軽減税率 化粧品。 増税前に買うべき化粧品!いつから?軽減税率とは

食品添加物は軽減税率対象か?〜苛性ソーダは?

軽減税率 化粧品

どうも。 「食彩life」「やさしい食品表示ラボ」を運営している dai です。 消費税率引き上げに伴い、低所得者に配慮する観点(逆進性)から、軽減税率制度を実施されることになりました。 僕自身、食品業界で勤務しており、軽減税率の対象商品であるものの、提供の仕方によっては軽減されないとのことで、非常に関心を持って勉強してきました。 前回、軽減税率制度について事前に知っておきたいことについてまとめてみました。 今回は、 軽減税率制度の対象品品目をすべて一覧形式でまとめてみました。 まだまだ、例外などあるかと思いますので、随時更新していきたいと考えております。 いままで、2度にわたる増税延期があり、必ず増税されるかはわかりかねますが、いずれは消費税率が引き上げられると想定されます。 今回、消費税率引き上げに伴い、初めて軽減税率制度を実施される手筈になっております。 軽減税率を行うと、商品の区分け、レジでの線引きなど、オペレーションの観点からは煩雑な作業が増え大変になります。 では、なぜ軽減税率制度を導入することになったのでしょうか? 低所得者に配慮する観点から、導入を決定したとのことでした。 つまり、消費税を引き上げると、逆進性が発生してしましいます。 逆進性とは、消費税を上げると、低所得者に対する生活必需品の購入額の割合が大きくなり、高所得者に比べて税負担率が大きくなってしまいます。 軽減税率制度の対象の品目の定義について 軽減税率制度の対象品目の定義は下記の通りになります。 上記シートで留意が必要なのは、ウォーターサーバーおよび、栄養ドリンクですね。 ウォーターサーバーで使用する水か、貸付費用によって税率が異なります。 飲食料品の譲渡に関する対象品目について、カテゴリー別に分類しました。 次に、飲食料品の譲渡に関する軽減税率制度の対象はどのような品目があるでしょうか?線引きシートに移る前に、イートインとテイクアウトの税率に関して下記の通りになります。 イートインとテイクアウトの税率 スーバーやコンビニで飲食料品の提供を行う場面において、椅子・テーブルなどの飲食に用いられる設備があれば、その規模や目的に問わず、飲食設備に該当します。 カラオケボックスで提供される食事には。 また、菓子と玩具一体の食玩に関しては、下記の通りになります。 新聞における軽減税率制度の対象はいったいどのような分類なのでしょうか? 軽減税率制度の対象品目には、定期購読契約が締結された週2回以上発行される新聞の譲渡と記載がありますが、電子版の新聞などはどのような税率になるのかみていきましょう。 最後に 今回は、 軽減税率制度の対象品品目をすべて一覧形式について記載いたしました。 軽減税率制度の導入によって、値付け、仕入れ、販売、支払い、申告の場面で新しい作業や確認が必要になります。 新しい作業を行う上で、軽減税率制度の対象品品目を正しくしっかり押さえておくことが必要になります。 非常にややこしいかと思いますが、勉強していきましょう。

