イスンギ バガボンド。 イスンギ結婚観と熱愛彼女ユナとはその後?兵役後のドラマが放送事故多発の理由

イスンギドラマ一覧・おすすめと無料動画日本語字幕を視聴の配信サイト

イスンギ バガボンド

来歴 [ ]• 2004年アルバム『蛾の夢』でデビュー。 デビュー後、MBCのシットコム『ノンストップ5』やKBS週末ドラマ『』の出演で演技者としての活動の幅を広げた。 2009年、初主演を務めたドラマ『』で高視聴率 を記録し、このドラマでSBS演技大賞特別企画部門 演技賞を受賞した。 2009年10月6日からトークショー『カン&イ・スンギの強心臓』で、MCとして出演を開始し歌手・俳優だけでなくバラエティでも積極的に活動している。 2010年3月には、カン・テウォン福祉財団に1億ウォンを寄付。 2010年にはSBSドラマ『』では、俳優としてだけでなく歌手としてOSTにも参加している。 2012年3月6日にシングル『恋愛時代』で日本デビュー。 エピソード [ ]• バラエティ番組『1泊2日』内では、何事にも積極的で、特に料理に関しては関心が高く、何度か積極的に取り組む姿勢を見せたが実力が伴わず出演者から「お前は料理はするな」と文句を言われる場面が見られた。 2014年元日、のとの交際を発表し、韓国芸能界20代のトップスターカップルの誕生は高い注目を集めた が、2015年8月13日、ユナと破局したことを正式発表した。 ディスコグラフィー [ ] 나방의 꿈 蛾の夢 [ ] 発売日:2004年6月25日 レーベル:EMI• 시작 始まり• 나방의 꿈 蛾の夢• 아무도• 내 여자라니까 俺の女だから• 아버지 父• 삭제 削除• 여행 가는 길 旅に行く道• 내안의 그대 僕の中の君• 음악시간 音楽時間• Anding• 앵콜 アンコール Crazy For You [ ] 発売日:2006年2月3日• 하기 힘든 말 言い辛い言葉• 외쳐본다 叫んで見る• 입모양 口の形• 그래서 어쩌라고 それでどうしろと• 가면 行くならば• 그럴까봐 そうみたいだ• 한번만 一度だけ• Paradise• Crazy for You• Beautiful Girl• 사랑을 지우다 愛を消して• 첫키스 初キス• 오늘 같은 밤 今日と同じ夜 이별이야기 別れ話 [ ] 発売日:2007年8月16日• 착한거짓말 優しい嘘• 투정 不平• 왜 가니 なぜ... 行くの• 그랬나요 そうだったんですか• 미치도록 狂ったように• 미안해하지 마요 すまないと思わないで下さい• 잘못 間違って• 온도 温度• 해피 엔딩 ハッピーエンディング• Smile Boy• 착한 거짓말 Piano ver. Shadow [ ] 発売日:2009年9月17日• 꽃처럼 花のように• 면사포 ベール• 우리 헤어지자 僕たち別れよう• MELODY• 사랑이 맴돈다 愛がぐるぐる回る• 사랑이란 愛とは• 그렇게 알게 됐어 そうして分かった• 널 원해 君を願い• 단념 断念• 오래오래오 シングル [ ]• 2004年 고해• 2008年 여행을 떠나요• 2009年 결혼해 줄래 結婚して• 2010年 Smile Boy• 2010年 정신이 나갔었나봐 ドラマ""OST• 2010年 지금부터 사랑해 ドラマ""OST 映像作品 [ ]• 2011年 希望コンサートin Seoul 2010 コンサート [ ]• 音楽番組"SBS人気歌謡" "ミュージックバンク KBS2 "など。 バラエティ番組"Xマン SBS " "ハッピーサンデー・ヒロインシックス KBS2 "などゲスト出演。 2018年6月-8月) - 日韓オーディション番組。 「国民プロデューサー代表」として出演。

