平成天皇誕生日はどうなる。 皇太子の誕生日は2月23日|平成以降の天皇誕生日どうなる?祝日/即位

2019年は「天皇誕生日がない年」 12月23日が平日になる: J

平成天皇誕生日はどうなる

令和元年(2019年)5月1日に今上天皇 きんじょうてんのう・在位中の天皇のこと が即位されました。 今上天皇のお誕生日は 2月23日ですが、前の天皇だった上皇陛下(じょうこうへいか・退位した天皇のこと)のお誕生日は12月23日でした。 これまで12月23日は「天皇誕生日」という祝日だったのですが、今後どうなるのでしょうか? また、昭和以前の天皇誕生日はどのようになっていったのでしょうか?元号 年号 が変わるたびに増えるのでしょうか? そんな疑問について調べてみたいと思います。 関連: 天皇誕生日 祝日 は今後変わる? まず天皇誕生日とはどういった祝日なのでしょうか? 国民の祝日に関する法律 祝日法 では「天皇の誕生日を祝う事」を趣旨とされ、 今上天皇の誕生日を祝う日とされています。 ですので、平成30年(2018年)までは上皇陛下の誕生日である12月23日が「天皇誕生日」でしたが、現在は、令和元年(2019年)5月1日に即位された今上天皇の誕生日である2月23日が「天皇誕生日」となりました。 では、今後12月23日はどうなるのでしょうか? 関連: 天皇誕生日と祝日 崩御された天皇陛下のお誕生日もいくつかは祝日として今でも残っています。 昭和天皇のお誕生日は4月29日「昭和の日」として、そして 明治天皇のお誕生日は11月3日「文化の日」として現在でも祝日となっています。 しかし、明治と昭和の間の年号である 大正の天皇陛下のお誕生日は8月31日ですがこの日は祝日とはなっておりません。 この違いは一体何なのでしょうか。 まず明治天皇のお誕生日から振り返りますと、11月3日は天皇陛下が崩御されてから一時祝日ではなくなっていたようです。 その後、国民が「近代日本の礎を築いた明治天皇の功績を後世に伝えていくために11月3日を祝日としてほしい」ということで運動を起こし、「休日ニ関スル件」という勅令によって昭和2年(1927年)に「明治節」という名称で祝日になりました。 しかし、敗戦後の昭和22年(1947年)、当時日本を占領していたGHQ(連合国軍最高司令官総司令部)は、「明治節」を廃止しました。 日本弱体化を考えていたGHQは、天皇と国民の繋がりを少しでも排除しようとしたのでしょう。 明治節が廃止された後、11月3日を「憲法記念日」にしようという動きがありました。 日本国憲法の前の大日本帝国憲法の公布日は2月11日です。 2月11日は「建国記念の日」ですが、もともとは「紀元節」といって、日本の初代天皇とされる神武天皇の即位日です。 神武天皇の即位日という縁起の良い日を選んで大日本帝国憲法を公布したのですが、このことに倣って(ならって)、日本国憲法の公布日を明治節である11月3日にして「憲法記念日」にしようとしましたが、GHQから強く反対されました。 GHQは、天皇と国民の繋がりを少なくさせたい、なくしたいと考えていたため、国にとって重要な憲法記念日と、明治天皇の誕生日を結びつけたくなかったのです。 そのかわり「憲法記念日じゃなければいい」ということで、昭和23年(1948年)に「文化の日」が祝日に加えられました。 関連: 関連: 関連: 次に昭和天皇のお誕生日ですが、4月29日は昭和の日となる前は「みどりの日」という名称で祝日となっていました。 現行の祝日法では、天皇陛下が崩御された際、天皇誕生日は新しい天皇陛下のお誕生日に変わるため、祝日として存続することはありません。 ですが、ゴールデンウィークの一角を構成する祝日を廃止することによる国民生活への影響が懸念されたという理由から、平成元年から平成18年までの間は祝日法によって「みどりの日」という祝日とされていました。 その後、平成17年に行われた法改正により平成19年からは名称を「昭和の日」と改め、今まで国民の休日だった5月4日は「みどりの日」と改称されました。 このように上記二つの祝日には天皇誕生日以外の理由があり、祝日として残っていますが大正天皇のお誕生日のように崩御後、祝日にしようと言う動きがないまま今日に至っていしまう場合もあります。 上皇陛下の誕生日である12月23日はクリスマス前の時期ですし年末商戦や冬休みなどに影響があるとも言えますが、昭和の日の件を加味しても祝日として存続するかは微妙なラインかもしれません。 国民としては祝日が増えるのはうれしい事ですが、法が関わってくるものなので希望だけでは進められない部分もあるかと思います。 関連: 平成29年(2017年)12月21日に政府は、「 退位後の12月23日は、当面の間は平日にする検討に入った」と発表しました。 この発表で菅官房長官は、「どのような日を祝日にするかは多様な論点があり、皇位継承後の12月23日を平日とするのか、あるいは新たな国民の祝日とするかは国民各層の幅広い議論が必要だと思っている」と述べました。 12月23日を「上皇誕生日」として祝日にした場合、「二重権威」ともなりかねないため、当面は平日にするのがふさわしいとの指摘もあります。

