履歴書 郵送 切手。 履歴書を速達で郵送するときのマナーと注意点!切手料金はいくら?

履歴書郵送の切手料金はいくら!? 勝つための郵送法【履歴書】

履歴書 郵送 切手

履歴書を郵送する際の切手の料金 切手の料金は大きさ・重量で決まる 郵便物に貼る切手の額は、郵送料金に対して過不足がないようにしましょう。 尚、郵送料金は「郵便物の大きさ」と「郵便物の重さ」で決まります。 ここでは、履歴書を郵送するシーンで参考になる例をいくつかご紹介しましょう。 A4サイズの履歴書を折らずに郵送 A4サイズの履歴書をそのまま入れるのに丁度良い封筒は「角形2号」です。 この封筒のサイズは「定形外郵便物」の扱いとなり、重さが50g増えるごとに郵送料金がアップします。 たとえば、50g以内なら120円切手、50g以上100g以内なら140円切手を貼りましょう。 B5サイズの履歴書を折らずに郵送 B5サイズであれば「角形3号」の封筒がピッタリです。 こちらも、角型2号と同じく「定形外郵便物」の扱いになりますので、重さにあわせて120円切手または140円切手をご用意ください。 基本的に、履歴書は折らずに封筒に入れることが良いとされています。 ただ、履歴書を3つ折り・4つ折りにして入れる封筒を企業側から指定されることもあるでしょう。 その際は下記を参考にしてください。 A4サイズの履歴書を3つ折りで郵送 この場合は「長形3号」の封筒を使いましょう。 重さが50g以内であれば「定形郵便物」として扱われ、25g以内なら82円切手、50g以内なら92円切手を貼ってください。 B5サイズの履歴書を4つ折りで郵送 この場合は「長形4号」の封筒を使います。 重さと郵送料金の関係は、長形3号と同様。 50gを超えなければ、重さにあわせて82円切手または92円切手を貼って郵送しましょう。 以上の4つの例が、履歴書を郵送する際の一般的なパターンです。 A4・B5用紙1枚の重さは大体3~5gほどと言われていますが「重さを量る器具がないので不安」という場合には、封筒を持って郵便局の窓口へ行きましょう。 重さを量ってもらった上で、適切な切手を購入できます。 切手の料金に過不足がある際のデメリット 郵便物に貼る切手の額は、郵送料金に対して過不足がないようにすることが大切では。 それでは、料金不足・料金超過の場合にはどんなデメリットがあるのでしょうか? 料金が不足していた場合 履歴書が企業に届く前に返送されるか、受取人(履歴書の場合は企業)が不足額を支払って受け取ることになります。 当然ながら、履歴書が企業に届かなければ選考には進めません。 仮に企業側が不足額を支払ってくれたとしても、あまり良い印象は持たれないでしょう。 料金が超過していた場合 料金不足の場合とは異なり、「履歴書が届かない」「受取人の費用負担が発生する」ということはありません。 こうした背景があるため、郵便料金を確かめてから適切な切手を貼ることが大切なのです。 尚、過不足をなくすために複数枚の切手を組み合わせる場合は、できるだけ枚数が少なくなるようにしてください。 切手の種類や貼り方のマナー 切手の種類はベーシックなものがベスト 切手には様々な種類がありますが、履歴書を郵送する際に最適なのは「普通切手」です。 普通切手とは、年間を通して販売されている最もベーシックな切手のこと。 中には、採用担当者に強い印象を残すため、派手な記念切手やキャラクターがあしらわれた切手などを使いたいと考える方もいらっしゃるでしょう。 確かに、採用担当者は「この人は切手が凝っているな」と感じるかもしれません。 