ポケモンサンムーン 四天王。 アセロラ(ポケモン) (あせろら)とは【ピクシブ百科事典】

【サンムーン】四天王周回用ルナアーラの紹介

ポケモンサンムーン 四天王

もくじ• 四天王戦に行く前の準備 まず、四天王に挑む前の注意点があります。 四天王戦を開始すると、最後のチャンピオン戦を終えるまで一切回復することができません。 もし、途中で負けてしまった場合、また一からやり直しになります。 仮に四天王のうち2人を倒したとしても、また次挑戦するときはその2人を再度倒す必要があります。 ですので、四天王に挑む前に十分に準備してから挑むようにしましょう。 アイテムを買い込む 一番、重要なのが「アイテム」を駆使するということです。 ポケモンセンター内にあるフレンドリィショップ内に売っている回復アイテムですね。 これを出来る限り買い込みましょう。 げんきのかけら:20個以上• まんたんのくすり:10個以上• かいふくのくすり:5個以上 上の3つを中心に買うと良いです。 個数については大体の目安ですが、自分の所持金と相談しながら揃えてください。 また、四天王を倒した後、回復をする時間があるので、その時用に安い 「キズぐすり」を99個買っておくといいですね。 アーカラ島ロイヤルアベニューにある スーパーメガやすで安く買うことができます。 そこで「キズぐすり」を大量に買い込んで、戦闘終了後のHPを満タンにすると良いですね。 回復アイテムを買うお金がない場合 もしかしたら、すっからかんで回復アイテムを買うお金が無い方もいるかもしれません。 その場合、自分のパーティで1番簡単に倒せる四天王に アイテム無しでひたすら挑んでください。 そして、 途中でワザと負けちゃいましょう。 これを繰り返すことにより、お金をどんどん貯めていきます。 一人でも倒せたら11,000円というお金をゲットできるわけですね。 このとき 「おまもりこばん」や「こううんのおこう」を持たせたポケモンを繰り出しておくと、貰えるお金が2倍になるのぜひ持たせてあげてください。 そうすることで、「22,000円」貰うことができます。 条件はおまもりこばんを持たせたポケモンを必ず1回は戦闘で出すことです。 これをひたすら繰り返し、お金をどんどん貯めていきましょう。 また、この行動を繰り返すことで、自然とポケモンのレベルも上がって行きます。 少しレベルが上がるだけで結構違って来ますので、もう少しだけ諦めず頑張ってみてください。 「おまもりこばん」の入手方法 おまもりこばんは、アーカラ島オハナ牧場の預かり屋近くに落ちています。 預かり屋から、右側に行くと赤い車があるので、その裏に回ると落ちています。 持っていない方は回収しに行きましょう。 四天王戦攻略へ では、それぞれの四天王戦で使って来るポケモンを見て行きたいと思います。 弱点なども分かりやすいように表の中に入れておきました。 また、文中でそれぞれの四天王戦でのおすすめのポケモンなども載せています。 条件は 「御三家」「入手しやすいポケモン」「伝説2体」を中心に選んでいます。 通信交換や島スキャンなど、特殊なポケモンは省いているのでご安心ください。 どうしても突破できない方は、参考にしてみてくださいね。 カヒリは飛行タイプのポケモン使いですね。 上の表でも書いている通り、繰り出して来るポケモン全員が 電気タイプの攻撃に弱いです。 出来れば、電気タイプのポケモンを繰り出したいですね。 「10まんボルト」や「かみなり」を使えるポケモンがいたら積極的に使ってください。 また、エアームド以外のポケモンには岩タイプの技も効果抜群になります。 カヒリ戦では「でんき」か「いわ」タイプのポケモンを繰り出して行きましょう。 先頭で出してくるエアームド以外のポケモンはランダムで出してきます。 