次の

今年の天皇誕生日はいつ?歴代天皇の誕生日は祝日になるの?|@DIME アットダイム

平成天皇誕生日はどうなる

「スポーツの日」について 令和2年(2020年)以降、「体育の日」は 「スポーツの日」になります。 国民の祝日に関する法律の一部を改正する法律(平成30年法律第57号)が平成30年6月20日に公布され、国民の祝日である「体育の日」の名称が 「スポーツの日」に改められ、 その意義は「スポーツを楽しみ、他者を尊重する精神を培うとともに、健康で活力ある社会の実現を願う」とされました。 (施行日:令和2年1月1日) 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)の特例について 令和2年(2020年)に限り、 「海の日」は 7月23日に、 「スポーツの日」は 7月24日に、 「山の日」は 8月10日になります。 平成三十二年東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会特別措置法及び 平成三十一年ラグビーワールドカップ大会特別措置法の一部を改正する法律(平成30年法律第55号)が平成30年6月20日に公布され、 2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の円滑な準備及び運営に資するため、同法第一条により、「国民の祝日に関する法律」の特例が設けられました。 (施行日:平成30年6月20日) 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号) 第1条 自由と平和を求めてやまない日本国民は、美しい風習を育てつつ、よりよき社会、より豊かな生活を築きあげるために、ここに国民こぞって祝い、感謝し、又は記念する日を定め、これを「国民の祝日」と名づける。 第2条 「国民の祝日」を次のように定める。 元日 1月1日 年のはじめを祝う。 成人の日 1月の第2月曜日 おとなになったことを自覚し、みずから生き抜こうとする青年を祝いはげます。 建国記念の日 政令で定める日 建国をしのび、国を愛する心を養う。 天皇誕生日 2月23日 天皇の誕生日を祝う。 春分の日 春分日 自然をたたえ、生物をいつくしむ。 昭和の日 4月29日 激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす。 憲法記念日 5月3日 日本国憲法の施行を記念し、国の成長を期する。 みどりの日 5月4日 自然に親しむとともにその恩恵に感謝し、豊かな心をはぐくむ。 こどもの日 5月5日 こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する。 海の日 7月の第3月曜日 海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う。 山の日 8月11日 山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する。 敬老の日 9月の第3月曜日 多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う。 秋分の日 秋分日 祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ。 スポーツの日 10月の第2月曜日 スポーツにしたしみ、健康な心身をつちかう。 文化の日 11月3日 自由と平和を愛し、文化をすすめる。 勤労感謝の日 11月23日 勤労をたっとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう。 第3条 「国民の祝日」は、休日とする。 「国民の祝日」が日曜日に当たるときは、その日後においてその日に最も近い「国民の祝日」でない日を休日とする。 その前日及び翌日が「国民の祝日」である日(「国民の祝日」でない日に限る。 )は、休日とする。 附則 (省略) 令和2年(2020年)及び令和3年(2021年)の「国民の祝日」 令和2年(2020年)及び令和3年(2021年)の「国民の祝日」は、現在制定されている国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)の規定によれば、以下のとおりとなります。 〇令和2年(2020年)の国民の祝日・休日 名称 日付 備考 元日 1月1日 成人の日 1月13日 建国記念の日 2月11日 天皇誕生日 2月23日 休日 2月24日 祝日法第3条第2項による休日 春分の日 3月20日 昭和の日 4月29日 憲法記念日 5月3日 みどりの日 5月4日 こどもの日 5月5日 休日 5月6日 祝日法第3条第2項による休日 海の日 7月23日 スポーツの日 7月24日 山の日 8月10日 敬老の日 9月21日 秋分の日 9月22日 文化の日 11月3日 勤労感謝の日 11月23日 〇令和3年(2021年)の国民の祝日・休日 名称 日付 備考 元日 1月1日 成人の日 1月11日 建国記念の日 2月11日 天皇誕生日 2月23日 春分の日 3月20日 昭和の日 4月29日 憲法記念日 5月3日 みどりの日 5月4日 こどもの日 5月5日 海の日 7月19日 山の日 8月11日 敬老の日 9月20日 秋分の日 9月23日 スポーツの日 10月11日 文化の日 11月3日 勤労感謝の日 11月23日•