しかしそれは「採用したい」ということとイコールとは限らないのです。 切手で目立とうとせず、一般的な切手を選ぶのがベストです。 切手の貼り方はまっすぐ・丁寧に 切手を貼る際の注意点は、履歴書を郵送するための封筒だからといって何か特別なことがあるわけではありません。 ・上下が逆さまにならないように貼る ・封筒の正面に対してズレたり、傾いたりしないように貼る ・複数枚の切手を貼る場合には、バラバラにせず縦横を揃えて貼る つまり、まっすぐ・丁寧に貼れば大丈夫です。 郵便局の窓口から送る場合も、郵便物の重さを量ってもらって切手を購入したら、自分でキレイに貼るようにすると安心ですね。 履歴書を郵送する際におさえたいマナー 履歴書を送る際の封筒の選び方 結論から言うと、履歴書を郵送する際の封筒は「白色・履歴書が折らずに入るサイズ・和封筒」が一般的です。 履歴書はビジネスの文書であるため、慣例にならって「和封筒」を使うとされています。 市販の履歴書についている封筒も、大半は和封筒です。 その上で「履歴書を折らずに入るサイズ」を選ぶのは、受け取る相手の手間を減らすため。 採用担当者は多くの履歴書を手にしますので、ファイリングしたりコピーしたりする際に折られた履歴書を開くことも、手間になるのです。 封筒の色は「白」でも「茶色」でも選考には大きく影響しませんが、白い封筒を使う場合が多いです。 茶色い封筒に比べると、宛名や「履歴書在中」の朱書きが見やすいと言えるでしょう。 受け取る相手のことを考えるのも、マナーのひとつです。 履歴書を送る際の宛名の書き方 宛名を書く場所(和封筒の場合) 封筒表面の右側に住所、表面の中央に企業名・部署名・担当者名を書きます。 そして、表面の左側下部には赤字で「履歴書在中」「応募書類在中」「エントリーシート在中」といった内容物の記載を行ないましょう。 尚、切手を貼るのは封筒表面の左上です。 宛名の表記・敬称 基本的には、会社側が指定する送り先を書きましょう。 送り先を間違えると履歴書が届かない場合もありますので、ご注意ください。 また、送り先によって使用する敬称は異なります。 会社/部署/係宛の場合…御中(例: 株式会社大辞典 人事部 御中)• 役職宛の場合…様(例:人事部 人事部長様)• 左半分の右寄りには、自身の住所。 同じく左半分の中央には自身の氏名。 そして、住所の上に横書きで郵便番号を記載します。 送付した日付は、左上に縦書きで記載しましょう。 履歴書を送る前にチェックしたいポイント 切手も、封筒も、宛名もOK! という状態になったら、いよいよ郵送です。 ただしその前に、あらためて最終チェックを行ないましょう。 使うのは「のり」か「両面テープ」。 封をした場所には、ペンで「〆」と書き入れてください。 これは「送り主が確かに封をした」と示す印です。 履歴書を送るときは細心の注意を! 履歴書を郵送する際の疑問は、解消されましたか? 履歴書だからといって、ビジネス上の書類を郵送する際のマナーと大きな違いがあるわけではありません。 だだ、何らかのミスによって「届かない」「相手に良くない印象を与える」ということになれば、転職活動に大きな影響が出てしまいます。 就活・転職活動を成功させるためにも、細心の注意を払ってミスのない応募書類・封筒を作りましょう。 そして、不安なことがあれば相談をすることが大切です。 たとえば「企業から指定された封筒が、何の型なのかよく分からない」といった場合などには、郵便局の窓口へ。 一人で悩まずにプロのアドバイスをもらえば、自信をもって送ることができるはずです。