基本、こちらの弱点をついたポケモンを出して来るので、その都度対応すると良いでしょう。 後、注意して貰いたいのがカヒリは繰り出すポケモンたちのHPが減ってくると 2回「かいふくのくすり」を使ってきます。 持久戦で戦いたいパーティーはかなりきつくなるので覚えておいてください。 倒す場合は一気に倒し切りたいですね。 他にもドデカバシが飛行タイプのZわざを使ってくるので注意。 かなりの威力なので、ある程度の被害を予想しておく必要がありそうです。 カヒリ戦おすすめポケモン• クワガノン:電気、虫• ルガルガン:岩• ガオガエン:炎、悪• (ゴローニャR:電気、岩)• (ジバコイル:電気、鋼) クワガノンやルガルガンがおすすめ。 電気と、岩でかなり有利に戦闘を進めることができます。 ガオガエンを選んだ方は、エアームドに出すといいですね。 他にもゴローニャ(アローラ)やジバコイルなどを用意できるならお勧めですが、通信交換や特殊進化になるので注意です。 クワガノンは、デンヂムシをポニの大峡谷でレベルアップさせると進化する少し特殊なポケモンなので覚えておいてください。 アゴジムシがレベル20になるとデンヂムシになります。 彼女はゴーストタイプのポケモンを繰り出して来ます。 上の表の相手の弱点をみてもらったら分かる通り、ゴーストタイプには 悪とゴーストが効きます。 ただ、ゴーストタイプを使っても、お互いに効果抜群になるので注意。 基本は、悪タイプの技で攻めたいですね。 他にもそれぞれのポケモンたちにはいくつかの弱点があるので、上の表を見ながら上手く切り替えるのも手です。 ただし、一番初めに出して来るヤミラミはフェアリータイプの技が効果抜群になります。 他にもノーマル、格闘、エスパー、毒が効かないので、それ以外の攻撃をしてください。 ヤミラミ自体はそれほど防御が高いわけではないので、効かない4タイプ以外の攻撃ならすんなり倒せると思います。 シロデスナはゴーストZ技を繰り出して来るので注意。 また、アセロラもカヒリのときと同じく「かいふくのくすり」を2回使ってくるので長期戦タイプのポケモンは注意です。 アセロラ戦おすすめポケモン• ガオガエン:悪、炎• ベトベトン(アローラ):悪、毒• ワルビアル:悪、地面• (ジュナイパー:ゴースト、草) アセロラ戦ではガオガエンを使っているなら、かなり有利に戦えると思います。 また、ベトベトンやワルビアルもヤミラミ以外なら活躍してくれます。 ジュナイパーはおすすめなのですが、こちらも効果抜群になるのである程度のダメージを覚悟の上で戦いましょう。 ルナアーラは4倍ものダメージを受けるので出すのは止めておきましょう。 彼女は岩タイプ使いですね。 弱点を見てみると、全ポケモンが 地面に弱いことが分かります。 また 格闘タイプや水タイプ、草タイプにも弱いので、ライチ戦は幅広いポケモンが活躍出来そうですね。 ルガルガンはイワZ技を使って大ダメージを与えて来るので注意。 ライチも「かいふくのくすり」を2回使って来るので、一気に削れそうなときは倒し切りましょう。 ライチ戦おすすめポケモン• アシレーヌ:水、フェアリー• ジュナイパー:草、ゴースト• バンバドロ:地面• ワルビアル:地面、悪 アシレーヌ、ジュナイパーを使っている方は、主軸に置くと良いでしょう。 地面タイプとしては、バンバドロが能力が高いのでお勧め。 また、ワルビアルはアセロラ戦とライチ戦の2つで活躍できるので結構いいかもです。 ハイナ砂漠にいるメグロコが進化したのがワルビアルですね。 ハイナ砂漠はウラウラ島の13番道路から北側へ行った場所にあります。 他にもガバイトというレアドラゴンポケモンも捕れるので、ついでも見に行ってもいいかと思います。 