次の

天皇誕生日はどうなる?2020年以降はいつが天皇誕生日なの?

平成天皇誕生日はどうなる

の主要祭儀一覧 ・ 祭() 例祭(先帝以前三代の例祭) (天長節祭) 春季・春季 ・ 例祭(先后の例祭) ・ 例祭(先帝以前三代の例祭) 秋季皇霊祭・秋季神殿祭 御神楽 例祭(先帝以前三代の例祭) 節折・大祓 : :第2 : : :日 : : : : :第3月曜日 : :第3月曜日 :日 :第2月曜日 : : その他 - - 天皇誕生日は、制定の(祝日法、23年法律第178号)第2条によれば、「天皇の誕生日を祝う。 」ことを趣旨としている。 天皇誕生日は、慣例により日本の(ナショナル・デー)とされる。 昭和23年()までは、 天長節(てんちょうせつ)と呼ばれていた(の誕生日が、祝日法施行が7月20日であるため)。 天皇誕生日の日付は、昭和63年()までは昭和天皇(第124代天皇)の誕生日である「4月29日」、元年()から平成30年()までは(第125代天皇、)の誕生日であるであった。 天皇誕生日に際しては以下の行事を行う。 の住居である内のでは、祝賀の儀、宴会の儀、茶会の儀、が行われる。 を始め、各地のでは天長祭が行なわれる。 では、基地・一般港湾等に停泊しているにおいてが行われる。 外国駐在の日本等のではとしてレセプションが行われる(当日ではない)。 一方で、 皇后誕生日(こうごうたんじょうび)は (ちきゅうせつ)と呼ばれるが(後述、天長地久から対比となっている)、前から国民の祝日にはなっていない。 他の国家における誕生日と同様、在位中の天皇の誕生日に合わせて移動する(国家では初代ないしの誕生日だけが祝日指定になっている事が多い)。 歴史 [ ] 古代・中世 [ ] 天長節の名は古く、は皇帝の誕生日を天長節と祝った事に由来する。 中国暦17年(元年、)に「千秋節」と改められたが、19年後の7年(元年、)に「天長節」と改められた。 「天長」はの「天長地久」より採られている。 日本では時代の6年()()に天長節の儀が執り行なわれ、臣下は天皇の好物のを献上して宴を賜った。 十月十三日是朕生日毎至此辰威慶兼集宜令諸寺僧尼毎年是日転経行道海内諸国竝宜断屠内外百官賜酺宴一日仍名此日為天長節庶使廻斯功徳虔奉先慈以此慶情普被天下 と勅が下された)、と宝亀10年()の記録にも見られるなどは既に執り行なわれており、の記録として『』に記述がある。 近代・現代 [ ] 元年()に太政官布告で「九月二十二日ハ聖上ノ御誕辰相当ニ付毎年此辰ヲ以テ群臣ニ酺宴ヲ賜ヒ天長節御執行相成天下ノ刑戮被差停候偏ニ衆庶ト御慶福ヲ共ニ被遊候思召ニ候間於庶民モ一同嘉節ヲ奉祝候様被仰出候事」と布達され、()に天長節を国家の祝日として祝した。 明治2年()は各国公使をへ呼び寄せて酒饌を賜い、明治3年()は諸官員、非職員、などが拝賀し、は禁中で、以下は各官省で酺宴(ほえん)を賜い、諸軍艦でが撃たれた。 天長節の儀礼が整ったのは明治5年()で、同年の天長節の勅語で 茲ニ朕カ誕辰ニ方リ群臣ヲ会同シ酺宴ヲ張リ舞楽ヲ奏セシム汝群臣朕カ偕ニ楽シムノ意ヲ体シ其ノ能ク歓ヲ尽セヨ と宣した。 ついで奏任官以上の総代としてが、華族総代として従一位がそれぞれ奉答した。 明治6年()の採用後はへ変更し、の太政官布告で国家の祝日と規定された。 後年、即位した天皇の誕生日にあわせて 天長節(てんちょうせつ)が定められた。 