お 風呂 上がり の ストレッチ。 【毎日5分】お風呂上がりストレッチの効果とメニュー!ダイエットや肩こり解消に!

ストレッチをするならお風呂上がりが効果的!!その理由と超簡単ストレッチ!!

お 風呂 上がり の ストレッチ

こんな嬉しい効果がいくつもあった! お風呂上りは、ストレッチのゴールデンタイムともいえるようです。 同じストレッチでもお風呂上りには嬉しい効果がいくつもあるようですので、この大チャンスを有効活用してみませんか? ダイエット 風呂に入ることで、からだの芯から温まり、血流がアップするため代謝があがると考えられます。 さらには、リンパの流れもよくなるため、老廃物がからだから出やすくなり、さらに代謝があがることが期待できるでしょう。 このようにお風呂上りに代謝がよくなったときは、痩せやすい状態といえるようです。 痩せやすい状態で運動をすることで、通常の状態よりも痩せる効果があがるでしょう。 ダイエットの効果を少しでも上げるには、風呂上がりストレッチがおすすめと考えられます。 肩こりの解消 お風呂上りには、筋肉が温まっているため、その状態で肩や胸周りのストレッチをすることで、肩こりの解消や予防に役立つといわれています。 温まった筋肉は、可動域が向上しやすくなっているため、筋肉も気持ちよく伸ばしやすくなっているといえるでしょう。 肩こりについても、通常のストレッチよりも、風呂上りストレッチの方が効果が期待できると考えられます。 柔軟な体になる からだは柔軟なほうが痩せすいといわれています。 筋肉には、血液を流れやすくするポンプの役割もあるため、体が固いと筋肉がうまくポンプの役割がはたせなくなると考えられます。 その結果、血流が悪くなり、代謝が悪くなるといえるでしょう。 からだが固い状態でストレッチをすると、かなり痛みを伴う場合もありますが、お風呂上がりにストレッチをするとからだが柔らかくなるため、ストレッチしやすくなるようです。 からだが温まることで、固くなった筋肉がほぐれ伸びやすくなるでしょう。 風呂上がりにストレッチは、筋肉が伸びやすくなってストレッチの痛みを和らげ、柔軟になることが期待できます。 身長が伸びる お風呂に入ることで、からだをリラックスする副交感神経が優位になり、さらに風呂上がりストレッチをすることで、筋肉がゆるんで血流がアップするでしょう。 このようにして、しっかりと副交感神経が優位になれば、良質な睡眠がとれるようになることが期待できます。 その結果、食べた物の消化がよくなり、成長ホルモンが分泌され、寝ているあいだも代謝が高まって身長が伸びる場合があるようです。 自律神経を整える 自律神経は、からだを活発にする交感神経と、からだを休ませる副交感神経の2つがあるといわれています。 この交感神経と副交感神経のバランスを保つことで、健康的な生活が維持できると考えられます。 しかし、寝る直前までスマホなどを見ていると、交感神経から副交感神経へなかなか切り替わらないというケースが増えているようです。 自律神経が乱れがちな現代社会において、寝る直前までスマホやパソコン画面を見ないことだけでなく、風呂上がりストレッチを実践することが、自律神経を整えることに役立つと考えられます。 ストレッチのメニューと方法を知ろう 風呂上りストレッチをぜひ取り入れたいと思った場合には、どのようなメニューを実践すればよいのでしょうか。 詳しいメニューと方法について、ご紹介したいと思います。 肩甲骨のストレッチ 肩甲骨をほぐすストレッチは、肩こりに悩んでいる方にも特におすすめできるでしょう。 肩甲骨のストレッチの方法についてご紹介します。 