北海道 コロナ 札幌。 続けよう、新北海道スタイル さぁ!サッポロスマイル/札幌市

札幌との往来「慎重に」 道、引き続き注意呼び掛け:北海道新聞 どうしん電子版

北海道 コロナ 札幌

何卒ご了承ください。 申請書の郵送先・お問い合わせ先 令和2年5月20日(水曜日)から、札幌市休業協力・感染リスク低減支援金の申請書の提出先が、次のようになります。 札幌市の申請書は、下記「」からダウンロードしてください。 【新しい提出先】 〒060-8794 札幌市休業協力・感染リスク低減支援金事務局• 住所の記載は不要です。 持参による提出はできません。 こちらでは北海道の申請書を受け付けることができません。 郵便物の追跡ができる方法で、かつ配達時に受け取り確認がされるもの(簡易書留、レターパックプラス等)で郵送してください。 北海道の休業等支援金を受けるために、北海道に申請書を提出された方は、札幌市から追加支給がある方であっても、札幌市に対して申請する必要はありません。 詳しくは、「」を確認してください。 電子申請の開始について 札幌市が申請対象となる「酒類を提供しない飲食店」について、5月15日(金曜日)から電子申請による受付を開始します。 申請画面は、下記URLよりアクセスできます。 電子申請につきご不明な点がある場合には、札幌市休業協力・感染リスク低減支援金専用ダイヤル(電話011-351-6470)にお問い合わせください。 大切なお知らせ 令和2年5月4日、政府において、5月6日で期限を迎える緊急事態宣言の5月31日までの延長が決定しました。 これを受け、北海道においても、「新型コロナウイルス感染症」感染拡大防止のための「緊急事態措置」を5月31日まで延長するとともに、休業等の要請期間を、当面5月15日まで延長することとなりました。 「札幌市休業協力・感染リスク低減支援金」については、あらかじめお知らせいたしましたとおり、休業要請の期間延長に伴い、休業、営業時間の短縮等のご協力をいただく必要がありますが、今回の期間延長に伴う支援金の取扱いについては、再延長の如何に関わらず、休業、営業時間の短縮等の取組を 5月15日(金曜日)まで継続していただくことが支援金の支給要件となります。 札幌市休業協力・感染リスク低減支援金の申請について 札幌市では、北海道知事からの要請等に基づき、休業や営業時間の短縮等の方法で感染症防止に取り組んだ事業者を対象に、支援金を給付します。 募集要項をご確認の上、必要事項を記入した申請書、誓約書及び関係書類を郵送するか、インターネット上での申請を行ってください。 (感染症の拡大防止のため、持参によるご提出はお控えください。 )の方のみが対象となります。 その他の事業者の方は、北海道への申請となりますので、詳しくは、をご確認ください。 申請書等の記載に当たっては、以下の記載例もご参考ください。 (記載例)• 札幌市への申請の対象となる方 「 酒類の提供がない飲食店 を営む事業者」のみが、対象となります。 ) 【ご注意】 北海道の支援金の対象となる方のうち、以下に当てはまる方は、札幌市からも支援金(上乗せ分)を受けることができます。 北海道の給付決定を受け、後日札幌市からも支援金を給付しますので、札幌市に対して申請する必要はありません( 北海道にのみ申請してください)。 北海道知事が休止を要請する施設(店舗)を営む個人事業主• 北海道知事が新型インフルエンザ等特別特措法によらない協力依頼を行う施設(店舗)を営む個人事業主• (従来から19時以降の)酒類の提供がある飲食店で、19時以降の酒類の提供を取り止めた事業者 札幌市の給付金額 対象となる方 札幌市支援金額 (参考)北海道支援金• 酒類の提供がない飲食店で、営業の提供がある飲食店で、営業の休止、営業時間の短縮など感染症防止策を実施した事業者 30万円 -• (従来から19時以降の)酒類提供がある飲食店で、19時以降の酒類の提供を取り止めた事業者 20万円 (上乗せ分) 注 10万円• 北海道知事が休止を要請する施設(店舗)を営む個人事業主• 電子申請の場合 から提出することができます。 【札幌市】取組対象期間 令和2年4月25日(土曜日)から令和2年5月15日(金曜日)までの継続が給付要件となります。 【札幌市】申請に必要な書類• 札幌市「休業協力・感染リスク低減支援金」申請書(上記参照)• 営業の実態が確認できるもの(税務申告書・確定申告書の写しなど)• 飲食店営業に必要な許可を取得していること等が分かるもの(飲食店営業許可の写しなど)[全店舗分]• 業種・業態が確認できるもの(店舗チラシ、ホームページ、店舗外観写真の写しなど)[全店舗分]• 休業・営業時間の短縮などが分かるもの(店頭告知チラシ、施設写真、ホームページの写しなど)[全店舗分]• 施設運営のきめ細やかな取組が分かるもの(文書、店頭告知チラシ、ホームページの写しなど)[全店舗分]• 誓約書(上記参照)• 通帳の写し• (参考)過去のお知らせ(休業協力・感染リスク低減支援金実施概要) 新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、北海道の休業要請等に協力し、店舗の休業や営業時間の短縮等に取り組む事業者の方を対象に、北海道の支援金制度に札幌市独自の上乗せと対象拡大を行います。 給付の要件や内容、手続きの方法等については、以下の実施概要にてご確認ください。 北海道の支援金制度 感染拡大防止のため、北海道の休業要請等に協力し、感染リスクの低減に取り組む以下の事業者の方は、北海道から支援金の給付を受けることができます。

