浜田 省吾 money 歌詞。 MONEY 浜田省吾 歌詞情報

浜田省吾さん「MONEY」の歌詞について!!この歌詞の内容は浜田さん...

浜田 省吾 money 歌詞

「MONEY」が収録されているアルバム「DOWN BY THE MEINSTREET」は、1960年代~1970年代前半頃の小さな貧しい工業都市で育った少年達の物語が描かれています。 本人が書いたアルバム解説では、「主人公は僕自身を投影させた少年達です。 」と言っています。 浜田省吾さんが育った広島県呉市周辺の工場地帯がモデルになっています。 「MONEY」の歌詞に出て来る「この町のメインストリート」は呉駅近くの本通り(国道185号線)、「さびれた映画館」は今年で閉館になった呉シネマだそうです。 その頃の浜田省吾さんは貧しく、確かに「いつかBIG MONEYをつかんでやる。 」と思っていたかもしれませんが、「世の中はカネが全て。 」とは思っていなかったでしょう。 当時はカネについて歌った歌が少なかったので、「あえて心の叫びを強調する為に、分かりやすいあの様な歌詞にした。 」と、本人も言っていますし。 「カネは無くても愛が有れば良い。 」という様な歌詞だと、生身の身体から出ている心の叫びが伝わらないので、「あえてカネが欲しいという歌を作った。 」とも、本人が言っていますね。 その頃の時代は、ちっぽけな街を飛び出し、大都会に出て一攫千金を目指す様な時代でしたからね。 でも、浜田省吾さんのその後の生き方を見れば、カネが全てでは無いと思っている事が一目瞭然だと思います。 長年「J. FOUNDATION」を通してチャリティー活動を欠かしていないし、儲け主義的な音楽活動をしていないですからね。 浜田省吾さんの歌には、実体験を基にしたものが結構多いですよ。 でも、色々な解釈が出来る様な歌詞作りなので、分かりづらいですけどね。 過去の質問での参考例。 今ツアーは2回目になりますが、今から楽しみです。 明日は素晴らしいライブになると思いますので、ぜひ楽しんで来て下さい。 Moneyは「無限に欲望を刺激される事、それは悪夢のようだっていうのがこの歌の核」と言っています。 「作る設定は、主人公の少年はドラッグストアでもスーパーマーケットでもいいんだけど、押し入って、まあ強盗をはたらいて逃げてるっていう想定のもとに作り始めたんです。 追われて、橋の下に隠れてるっていうところでスタートするっていう想定で、、言葉をひっくり返したりして、結果的にはその部分っていうのはなくしたんですけどね。 ファーザーズサン位まで。

次の

MONEY 歌詞 浜田省吾 ※ static.shopadvisor.com

浜田 省吾 money 歌詞

「MONEY」が収録されているアルバム「DOWN BY THE MEINSTREET」は、1960年代~1970年代前半頃の小さな貧しい工業都市で育った少年達の物語が描かれています。 本人が書いたアルバム解説では、「主人公は僕自身を投影させた少年達です。 」と言っています。 浜田省吾さんが育った広島県呉市周辺の工場地帯がモデルになっています。 「MONEY」の歌詞に出て来る「この町のメインストリート」は呉駅近くの本通り(国道185号線)、「さびれた映画館」は今年で閉館になった呉シネマだそうです。 その頃の浜田省吾さんは貧しく、確かに「いつかBIG MONEYをつかんでやる。 」と思っていたかもしれませんが、「世の中はカネが全て。 」とは思っていなかったでしょう。 当時はカネについて歌った歌が少なかったので、「あえて心の叫びを強調する為に、分かりやすいあの様な歌詞にした。 」と、本人も言っていますし。 「カネは無くても愛が有れば良い。 」という様な歌詞だと、生身の身体から出ている心の叫びが伝わらないので、「あえてカネが欲しいという歌を作った。 」とも、本人が言っていますね。 その頃の時代は、ちっぽけな街を飛び出し、大都会に出て一攫千金を目指す様な時代でしたからね。 でも、浜田省吾さんのその後の生き方を見れば、カネが全てでは無いと思っている事が一目瞭然だと思います。 長年「J. FOUNDATION」を通してチャリティー活動を欠かしていないし、儲け主義的な音楽活動をしていないですからね。 浜田省吾さんの歌には、実体験を基にしたものが結構多いですよ。 でも、色々な解釈が出来る様な歌詞作りなので、分かりづらいですけどね。 過去の質問での参考例。 今ツアーは2回目になりますが、今から楽しみです。 明日は素晴らしいライブになると思いますので、ぜひ楽しんで来て下さい。 Moneyは「無限に欲望を刺激される事、それは悪夢のようだっていうのがこの歌の核」と言っています。 「作る設定は、主人公の少年はドラッグストアでもスーパーマーケットでもいいんだけど、押し入って、まあ強盗をはたらいて逃げてるっていう想定のもとに作り始めたんです。 追われて、橋の下に隠れてるっていうところでスタートするっていう想定で、、言葉をひっくり返したりして、結果的にはその部分っていうのはなくしたんですけどね。 ファーザーズサン位まで。

次の

MONEY

浜田 省吾 money 歌詞

「MONEY」が収録されているアルバム「DOWN BY THE MEINSTREET」は、1960年代~1970年代前半頃の小さな貧しい工業都市で育った少年達の物語が描かれています。 本人が書いたアルバム解説では、「主人公は僕自身を投影させた少年達です。 」と言っています。 浜田省吾さんが育った広島県呉市周辺の工場地帯がモデルになっています。 「MONEY」の歌詞に出て来る「この町のメインストリート」は呉駅近くの本通り(国道185号線)、「さびれた映画館」は今年で閉館になった呉シネマだそうです。 その頃の浜田省吾さんは貧しく、確かに「いつかBIG MONEYをつかんでやる。 」と思っていたかもしれませんが、「世の中はカネが全て。 」とは思っていなかったでしょう。 当時はカネについて歌った歌が少なかったので、「あえて心の叫びを強調する為に、分かりやすいあの様な歌詞にした。 」と、本人も言っていますし。 「カネは無くても愛が有れば良い。 」という様な歌詞だと、生身の身体から出ている心の叫びが伝わらないので、「あえてカネが欲しいという歌を作った。 」とも、本人が言っていますね。 その頃の時代は、ちっぽけな街を飛び出し、大都会に出て一攫千金を目指す様な時代でしたからね。 でも、浜田省吾さんのその後の生き方を見れば、カネが全てでは無いと思っている事が一目瞭然だと思います。 長年「J. FOUNDATION」を通してチャリティー活動を欠かしていないし、儲け主義的な音楽活動をしていないですからね。 浜田省吾さんの歌には、実体験を基にしたものが結構多いですよ。 でも、色々な解釈が出来る様な歌詞作りなので、分かりづらいですけどね。 過去の質問での参考例。 今ツアーは2回目になりますが、今から楽しみです。 明日は素晴らしいライブになると思いますので、ぜひ楽しんで来て下さい。 Moneyは「無限に欲望を刺激される事、それは悪夢のようだっていうのがこの歌の核」と言っています。 「作る設定は、主人公の少年はドラッグストアでもスーパーマーケットでもいいんだけど、押し入って、まあ強盗をはたらいて逃げてるっていう想定のもとに作り始めたんです。 追われて、橋の下に隠れてるっていうところでスタートするっていう想定で、、言葉をひっくり返したりして、結果的にはその部分っていうのはなくしたんですけどね。 ファーザーズサン位まで。

次の