詳しくは下記リンクより。 格闘タイプ使いですね。 弱点を見てみると、 全てのポケモンが「飛行」「エスパー」「フェアリー」に弱いことが分かります。 上の3タイプを使って戦いたいですね。 ケケンカニがカクトウZ技をしてくるので注意。 ハラも今までの流れの通り「かいふくのくすり」を2回使って来ます。 ハラ戦おすすめポケモン• アシレーヌ:フェアリー、水• ソルガレオ:エスパー、はがね• ルナアーラ:エスパー、ゴースト• ジュナイパー:草、ゴースト• ミミッキュ:フェアリー、ゴースト アシレーヌを選んだ方はここでも活躍できそうですね。 他にも、伝説ポケモンたちがここでは暴れてくれそうです。 ジュナイパーは「ブレイブバード」や「ついばむ」を覚えているなら、ここでも頑張ってくれると思います。 後は、ミミッキュなら敵の攻撃も無効化にし、更に弱点を付けるので有利に働きそうですね。 ミミッキュに出現場所については、下記リンク参照してください。 「げんきのかけら」でポケモンたちを復活させ、大量の「キズぐすり」を使って回復させます。 「まんたんのくすり」や「かいふくのくすり」は戦闘中に使うと良いですね。 この準備を怠らないことが、全クリアへの一番の近道です。 四天王の撃破後 上の4人を全員倒すと、中央にあるワープから最終戦のステージに向かうことができます。 さあ、これが最終バトルです。 ポケモンたちのHPを回復して万全の準備をしてから挑みましょう。 まず初めに注意してもらいたいのが、初めに選んだポケモンによって出してくるポケモンが変わるということです。 モクローを選んだ場合は「ガオガエン」• ニャビーを選んだ場合は「アシレーヌ」• アシマリを選んだ場合は「ジュナイパー」 ククイ博士の手持ちは「他の5体+御三家のどれか」ということになります。 ルガルガン(昼)だけは最初に出てくることが分かっているので、対策用のポケモンを先頭に置いておきましょう。 格闘、地面、鋼、水、草のどれかですね。 ルガルガンが使う「ステルスロック」という技は、こちらが交代する度にダメージを受けるという技です。 長期戦になればなるほど効いて来るので、出来るならステルスロックを使われる前に倒したいですね。 ジバコイルが使う「でんじは」は「かいふくのくすり」で強引に直してしまうのも手です。 ウォーグルが使う「おいかぜ」は4ターンの間、自分と味方の素早さが2倍になるという技なので、カビゴンなど足が遅いポケモンが先制してくる可能性があるので注意。 ジュナイパー、ガオガエン、アシレーヌは全員Z技を使って来るのでかなりの被害が予想されます。 確実に弱点を付いて早めに落としたいですね。 ククイ博士戦で活躍するのは「格闘」タイプ ククイ博士との戦いで一番弱点を付けるのが「格闘」タイプの技です。 「ルガルガン」「ジバコイル」「カビゴン」に刺さりますね。 また、モクローを選んだ方は「ガオガエン」にも刺さるので、ぜひ格闘タイプを連れて行ってください。 おすすめは「キテルグマ」「ナゲツケサル」「ケケンガニ」「ジャラランガ」といった新ポケモン枠を使ってみるのも面白いかもしれません。 特に、 ジャラランガは種族値600と非常に強いのでお勧めです。 ちょっと捕まえにくいですが、ゲットできれば必ず活躍してくれるポテンシャルを秘めたポケモンです。 ジャラランガの進化前「ジャラコ」の捕まえ方をまとめたので、下の記事を参考にしてみてください。 岩タイプはカヒリ戦でも活躍するので、ぜひ連れて行きたいですね。 上で紹介したジャラコが生息している場所に「ルガルガン(岩)」も出るので、一緒に捕まえてしまうと楽かもしれません。 イワンコから育てるなら、下記記事を参考にしてみてください。 炎タイプでおすすめは 「エンニュート」がいいですね。 