コールマン タトラ 3。 【楽天市場】コールマン(Coleman) キャンプ用テント(1〜2人用) タトラ3 2000017194 テント タープ キャンプ用テント キャンプ アウトドア:アウトドア天国 楽天市場店

Coleman (コールマン) タトラ3 2000017194 タトラ3 190(165)×210×110cm 2

コールマン タトラ 3

長距離ツーリングになるほど、ライダーの体力を維持するためにも、荷物はできる限りコンパクトに、そして快適に使えるアイテムを選ぶことが大切になります。 そんなツーリングでの使用にぴったりな設営も簡単な2つのテントが登場しました。 組み立てが簡単なコンパクト設計ながら、インナーテントは着替えにも便利な110cmの高さがあります。 また、奥行き140cmの広い前室には靴やライディングギアを整理して置いたり、くつろいだり出来るのはもちろんのこと、雨の日には雨具の着脱をしたりするスペースとして活用でき、快適なツーリングが楽しめます。 「タトラ3」は、2~3人用のシンプルなフレーム構造とゆったりとした前室が特徴です。 テントのトップとサイドに採用している2つの通気口によって空気の流れを確保し、室内が蒸れにくい構造になっています。 また、インナーテントは着脱し易いつり下げ式で、設営、撤収も簡単。 インナーテントを取り外せば、フライ単体でも雨天のシェルターとして使用できます。 バイクツーリングには、車ほど多くの物を積むことはできません。 限られた積載スペースにコンパクトに積み込める機能性の高いアイテムを選ぶことが大切です。 コールマンではテントはもちろん調理用バーナー、クッキングアイテム、寝袋、マットなど快適な旅をサポートする豊富なアイテムを取り揃えています。 」にてツーリングキャンプのコンテンツ公開中!こちらもご覧ください。 リリースの詳細はこちらをご覧ください。 <アウトドアリゾートパーク ~次のキャンプは、ここからはじまる。 ~> 新たなアウトドアスタイルを提案するイベント「アウトドアリゾートパーク」を5月24日(土)、25日(日)の2日間、東京ミッドタウンの芝生広場およびコートヤードにて開催します。 」特設サイト> 様々な方がつくるアウトドアリゾートを随時ご紹介します。 自分に合ったアウトドアリゾートを探してみてください。 <コールマン ジャパン体験イベントのお知らせ> <Coleman2014年版オンラインカタログはこちら!>.

次の

【楽天市場】コールマン タトラ3 2000034889 キャンプ ドームテント 3人用 Coleman:アルペン楽天市場店

コールマン タトラ 3

見た目でまず目を惹くのがコールマンらしからぬカラーリングです。 男っぽいというか、主張しすぎないカラーリングというか、とにかく日本で珍しいテントの部類に入るのは間違いないです。 というわけで、僕がなぜこのテントを選んだのかをご紹介していきたいと思います。 コンパクトな収納サイズ まず惚れたのがこの驚異的な収納の小ささです。 一般的な310mlのシェラカップと比較してみましたが、見てわかる通りコンパクトですよね。 このサイズのおかげで、バイクの後ろに乗せたバッグにも収まってしまうので冬場は寝袋が占有してしまいますが、春先や夏場の時期であればバッグの上に縛りつけなくてもバッグ1つで完結できそうです。 ツールームテントであり、シェルターにもなる 僕がソロテントを買うときに決めていた最大のポイントが、 「ソロテントでありながら前室を持ち、釣り下げ式のインナーテントを外せばシェルターになる」という点でした。 コット泊が基本の僕からすると、インナーを付けても外しても形が変わらないタイプがよかったのと、活動時間と就寝時間を完璧にセパレートしたかったのもあります。 ガサツな僕が寝る前に室内を片付けてから眠りにつくと思えないので… 買ってから気づいたお気に入りポイント キャンプギアって、実際に手に取って使ってみて感じるポイントってたくさんあるとおもうんですね。 僕がちょっと気に入ったポイントをご紹介します。 フライシートの材質がイイ そもそも4000mmという驚異的な耐水圧の時点で感動しているのですが、フライシートには耐久性に優れたリップストップ加工が施されています。 これにより、最悪テントに穴が空いたりキズがついてしまっても、ビリビリに裂けてしまうリスクを軽減することができます。 しかも難燃性なので、焚き火の火の粉で燃えてしまっても、一瞬で灰になることはありません。 ポールが軽くてイイ テントの重量を決めるのに影響を与える要素として、ポールの重さや大きさが影響してきますが、アルミ製のポールは高い耐久力と軽量さを兼ね備えています。 あと、ポールにColemanのロゴが入っているのもカッコいいです….

次の

Coleman(コールマン) タトラ 3 2000017194|アウトドア用品・釣り具通販はナチュラム

コールマン タトラ 3

見た目でまず目を惹くのがコールマンらしからぬカラーリングです。 男っぽいというか、主張しすぎないカラーリングというか、とにかく日本で珍しいテントの部類に入るのは間違いないです。 というわけで、僕がなぜこのテントを選んだのかをご紹介していきたいと思います。 コンパクトな収納サイズ まず惚れたのがこの驚異的な収納の小ささです。 一般的な310mlのシェラカップと比較してみましたが、見てわかる通りコンパクトですよね。 このサイズのおかげで、バイクの後ろに乗せたバッグにも収まってしまうので冬場は寝袋が占有してしまいますが、春先や夏場の時期であればバッグの上に縛りつけなくてもバッグ1つで完結できそうです。 ツールームテントであり、シェルターにもなる 僕がソロテントを買うときに決めていた最大のポイントが、 「ソロテントでありながら前室を持ち、釣り下げ式のインナーテントを外せばシェルターになる」という点でした。 コット泊が基本の僕からすると、インナーを付けても外しても形が変わらないタイプがよかったのと、活動時間と就寝時間を完璧にセパレートしたかったのもあります。 ガサツな僕が寝る前に室内を片付けてから眠りにつくと思えないので… 買ってから気づいたお気に入りポイント キャンプギアって、実際に手に取って使ってみて感じるポイントってたくさんあるとおもうんですね。 僕がちょっと気に入ったポイントをご紹介します。 フライシートの材質がイイ そもそも4000mmという驚異的な耐水圧の時点で感動しているのですが、フライシートには耐久性に優れたリップストップ加工が施されています。 これにより、最悪テントに穴が空いたりキズがついてしまっても、ビリビリに裂けてしまうリスクを軽減することができます。 しかも難燃性なので、焚き火の火の粉で燃えてしまっても、一瞬で灰になることはありません。 ポールが軽くてイイ テントの重量を決めるのに影響を与える要素として、ポールの重さや大きさが影響してきますが、アルミ製のポールは高い耐久力と軽量さを兼ね備えています。 あと、ポールにColemanのロゴが入っているのもカッコいいです….

次の