わたし い がい みんな ばか。 ワタシ以外みんなバカ 1話ネタバレ 【思い上がりの激しい女がムカつく!?】

ワタシ以外みんなバカのネタバレ4話!感想!和代の悪事暴かれる!

わたし い がい みんな ばか

2017. 25 【第3回】彼女の「嫌い」なところ:自分以外みんなバカ• 「自分を好きでいましょう」とよく言うけれど、そんなに簡単なことじゃない。 それよりも大事なのは、まず「自分を受け止めましょう」ということのような気がする。 * 誰かのことを、どうしようもなく嫌に思う時はないだろうか。 「あの人、別に可愛くないよね」とか「たいしたことやってないくせに」とか。 何かを話していれば「またくだらない話してる」、真面目に頑張っていれば「なんかだせぇ」。 いい人でいられたらいいかもしれないけど、そう簡単じゃない。 自分以外の人のことをどこか見下してしまう。 誰かをどうしようもなくくだらなく思う。 そんなときが、実はわたしにもあった。 * 高校生の時、倫理の授業かなにかで先生がさらりとこう言った。 「劣等感の強い人は、『自分以外みんなバカ』と思うことで自分を保つんですけどね」 先生は丁寧に図まで書きながら、 「劣等感が強いと、人を下げることでしか自分の価値を保てません」と言い、 「そして大体そういうことを本人は自覚さえしていないんですよね。 防衛本能でしょうか」というようなことも呑気な口調で言った。 そのとき頬杖をついて授業を聞いていたわたしは、べつに誰かのことをバカとまでは思ってなかったが「あれ? わたしのことかも」と思った。 当時16歳の思春期バリバリ女子高校生だったのでこんな思考回路は普通だったのかもしれないけれど、当時のわたしはどこか人を見下していた。 それって先生の言う「自分以外、みんなバカ」みたいなもんじゃない? わたしって人のこと下げて自分を上げてない? ……もちろんもっと酷い人はいる。 やたらと偉そうにして人を見下しているひとは、根底に高すぎる自尊心と劣等感があるのかも。 そういえばあの人やたらと威張ってるよな。 あの子もやたらと人の悪口言うよね。 みんな「劣等感」があるんじゃない? そしてわたしも……近いかも。 「誰かを下げて自分を上げる」なんて究極にダサい。 女子高校生らしく短いスカートから足をのぞかせて、頬杖をつきながら結構ハッキリと「あたし、やばくない?」と思った。 ノートに急いで「自分以外みんなバカ、は、劣等感のせい」と書いた。 妙に納得して、自分にはちょっと失望したのを覚えている。 なんでこんな話をしたか、というところにようやく戻るけれど、わたしに届いたコンプレックスのDMで多かったのは「周りの子はみんなスゴイのに、なんでわたしは……と思ってしまいます」というものだった。 (だれからも「周りがバカに見えます」というものは来てない)。 