エンニュートは8番道路やヴェラ火山公園に出現する「ヤトウモリ」が進化したポケモンです。 メスはオスよりも出にくいので、少し時間がかかるかもしれません。 総合的に見たおすすめパーティー では、最後に総合的に見たおすすめパーティーを考えてみたいと思います。 最初に選んだ御三家を中心に、それぞれのおすすめパーティーを考えてみましょう。 ジュナイパー組• ジュナイパー:アセロラ戦、ライチ戦、ハラ戦• ジャラランガ:ライチ戦、ククイ戦(ルガルガン、ジバコイル、カビゴン、ガオガエン)• ルガルガン:カヒリ戦、ククイ戦(ウォーグル、キュウコン)• ワルビアル:アセロラ戦、ライチ戦、ククイ戦(ルガルガン、ジバコイル、ガオガエン)• エンニュート:カヒリ戦(エアームド)、ククイ戦(ジバコイル、キュウコン)• ソルガレオorルナアーラ:ハラ戦 このパーティならある程度バランスよく戦えるかと思います。 唯一、ヤミラミに対して対抗手段がないので、そこはゴリ推してください。 ソルガレオorルナアーラがかなりフリーになるので、余裕を持って戦えると思います。 ガオガエン戦はジャラランガとワルビアルの2枚あるので、安定して戦えますね。 ガオガエン組• ガオガエン:カヒリ戦(エアームド)、アセロラ戦、ククイ戦(ジバコイル、キュウコン)• ジャラランガ:ライチ戦、ククイ戦(ルガルガン、ジバコイル、カビゴン)• クワガノン:カヒリ戦、ククイ戦(ウォーグル、アシレーヌ)• ワルビアル:アセロラ戦、ライチ戦、ククイ戦(ルガルガン、ジバコイル)• ミミッキュ:ハラ戦、ヤミラミ• ソルガレオorルナアーラ:ハラ戦 ポケモンリーグに出てくる全てのポケモンの弱点を狙えるパーティーです。 ただし、一番強いアシレーヌに対して繰り出せるのが クワガノンしかいないのが心もとないですね。 ソルガレオorルナアーラでのゴリ推しも考えながら戦いましょう。 アシレーヌ組• アシレーヌ:ライチ戦、ハラ戦、ヤミラミ、ククイ戦(ルガルガン)• ジャラランガ:ライチ戦、ククイ戦(ルガルガン、ジバコイル、カビゴン)• ルガルガン:カヒリ戦、ククイ戦(ウォーグル、キュウコン)• ワルビアル:アセロラ戦、ライチ戦、ククイ戦(ルガルガン、ジバコイル、ジュナイパー)• エンニュート:カヒリ戦(エアームド)、ククイ戦(ジバコイル、キュウコン、ジュナイパー)• ソルガレオorルナアーラ:ハラ戦 このパーティーも全て補えますね。 ただ、アセロラ戦がワルビアル一人になるのでかなりキツイかもしれません。 フワライドには ルガルガン、ダダリンとユキメノコには エンニュート、シロデスナには アシレーヌでフォローすると良いでしょう。 ジュナイパー戦もワルビアルとエンニュートの2枚あるので、安心して戦えそうです。 まとめ 以上、ポケモンリーグ 「ククイ博士&四天王」攻略方法でした! どうしても倒せない場合は参考にしてみてください。 特にアイテムが買えなくなるくらい苦戦している方は、もう一度パーティーを見直した方がいいかもしれません。 がくしゅうそうちがあれば、ある程度ならすぐに育てられます。 ぜひ、いろいろな可能性を探りつつ、全クリア目指して頑張ってみてください! 後、ひとつだけ注意してほしいことがあります。 ククイ博士を倒すとエンディングを迎えるわけですが、その中でカプ・コケコとのイベント戦闘が発生します。 ここで捕まえることもできるのですが、もし倒してしまっても、後から捕まえるチャンスがあります。 エンディングが終わった後、強制レポートになるので、 もしカプ・コケコを厳選したい場合は倒してしまいましょう。 出現場所については、下記リンクを参照してください。 長き戦闘お疲れさまでした!• ポケモンサンムーンレアポケモン捕獲情報記事まとめ.