次の

〔消費税〕どんなものが8%で10%? 軽減税率の対象品目まとめ

軽減税率 化粧品

軽減税率は基本的に店内での飲食やケータリングは対象とならず、デリバリーや持ち帰り、単に飲食料品を購入した際に適用されます。 もし、 席について飲食すると消費税10%であれば、軽減税率8%の持ち帰りやデリバリーで済ませたいと思う人も今後は増えることでしょう。 飲食業の形態も様々で、一般的なレストランやカフェ、セルフサービスやケータリング、デリバリーや持ち帰りも並行して行う店舗など色々あります。 ひとことにデリバリーや持ち帰りといっても判断に迷う微妙なケースもあります。 今回は、軽減税率の対象となる デリバリーや持ち帰りの基準、 飲食業で軽減税率の対象となる場合はどんな飲食なのかを明確にしていきます。 ぜひ、今後の節税対策にお役立て下さい。 飲食業の軽減税率の対象 消費税10%の実施にともない適用される軽減税率制度。 外食以外の飲食料品には軽減税率8%、 店内で飲食すれば消費税10%がつきます。 飲食料品は誰にとっても生きていく上で欠かせないもので、コンビニやスーパーはもちろんのこと、外食やデリバリーで飲食業を利用しない人はゼロに等しいといえます。 同じ1,000円を支払う際にも、軽減税率の対象かどうかによって金額に差がでるのであれば、あらかじめ、どんな飲食業であれば軽減税率の対象となるのかを確認しておきたいものです。 経営者にとっても一般の消費者にとっても、この2%の税率の差は大きな影響を与えてしまいます。 軽減税率にならない飲食 消費税10%が適用となり 軽減税率にならない外食について、まずはしっかり把握しておきましょう。 税法上、 軽減税率の対象となるのは外食以外の飲食料品とありますが、外食といえばレストランやcafeなどの店舗を思い浮かべます。 外食の定義はそもそも何なのでしょうか。 外食とは 政府広報オンラインの情報を参考にすると、外食には大きく2種類の飲食業があります。 外食 和食・洋食のレストラン、そば・うどん屋さん、定食屋、焼き鳥屋など・・・ テーブルやイス、カウンターを完備している店舗での食事はすべて外食になり、消費税10%が課税されます。 コンビニや商業施設、公共施設などの売店でも用意されたテーブルやイスを利用して飲食する場合も外食です。 ケータリング ケータリングは、顧客が指定した場所のテーブルやイスを利用して調理された飲食料品を提供することをいいます。 ホテルやオフィスビルの貸しホール、自宅や別荘などで依頼するケータリング(出張飲食サービス)も外食の範疇にはいります。 結婚式や葬儀で供される食事会、忘年会、新年会、花見、各種パーティなどでよく利用される外食サービスです。 この ケータリングに分類される飲食はすべて消費税10%となり軽減税率の対象にはなりません。 ケータリングに属さないもの ケータリングのようでケータリングに属さないものの代表的なものをいくつかご紹介しておきます。 老人ホームなどの施設内で提供される飲食• 学校給食で提供される飲食• 病院内で提供される飲食 などで行われる飲食は、飲食が目的となる施設ではないためケータリングには属しないとされています。 従って上記3つに関しては軽減税率が適用されます。 というように、 外食・ケータリング以外で提供される飲食料品はすべて軽減税率の対象とすることができます。 (アルコール飲料は消費税10%) それでは、次に軽減税率の対象となるデリバリーや持ち帰りの基準を確認しておきましょう。 デリバリーや持ち帰り 同じ飲食サービスでも、デリバリーや持ち帰りで飲食料品を提供する場合には、軽減税率8%が適用されます。 デリバリー持ち帰りの飲食業にはどんな種類があるでしょうか。 デリバリーや持ち帰りの飲食 デリバリーといって思い浮かぶのは、まずピザやお寿司ですね。 持ち帰りでいえばハンバーガーやコーヒーショップ、ほかほか弁当などがありますね。 他にも、 中華料理、丼もの、そば・うどん、お弁当、お好み焼き・・・など様々な種類のデリバリーがあり、最近ではファミレスや居酒屋、マクドナルドなどでもデリバリーサービスを提供しています。 デリバリーの飲食代はすべて軽減税率の対象となります。 お店によっては、デリバリー専門店だったり、店舗経営も同時に行っていたり様々です。 このようなお店で、もし、店内で飲食すればどうなるのでしょうか。 店内で飲食すれば消費税10% 同じお店でも店内で飲食するか、持ち帰りやデリバリーにするかによって税率が異なります。 では、一般的に有名なマクドナルドを例に挙げてご説明いたします。 【税率の例】 マクドナルド 出典:Macdonald. com マクドナルドは店舗にてテーブルやイスを利用する飲食、持ち帰りにする飲食、デリバリーにする飲食と3種類の提供方法があります。 