フォートナイトネフライトエイム。 5月4日はスター・ウォーズの日!『フォートナイト』復刻イベントやSteamセールも開催中

【フォートナイト】タイマンでの勝率を上げるテクニック【初心者講座】

フォートナイトネフライトエイム

おすすめの設定 画面 画面設定でマストなのは、 Vsyncとモーションブラーのオフ。 この2項目をオンにすると表示遅延が発生したり余計なエフェクトがかかるため、あらゆるプレイヤーがオフにすることを推奨しています。 他には、「 最大フレームレート」をディスプレイのリフレッシュレートに合わせておきましょう。 ディスプレイの詳細設定から確認できるはず。 合わせないとどうなるかは知りません。 「 描画距離」~「 ポストプロセス」は全部最低でやってるプロもいるそうなので、処理落ちしない範囲でお好みです。 描画距離なんてエピック必須みたいな気がしますけど、そうでもないのが驚き。 ゲーム ゲームタブは、感度をしっかり調整しましょう。 「 マウスのX軸・Y軸感度」は通常時の感度で、「 マウスターゲット感度」はスナイパー以外の照準(覗き込み)感度、「 スコープ使用時マウス感度」はスナイパーの照準(覗き込み)感度となっています。 下の方にスクロールして、「 ターボ建築」と「 素材自動切り替え」はオン必須で、多分初期でオンになっています。 一番下にある「 消耗品を右側に自動ソート」は、開幕時に敵の目の前で武器と間違ってポーション飲んじゃった、なんて事故を減らせるので私はオンにしています。 オーディオ フォートナイトは足音で相手の位置を判断するので、しっかり足音が聞こえるレベルまで「 効果音の音量」を上げておきましょう。 私が設定でいじったのはこれくらい。 おすすめのキー配置 続いてキー配置。 前半は初期のまま。 この辺はややこしいんですけど、「 武器スロット1」はマウスホイール・押す、「 武器スロット2」はマウスホイール・引くを使用しています。 何故左側に置いていないのかというと、アイテムスロットが横に間延びして見づらいため。 (設定すると分かります) これによりマウスホイールをコロコロしても武器スロット1か2しか選択できなくなるので、「 武器スロット3」はC、「 武器スロット4」はVで、それぞれ人差し指と親指で押す形。 「 武器スロット5」は数字の5のままで、もはや咄嗟に押せません。 回復アイテム専用スロットと化しています。 「 Toggle Harvesting Tool」はツルハシへの切り替えでTab。 翻訳はよ。 「 壁・床・階段・屋根」は、フォートナイトのキモである 建築のキー。 色々と試して、自分の押しやすいキーを探すのが一番です。 私も何回か配置変えてコレに落ち着いてます。 この時、滑らかに切り替えられるよう「薬指は壁、人差し指は階段」といった具合に、1本の指に対して1種類の建築物を割り当てることをおすすめします。 「 建築物の回転」は完全に捨ててます。 下手に押せるキーにしたら暴発して変な方向の階段とか建てちゃうので・・・。 その後は特に特筆すべき点は無く~ こんな感じでフィニッシュ。 まとめ フォートナイトって初期設定こそぶっ飛んでるものの、「必ずこうすべき」という設定はそんなに多くありません。 なんせマウス探し中な私は現在3ボタンマウスを使っており、本来マウスのサイドボタンに割り当てたい項目も無理矢理キーボードに配置しています。