まずは、床に正座したら、手のひらを前に向けて腕を広げ、手を後方に動かして肩甲骨を寄せて胸をしっかり開き20秒キープしながら、ゆっくりと深呼吸しましょう。 次に、息を吸いながら、手首を回転させて手のひらを後ろへ向け、吐きながら手のひらを前に開店させる動作を10回繰り返してみましょう。 手のひらを前後ろに動かすことで、肩甲骨が気持ちよくストレッチできるでしょう。 お腹のストレッチ お腹の筋肉を柔らかくすることで、新陳代謝が上がり脂肪燃焼効果が期待できるでしょう。 やり方は、まず、うつぶせに寝たら両手を両脇の辺りにもっていき、ゆっくりと上半身を持ち上げていきましょう。 おへそが床から持ち上がるくらいまで起きたら、あごをそらし、お腹をしっかり伸ばしながら天井を見て、30秒キープします。 お腹のストレッチをすると、呼吸が深く楽になるといわれています。 からだのエネルギーがしっかりと使えるようになり、代謝が良くなることが期待できるでしょう。 背中のストレッチ 背中のストレッチは、猫背を解消して背筋をよくし、背中の脂肪を落とす効果が期待できるようです。 やり方は、ひざと両手を肩幅に開いて、よつん這いになったら、うでをその位置にキープしながら、おしりを後ろにおろしていきましょう。 次に、手をさらに前に伸ばしたら、しっかり背中を伸ばしなからキープしていきましょう。 脚のストレッチ 脚の疲れをとり、むくみを解消してくれることが期待できる、脚のストレッチをご紹介します。 まず、床に仰向けになって寝たら、右足の膝を胸まで持ちあげて、右膝の裏を左手で持ちましょう。 次に、ふくらはぎを右手で持って右膝を90度の角度にしたら、30秒キープしながらゆっくり深呼吸しましょう。 この動作を、左足でも行ってみましょう。 脚をリラックスするだけでなく、股関節を柔らかくすることもできるでしょう。 お風呂上がりストレッチの注意点は? お風呂上りにストレッチをするときに、気を付けるべきポイントはあるのでしょうか。 上手に風呂上りストレッチを行うための注意点について、お伝えします。 湯冷めに気をつける からだがぽかぽかと温まっているため、少し薄着になりがちなお風呂上がりには、湯冷めに気を付けるとよいでしょう。 風呂上りストレッチをする場合にも、体温調節に注意するとよいでしょう。 お風呂上りは、あたたまった気持ちのため、体温調節は軽視されがちのようですが、体調不良にならないよう上着などを着ることがおすすめです。 水分補給をする 風呂上りストレッチの前には、水分補給を忘れないようにすることが大切でしょう。 お風呂で代謝が上がると、体内の水分が不足しやすくなるため、そのままストレッチをしてしまうと、脱水になるおそれがあると考えられます。 脱水になると体調不良になりやすいため、喉がかわいていなくても、積極的に水分を補給しておくことがポイントといえるようです。 伸ばし過ぎない お風呂に入ると、筋肉が温まってからだの動きがよくなるため、ストレッチで伸ばしやすく感じるでしょう。 いつもより動きやすいからといって、無理に伸ばしてしまうと筋肉を痛めてしまうおそれがあることは注意したほうがよいと考えられます。 後日痛みが出てきてしまう場合もあるため、ゆっくりと少しづつ無理のないストレッチを実践することをおすすめします。 風呂上りストレッチで効率よく健康ライフ お風呂上りにストレッチをすると、ストレッチの効果を最大限に引き出せることが期待できるようです。 このゴールデンタイムを無駄にすることなく、習慣的に行っていくことで健康的なライフスタイルを手に入れてみましょう。 さっそく、ぽかぽかのからだを効率的に気持ちよくほぐしてみませんか?.

