キャンディ フラッペ。 キャンディフラッペ(8本入り)|NOAKE TOKYOの通販・お取り寄せなら【ぐるすぐり】

浅草のカフェが「キャンディフラッペ」 大人向けに夏季限定提供

キャンディ フラッペ

よろスィーツ! スイーツ芸人のスイーツなかのです。 梅雨に入ってジメジメしてきましたね。 いきなり雨が降ったり、と思ったら晴れたり、晴れてると思ったまた降ったり。 外にお出かけしてスイーツ食べに行くのもいけれど、梅雨は家で外から聞こえる雨音をBGMに涼しいスイーツを食べていたいのが本音です。 というわけで、今回はそんな季節にぴったりの家で誰かを呼んで食べたくなるようなお菓子をご紹介します。 ご紹介するのは『キャンディフラッペ』。 アイスキャンディーをイメージした、スティック状の美しいフォルム。 レトロだけどモダンな可愛いデザインですよね。 作っているのは浅草「NOAKE TOKYO」さん。 スイーツ好きな方なら知ってる方も多いと思いますが、もともとはコーヒーとお菓子を扱う小さな屋台から始まったお店なのです。 店名の「のあけ」を漢字で書くと「野空」で、野外で行われるお茶会の「野点(のだて)」をイメージしてつけたそう。 ぼくは松屋銀座に入ってるNOAKEさんによく行っていて、素材の美味しさを引き出す丁寧なお菓子作りがとても好きです。 紹介したいお菓子はたくさんあるのですが、今回は夏季限定の「キャンディフラッペ」をぜひ皆さんに食べてほしい! フルーツをたっぷり、ぎゅぎゅぎゅっと詰めたキャンディフラッペは、冷凍すると素材の味がしっかりと楽しめる贅沢なアイスキャンディーに。 フルーツと合わせる素材も独特でアイスキャンディでありながら、奥行きのある深い味わいが特徴的です。 特にオススメなのが、みかんとハチミツと桂花陳酒を合わせたもの。 みかんの爽やかさを軸に、蜂蜜のまろやかさ、そして桂花陳酒が持つ金木犀の風味がほんのりとスパイスになって、高貴でありながらどこか懐かしいくちあたり。 ひとくち食べると雅でノスタルジックな空間に包まれます。 キャンディフラッペはアイスキャンディー以外にも楽しみ方があって、冷蔵した状態でお酒と割ってカクテルのように飲むこともできちゃいます。 んー、想像しただけで美味しそう! 贅沢なヒンヤリドリンクは、これからの季節に家で誰かをおもてなしするには抜群すぎるでしょう。 筒状のパッケージもシンプルなのにオシャレで、とってもステキ。 贈り物に使いたくなる要素がたっぷりなので、ぜひお取り寄せしてみてくださいね。 よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。 和菓子・洋菓子ともに老舗の名店からコンビニまで多ジャンルのスイーツを、今まで5000種類以上を食べ歩いた。 日本スイーツ協会認定スイーツコンシェルジュ会員でもあり、その確かな知識でテレビ、ラジオ、雑誌など多数メディアに出演。 スイーツのプロフェッショナルとして、ライター、商品監修、セミナー講師など幅広いシーンで活躍中。 [ウェブサイト]: / / / [近況報告] インスタライブでパティシエの方とコラボしたお菓子作りの配信をしています。 毎週水曜日22時から生配信中! (20. 24) 達人・スイーツなかのさんのおすすめ.