次の

履歴書の郵送するときの添え状・切手・書き方|メール/速達

履歴書 郵送 切手

余裕を持って履歴書を仕上げれば、郵送は本来、普通郵便で十分なはずですが、間に合っても速達にして出す方もいるようです。 どういうことでしょうか。 速達にする意味とマナー、注意点などを考えてみましょう。 速達で郵送するときの封筒の表面・裏面例 まずどのような内容がどのように書かれているべきかという点について記述例をご覧ください。 これに基づいて表面、裏面の書き方を解説します。 封筒の表面・裏面の書き方 図をもとに、封筒の表面・裏面の書き方のルールを説明します。 「速達」であることを赤文字・赤枠で目立たせる まず郵便物に速達であることを示す必要があります。 縦長で送る 封筒なら表面の右上部分に「赤い線」を書くということがとなっています。 ただ、 郵便局の方に確認したところ「赤い線だけを書いた場合、封筒の色やデザインによっては見落としてしまう可能性があるので、「速達」と赤文字・赤枠を使って書くほうがより確実である」という回答をいただきました。 わかりやすさが重要なので、細いボールペンではなくサインペンなどでわかりやすくはっきりと書くほうが良いでしょう。 封筒の色は白色が定番 封筒の色は白色を選びましょう。 正式な書類として白色封筒が使われるのがビジネスでは一般的であること、茶封筒だと赤文字・赤枠の「速達」記載が見えにくくなることから白色の封筒をおすすめします。 郵便番号欄がない場合は封筒右上に記載する 封筒に郵便番号欄がない場合は本来、郵便番号欄があるとされるであろう封筒の右上に記載します。 なお「〒」マークのあるなしはどちらでも構いません。 自分で書いても書かなくても良いです。 切手は封筒の左上に貼る 切手の位置は 封筒の左上のほうに貼りましょう。 切手の貼る場所については。 厳密に封筒の上から何センチ、という指定はありませんが、わかりやすい場所に貼りましょう。 なお、郵便局のホームページにある記載の通り、横に長い封筒の場合は右上部分に貼ることを推奨されていますが、履歴書を入れる封筒は今回の記事で解説しているように縦長の封筒で縦書きを基本としています。 文字はわかりやすくバランスの良い大きさで書く 文字の大きさは会社名が大きい、宛先の人名の方が大きいというのは 特に決まったルールはありません。 均等に揃えておいても構いませんが、今回の例では宛先の人名を少し大きく書いています。 人名を少し大きく書いておくと配達時や社内に到達してから誰宛のものかがわかりやすくなります。 表面、裏面ともに わかりやすく、バランス良く見えるように書くということがポイントです。 「様」「御中」を正しく使い分ける 宛先が人名の場合は「様」、会社名・部署名の場合は「御中」と記載します。 これはビジネスマナーとしての慣習です。 裏面の差出人住所は封筒の中央か左下 裏面の差出人住所はことから画像では中央寄せとしています。 ただし、実際には左下のほうに書く慣習も一般的であることから、履歴書の入った封筒で中央寄せで自分の住所を書くケースは少ないと言えます。 利便性の点から言っても特にどちらが良いということもありませんので、どちらの場所でも問題ないと言えるでしょう。 投函日の記載はあってもなくても良い 裏面の「〇月〇日」の投函日はあってもなくても問題ありません。 これは何月何日に投函しましたということを示すためのものではありますが、あまり一般的ではない上、書くことに特に意味がありませんので書かなくても問題ないものです。 