けれど、まわりがやたらと「良く見える」のと、まわりがやたらと「バカに見える」のは、全然違うことのようで実は一緒なんじゃないか、とわたしは思う。 自分以外みんなバカ、と、自分以外みんなスゴイ。 結局のところ、自分を正しく捉えられていないのだ。 周りばかり見て、自分自身をまっすぐに見つめられていない。 誰かと比べて、誰かをやたらと上げたり下げたりするのは、結局のところ劣等感から自分を保つための防衛反応のひとつなのだろう。 * 16歳、急いでノートに「自分以外みんなバカ」を書き付けたわたしは、自分で言うのもアレだけど、10年経って結構あっけらかんとした人間になった。 自分のことが結構好きだし、他人のことも結構好きだ。 誰かを嫉ましく思った経験は幸いながらほとんどない。 誰かを気にしていない、という表現が最も近く、語弊を恐れずに言えば「どうでもいい」。 そのくらい、人と自分は違うと思えるようになったから、誰かの幸せも素直に喜べる。 何があったわけでもないのだけれど、不思議なことにあのとき「自分は劣等感を持っている」と気付いてから、なんだかすっかり楽になってしまったのだ。 わたしは自分が思うよりできた人間ではなかった。 人と自分を比べてしまうような人間だった。 誰かを下げて自分を上げていた。 こう、事実を受け止めた。 そして「わざわざ比べるからこうなるのね」とシンプルに理解し、「人は人、自分は自分」という聞き慣れた言葉が妙に大事に思えた。 それからいろいろな人生経験も経て、 「頑張っても長澤まさみみたいにはなれないな」 「頑張っても今から東大には入れないな」 「あの子みたいにはなれないな」 と諦めて、「自分にできることはちょっとだな」ということも知った。 自分にできることを壮大に捉えすぎると、「あれもできてない」「これもできてない」と焦る。 そのせいで「あれができている人」「これができている人」を嫉ましく思ったり、悔しく思ったりする(もちろんそれが良きエンジンに働く程度の感情なら悪いことではない)。 自分にできることは、そう多くないのだ。 よい意味で諦めがついてからは、できることの範囲でより良くしようと努めるようになった。 もちろんいまでも、ときに自分の調子が悪くて何もかもうまくいかないときには「あいつ……」と嫉ましく思う(滅多にないけれど)。 その気持ちを否定もしないが、同時に「あ〜自分の状態がよくないなぁ」というのも理解して、結局あいつがどうこうよりも「自分のことをがんばろう」というところに立ち戻る。 ・ ・ ・ 高校の授業での一コマがわたしをシンプルに「比べるってだせぇ」と思わせたのだから、学校も捨てたもんじゃないなと思う。 いま「自分以外みんなバカ」あるいは「自分以外みんなスゴイ」と思っている人に、あのときの衝撃が少しでも伝わったらいいなと思う。 自分を好きになるよりも、自分を正しく見つめる方が先だよ。