次の

イ・スンギ主演!『Vagabond/バガボンド』予告編

イスンギ バガボンド

【バガボンド】感想 イスンギ・ペスジ 主演と助演が最高 Netflix 韓国ドラマの魅力 イスンギがすごい。 兵役から帰ってきて、ますます演技に磨きがかかっている。 しかも、例の、あのさわやかさはそのままだ。 イスンギ 「天然」の魅力 イスンギは、1回限りのシリーズとなった伝説の• 「花よりお姉さん」 では、天然ぶりをフルに発揮していた。 イスンギの性格を韓国語で表現すると、 いいように言うと、• 착하다 性格がいい シビアに言うと、• 어리버리하다 頼りない・天然 ということになる。 もちろん、年齢的な差もあるだろうけど、イソジンの• 花よりおじいさん のテキパキしたガイドぶりとはまったく違っていた。 イスンギが相手したのは、ベテランの韓国女優たちである。 特に、イミヨンは、イスンギの要領の悪さにキレていた。 笑 ただ、イスンギの天真爛漫な性格と、一生懸命に取り組む姿が、女優たちの心を最後には動かしたのだといえる。 イスンギの演技力は本物 そんなイスンギだが、• ドラマ「バガボンド」 を見て、やっぱり、俳優としては、天才だと思った。 微妙な表情の演技が、本当にうまい。 恵まれた容姿と演技力、性格の良さ、 俳優として、これほどすばらしい条件をそなえたケースはめずらしい。 イスンギの「バガボンド」は日本の漫画とは全く無関係 「バガボンド」で検索すると、日本の同名の漫画が出てくるけど、イスンギのドラマ「バガボンド」と、同じタイトルの日本の漫画は、 全く関係がない。 ただ、タイトルが同じなだけだ。 また、• ドラマ「バガボンド」 が素晴らしいのは、イスンギ、ペスジという主演の演技力と、助演陣に、一流の俳優を布陣しているところだ。 好みは分かれるかもしれないが、Netflix ネットで、フリックスは、ありきたりの韓国ドラマにあきあきしたあなたにはぴったりな動画配信サービスだといえる。 スタバのように、ブランドで勝負している感じがする。 特に、• 映画「パラサイト 半地下の家族」 で、アカデミー賞にノミネートされているポンジュノの• 映画「オクジャ okja」 は、DVD化されておらず、Netflixでしか見ることができない。 ポンジュノの映画「パラサイト 半地下の家族」が、アカデミー賞を受賞したら、ポンジュノの映画「オクジャ okja」見たさにNetflixに加入する人が殺到するのではないだろうか。 【バガボンド】内容 事件の裏にかくされた真実を暴くため、家族も、所属も名前も失う放浪者(vagabond バガボンド)たちの、危険でスリリングな物語。 逆転に逆転を繰り返す、息づまる展開と大胆なアクションの連続の中で、ストーリーが展開する。 【バガボンド】制作 制作• SBS・Netflix• 全16話(シーズン1) 韓国での放送時期• 2019年9月20日~11月23日 視聴率 平均視聴率• 家族たちは、突然、愛する人と別れ、茫然自失となる。 そんな中、事件に疑問を抱いた遺族のチャダルゴン(イスンギ)は、墜落事件の背後に、旅客機導入をめぐる国家機関の陰謀が存在していることを知る。 黒幕は、事件の謎を追うチャダルゴンの口を封じるため、次々と謀略を繰り返す。 国家情報院の諜報部員であるコヘリ(ペスジ)も、事件の背景を知り、チャダルゴンとともに、真相解明に乗り出す。 誰が敵か味方かもわからない中、次々と事件が襲いかかる。。。 【バガボンド】出演 キャスト• イスンギ【役名 チャダルゴン】• ペスジ【役名 コヘリ】• シンソンロク【役名 キテウン】• イギョンヨン【役名 】• ムンジョンヒ【役名 ジェシカ・リー】• ペクユンソク【役名 チョングクピョ】• ムンソングン【役名 ホンスンジョ】• キムミンジョン【役名 ユンハギ】 【バガボンド】超個人的感想 このドラマで、イスンギを再発見した。 