1,000円分の商品 もし、1,000円分の商品を購入したとすれば、最終的に払う金額はどれくらい変わるでしょうか。 しかし、これが数回に重なってくると大きな金額へとなっていきます。 コンビニなどのイートイン 次に、単なる購入と持ち帰りの両方を提供しているコンビ二を例に挙げていきます。 コンビニは基本的には小売り業ですので、買った商品を持ち帰るのが一般的です。 持ち帰る商品はすべて軽減税率の対象です。 でも、最近では イートインコーナーを用意している小売り業も増えています。 コーヒーを買ったついでにちょっと座って休憩できるから助かる、と利用する人も多いのですが、店内のテーブルやイスを利用すれば消費税10%です。 今後はコンビニやスーパーなどでは、軽減税率に対応すべく会計時には飲食方法を確認することになります。 イスやテーブルを利用するかどうか つまり店内のイスやテーブルを利用する場合には消費税10%、もし店内で歩きながらコーヒーを飲んだりすれば軽減税率8%です。 コンビニの近くにある公園などのベンチにて飲食すれば、これも軽減税率となります。 要は飲食料品を提供するお店が用意しているテーブルやイスを利用するかどうかがポイントになります。 確認は徹底できない ただ、このようなコンビニなどのイートインでの対応には限界があるともいえ、今後の課題ともなっています。 なぜなら、会計後にやはり店内でとなった場合には、また会計し直す必要があり、それが忙しい時間帯であれば早急に対応できません。 また、長い行列ができている場合などは、1人1人に確認するのも困難となります。 それに、もしそれが商業施設内などの広い敷地内での店舗だとすれば、会計後にそのお客さんがテーブルを利用したかどうか徹底して確認することは不可能だといえます。 中にはそのような状況を利用して、「持ち帰りで」注文して、人ごみにまぎれてテーブルについて飲食する人も出てくるでしょう。 ですので、このイートインの飲食形式はある意味グレーゾーンとして、しばらくは曖昧な位置づけになるのではないかと予想されています。 店内で飲食したものを持ち帰り また、疑問になりやすいケースとして、店内で飲食した後にそれを持ち帰る場合はどうなるのかということです。 どの税率が適用されるかは、 原則として会計時の意志決定によるとされています。 ですので、店内で飲食したものを持ち帰る分に関しては、最初に支払った消費税10%のままということになります。 ペットボトルや缶飲料の販売 次に、軽減税率の対象基準として疑問に思われがちなのが、外食の場合のペットボトルや缶飲料の飲食代についてです。 ペットボトルや缶飲料の場合は、グラスやカップに入っているわけではないので、軽減税率なのではないかと言う人もいます。 しかし、 飲食店の店舗内での飲食であれば、それがペットボトルや缶飲料であったとしても、軽減税率の対象にはなりません。 消費税10%となります。 つまり、学校の机やイスは勉強するための設備であり、ついでに飲食にも使っているので、外食のテーブルやイスとは大きく区別されているのです。 (病院や高齢者施設も同様です) 社員食堂や学生寮の場合は、飲食を提供するための設備が整えられています。 飲食用に用意されたテーブルやイスを使いますので、 社員食堂や学生寮は「外食」となり、軽減税率の対象外となるのです。 セルフサービス セルフサービスも、それぞれが自分たちで給仕するわけですから、何となく一般の外食とは区別されそうなイメージがあります。 しかし、セルフサービスもその店舗で用意された テーブルやイスを利用するので「外食」となり、軽減税率の対象外です。 宿泊施設や列車・機内での飲食は? それでは、最後に宿泊施設や列車・機内での飲食の税率について解説しておきます。 宿泊施設での飲食 ホテルや旅館などの宿泊施設内で提供される飲食にはどのようなものがあるでしょうか。 冷蔵庫や室内に置いてある飲食料品• ルームサービス• 施設内の飲食店の利用• 他店からのデリバリー これらの飲食サービスでは、 どこからが「外食」どこまでが「外食以外」に分類されるのか微妙ですよね。 それぞれの飲食の種類を見ていきましょう。 冷蔵庫や室内の飲食品 ホテルや旅館の室内には、冷蔵庫の中や室内に飲食料品が用意されてある場合が多々あります。 ティーバックやインスタントコーヒー、お茶菓子など無料のものにはもちろん税金はかかりません。 他にも、ペットボトルや缶飲料、おつまみ、インスタント食品など有料のものが用意されてありますよね。 室内に用意されてある飲食料品は、それを室内で飲食したとしても軽減税率の対象となります。 ですから飲食した分の金額に軽減税率8%がつきます。 ルームサービス また宿泊施設によっては、ルームサービスが利用できる場合もあります。 