次の

【サンムーン】ポケモンリーグ攻略まとめ!四天王攻略法!【ポケモンSM】

ポケモンサンムーン 四天王

Contents• はじめに サンムーンでは経験値を稼ぐ場所が、前作と違いかなり限られています。 現段階でレベル上げに適した場所は四天王周回となっています。 しかし、四天王の中には「ねこだまし」や特性が「がんじょう」のポケモンが多く、普通のポケモンでは倒すのに時間がかかってしまいます。 そこでゴーストタイプで「ねこだまし」を無効化し、「シャドーレイ」で特性「がんじょう」を貫通することのできる「」を四天王周回用ポケモンとして紹介します。 このルナアーラがいれば四天王周回が非常に楽になり、「がくしゅうそうち」をオンにして四天王を倒すだけで手持ちのポケモンのレベルを上げる事ができます。 四天王周回ルナアーラの厳選 まず、ルナアーラを厳選します。 ムーンバージョンではストーリー中にゲットできるタイミングがあるので、直前でレポートしましょう。 サンバージョンでは殿堂入り後のイベントで「コスモッグ」が手に入りますので、直前でレポートしましょう。 性格についてですが特功の高くなる「ひかえめ」を厳選します。 ルナアーラの性格が「ひかえめ」になるよう特性「シンクロ」で「ひかえめ」のケーシィを先頭にしてイベントを進めましょう。 個体値も「とくこう」の個体値が31でないと周回に支障が出ますので、ルーンバージョンの場合は捕獲後、「とくこう」が189であることを確認してください。 サンバージョンの場合、数値で特定は難しいですが、個性が「イタズラがすき」であれば大丈夫です。 四天王周回ルナアーラの育成 努力値振り ルナアーラ(コスモッグ)の厳選が終わりましたら次に努力値を振ります。 今回は「とくこう」と「すばやさ」に252振れば大丈夫です。 「インドメタシン」と「リゾチウム」をそれぞれ10個使うと100ずつ振れます。 パワーレンズをつけてコダックを17匹、パワーアンクルをつけてコイキングを17匹倒せば努力値振り完了です。 ちなみに筆者は努力値振りを間違えて特攻実数値が387になっています。 特攻実数値410が理想です。 レベル上げ 厳選し、努力値を振ってもレベルを上げないと周回はできません。 がんばってレベル100まで育てます。 まず、経験値が多くはいる「しあわせたまご」をルナアーラ(コスモッグ)に持たせます。 「しあわせたまご」は殿堂入り後、ポケモン図鑑が50匹以上埋まってる状態でククイ博士の研究所へ行き、ククイ博士に話しかけるともらえます。 大変ですがその後ひたすら四天王を周回してレベルを上げていきましょう。 サンバージョンの人はコスモウムがレベル52になったあと、ムーンバージョンを持つ人に協力してもらいましょう。 ムーンバージョンでレベル53にあげてもらい、ルナアーラに進化させてもらいましょう。 覚えさせるわざ 覚えさせるわざは「シャドーレイ」「シャドーボール」「サイコキネシス」「ムーンフォース」にします。 「シャドーボール」「サイコキネシス」はわざマシンで、「ムーンフォース」はポケモンリーグ前のポケモンセンター内にいるマダムに話しかけるとハートのウロコ1枚で思い出させることができます。 可能であれば「シャドーレイ」と「サイコキネシス」は「ポイントアップ」でPPを増やすことをお勧めします。 途中「ヒメリのみ」などで回復する手間が省けます。 具体的なわざ選択 VSハラ 全てサイコキネシスでOK。 レベル65くらいで全ポケモンを1撃で倒せるようになる。 VSライチ 「メレシー」と「ダイノーズ」を 1撃で倒すために微妙に火力が不足するため、持ち物を「のろいのおふだ」に変更する。 「ダイノーズ」、「ゴローニャ」「メレシー」は「シャドーレイ」を選択する。 「ジーランス」「ルガルガン」は「サイコキネシス」を選択。 VSアセロラ 全てシャドーボールでOK。 低レベルで挑むときはユキメノコに先制され、4倍弱点の「シャドーボール」を打たれるので注意 VSカヒリ 「がんじょう」を持つ「エアームド」は「シャドーレイ」を選択。 「バルジーナ」はあくタイプなので「ムーンフォース」を選択。 「クロバット」「ドデカバシ」「オドリドリ」は「サイコキネシス」を選択。 VS挑戦者 いろいろな挑戦者がいるため、割愛。 レベルが上がっていれば苦労することはないでしょう。 おわりに ルナアーラの準備、特にレベル上げにかなり時間がかかりますが、準備しておけば「がくしゅうそうち」をオンにして四天王周回するだけで、手持ちのポケモンを一時間前後でレベル50くらいまでレベルアップさせることができます。 ぜひ育ててみてはいかがでしょうか?.

次の

【ポケモンウルトラサンムーン】四天王周回オススメポケモン・効率の良い四天王周回方法

ポケモンサンムーン 四天王

ふにゃっとしたが愛らしいの少女。 正確な年齢は不明だが、主人公たちと身長が殆ど同じくらいなのでほぼ同年代と思われる。 服装は黒や紫の布をつぎはぎしたようになデザイン 本当につぎはぎかもしれないが。 ちなみにアニメで背中を向けたシーンでは、ミミッキュの触手によく似た形の飾りと思しきものが背中に付いているのが確認できる。 二の腕に付けている黄金の腕輪は恐らく古代王朝の遺産だと思われる。 履物は。 人柄 年相応の無邪気な性格でよく飛び跳ねている。 普段はにある、が運営するポケモンや孤児を保護する施設・エーテルハウスで暮らしている。 明言こそされていないものの親や親族は既に亡くしている可能性が高い。 孤児たちを守ろうと真剣に考えており、作中の事件後は自分の力だけでは全てを守れる訳ではないと悟り、エーテルハウスのみんなを最強のトレーナーにしようと決心していた。 同じウラウラ島に住んでいるには「おじさん」と呼んで懐いており、近寄りがたい雰囲気を持つ彼にも物怖じせず、を見張っておかなかったことに文句を言っていた 彼女はクチナシがに住んでいるのはスカル団を見張るためと考えているようだが、本人は家賃が安いからと言っている。 物語終盤 はーい! 古代の プリンセス! アセロラちゃん です! その後、新たに設立されたポケモンリーグにてがとして集めたトレーナーの一人として登場する。 初めはが依頼されたが、彼が拒んだため代わりにアセロラが抜擢された模様。 バトル前にくるっと回ってポーズを決め、バトル中は常にゆらゆら動くモーションがかわいらしいと評判。 意外と野心家なのか、主人公に敗れるまではチャンピオンになる目論見を抱いていたらしい。 ちなみに、今作のボスにあたるトレーナーの手持ちは全員ハイパーボールで統一されているので、試練の際はダークボール推しであったアセロラもここではハイパーボールを使用する。 手持ちポケモン サン・ムーン やはりが中心の構成で挑んでくる。 キャプテンとしての試練で登場していた面々は1匹も登場しない。 ヤミラミ Lv. ダダリン Lv. ユキメノコ Lv. フワライド Lv. シロデスナ Lv. 勿論使用するのはのZワザ、「」である。 ウルトラサン・ウルトラムーン• ダダリン Lv. ユキメノコ Lv. フワライド Lv. シロデスナ Lv. ジュペッタ Lv. ダダリン Lv. ユキメノコ Lv. フワライド Lv. シロデスナ Lv. ゲーム同様クチナシとは親しい間柄で、彼のことは「クチナシおじさん」と呼ぶ。 彼曰く「アセロラは自分が面倒を見ている」そうで、彼女は「面倒くさいが大切」な存在のようだ。 年下の子供たちにの読み聞かせをするなど、面倒見の良さも原作通り。 面倒臭がりな上サボり癖のあるクチナシのことを「ああ見えて優しいんだ」と話すセリフや、後述のけん玉の件など端々に表れているように誰よりも理解しており、彼も結局のところ何だかんだでアセロラには頭が上がらない様子。 原作と異なり、エーテルハウスではなくに住んでおり、そこで働いている。 高いを持ちゴーストタイプのポケモンとある程度の意思疎通が図れる。 キャプテンではなく一般の人物である。 に於いてキャプテンという役職自体が存在しない。 74話では、クチナシを訪ねて来たところ、彼の嘘に誤魔化され交番の留守を預かっていたと対面。 直後に思惑通りクチナシが現れ、尚も面倒くさがる彼を説得して予備試練のバトルを取りつけることに成功、自身は審判も務めた。 75話でサトシの特訓を手伝うため、ハイナ砂漠奥地にある実りの遺跡にいるの元へ案内するガイド役を買って出る。 を乗りこなして砂漠を越え、サトシ以上のスピードで崖を登ったのに涼しい顔をしているなど、見た目からは想像できないワイルドでタフな一面も見せた。 76話で、クチナシから「スーパー・メガやす跡地にいるミミッキュ連れのトレーナー =クチナシのウソに乗せられてそこに向かったムコニャ を倒す」ことを大試練挑戦の条件として与えられたサトシに同行。 