次の

続けよう、新北海道スタイル さぁ!サッポロスマイル/札幌市

北海道 コロナ 札幌

緊急事態宣言に伴う札幌市特別支援金【個人向け】 新型コロナウイルス感染症緊急経済対策において、緊急事態宣言の下、人々が連携して、一致団結し、見えざる敵との戦いという国難を克服するため、家計への支援を行うとして、特別定額給付金が実施されています。 札幌市では、この特別定額給付金の趣旨を踏まえ、特別定額給付金の対象とならない子で、特別定額給付金の基準日の翌日(令和2年4月28日)から、緊急事態宣言解除日(令和2年5月25日)までに生まれた子を対象に支援金を給付いたします。 詳細は、にてご確認ください。 経営持続化臨時特別支援金【事業者向け】 新型コロナウイルス感染症の拡大防止と事業継続に取り組んでいただいている事業者の皆さまを支援するため、北海道と共同で新たな支援金を創設します。 詳細は、にてご確認ください。 持続化給付金(経済産業省)【事業者向け】 感染症拡大により、特に大きな影響を受けている事業者に対して、事業の継続を支え、再起の糧となる、事業全般に広く使える、給付金が支給されます。 支給条件、申請方法等の詳細は経済産業省HPをご確認ください。 詳細は、にてご確認ください。 札幌市公共交通確保緊急支援金【乗合バス事業者・タクシー事業者向け】 新型コロナウイルス感染症により、利用者の減少などの影響を受けている乗合バス事業者及びタクシー事業者に対して、安定的な事業運営の継続及び感染拡大防止の推進に向けた支援を行います。 詳細は、にてご確認ください。 子育て世帯への臨時特別給付金 新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」として、児童手当を受給する世帯に対し、対象児童一人あたり1万円の臨時特別給付金を支給します。 詳細は、 にてご確認ください。 ひとり親世帯臨時特別給付金 新型コロナウイルス感染症により、子育てと仕事を一人で担う低所得のひとり親世帯に特に大きな影響が生じていることを踏まえ、こうした世帯の子育て負担の増加や収入の減少に対する支援を行うため、臨時特別給付金を支給します。 詳細は、にてご確認ください。 それ、給付金を装った詐欺かもしれません! 「個人情報」「通帳、キャッシュカード」「暗証番号」の詐取にご注意ください!• 市区町村や総務省などが現金自動預払機(ATM)の操作をお願いすることは、絶対にありません。 市区町村や総務省などが「特別定額給付金」の給付のために、手数料の振込みを求めることは、絶対にありません。

次の

ススキノまた集団感染 道内新たに10人 スナック計6人に:北海道新聞 どうしん電子版

北海道 コロナ 札幌

詳しくはイベント主催者などにお問い合わせください。 確認次第、当ページに追記・加筆致します。 ただし掲載可能な情報は、Web上で中止の記載が確認できるイベント、参加者を限定しない多少規模の大きなイベントのみとさせていただきます。 たとえば治療が終了した人数などは全然報道されませんので、現在の発症者が何人いるかなんて知るよしもありません。 新型コロナウイルスは確かに恐ろしいですが、より正確な情報を得て正しく恐れることが必要ではないのかな?と日々思っています。 そこでメディアの報道に合わせ以下のサイトなどで情報を得てみましょう。 新型コロナウイルスの現状をより詳しく知ることができると思いますよ。 チャートで見る新型コロナ情報(日経新聞) 世界中の新型コロナウイルス 総感染者数の推移や、国別の 総感染者数や 総死亡者数などを確認することができます。 特にマップ検索が見やすくておススメです。 なお記載の数値は 総数なので、現在の発症者数とは異なるものと思われます。 日経新聞() 道内の最新感染動向 北海道の感染者数を正確に知るのに便利なサイト。 特に治療終了者数や現在患者数が記載されているため、正しく現状を把握するのに重宝しています。 北海道新型コロナウイルスまとめサイト() 都内の最新感染動向 新型コロナウイルスの影響が著しい東京都内の現在の状況を知ることのできるのが、こちらのサイトです。 東京都新型コロナウイルス感染症対策サイト().

次の