ホテルや旅館が運営する飲食店などから食事を部屋まで届けてもらうサービスですね。 この場合はどうなるのでしょうか。 ホテルの室内を利用するから、デリバリーではないのかと思ってしまいますが、結局この場合は 外食やケータリング扱いとなり消費税10%になってしまうのです。 なぜなら、ホテルの部屋と飲食店と運営している会社が同一となるので、仮にそれがホテルの室内であっても飲食用設備として判断されてしまうのです。 施設内の飲食店の利用 施設内の飲食店の利用も、 ルームサービスと同様に「外食」扱いとなり軽減税率の対象外となってしまいます。 仮に、施設内にある飲食店が複数あり、ホテル内のテナントとして経営している場合でも、結局はホテルが提供するサービスの一部と判断されます。 それにいずれにしても飲食店の店舗を利用する場合は消費税10%の対象です。 会議室や小ホールなどでも他店のデリバリーを利用する場合は軽減税率が適用されます。 列車での飲食 ホテルや旅館での飲食を考えた時に気になるのが 列車や機内での飲食についてです。 長距離列車や新幹線、航空機を利用する際に飲食する人は多く、列車や機内での食事は楽しみの1つでもあります。 まずは列車での飲食の税率から見ていきましょう。 列車での飲食 列車での飲食でまず思い浮かぶのがワゴン販売です。 ワゴン販売のお弁当や飲み物は軽減税率の対象となります。 列車のイスや簡易テーブルを使ったとしても、それは飲食用ではないので「外食」にはならないのです。 また、 駅の売店でサンドイッチやコーヒーを買った場合も同じく 軽減税率の対象です。 予約弁当は消費税10% ところが、予約弁当の場合はなぜか消費税10%が適用されます。 その原理としては、お弁当を食べるために列車の設備を使うことがわかっているため「外食扱い」になってしまうのです。 これも、「列車を降りてから食べます」と言えば軽減税率になるらしいのですが、まだ実例がないため何とも言えません。 食堂車両 特別な企画によって運営される列車の中には、非常に魅力的な食堂車両が完備されてある場合もあります。 まるで、アガサクリスティのオリエント急行のようでワクワクしますよね。 そんな素敵な食堂車両での飲食は、もちろん通常の飲食店と同様に「外食」扱いとなり消費税10%かかってしまいます。 しかし、これを自分の座席に持ち帰りにした場合は軽減税率の8%です。 機内での飲食 それでは最後に、機内での飲食の税率について解説いたします。 航空機で提供される食事には大まかに2種類があります。 その航空会社のイスやテーブルを使って飲食しますので消費税10%になります。 後者の場合は、あくまでも機内のイスやテーブルは交通機関の一部となります。 ですから、別途で販売されるお弁当を購入しても軽減税率8%が適用されるのです。 まとめ 今回は、デリバリーや持ち帰りの飲食業の種類などをご紹介しながら、軽減税率8%が適用される基準についてご説明していきました。 「外食・ケータリング」に分類される飲食料品はすべて消費税10%が適用となります。 これからは国内の消費税は複数税率となるため、その都度どちらの方がお得なのかを考える人達も増えていくでしょう。 そんな中、状況によってはどちらの税率なのかと判断に悩む場面もあるかと思います。 判断するポイントとして、• お店の経営者や飲食サービスを利用する一般消費者、どちらにとっても税率2%の違いは度重なると決して小さいとは言えません。 あらかじめ 大まかな税率の区分が分かっていれば今後も安心です。 消費税10%と軽減税率8%の対象を、しっかり把握して増税後の対応に備えておきましょう。 カテゴリ• 103• 379• 183• 167• 102• 635• 235• 125• 138• 44 当サイトの情報については万全を期しておりますが正確性、安全性その他を保障するものではございません。 当サイトは情報の提供のみを目的としており、特定の会社に勧誘をするものではございせん。 当サイトを利用した際のトラブルや損害に対しては一切責任を負いませんので、ご自身の判断でご利用ください。 当サイトに掲載されている情報は、いかなる情報も投資勧誘を目的に作成したものではありません。 投資等に関する最終ご判断は、利用者ご自身の責任において行われるようお願いいたします。 なお、本情報を参考・利用して行った投資等の一切の取引の結果につきましては、当社では一切責任を負いません。 当サイトに掲載されている情報のうち、過去または現在の事実以外のものについては、現時点で入手可能な情報に基づいた当社の判断による将来の見通しであり、様々なリスクや不確定要素を含んでおります。 したがって、実際に公表される業績等はこれら種々の要因によって変動する可能性があることをご承知ください。 ランキング基準.