次の

ストレッチのやり方と効果【まとめ】お風呂上りがチャンスです!

お 風呂 上がり の ストレッチ

みなさんは、毎日のお風呂をどのように過ごしていますか? 頭と顔、身体を洗って湯船に浸かる。 これら身だしなみのケアはもちろん大事ですが、もうひとつ、お風呂場はシャワーや入浴ふくめ、身体全体の血行がかなり良くなっている状態ですので、ストレッチ効果が働きやすく柔軟性を高めるうえで最適な環境でもあるのです。 今回は、そんなお風呂でストレッチをすることのメリットをはじめ、効率よくストレッチを実践するためのポイント、そして具体的なストレッチのメニューまで、お風呂場で行う柔軟体操のコツについて徹底紹介します。 お風呂の時間をただボーっと過ごし一日の疲れを癒すのもいいですが、せっかくなら、健康維持にも役立つストレッチ効果で有効的なバスタイムにしてはいかがでしょうか。 お風呂のストレッチ効果とは? メリット5つ お風呂のストレッチには、次のようなメリットと効果が期待できます。 (1)疲労回復とリラックス効果 まずはお風呂に入り身体が温まると、必然的に血行が促され新陳代謝が活発になります。 その結果、体内の老廃物が排出されやすくなり、疲労回復効果が見込めるでしょう。 また、筋肉の緊張がほぐれて、リラックス効果も期待できます。 そして入浴中にストレッチを行うことで、その効果をさらに高められるでしょう。 (2)ダイエット効果 お風呂に入り、身体が温まった状態でストレッチを行うと筋肉がゆるみ柔軟性が増します。 そしてお風呂のストレッチがきっかけで柔軟性が高まることによって、日常生活でも身体が活発に動くようになり、脂肪燃焼の効果から、結果的に体重減少につながる可能性が期待できるでしょう。 ダイエットに取り組んでいる人は、お風呂場でのストレッチを意識的に実践したいところです。 (3)基礎代謝の向上効果 お風呂場でのストレッチを繰り返し実践することによって、基礎代謝の向上効果が期待できるでしょう。 新陳代謝が高まると、エネルギーが消費されやすくなるため、さらなるダイエット効果も期待できます。 ただし、入浴による基礎代謝の向上はあくまで一時的なものですので、毎日欠かさず入浴時にストレッチを行う習慣を身につけるようにしましょう。 (4)寝つきが良くなる睡眠効果 入浴中にストレッチをすることで、心身ともにリラックス効果が得られ、布団に入ってからの寝つきが良くなるでしょう。 具体的には、お風呂からあがって2~3時間後に体温が下がり、そのタイミングで眠気が起こります。 スムーズに眠りにつけることで、睡眠の質が高まり、朝にスッキリ起きられるようになるでしょう。 (5)精神的なストレスの解消効果 お風呂のストレッチは、普段のストレッチに比べて伸びを感じやすく気持ちがいいもの。 つまり入浴時にストレッチを行うと、身体を温めながら動かすことによる精神的なストレス解消が期待できるでしょう。 入浴中のストレッチを毎日の日課にすることで、ストレスが蓄積される防止効果にも役立ちます。 お風呂のストレッチ効果を高めるポイント5つ 柔軟性や基礎代謝の向上、また運動によるダイエット効果など、いろいろなメリットが期待できるお風呂場でのストレッチ。 ここからは、お風呂のストレッチ効果をより高めるためのポイントを5つ紹介していきます。 (1)少しぬるめのお湯をはる 入浴中に身体を動かすと、いつも以上に体温が上がりやすくなります。 そのため、熱いお湯をはると早くのぼせてしまったり、体調を崩したりするおそれがありますので、お風呂でストレッチを行うときは少しぬるめのお湯をはることが大切です。 (2)動作に勢いをつけない 動作に勢いをつけるとストレッチによる運動効果は高まりますが、特に入浴中は心臓への負担も大きくなってしまいます。 場合によっては体調を崩しやすくなるため、ゆっくりとした動作でストレッチするようにしましょう。 (3)ゆっくりのペース配分で行う ストレッチも、立派な有酸素運動のひとつ。 お風呂場とはいえ、ストレッチ中は息を止めず、大きく深呼吸できる程度のペース配分で行うことが大切です。 体に負担のかからないペース配分で行えば、ストレッチによる伸びの効果を最大限まで高められるでしょう。 (4)15分以上のストレッチは避ける どれだけゆっくりのペース配分でストレッチを行うにしても、お風呂では15分以上のストレッチは避けましょう。 身体が温まっている状態でのストレッチは、予想以上に身体に負担をかける恐れがあるからです。 (5)前後にしっかり水分補給をする お風呂に入る前と入った後は、十分な水分補給を徹底しましょう。 仮に汗をかいていなくても、お風呂でストレッチをすると必然的に水分量が奪われてしまいます。 また、冷たい水は身体を急激に冷やし新陳代謝を低下させる恐れがあるため、できれば白湯など温かい飲み物をおすすめします。 おすすめのストレッチ方法5パターン ここからは、お風呂で実践したいストレッチのやり方を5パターン紹介していきます。 また、一般の家庭によくある狭いバスタブの中では、十分に足を伸ばすことができない場合もあるため、基本的に入浴中のストレッチは、足腰周りを中心に行うことをおすすめします。 (1)上半身をほぐすストレッチ方法 【1】湯船のなかで膝を曲げ体育座りの状態になる 【2】その状態から腰をひねり、後ろ向きの状態で10秒間キープ 【3】この動作を左右交互に4セット行う このストレッチは、背中まわりを中心に上半身全体の筋肉をほぐす効果が期待できます。 (2)足のむくみをとるストレッチ方法 【1】湯船のなかで足首をもってゆっくり回す 【2】左右それぞれの足首を内回しと外回しに捻る 【3】この動作を左右交互に10回ずつ繰り返す このストレッチは、足にたまったリンパの流れを改善し、むくみや重だるさの防止効果が期待できます。 (3)股関節まわりをほぐすストレッチ方法 【1】湯船のなかであぐらの体勢になって座る 【2】両足の裏を合わせ、かかとを体に引き寄せていく 【3】股関節まわりを伸ばした状態を30秒間キープ 【4】この動作を5セット繰り返す このストレッチは、足のつけ根部分(股関節まわり)にたまった血液とリンパの流れを促す効果が期待できます。 (4)肩まわりをほぐすストレッチ方法 【1】湯船に肩までつかる 【2】右手を右肩、左手を左肩につけたまま肩をグルグル回す 【3】この動作を左右交互に5回ずつ行う このストレッチは、肩まわりの筋肉がほぐれ肩こりの予防・改善効果が期待できます。