本当に日付が重要な場合、書留や配達記録サービスを使用して証明をもらうほうが良いでしょう。 封筒の大きさは「角2」を選ぶ 履歴書を郵送するときには、ビジネス上多用される、 A4サイズの用紙(履歴書)を折らずに入れる角2サイズの封筒を使用することをおすすめします。 郵便物の分類では「定形外郵便」と呼ばれるものです。 白色の封筒は正式なビジネス文書に使用されるという点、赤文字が目立ちやすくなって機能性が良いという点から白色がおすすめです。 50g以内…120円• 100g以内…140円• 150g以内…205円• 250g以内…250円 これに速達の料金をプラスします。 速達料金は、普通郵便に料金をプラスすることになります。 履歴書などの書類一式は、50g以内もしくは100g以内あたりで済みますから、 「120円+280円=400円」もしくは「140円+280円=420円」が速達料金になります。 切手の過不足がないよう郵便局への持ち込みがおすすめ 速達で送りたい封筒は、郵便局に持ち込めば職員の方に重さをはかって正しい金額を計算してもらえます。 自分で計算するとミスの可能性もありますが、郵便局で計算してもらえば料金不足のおそれがなくなりますから、郵便局に行くことができる場合は直接持ち込みがおすすめです。 どうしても時間がなく自分で計算する場合は、のサービスを利用し、計算すると良いでしょう。 自分で重さを確認して切手を貼って出す方法では、もし、料金不足だった場合、書類提出どころではないでしょう。 郵便局の窓口で正確な速達料金にして出すことをおすすめします。 速達にして郵送するときの注意点 速達で出すのは「確実に1日で届けたい場合」 郵便物を速達で出す意図は、早く届くようにということが本来の目的でしょう。 普通郵便で2日かかってしまうなら、確実に1日で届けたい場合などに利用するものです。 受付の締め切りが迫っていて、早く到着しないと困るという場合、特に締め切りまで3日を切ったという状況であれば速達を使って郵送するほうが良いでしょう。 ギリギリで間に合うかもしれないという場合でも、万が一、遅れてしまったら困りますから、タイミングに不安があれば、速達にしたほうが安心できます。 十分間に合うのに速達を使っても評価はされない? 「十分間に合うけれども、一刻も早く届いて欲しい」という理由であれば、速達にする必要はありません。 一刻も早く履歴書を受け取ってほしい、読んでほしいという意思は感じてもらえるかもしれませんが、先着順で評価されるわけではありません。 社会一般の風潮として早い方が評価が高いのであれば、先を争って応募者全員が速達で出すことになってしまいますが、そういったことは現実に起きていません。 逆に、不必要な費用をかけて郵送すると、「合理性がない」「コストの意識が低い」と感じられてしまうリスクもゼロではありません。 速達にこだわるよりも、中身の充実を図ることが書類選考通過のためには重要です。 また、採用担当者は履歴書の中身を見ることが重要であり、場合によっては封筒から中身だけが担当者の手元に届くということも考えられますので、誰が速達かということは選考に影響しにくい要素だと言えます。 封筒に宛名や自分の住所を書くときに使うペンについてはこちらの記事で詳しく解説しています。 見えにくいペンでトラブルが起こってしまうと非常にもったいないので、最適なペンを使うことをおすすめします。