の強さに驚きつつもバトルの審判を務めた。 77話はクチナシの大試練の審判を務め、彼に勝利してへ戻るサトシにはなむけの言葉をかけ、いつかに遊びに行くことを約束した。 クチナシに対しては、大試練の中でサトシたちの成長を促すために敢えて辛辣な挑発を行った彼を信じて見守り、サトシたちがウラウラ島を去った後に「今日のおじさんかっこよかったよ!」と笑顔で仕事を労った。 この時クチナシは動揺したのか、会話しながら遊んでいたけん玉を失敗している。 94話のハロウィン回では、図書館の本を届けるためにポケモンスクールを訪れ、久しぶりにサトシと再会しと初対面。 お化け屋敷に興味を持つのためにお化け屋敷を協力して自作したが、ミミたんの影響で引き寄せられたゴーストポケモンの夢に引きずり込まれる騒動に巻き込まれた。 その後、129話にてアローラリーグに参戦。 予選のバトルロイヤルを勝ち抜いて決勝トーナメント進出を果たし、1回戦でカキと対戦。 欲しがりラプーを手持ちに加えバトルするも敗れる。 宿舎ではクチナシと相部屋だったりする。 『アニメディア』2018年6月号では「アセロラとクチナシの家族のような素敵な関係」という特集が組まれており、それによると上記の予備試練を提案したのは「消極的なクチナシの背中を押す」という彼女なりの思いやりが含まれているかららしい。 大試練でクチナシがサトシと楽しそうにバトルをして アセロラ談 、しまキングとしての仕事をやり遂げた事で、彼女の願いは叶ったと言える。 ちなみに、服の胴体と腋の部分はゲームだと黒い布で繋がっているが、アニメではそれがないため、アセロラが腕を上げると 大きく腋が見える構造となっている。 アニメの手持ちポケモン• ミミたん CV: アセロラのパートナーで、色違いの の幽霊。 のようにモンスターボールに入っておらず、常にアセロラの傍でふわふわ浮いている。 に花を飾っている。 霊感のない者にもなぜ見えるのかは一切謎。 はあくまで生き物であり、本当の幽霊とは違うことを証明する存在ともいえる。 がデータを取ろうとしたときは不具合が発生し、文字通りのになってしまった。 幽霊であるためか本来ミミッキュには出来ない空中浮遊ができる。 一方実体がないためあらゆる物体をすり抜けてしまい、「」等の物理攻撃を行っても一切ダメージを与えられない 一応ゴーストタイプやアセロラのような霊感の高い人間ならば、触ることはできる模様。 また、他のゴーストタイプのポケモンを引き寄せてしまうことが度々ある。 ちなみに同じミミッキュでも、ムサシの手持ちのような低く不気味なものではない 可愛らしい声で、当初ユーザーたちがミミッキュに抱いていたイメージと似たものになっている。 また、サトシのピカチュウを憎悪する様子も全くなく、むしろすぐに打ち解けてじゃれ合う微笑ましいシーンが見られた。 こちらはミミたんと違い普通のポケモンで、普段はボールの中に入っている。 欲しがりラプー その昔、アローラのウラウラ島に住んでいたゲンガーで、当時のであったのか、通常の個体よりふた回りは大きい。 そして身体の中に色々なものを沈めて入れておく事が出来る。 だが、人やポケモンの持ち物を片っ端から欲しがり奪い回っていた為、当時のしまキングに小さな祠へと封印されてしまい、「欲しがりラプー」という異名と共におとぎ話として後世へ伝えられていた。 現在になってに偶然封印を解かれ、気に入ったアセロラを連れ回した挙句飲み込みかけるが、盗られたアクZを取り戻しに来た三人組との戦いになり彼らのZワザに敗れる。 そして、今までの悪事は誰かにかまって欲しいという寂しさからだったとアセロラが見抜き、彼女と友達になったことで改心した。 そのままゲットされた様で、アローラリーグ本戦1回戦ではカキのアローラガラガラと対戦した。 技:どろぼう、シャドーパンチ、シャドーボール 他媒体 CV: シロデスナをバディとして登場。 余談 2018年に『ニンテンドードリーム』誌上で実施された人気投票「アローラ総選挙」の登場人物部門では第4位を獲得。 アオリ文は「古代のプリンセスは人気も絶大!」だった。 アニメでCVを担当した諸星すみれは過去にでを演じていた。 関連イラスト.

次の