イスンギの演技のうまさは、• ドラマ「華麗なる遺産」 の時から知っていた。 でも、これほどうまいとは。 ペスジはチョンジヒョンを超える また、ペスジも、本当に演技派だ。 美貌の上に演技力もあり、ユーモアもある。 これは、女優として無敵だ。 そのうち、ペスジは、チョンジヒョンを追い越すかもしれない。 やっぱり、女優は、いい作品に出会わなければならない。 ペスジの顔は、見れば見るほど、愛くるしい顔だ。 特に、口元がとてもセクシー。 イスンギも、真っすぐで、果敢な青年の役を全身で演じている。 もちろん、アクションシーンは、スタントマンが演じている部分もあると思うけど、とにかく、ものすごいスリリングなシーンの連続で、見ていてあきない。 一番最初に登場するのが、ラストシーンだ。 衝撃的なシーンに、思わず、視線は画面にくぎ付けになる。 イスンギはスタントマン。 事情があって、甥っ子を引き取って育てている。 幸せな家族を突然、引き裂く事件。 韓国ドラマによくあるパターンだ。 幸福の絶頂から、不幸のどん底へ。 ペスジは、国家情報院の諜報部員だ。 全然違う立場の二人が、飛行機墜落事件をきっかけに知り合う。 特に前半は、海外のシーンが多い。 こういう、最初に海外ロケのシーンがずっと続く韓国ドラマは、けっこう退屈なパターンが多い。 でも、この• ドラマ「バガボンド」 は違う。 次々にいろんな事件が起こるので、まったくあきない。 だからといって、謎が多すぎて、気になってたまらない、ということもない。 夜、夕食後に見るのにちょうどいい韓国ドラマだ。 途中で睡魔に襲われ、そのまま爆睡することが可能になる。 これが、• ドラマ「シグナル」 や、• ドラマ「秘密の森」 だとこうはいかない。 めちゃめちゃ頭を使わなければいけないからだ。 いい意味で、• ドラマ「バガボンド」 は、ちょっとアメリカンな韓国ドラマだ。 だからといって、• きちんと、韓国ドラマの香りは残している。 俳優たちはみな、韓国の一流の俳優なので、演技力は心配しなくていい。 脚本もしっかりしているし、演出もすばらしい。 何より、SBSだけでなく、Netflixが出資しているため、製作費は思いっきりかけている。 韓国ドラマによくありがちな、スポンサーがちゃっかり顔を出す、というようなこともないので、安心して見ることができる。 イスンギの• ドラマ「華麗なる遺産」 では、イスンギのハルモニ(祖母)がソルロンタンの店の創業者、という設定だった。 もちろん、スポンサーは、ソルロンタンの大手チェーン店。 ドラマの中で、そのチェーン店がほぼずーっと登場していた。 その上、ドラマまで大ヒットしたから、スポンサーとしては、ホクホクだったに違いない。 キムミスクが、初の悪役を演じたドラマでもあった。 ドラマ「バガボンド」 は、ドロドロの韓国ドラマにちょっと疲れたあなたにぴったりなドラマだ。 ポンジュノの映画を夜に見てはいけない理由 だからといって、調子に乗って、夜、ポンジュノの韓国映画を見てはいけない。 ポンジュノの映画は、• 午後の早い時間 か、遅くても• 夕方まで に見るべき映画だ。 夜、ポンジュノの映画を見たら、絶対に安眠できない。 それは、それぐらい、監督の魂がこめられているからだ。 ドラマ「バガボンド」 を見て、たまには、こんなアメリカンな韓国ドラマもいいと、しみじみ思った。 「バガボンド」は、シーズン1が終了し、2020年3月から韓国でシーズン2が始まる。 いやあ、韓国ドラマってほんとにいいですね。 カテゴリー•