次の

履歴書を郵送する切手代はいくら?知っておきたい郵送マナー

履歴書 郵送 切手

バイト履歴書の封筒の書き方・サイズ・郵送方法・手渡しのマナー【切手の貼り方は?折り曲げてもいいの?】 アルバイトの面接で持っていく履歴書ですが、手持ちの時も封筒に入れるのか? 郵送の場合は宛て名をどう書くか? などで迷いませんか?ここでは、ここでは郵送や手持ちする際の履歴書の封筒の正しい選び方や扱い方を紹介します。 仮にA4よりも小さいB5サイズの履歴書を使ったとしても、A4サイズの封筒に入れましょう。 また、逆にA4よりも大きいサイズの書類を入れる必要がある時は、三つ折りにして入れるか、書類のサイズに合った封筒を選ぶようにしましょう。 色は、茶色や色付きのものではなく、白いものを選ぶのが基本です。 履歴書封筒の書き方と書類の入れ方 次に、封筒の書き方と入れ方についての注意点をいくつかご紹介します。 まずは、下記6点を用意しましょう。 封筒に住所を書く時は基本的に縦書きで書きます。 知人に出す手紙では住所を省略して書くこともありますが、履歴書を郵送する時は都道府県から省略せずに書くようにしましょう。 また、数字を書く時も縦書きになりますが、二桁以上の数字を書く時は縦にせず横に並べる形で数字を記載するようにしましょう。 英語も同様に縦書きで書きます。 株式会社を省略したり(株)と表記するのはNGです。 人事担当者の名前を書く時は、会社名を書いたあとに左横に書くようにしましょう。 また、「株式会社」や「有限会社」は会社名の前の場合と後ろの場合があるので間違えないように確認してから書くようにしましょう。 文字を書いた後に、定規を使って四角く囲っておくのがマナーです。 場所は封筒の裏側左下です。 郵便番号は住所や名前の上に縦書きではなく横書きで書いても大丈夫です。 大きくなりすぎないように書くのがポイントです。 クリアファイルはキャラものやロゴが入っているもの、色付きのものではなく、透明なものを選びます。 また、書類が複数ある場合は、前後・上下が食い違わないように向きをあわせてクリアファイルに入れるようにしましょう。 クリアファイルに入れる順番はそこまで気にしなくて大丈夫ですが、誰からの履歴書なのか分かるように履歴書を一番前にしておくと良いでしょう。 クリップで止めておくのも良いです。 セロテープでの封はマナー違反です。 閉じたらその上に「〆」マークを書きましょう。 〆マークは、途中で開けられていない・送った時の状態を保っているという意味を持たせるために書くものです。 履歴書などを送る時は〆マークを入れるようにしましょう。 また、糊を貼ってから〆マークを書かないと止めた時にずれてしまうことがあるので、手順は間違えないようにしましょう。 添え状とは、この書類に封入された中身を簡潔にまとめたもの。 形状や枚数に決まりはありませんが、履歴書のサイズにあわせてA4用紙1枚で作成するとよいでしょう。 パソコンやスマホで作成するのが一般的ですが、見やすいものであれば手書きのものでもマナー違反ではありません。 書類に封入する順番は、以下のようにしましょう。 この度、〇〇に掲載されておりました貴社のアルバイト情報を拝見し、履歴書を送付させていただきます。 ご査収のほど、宜しくお願い申し上げます。 敬具 記 ・履歴書 1枚 以上 切手を貼るときの注意点 ・定形外郵便なので、不安なら窓口で確かめる 履歴書を送付するときの「A4サイズの封筒」は定期外郵便になります。 定型外郵便の料金は100g以内140円なので、およそ履歴書送付の切手代は140円におさまることがほとんどですが、不安な場合は郵便局の窓口から送付するとよいでしょう。 最近ではさまざまなデザインの切手が登場していますが、普通切手(もしくは花柄・植物などのもの)を使います。 どんなに気に入ってもキャラクターのもの、弔事用や慶事用は避けたほうが無難です。 ちなみに、履歴書は「信書扱い」になります。 信書の配達は日本郵便の独占となっており、宅配業者が行うメール便など、郵便以外の配達業者を利用して送ることは禁じられています。 履歴書をメール便で送ると法律違反になるので、注意してください 手持ちの場合も封筒に入れよう 面接当日に履歴書を手持ちで持参する際も、封筒に入れるとより丁寧な印象になります。 面接担当者に渡す際は、封筒から履歴書を出し、クリアファイルに入れたまま、封筒と一緒に渡すようにしましょう。 封筒はA4サイズの白で。 宛先などの記入は必要ない 手持ちする場合も、A4サイズの白いものを選びます。 封筒の表面に「履歴書在住」、裏面に「自分の住所と名前」を記入します。 相手の会社名や担当者名は書いても構いませんが、住所は不要です。 書類は透明なクリアファイルに入れる 持ち運ぶ際に、折れたり汚れたりしないようにクリアファイルに入れてから封筒に入れて、持っていくようにしましょう。 郵送時と同じくキャラものや色付き、ロゴが入っているものは避けましょう。 担当者に渡す時は封筒ごと渡さない 面接時に人事担当者に渡す時は、封筒から出してクリアファイルごと渡すと印象が良いです。 面接担当の人もその後の書類の扱いが簡単になるため、そのように渡すようにしましょう。 また、書類の向きにも注意しましょう。 受付で渡す場合は、封筒のまま渡してOK 受付で渡す場合は封筒のままで大丈夫ですが、その際は封筒に自分の名前を書いておいた方が良いでしょう。 直接面接時に渡す場合は、封筒には何も記載しなくて大丈夫です。 どうしても折る必要がある時は、三つ折りにする 原則、履歴書は、A4判もしくはB5判よりも小さく折らずに郵送や手渡しした方が良いですが、どうしても折る必要がある場合は三つ折りにしましょう。 アルバイト・パート向け履歴書の無料ダウンロードはこちら.

次の