次の

「みんな違ってみんないい」の意味を考えてみた

わたし い がい みんな ばか

「 遊ぼう」っていうと 「遊ぼう」っていう。 「馬鹿」っていうと 「馬鹿」っていう。 「もう遊ばない」っていうと 「もう遊ばない」っていう。 そして、あとで さみしくなって、 「ごめんね」っていうと 「ごめんね」っていう。 こだまでしょうか、 いいえ、誰でも。 512篇ある金子みすゞの詩を俯瞰(ふかん)した時、全篇を優しく包み込むような作品がこの『こだまでしょうか』ですと、私はずっと言い続けてきました。 それだけに今回の東日本大震災を受けて、CMでこの詩が流れたと聞いた時は本当に驚きました。 この詩で私が注目したいのは、「こだまでしょうか」という呼び掛けに「いいえ、誰でも」と答えている末尾の一文です。 よいことも悪いことも、投げ掛けられた言葉や思いに反応するのは「こだま」だけではなく、万人の心がそうだとみすゞは言っているのです。 この詩を耳にした日本人は、被災された多くの方々が味わった悲しみや辛い思いに対して、こだまする自分でいられるかどうかと考えたのではないでしょうか。 一人ひとりがこの震災がもたらした被害を、自分のこととして感じる1つのきっかけを与えたのが『こだまでしょうか』の詩だと思います。 こだまというのは、山から投げ掛けた言葉がそのまま返ってくるわけですから、大自然の懐に包まれたような安心感を生み出し、私たちの心を優しくしてくれるのです。 この詩に触れ、心の内で何度もこだましているうちに、どこか優しくなれた自分を見つけることができたのでしょう。 募金活動がこれほどの大きなうねりとなり、また多くの日本人がボランティアとして被災地へと向かう後押しをしてくれたのが、「こだまでしょうか」という言葉だったのだと思います。 言葉にはこれほどの力があるということを、私は改めて教えられた気がしました。 人間を温かに見つめる金子みすゞの詩 2011年の3月、イランでペルシャ語に翻訳された金子みすゞの詩集が出ました。 その翻訳にあたられた方がこうおっしゃいました、「金子みすゞの詩は人間の詩」だと。 非常に的を射た表現だと思います。 金子みすゞの詩というのは、民族も宗教もイデオロギーも超えて、人間本来の眼差しで歌われています。 だからこそ、世界11か国語で翻訳され、しかも中国の四川省で起きた地震の時には、みすゞの詩が被災した子供たちの心のケアにも使われたのです。 人間を温かに見つめるみすゞの詩の原点はどこにあるのかと言えば、それは自他一如、みすゞの言葉を借りれば「あなたと私」という眼差しです。 私たちは誰しも自分が人間だという認識を持って生まれてきたわけではありません。 両親や周囲の人たちの姿を通して、初めて自分は人間だということを認識できるのです。 このような根源的なことを教えてくれるのは、あなたの存在であって私ではありません。 あなたがいなければ私は存在しえないのです。 つまり、二人で一つ。 ですから幸せや悲しみを感じる時も、片一方が幸せでもう片方が不幸という構図は本来ありえないのです。 『私と小鳥と鈴と』 いま、なぜ金子みすゞの詩が注目を集めているのかというと、それは「自分」という存在は自分以外の誰かがいて、初めて成り立っているという基本的なことを思い出させてくれているからだと思います。 そのことを端的に表現しているのが、子供たちに人気のある『私と小鳥と鈴と』という詩です。 私が両手をひろげても、 お空はちっとも飛べないが、 飛べる小鳥は私のように、 地面を速く走れない。 私がからだをゆすっても、 きれいな音は出ないけど、 あの鳴る鈴は私のように、 たくさんな唄は知らないよ。 鈴と、小鳥と、それから私、 みんなちがって、みんないい。 「みんなちがって、みんないい」はよく知られたフレーズですが、その一行前には「鈴と、小鳥と、それから私」と書かれています。 ご覧いただくと分かるように、この一文は詩のタイトルで一番最初にいた「私」を最後に持っていきました。 「あなたがいて私がいる。 あなたと私、どちらも大切」と考えた時にはじめて、「みんなちがって、みんないい」という言葉が生まれてくるのです。 みすゞにとっては小鳥も鈴も自分そのものであり、優劣をつけるという考え方はありません。 それが個性尊重ばかり重視されると、私ばかりに重点が置かれ、「みんなちがって、みんないい」の一文が、個人のわがままを助長することに繋がってしまうのです。 また、みすゞの詩は人間や動物にとどまらず無機物に対しても温かな眼差しを向けています。 先ほどの詩に「鈴」が詠まれていることからも分かるように、宇宙空間にあるもの、地球上のすべてのものは同等の価値を持つとの考えから、命のある、なしはまったく関係なく、どちらも尊いのです。 おそらく本人はこのような宇宙の真理を理屈なしに、ごく自然のこととして捉えていたのだと思います。 ですから、例えば石を見ると、その石に心がすっと移って、石の視点で世界を見ることができた。 この世に存在しているという、そのこと自体がいかに素晴らしいことかという感覚を常に心に宿していたのではないでしょうか。 みすゞは一滴の水からでも宇宙を見ることができた、稀有の詩人だったのです。 (本記事は『致知』2011年7月号 特集より一部抜粋したものです。 早稲田大学文学部卒業。 童謡詩人佐藤義美、まど・みちおに師事。 57年童話集『ほしとそらのしたで』(フレーベル館)で、第12回赤い鳥文学賞を受賞。 金子みすゞの遺稿512篇を発見し、『金子みすゞ全集』(JULA 出版局)として出版するなど、金子みすゞ作品の編集・発行に携わる。 著書に『童謡詩人金子みすゞの生涯』など。

