おもらし)する人もいるのです。 良い気分、もしくは半ば自暴自棄で酔い潰れているところに アルコールによる利尿作用も重なりますから、無理もないと言えば無理もないのでしょうが、こればかりはほとほと情けないとしか言い様がないでしょう。 アルコール依存症症状の段階にもよりますが、 脳の萎縮で意識障害が起こるものと、前後不覚に酔っ払いながらトイレを間違う、我慢したまま眠りこけたという辺りで、どちらにしてもアルコール依存症でなければ失禁などしなかったでしょう。 私自身もアルコール依存症で、本当に酷い状態の酔い方をしたものですが、さすがにトイレをしくじることはありませんでした。 断片的な記憶の中、転びながらトイレへ何度も行った覚えがある位ですから相当失禁いうのはタブーなはずです。 情けないことに、数え切れない回数を汚してはならない場所で嘔吐はありましたが、どういう訳かトイレだけは絶対に行くのです。 たまに「酔っ払ってその辺で寝てた」「目を覚ましたら知らない場所で、持ち物もなかった」という話を聞きます。 それだけ大胆な行動に出てしまうならトイレをしくじってもおかしくない気もします。 しかし、そうは行かないのが 『トイレで用を足す』という、謂わば擦り込まれた行動のような、どんなに酷い状況でも潜在意識が失禁だけは阻止するという働きでもしているんじゃないか?とさえ思ってしまいます。 それを裏付けるように、 アルコール依存症の人を抱えた家族は、やはり患者の失禁した姿を見るのが凄く辛いといいます。 そして、本人は酔いが覚めて失禁した事実を知ると、これではいけないと知り、禁酒を決めることもある程です。 もちろん、真逆で情けなさと恥ずかしさから現実逃避に走り、また飲み始めることも。 アルコールで失禁など、だらしなさの極みであり、続くかどうかは別にして、 自ら禁酒を誓う程の出来事なのです。 長い時間をかけて大量のアルコールを摂取した挙句に肝機能、心臓、胃腸、脳の機能の低下も命に直接影響するのですから、おおいに取り返しがつかない事態ですが・・・。

次の

『「アルコール依存症」の悲しき末路』: iCute

アルコール 依存 症 末路

友人がアルコール中毒になった その方は、Pさんとします。 私が大学生の3年の時に知り合いました。 彼はすでに5年生でした。 ずぼらなところを除けば、私の行っていた大学としては珍しく、学部生時代から学会発表を行ったり、割りと優秀な方でした。 そんなPさんは、5. 5年目の9月卒業で大学し、そのまま大学院の聴講生として、講義を受けていました。 ある日、彼の研究室のボスと彼が喧嘩し、それ以来彼は授業に来ることはありませんでした。 結局その次の4月に彼のボスの紹介で行くはずだった大学院に入学します。 私が4年生の時に彼は私の同級生と結婚します。 Nさんとします。 NさんとPさんの間には子どもが出き、Nさんは卒論を仕上げ、大学生のまま出産を迎え、4年で卒業します。 ここでは私の話は置いておくことにしましょう。 NさんとPさんはもちろん仲はよかったのですが、Pさんはうつ病を患っていて、調子が悪かったのです。 彼の実家は東北にあるのですが、彼の母は厳しかったそうで、彼はつらい思いをしていたようです。 アルコール依存症 そんなPさんは、大学院を休学し、休養に入ります。 ストレスのためにアルコールを飲み、アルコール依存症となります。 彼の精神科の主治医は久里浜医療センターでアルコール依存症を担当していたひとでした。 彼の医師の昔話 その医師はアルコール依存症に悩んだ人を沢山見てきていた。 退院していった人もいれば、死んでしまった人もいる。 そんな、人が自分の精神科のクリニックをやっていて、Pさんの治療を行っていた。 しかし、彼の飲酒グセは治ることがなかった。 そして、その医師はこういった「飲み続けると、死んじゃうんだよ」、と。 この話はPさんから聞いた又聞きの話だ。 アルコール依存症がひどくなりすぎ、各種治療が必要になり、抗酒剤(この薬はアルコールを飲んでも吐いてしまったり、気分がとても悪くなるようにして、アルコールの飲ませないようにする薬である)も飲む必要になった人がいる。 その人達は、抗酒剤を飲むことを辞め、アルコールを飲み続けた。 再び彼らに対して医師はこういった。 「飲み続けると、死んじゃうんだよ」、と。 それでも、彼らは飲み続けた。 アルコール漬けになって体が限界がきて運ばれていく。 久里浜医療センターへ。 医師はこういった。 「飲み続けると、死んじゃうんだよっていったでしょ。 もう、助けられないよ」と、「なんとかしてくれませんか」と患者は言う。 「どうすることも出来ない、じきに死ぬでしょう」と医師はいう。 「飲み続けると、死んじゃうんだよっていったでしょ。 もう、助けられないよ」と、もう一度医師はいう。 アルコール依存で死ぬ人は割りと死ぬ直前まで意識があるらしい、その人の精神としてはとても辛いだろうな。 とかんじさせられた。 Pさんのアルコール依存症の話に戻る アルコール依存症のPさんもアルコール依存症が進み、聞いた話によると、家具をなげたり、嫁であるNさんにDV的なことをしたそうだ。 夜に酒を飲み、飲むために吐いて、また、酒を飲む。 朝になって、アルコールが抜けてきたから酒を飲む。 そんな毎日を繰り返していたら、嫁と子どもに夜逃げした。 彼は酒漬けになり、ついに病院へ運ばれることになる。 そして、抗酒剤を処方され、うつ病に加えてアルコール依存症の回復への道のりへ向かうこととなった。 ある日、Pさんに飯に誘われて、彼はジンジャエールを頼んだ。 私はハイボールを頼んだ。 そのハイボールを少しずつ飲んでいたら、「ハイボールはそう飲むもんじゃない!」と怒られた。 抗酒剤を飲んだ状態でアルコールを飲んだらどうなるか。 大丈夫な場合もあるらしい、などといいつつ、私のハイボールを彼は飲んだ。 数分もしない内に彼はトイレへ駆け込んだ。 吐いたようだ。 私は皮肉交じりにだめなようですね。 と、言った。 その後色々あったが、彼はアルコールを飲むことを辞め、断酒に成功した。 彼のその後は残念ながらこのストーリーになる 昔、友人が自殺した。 身辺整理も手伝った。 この話は、この話で別で書きたかったので、かぶる場所も多少ある。 この文章は、経済評論家・勝間和代様より、「両方読ませていただきました。 Pさんのご冥福をお祈りします。 」との言を頂きました。 <了> HP.

次の