次の

医薬品は軽減税率対象外 栄養ドリンク・健康食品・サプリメントは?

軽減税率 化粧品

【軽減税率】増税に負けない!消費税8%で出来る美容法5選 軽減税率(8%)は「飲食料品」と「新聞」 まず、軽減税率(8%)が何に適用されるか大雑把に言ってしまうと 「飲食料品」と 「新聞」です。 なので、「飲食料品」と分類されるものをフル活用して、増税でも美しさと健康をキープしようではないか、というがこの記事の目的です。 では早速見ていきましょう。 入浴剤は「食品添加物」を活用 「食品添加物」は「飲食料品」に分類され、軽減税率(8%)の対象となっています。 なので、毎日のお風呂を楽しみたいけど、消費税10%はちょっとキツい!という時は、食品添加物を使って入浴剤を手作りするのがおすすめです。 手作り入浴剤 おすすめ材料 ・岩塩 ・重曹 ・精油 塩が軽減税率(8%)対象なのはイメージ出来ますが、実は「重曹」「精油」(精油は記載されている使用方法によります。 )も軽減税率(8%)の対象となります。 「重曹」は掃除に使うイメージが強い方ですが、元々は食品添加物のひとつです。 山菜のアク抜きや、ふくらし粉としても使いますよね。 また、精油も「食品に香りをつける」目的のものであれば軽減税率の対象となるんです。 例えば「」でも紹介している「 」なんかは食品の香り付けにも使われる精油ですので、恐らく軽減税率(8%)対象商品でしょう。 なので、これらの材料を使えば10月以降も8%の消費税でバスタイムを満喫出来ます。 岩塩にミントオイルをプラスすれば、立派な入浴剤の完成です。 軽減税(8%)率対象品目で作れるおすすめのパックが「ヨーグルトパック」です。 保湿は「太白ごま油」 手作り化粧水でしっかり肌に水分を補給したら、オイルで潤いを閉じ込めます。 ここでも軽減税率(8%)で保湿出来る方法を考えました。 それが、スーパーのでよく見る「太白ごま油」を使う方法です。 アーユルヴェーダが好きな人なら「あ~やっぱりそれね」と言ったところでしょうか。 実はスーパーの食料品コーナーでよく見かける「太白ごま油」は美容オイルとしても使う事ができます。 全身の保湿はもちろん、顔に使うことも出来るんですよ。 「ごま油」を使ったオイルトリートメントは世界三大伝統医学の一つ、アーユルヴェーダでもすすめられている方法です。 アーユルヴェーダ的に正しい方法で「太白ごま油」を使うなら「キュアリング」という加熱処理が必要になります。 ただ、「キュアリング」は「必要派」と「不要派」に分かれるので、試しに使ってみる分には、そのままごま油で保湿をしてもいいと思います。 これなら軽減税率(8%)で肌の保湿まで完了してしまいます サプリメント・ハーブティーで健康をキープ 最後に「健康食品」と「医療品」の税率の違いについてです。 10月から導入される軽減税率では 「飲食料品」に関しては税率8%が適用されます。 生活必需品のイメージが強い 「医薬品」に関しては10%の消費税がかかってしまいます。 なので今まで以上に健康に気を使わないとなぁ…というのが率直な感想です。 ただ、この「飲食料品」ってかなり曖昧ですよね。 「サプリメント」は? 「ハーブティー」は?? …一つ一つ見ていきましょう。 「サプリメント」は軽減税率(8%)対象品目 人によっては「薬」と「サプリメント」の違いが曖昧かもしれませんが、 「サプリメント」はあくまでも「健康補助食品」となりジャンル的には食品に分類されます。 「医薬品」には該当しませんので、 軽減税率8%が適用となります。 なので、10月以降はますます健康体をキープするのが重要になりそうです。 今後は「ちょっと体がだるい」「頭が重い気がする」程度なら 「タウリン」 「ビタミンC」 「鉄分」 …とかのサプリメントを上手に使っていきたいと思っています。 錠剤が大きい&海外製が平気なら、サプリメントはアイハーブでの購入がおすすめです。 種類も豊富ですし、大容量でお買い得です。 あとはあれですね、できるだけ体に良さそうな旬の食材をしっかり食事でとっていくことも健康維持には重要ですね。 こちらも自宅で楽しむ分には軽減税率が適用されます。 ですので、スーパーやネット通販でハーブティーを買うなら消費税は8% ここでも注意が必要なのが、「コーヒー・紅茶を扱う喫茶店」と言った、 飲食店内でハーブティーを飲む場合。 この場合は「外食」とみなされますので、消費税10%がかかります。 こちらについては、テレビでも散々言われているのでご存知の方のほうが多いと思います。 飲み物はテイクアウトの場合軽減税率(8%)なので、お茶だけ楽しみたい場合はテイクアウトを活用したいですね。 紙コップなんかも消費税10%品目なので、今後は「タンブラー持参なら飲み物テイクアウトO. 」のお店が増えそうだなと予想しています。 あくまで個人的な予想です。 「ごま油を顔に塗る!」など、少し大げさなところもありますが、自分に身近なもので軽減税率を考えるとわかりやすいかな?と思います。 私自身「軽減税率ってなんだかよくわからない!」と思っていたので、自分の勉強も兼ねて今回の記事内容にしています。 「消費税が10%になる!」と思うとなんだか買い物するのも控えようかな?という気になりますが、ちょっとの工夫で出費を抑えられるものも多いと思います。 増税後は賢く美容・健康をキープしていきたいなと思うのでした。 最後までご覧頂きましてありがとうございます。

次の