23年()までは、、など太政官布告や勅令で具体的な日付が規定された。 戦前は(現在の、)・(現在の、)・(現在の、)ともにの一つとして、盛大に奉祝された。 に崩御・践祚となった明治45年・元年()は、11月3日(明治天皇誕生日)に予定していた天長節を(大正天皇誕生日)へ変更する、新たな休日法(休日ニ関スル件)の施行がになり、天長節のない年となった。 大正天皇の誕生日は盛暑期で各種式典の斎行が困難であることから、翌年以降は2か月後の を天長節祝日として本来の誕生日を避けた。 休日としても大正2年()に休日ニ関スル件が改正され、天長節祝日が制定された。 8月31日は行事を催さないが休日であり、天皇誕生日による休日が年2回となった。 後の昭和23年(1948年)は祝日法が制定され、昭和24年()以降は 天皇誕生日(てんのうたんじょうび)として国民の祝日と定められて現在に至る。 祝日法制定に先立って行われた「希望する祝日」の政府のは、「新年の元日」に次いで「天皇陛下のお生まれになった日」が第2位であった。 ・に及びの規定により、退位してとなった明仁からへが行われた平成31年 ・元年()は、今上天皇誕生日 - 譲位日 - 上皇誕生日の時系列になるため、1912年以来2回目、現行の祝日法では初めての天皇誕生日のない年となった。 (令和2年)、徳仁の即位後初の天皇誕生日の皇居での一般参賀は、の影響により、中止された。 近代・現代史上での歴代天皇の天長節・天皇誕生日 [ ] 歴代天皇の天長節・天皇誕生日 時期 在位天皇 誕生日 法定の祝日 根拠法 4年() - 6年() () 旧暦9月22日(天長節) 明治6年太政官布告第258号による改正前の明治元年布告第679号 明治6年(1873年) - 11月3日(天長節) 明治6年太政官布告第258号 明治6年(1873年)10月14日 - 明治45年() (大正元年勅令第19号)による廃止前の明治6年第344号 明治45年(1912年)7月30日 - 元年(1912年) 大正元年(1912年)9月4日 - 大正2年() 8月31日(天長節) 大正元年勅令第十九号中改正ノ件(大正2年勅令第259号)による改正前の(大正元年勅令第19号) 大正2年(1913年)7月16日 - 大正15年() 8月31日(天長節) (天長節祝日) 大正元年勅令第十九号休日ニ関スル件改正ノ件(昭和2年勅令第25号)による全部改正前の休日ニ関スル件(大正元年勅令第19号) 大正15年(1926年)12月25日 - 2年() 昭和2年(1927年)3月4日 - 昭和23年() 4月29日(天長節) (昭和23年法律第178号)附則第2項による廃止前の休日ニ関スル件(昭和2年勅令第25号) 昭和23年(1948年)7月20日 - 昭和64年() 4月29日(天皇誕生日) 国民の祝日に関する法律の一部を改正する法律(平成元年法律第5号)による改正前の国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号) 昭和64年(1989年)1月7日 - 元年(1989年) 平成元年(1989年)2月17日 - 平成31年(2019年) 12月23日(天皇誕生日) 附則第10条(平成29年法律第63号)による改正前の国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号) 元年(2019年) - 2月23日(天皇誕生日) 国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号) 天皇誕生日(天長節)による休日は、昭和23年(1948年)7月19日以前は、などのやで、昭和23年(1948年)7月20日以降はで日が規定される。 