次の

【バガボンド】感想 イスンギ・ペスジ 主演と助演が最高 Netflix 韓国ドラマの魅力

イスンギ バガボンド

チャ・ダルゴン … イ・スンギ コ・ヘリ … ペ・スジ ここからネタバレになりますので注意してください!! バガボンド【韓国ドラマ】第1話のネタバレとあらすじ -砂漠の真ん中で、無線を聞きながら待機する武装した男(イスンギ)。 そこへ、一台の白いリムジンがやってきます。 リムジンの中から現れたのは、一人のアジア系の女性(ぺスジ)。 女性の顔を目にした男は、銃を撃つのをためらい…! 武術監督を夢見て、スタントマンとして働くチャ・ダルゴン(イスンギ)。 幼い息子を残してこの世を去った兄の代わりに、 ダルゴンは甥っ子チャ・フンの面倒を見ることに。 転職を余儀なくされたダルゴンは、タクシー運転手をしながら、何とか生活費を工面する日々を送ります。 そんなある日、テコンドーの選手団の一員として、 モロッコ遠征に参加することとなったフン。 自分のせいで叔父がスタントマンを引退したと知ったフンは、出発の朝、ダルゴンと口喧嘩の末、和解ができないまま一人空港へ…。 その頃、韓国政府は膨大な予算をかけて、 次世代戦闘機の輸入業者の選定のため、事業説明会を開催。 ジョン&マーク社のアジア地区担当責任者であるジェシカ・リー(ムンジョンヒ)は、なんとしてもこのプロジェクトの成功を祈願するも、状況は思わしくなく…。 そんななか、副社長であるマイケルが、何やら不審な動きを見せます。 何者かに追われ、通りを逃げ回るマイケル! なんとかたどり着いた公衆電話から、マイケルは仁川空港の保安課に電話をかけます。 叔父のダルゴンにメッセージを残し、飛行機に乗り込むフン。 そして同じ飛行機に乗り込む、 頬に傷のある怪しげな男…。 機内の照明が落とされ、皆が眠りについたころ、フンの斜め後ろに座っていた男が突然立ち上がり、どこかへと向かいます。 次の瞬間、機内に警報が鳴り響き、火だるまになった機体はそのまま落下…! こうして、 旅客機B357便はモロッコ上空で炎上、 全ての乗客が亡くなるという最悪の事態に…。 ニュースでその事実を知ったダルゴンは、信じられないといった様子で、その場に泣き崩れてしまいます。 更には、次世代戦闘機業者の中で、 最も有力な候補といわれていたダイナミックコーポレーション社の機体に、欠陥があったと報じられ…。 責任説明を求める遺族らに対して、深々と頭を下げるダイナミック社の幹部を前に、一人上機嫌なジェシカ・リー。 一方、追悼式のため現地入りを発表した遺族を迎える準備をするのは、 在モロッコ韓国大使館のインターン、コ・ヘリ(ぺスジ)。 しかし、大使館のインターンというのは表向きの顔で、 実はヘリは国家情報院のブラック要員だったのです! モロッコの空港で、今回の飛行機事故で家族を亡くした、ダルゴンを含む遺族団を出迎えるヘリ。 ホテルへの送迎車に乗り込む前に、ダルゴンはトイレへと向かいます。 この二人の共演はドラマ『九家の書〜千年に一度の恋〜』以来、二度目ですね。 第1話のハイライトといえば、やはり ラストのイスンギとテロリスト(?)のアクションシーン! ドラマでも元スタントマンという役柄ですが、体当たりなアクションに、思わずくぎ付けになってしまいます。 とは言っても、実はアクションにあんまり興味がないので、流し見だったのはココだけの話 笑 全体を通して、海外ロケってのもありますが、とってもお金がかかっているという印象を受けました。 さすが 100%事前制作、といった感じ。 ちなみに韓国では、 放送しながら撮影を進めるのが基本で、視聴者の感想や意見から、後半のシナリオが変更されるのもザラなんです! 日本ではあまり聞かない撮影スタンスなので、ビックリですよね~。 でも今回のドラマ『バガボンド』は、完全事前制作なので、やっぱり作品の仕上がり具合が違います! 細部まで作りこまれているのが、事前制作の最大のメリット。 その反面、視聴者の声を反映できないのがデメリットとも言われています。 これが吉と出るか凶と出るか…、今後の展開に期待です!.

次の