次の

浅草のカフェが「キャンディフラッペ」 大人向けに夏季限定提供

キャンディ フラッペ

編集スタッフ 寿山 雑貨コーディネーターのオモムロニ。 さんに、えりすぐりのお菓子や雑貨など、手みやげにしたいアイテムをご紹介いただく本連載。 7月は、涼しさを感じるおやつをご紹介。 冷菓は持ち運びが大変と敬遠しがちですが、常温で持っていけるものもあるそう。 取り寄せてみんなで楽しむものも含めて、バラエティに富んだおやつをお届けします。 オモムロニ。 オモムロニ。 さん: 「見た瞬間にわあっとテンションが上がる、問答無用のかわいさがありますよね。 百貨店のお中元コーナーで紹介されていたのですが、思わずミーハーな気持ちで手に取りました。 練乳たっぷりのフローズンミルクを凍らせた、パフェのような冷菓。 これはホームパーティで取り寄せて、みんなで食べるのがおすすめです。 yanagimura. オモムロニ。 さん: 「ここ数年、美味しいサンドアイスがすごく増えてますが、こちらは牛乳などの原材料にこだわった専門店のアイスなので、アイスクリームがすごく滑らかなんです。 さすが京都の味、抹茶アイスも本格的ですごく美味しい。 cremedelacreme. オモムロニ。 さん: 「友人の出演する舞台やライブなどの楽屋によく持っていく、私の定番差し入れです。 こういう時は焼き菓子などよりも、フルーツものが清涼感もあってノドにも良くて嬉しいという声を聞いて。 kannonyama. (つづく) 【写真】市原慶子 オモムロニ。 雑貨コーディネーター。 東京生まれ、横浜在住。 2003年に開始した、気になるモノ・コト・ヒトを発信する「オモムロニ。 」がブログ黎明期に人気となり、以降、雑誌やWEBでの執筆、雑貨やギフトなどのセレクトやコーディネートなど幅広く活動。 現在雑誌『CREA』『LaLa Begin』『&Premium』で連載中。 2019年1月、初の著書となる『DAILY GIFT BOOK 気持ちが伝わる贈りものアイデア』(文藝春秋)を上梓。 Instagramアカウントは omomuroni。 テーブルウェア• キッチンウェア• インテリア雑貨• ファブリック• 日用品、生活雑貨• ファッション小物• キッズアイテム• 過去の取扱商品•

次の

キャンディフラッペ(8本入り)

キャンディ フラッペ

編集スタッフ 寿山 雑貨コーディネーターのオモムロニ。 さんに、えりすぐりのお菓子や雑貨など、手みやげにしたいアイテムをご紹介いただく本連載。 7月は、涼しさを感じるおやつをご紹介。 冷菓は持ち運びが大変と敬遠しがちですが、常温で持っていけるものもあるそう。 取り寄せてみんなで楽しむものも含めて、バラエティに富んだおやつをお届けします。 オモムロニ。 オモムロニ。 さん: 「見た瞬間にわあっとテンションが上がる、問答無用のかわいさがありますよね。 百貨店のお中元コーナーで紹介されていたのですが、思わずミーハーな気持ちで手に取りました。 練乳たっぷりのフローズンミルクを凍らせた、パフェのような冷菓。 これはホームパーティで取り寄せて、みんなで食べるのがおすすめです。 yanagimura. オモムロニ。 さん: 「ここ数年、美味しいサンドアイスがすごく増えてますが、こちらは牛乳などの原材料にこだわった専門店のアイスなので、アイスクリームがすごく滑らかなんです。 さすが京都の味、抹茶アイスも本格的ですごく美味しい。 cremedelacreme. オモムロニ。 さん: 「友人の出演する舞台やライブなどの楽屋によく持っていく、私の定番差し入れです。 こういう時は焼き菓子などよりも、フルーツものが清涼感もあってノドにも良くて嬉しいという声を聞いて。 kannonyama. (つづく) 【写真】市原慶子 オモムロニ。 雑貨コーディネーター。 東京生まれ、横浜在住。 2003年に開始した、気になるモノ・コト・ヒトを発信する「オモムロニ。 」がブログ黎明期に人気となり、以降、雑誌やWEBでの執筆、雑貨やギフトなどのセレクトやコーディネートなど幅広く活動。 現在雑誌『CREA』『LaLa Begin』『&Premium』で連載中。 2019年1月、初の著書となる『DAILY GIFT BOOK 気持ちが伝わる贈りものアイデア』(文藝春秋)を上梓。 Instagramアカウントは omomuroni。 テーブルウェア• キッチンウェア• インテリア雑貨• ファブリック• 日用品、生活雑貨• ファッション小物• キッズアイテム• 過去の取扱商品•

次の