次の

フォートナイトのアカウントデータ、RMTの販売・買取一覧

フォートナイトネフライトエイム

youtube. com しょうじさんは、フォートナイト、R6SをはじめとしたFPSに加えて、幅広く色々なゲームをやる実況者です。 動画では主に「ネタ」動画をよく投稿しており、多くの人がしょうじさんの動画を楽しみに待っています。 モットーは楽しくやることで、競技シーンを考えたりはしていません。 そんなしょうじさんの顔は、基本的には公開していないようです。 一応、少し前にファンの1人が撮影した思われる写真が残っています。 年齢に関しては不明です。 こちらも、本人が公開していないようです。 ただ、上述した顔写真と普段の動画の雰囲気を考えると、20代中盤~後半あたりかと思います。 ちなみに、誕生日は9月9日と判明しているそうです! スポンサーリンク しょうじ一味(しょうじの動画班)とは しょうじさんは、自分の配信視聴者などから面白い人をスカウトし、「しょうじ一味」、もしくは「しょうじの動画班」というグループを作っています! 動画班はしょうじさん本人以外に全員男性の6人が参加していて、以下の方々です。 ・アイコ(aiko) ・かど(cado) ・しんのすけ ・虎太郎 ・ザビエル ・じゅん 彼らはみんな、しょうじさんがまだニコニコで活動していた頃からのファンなんだそうです! 大好きな実況者さんと一緒に動画を作れるなんて、とっても楽しそうですね。 詳しくは以下の動画をご覧ください。 しょうじのボタン配置は? しょうじさんはPS4でレインボーシックスシージをプレイしていらっしゃるのですが、その際、ボタン配置をデフォルトから少し変更しているようです。 具体的には、「覗き込み」をL1に、「射撃」をR1に設定しているそうです。 かなり重要なところを配置変更していますね。 デフォルト配置でとっさにエイムできないという方は、参考にしてみるといいかもしれません。 しょうじはフリークやエイムリングを使っている? しょうじさんは、フリークやエイムリングといった補助アイテムは使っていないようです。 前述した通り、しょうじさんはキー配置にこだわる方ではないようなので、道具にもそれほどこだわらないのかもしれませんね! しょうじのフォートナイトでのスキンは? 入手法についても しょうじさんは、フォートナイトで常にひとつのスキンを使い続けています。 具体的には、「バーンアウト」というスキンを使い続けているようです。 入手法は、何度か行われる再販の機会で購入することになります。 ゲーム内通貨でも購入できますが、少々高いので、余裕がないのなら課金してもいいでしょう。 このスキンはしょうじさんの代名詞ともなっており、日本でこのスキンが多いのは、しょうじさんの影響もあるといわれているくらいです。 しょうじさんチームの真似をして、ゲームを遊んでみるのも面白いかもしれませんね! しょうじさんについてまとめました。 今は顔出し等行っていないようですが、いずれは顔出しをするときもあるかもしれませんね。 それでは、最後まで読んで頂きありがとうございました。 よいゲームライフを。

次の

【フォートナイト】おすすめの設定とキー配置【初心者講座】

フォートナイトネフライトエイム

おすすめの設定 画面 画面設定でマストなのは、 Vsyncとモーションブラーのオフ。 この2項目をオンにすると表示遅延が発生したり余計なエフェクトがかかるため、あらゆるプレイヤーがオフにすることを推奨しています。 他には、「 最大フレームレート」をディスプレイのリフレッシュレートに合わせておきましょう。 ディスプレイの詳細設定から確認できるはず。 合わせないとどうなるかは知りません。 「 描画距離」~「 ポストプロセス」は全部最低でやってるプロもいるそうなので、処理落ちしない範囲でお好みです。 描画距離なんてエピック必須みたいな気がしますけど、そうでもないのが驚き。 ゲーム ゲームタブは、感度をしっかり調整しましょう。 「 マウスのX軸・Y軸感度」は通常時の感度で、「 マウスターゲット感度」はスナイパー以外の照準(覗き込み)感度、「 スコープ使用時マウス感度」はスナイパーの照準(覗き込み)感度となっています。 下の方にスクロールして、「 ターボ建築」と「 素材自動切り替え」はオン必須で、多分初期でオンになっています。 一番下にある「 消耗品を右側に自動ソート」は、開幕時に敵の目の前で武器と間違ってポーション飲んじゃった、なんて事故を減らせるので私はオンにしています。 オーディオ フォートナイトは足音で相手の位置を判断するので、しっかり足音が聞こえるレベルまで「 効果音の音量」を上げておきましょう。 私が設定でいじったのはこれくらい。 おすすめのキー配置 続いてキー配置。 前半は初期のまま。 この辺はややこしいんですけど、「 武器スロット1」はマウスホイール・押す、「 武器スロット2」はマウスホイール・引くを使用しています。 何故左側に置いていないのかというと、アイテムスロットが横に間延びして見づらいため。 (設定すると分かります) これによりマウスホイールをコロコロしても武器スロット1か2しか選択できなくなるので、「 武器スロット3」はC、「 武器スロット4」はVで、それぞれ人差し指と親指で押す形。 「 武器スロット5」は数字の5のままで、もはや咄嗟に押せません。 回復アイテム専用スロットと化しています。 「 Toggle Harvesting Tool」はツルハシへの切り替えでTab。 翻訳はよ。 「 壁・床・階段・屋根」は、フォートナイトのキモである 建築のキー。 色々と試して、自分の押しやすいキーを探すのが一番です。 私も何回か配置変えてコレに落ち着いてます。 この時、滑らかに切り替えられるよう「薬指は壁、人差し指は階段」といった具合に、1本の指に対して1種類の建築物を割り当てることをおすすめします。 「 建築物の回転」は完全に捨ててます。 下手に押せるキーにしたら暴発して変な方向の階段とか建てちゃうので・・・。 その後は特に特筆すべき点は無く~ こんな感じでフィニッシュ。 まとめ フォートナイトって初期設定こそぶっ飛んでるものの、「必ずこうすべき」という設定はそんなに多くありません。 なんせマウス探し中な私は現在3ボタンマウスを使っており、本来マウスのサイドボタンに割り当てたい項目も無理矢理キーボードに配置しています。

次の