次の

35.ゴンザレス

わたし い がい みんな ばか

訪れた歩いてしか行けない秘湯 1 高天原温泉(登山道上り下り15時間) 2 白馬鑓温泉(登山道上り5時間) 3 阿曾原温泉(水平歩道6時間) 4 三斗小屋温泉(登山道上り下り3時間) 5 本沢温泉(ゆるやかな登山道3時間) 6 湯又温泉(平坦な歩道3時間) 7 赤岳鉱泉(平坦な山道徒歩2時間) 8 祖母谷温泉(平坦な歩道1時間) 9 手白沢温泉(加仁湯から遊歩道40分) 10 川原毛滝湯(下り20分) 11 親谷温泉(下り20分) 12 黒薙温泉(下り20分) 13 日光澤温泉(加仁湯から10分) 14 八丁の湯(加仁湯から10分) 15 加仁湯(八丁の湯から10分) 16 蓮華温泉(上り10分) 17 みくりが池温泉(下り10分) 投稿者: いわしの頭 投稿日:2019年 3月25日 月 15時52分36秒 (方言) (意味) (応用) あかまんま 赤飯 きょは地の神さんだに「あかまんま」たいてくりょう あんもう もち 正月だれ「あんもう」喰わざぁー いかい おおきい このスイカ「いかい」なー いけん 行かない 今日はフーバ「いけん」やあ いてえ 痛い がらいゲンノウで指たたいたときゃ「いてえ」きなー いっといでえ いってらっしゃい 早く「いっといでえ」、もれっちゃうに いっとうさき 一番 ぼくん「いっとうさき」だに いのかす うごかす この自転車邪魔だれ「いのかす」ぞ いみんぞ 側溝 きんのう酔っぱらって「いみんぞ」へ突っ込んじゃってい うめえ おいしい この柿きゃあ「うめえ」なあ うまく 良く この犬の絵は「うまく」書いたなあ うらん おらの その猫きゅあ「うらん」ちんのだあー えぜってる さわっていじる おぞいとこ「えぜってる」なあー えべすこう えびす講 むかしゃあ「えべすこう」に氷はったじゃん えらい つかれる この階段は「えらい」は、あー「えらかった」 おぞい わるい そまつ なにょうこいてるだ「おぞい」話しだなー おっしい みそしる おらんちの「おっしい」はしょぱいだなにー おてしょう 小鉢 こっちにも「おてしょう」くりょう おちゃのこ 朝食 早く「おちゃのこ」食べちゃって おちゃのこさいさい あさめしまえ そんなもん「おちゃのこさいさい」じゃん おちょうじゃ 便所 ぶしょったい「おちょうじゃ」ずら おっくう めんどう はあ「おっくう」なったちゃった おひまち 集会 お庚申さんの「おひまち」ちゃどうだったずら おもろ 豚足 あの「おもろ」らあうめえきよ おやく 親戚 きんのうは「おやく」でお年忌だったでー おんこう おす このめんじいは「おんこう」づら おんぶう おんぶする いつまでも泣いてるな「おんぶう」してやるで かあち かわり おめえの「かあち」はねえよ があと たいそう そのカボチャ「があと」でけえなー がいきい かえる この「がいきい」の皮ひんむいて「ざんるー」釣るだにー かったるい いらいらする あんたん言うこたあ「かったるい」だにー がらい ついうっかり あの茶碗「がらい」割っちゃっていー がらっぱち がらの悪い人 あの「がらっぱち」ちゃどうしょうもないづら きっちゃか はやく なにやってるだ「きっちゃか」やっちゃえよ くりょう ほしい おれにも一個「くりょう」やい くろ すみ この袋その「くろ」へ置いといて けっこい きれい おめえらんかいどの桜があと「けっこい」じゃん げんのう 金槌 きんのうの「げんのう」どこやった ごぜん 朝食 おれ「ごぜん」食ったか こさぶったい さむい ばんげんなって「こさぶったい」のう ごんぼう ごぼう 地があわんだか「ごんぼう」はうまくできんやあ ささほうさ らんざつ ちったあかたずけよ「ささほうさ」じゃんか ざんるー ザリガニ 弁天さんの池で「ざんるー」良く釣れるだに じっき すぐ さっさとせにゃあ「じっき」日が暮れきちゃうぞ しゃてえ 弟 ありゃおれん「しゃてえ」だに しゃがむ すわる そんなとこ「しゃがむ」とよごれっちゃうに しょっくう うしがえる あらいだんの池へ「しょっくう」つんませー来てたっきなあ しょっくち いりぐち 原段は富田の「しょっくち」ずら すこい ずるがしこい こいつぁー「すこい」なー すげー すごい あいつあ「すげえ」なー ずない かしこい このかぁー「ずない」子だ ずぼら おおちゃくもの おまえも「ずぼら」なやつだなあ せこい こまかい いつまでも「せこい」こと言ってんな せずよう どうしよう(も) もう「せずよう」ないじゃん せど うら くちなししゃ「せど」にあるじゃん そんだもんで それですから あのしゅうは「そんだもんで」わかれたづら ぞんぐら 気持ちのわるい あいつ言ってるこんにぁ「ぞんぐら」こいた ぞんざい 無礼 てめえやるこんは「ぞんざい」だよ でえこん 大根 ことしゃ「でえこん」がよくできたやあ たって 閉めて そこの障子「たって」くりょう たわいもない ばからしい また「たわいもない」ことこいてらあ たんと たくさん あんもう「たんと」拾ったなあ ちいっと ちょつと わしにも「ちいっと」くりょう ちみる つみきる そんなとこ「ちみる」と血が出るよ ちょっと 少し わるいな「ちょっと」いいぞ つっからかす つきとばす 後ろから「つっからかす」とあぶねえぞ つんめたい 冷たい こりゃあ「つうめたい」なあ つんらい つらい おじいさん死んで「つんら」のう ぐらぐらする 気をおとす あんなこと言われたら「ぐらぐらする」こいた ていげい いいかげん はあいいずら「ていげい」にしとけ でっけい 大きい あんときのヘビびゃすげー「でっけい」きなあ てんだう てつだう あした稲刈り「てんだう」でフーバいけんやア でんがる ひっくりかえる そんな乗り方じゃ「でんがる」ぞ でんしん柱 電柱 あの「でんしん柱」かたいでるぜ どすら うんと 火剣山は富田の「どすら」奥ずら とった つかました せどのくぬぎの木でカブト「とった」けっなー とばす スピードを出す すうな「とばす」とあぶねえぞ とぶ 走る 道ん悪いで「とぶ」なよ。 これは奇跡、普段の生活習慣の努力だけでなく、見えない力があるかも? 四神 東西南北に神あり 東に青龍(財を司る神)その先に父方の祖父母を始め先祖代々の墓 西に白虎(健康を司る神)その先のお弁天さん 南に朱雀(福を司る神)その先に御霊神社 北に玄武(長寿を司る神)その先に七富神社 御神木 青龍の蠟梅(年の始めに黄金の花を咲かせ麗しき香りを放ちます。 ) 白虎の白梅(立春のころ白い花を咲かせます。 ) 朱雀の紅梅(早春に薄紅色の花を咲かせます。 ) 玄武のもみじ(晩秋に鮮やかに葉を染め一年を締めくくります。 ) 七福神 七十七歳(喜寿)の祝いに七宝焼きで七福神を焼き、七富神社で入魂をして屋敷に祀ります。 恵比寿:福がいっぱい来るように「朱雀の紅梅」の根元に祀ります。 大黒:財を成せるように「青龍の蠟梅」の根元に祀ります。 毘沙門天:災いを防げるように「玄武のもみじ」の根元に祀ります。 弁天:健康で暮らすことができますよいに「白虎の白梅」の根元に祀ります。 布袋;食に不自由しないように「朱雀の紅梅」の根元に祀ります。 福禄寿:金に不自由しないように「青龍の蠟梅」の根元に祀ります。 寿老人:長寿を願い「玄武のもみじ」の根元に祀ります。 曾祖母曰く 良いことは表からやってくる。 昔表にヤツデが植わってました。 今ではヤツデに変わり紅梅が元気です。 福の神(恵比寿様と布袋様)祀ります。 悪いことは裏からやってくる。 昔からクチナシ咲いてました。 今でも八重咲のクチナシの大輪が良き香りを放っています。 戦いの神(毘沙門天)を祀り、病気や災難から守ってもらいます。 投稿者: 落合秀夫 投稿日:2018年 1月 9日 火 04時59分25秒.

次の