天皇誕生日はで自動的に移動・変更されず、法を改正して新たに天皇誕生日を規定する法令が施行される必要がある。 平成31年/令和元年(2019年)のように新帝誕生日(2月23日) - 譲位日(4月30日・5月1日) - 先帝誕生日(12月23日)の時系列になる場合は、必然的に天皇誕生日による休日がない年となり、他にも、明治45年/大正元年(1912年)のように先帝崩御日(7月30日) - 新帝誕生日(8月31日) - 新法施行(9月4日) - 先帝誕生日(11月3日)の時系列になる場合でも、天皇誕生日による休日がない年となる。 一世一元の制制定以降の4代天皇の崩御または退位後の誕生日の扱い [ ] 休日ニ関スル件、国民の祝日に関する法律ともに天皇の誕生日は先帝(譲位)・新帝に伴い移動する。 休日ニ関スル件は天長節に代わり先帝崩御日がとなっていた。 国民の祝日に関する法律は原則として先帝誕生日は休日にならず、先帝祭に相当する休日も設けていない。 明治時代以降、先帝誕生日が休日になった事例が2回ある。 明治天皇の誕生日:11月3日 明治天皇の誕生日は崩御後に平日とされたが、崩御から15年後の2年()にとして休日とされた。 休日ニ関スル件時代に、国民のへのを受けて設けられた唯一の休日である。 以前は、下で旧陸海軍の大元帥とされた天皇によるが行われ、第一階ないし第三階第二十七の者ならびに勲一等および、、ならびに大日本帝国駐剳各国、らが宮中に召されてでが催され、天皇が親臨してを賜り、、大使、公使の首席が奉答の辞を述べて聖寿の無疆を祝した。 は明治節に関係なく、大日本帝国憲法の改正手続を経て昭和21年()11月3日にが公布されて、国民の祝日「 」となった。 当時の首相は憲法制定を、当初は公布で()施行としたが、間に合わずに(明治節)公布で施行とし、意図的にそれまでのに日程を合わせた。 大正天皇の誕生日:8月31日 大正天皇の誕生日である と、その 誕生日(天長節)が盛暑期であることを理由とした10月31日の天長節祝日は、(昭和2年)以後に明治天皇や昭和天皇のように再び休日とされなかった。 大正期限定の天長節祝日は、のちの休日増加の端緒となり、昭和期は明治節を制定して休日減少を回避した。 昭和天皇の誕生日:4月29日 昭和天皇の誕生日であるは、元年()の崩御直後に改正で「 」として国民の祝日とされた。 平成19年()からは「 」と名称が変更され、現在に至る。 なお、同時に「みどりの日」はに変更された。 上皇明仁の誕生日:12月23日 平成時代(1989年1月8日 - 2019年4月30日)において祝日であった第125代天皇明仁の誕生日たるは、 退位後の元年()より祝日ではなくなった。 これは 上皇明仁の誕生日を祝日にすることが、当代の天皇徳仁との間で「二重権威」を生じさせるとの懸念を払拭するため、の附則で定められたものである。 歌 [ ] ウィキソースに の原文があります。 「天長節」(作詞 、作曲 ):26年()「祝日大祭日唱歌」として制定された。 脚注 [ ] [].

次の