次の

骨盤矯正専門店が教える!お風呂上がりの5分で簡単、骨盤矯正ケアメソッド

お 風呂 上がり の ストレッチ

長風呂になるとのばせてしまうことがあるので、「ややぬるめ」の温度が良いでしょう。 就寝1時間前ぐらいに入り、心身をリラックスさせ、そのまま眠ると安眠でき、翌日爽やかな目覚めができます。 スポンサーリンク お風呂でマッサージ編 入浴は、一番身近で簡単な健康法といわれています。 お風呂につかると一日の疲れや緊張がとれてリラックスでき、ストレス解消になります。 また、湯船につかることで体がほぐれ、体の芯から温められるので代謝が上がり、全身の血行も良くなり、疲労回復も図れます。 マッサージを行うと、さらに効果を図ることができます。 脚のマッサージ 両手で片方の脚の足首(アキレス腱あたり)を軽く支え上げるように持ち、そこからふくらはぎ、膝を通り大ももまでゆっくりとさするように引き上げます。 3~5回を2、3セット行います。 ふくらはぎのマッサージ 足指を一本一本ほぐした後、足首から膝に向けて、ふくらはぎをゆっくりともみほぐしていきます。 スポンサーリンク お風呂でストレッチ編 お風呂でゆっくりと湯船につかると、 1日の疲れを癒やすことができます。 体を温めることで体がリラックスして筋肉も伸びやすくなり、ストレッチの効果も上がります。 普通は体が硬くてストレッチが苦手な方も、お風呂の中や、お風呂上がりにストレッチを行ってみましよう。 忙しくて時間が取りにくい人は、毎日のバスタイムを「1日のリラックス&ストレッチタイム」にすることで、ストレッチ効果に加えて、1日の疲れが取れてストレス解消になり、一石二鳥です。 ウエストねじり 浴槽のふちをつかみ、体をねじります。 左右同様に行います。 脚のストレッチ 浴槽のふちに片足を載せて、つま先をつかみます。 届きにくい時はタオルをかけて引っ張ります。 スポンサーリンク お風呂で筋カトレーニング編1 入浴は、基礎代謝を上げるのに効果があるといわれています。 また、 お湯につかることで血流の促進が図れ、発汗による老廃物の排出を促すことも期待できます。 普段している運動もお風呂で行うと、お湯の中なので浮力があり、やりやすい利点があります。 さらに、浮力によって体重が軽くなることから、関節などに負担をかけず運動ができます。 水中腹筋 浴槽の中で両手をつき、軽く膝を曲げた状態で座ります。 そして、そのまま膝をおなかへ引き寄せます。 余裕があれば、片足ずつ交互に持ち上げてみましょう。 水中腕立て 1の姿勢で、そのまま両手を伸ばして体を持ち上げます。 体がふっと浮き上がったら、また最初の状態に戻します。 スポンサーリンク お風呂で筋カトレーニング編2 日ごろの運動不足の解消や、鈍った体を引き締めようと気にしている人は多いと思います。 筋カトレーニングを毎日続けるのに時間の確保が難しい人は、お風呂での時間をうまく活用してはいかがでしょう。 お風呂に入りながらの運動は 浮力のおかげで体への負担も少ないながら、水の抵抗が適度な負荷となって、無理なく鍛えることができます。 また、お湯の効果で全身の血行が良くなり、脂肪の燃焼が促進されやすくなります。 水中バタ足 浴槽にもたれて足を伸ばし、そのまま両脚を上下に動かします。 脚が伸ばしにくい時は、膝を曲げて行っても構いません。 水中バタバタ運動(腕) 浴槽の中で手を前に真っすぐに伸ばし、バタ足のような感じで両手を上下に動かします。 同様に左右方向も行います。 お風呂でできるストレス解消法についてはこちらもご覧ください.

次の