お ー ばん。 ケーブルテレビ

BUMP OF CHICKEN

お ー ばん

メンバー [ ] 全員が(年)生まれで出身(藤原は生まれ、升は生まれである)の。 また「メンバーは皆平等」との考えから、バンド内でのは決めていない。 詳細は各記事を参照のこと。 名前 パート 生年月日 (ふじわら もとお) 1979-04-12 (41歳) (ますかわ ひろあき) 1979-12-20 (40歳) (なおい よしふみ) 1979-10-09 (40歳) (ます ひでお) 1979-08-10 (40歳) 来歴 [ ] デビュー前 [ ] 4人はからの顔なじみであるが、幼稚園時代に藤原・直井・増川の3人は升の事を知らなかった。 卒園後は、直井・升・増川の3人が同じに通う。 そして全員が同じへ進学し再会。 4人とも部に所属していたが万年補欠だったため、よく「体育館倉庫を真っ暗にして行うかくれんぼ(暗闇ごっこ)」をするなどして親交を深めた。 の「」、の「」、の「」をコピーし文化祭で初ライブを行う。 以下通称で記す)がいたため、増川は幕の上げ下ろしなどのスタッフのような役割が主だった。 にはオリジナル曲を持って次々と各地の大会へ出場する。 同年秋には藤原が高校を中退し本格的に音楽活動へのめり込むようになっていた。 藤原初の単独での作詞・作曲となったオリジナル曲「DANNY」(後に隠しトラックの形で収録)や「BUMP OF CHICKENのテーマ 」(結成20周年記念 Special Live 「20」のLIVE CDに収録)などもこの頃に完成する。 1996年、現メンバーとなり、バンドを「BUMP OF CHICKEN」に改名後初めての大会出場をティーンズ・ミュージック・フェスティバル'96で果たす。 後にバンドはこの日を「結成記念日」とするようになった。 その夏にはBeat Brust in Japan に「ガラスのブルース」(後のアルバム『』収録曲)でエントリー、全国大会でグランプリを獲得。 その後都内でのライブや千葉県内ツアーを経験した後に初の音源となる「BUMP OF CHICKEN(のテーマ)」「DANNY」「ガラスのブルース」等を収録したデモテープの製作・配布を開始。 この頃、デビュー前のと対バンで共演し、やTRICERATOPSの音楽プロデューサーのにスカウトされる。 木崎は現在彼らが所属する事務所の取締役であり、エグゼクティブプロデューサーである。 増川と升の大学受験のための一時活動休止期間を経てからは、6月に劇団「すいっち」公演のミュージカル『はしるおんな』に生バンド役としてメンバーが出演。 藤原も6曲ほど公演のために書き下ろす( 藤原曰く、最初の「MOTOO FUJIWARA名義での活動」はこれであるとのこと)。 1998年には自身初のCD作品となるデモ『BUMP OF CHICKEN』を500枚限定で発売。 その後わずか1か月で完売。 1999年 - 2000年:『FLAME VEIN』『THE LIVING DEAD』 [ ] 3月にからデビューアルバム『』をリリースした。 多忙を縫って強行的に行なわれたレコーディング期間はわずか3日間であった。 同年春に、浪人していた増川が大学に合格。 2000年3月にアルバム『』を同じくハイラインレコーズからリリース。 上記の2つのアルバムは共に廃盤となっており、2004年4月に再発盤が発売されている。 なお、藤原がラブソングだと公言している曲はこの時期以外に作られてはいない。 2000年 - 2002年:『jupiter』 [ ] 9月20日に1stシングル「」をリリースし、からメジャーデビューを果たす。 3月14日に発売された2ndシングル「」が、累計で55万枚以上を売り上げる大ヒットとなりバンドの知名度が大きく上昇。 この楽曲から着想を得た『』も夏に放送された。 同年10月17日リリースの3rdシングル「」を経て、2002年2月20日に発売されたメジャー1作目となる『』は、バンド初のアルバム週間チャート初登場1位を記録している。 2002年 - 2004年:『ユグドラシル』 [ ] アルバム『jupiter』発売後にBUMP OF CHICKEN主催の対バンツアー『BAUXiTE page1』を開催。 旧友の、、らと全国3か所を回る。 そして、同年12月18日には4thシングル「」を発売。 3月12日に5thシングル「」を発売。 「sailing day」は『』の主題歌となった。 その後2003年春から翌までは、アルバム『』のセッションとレコーディングが行なわれ、夏以降は表立った活動は行なわれなかった。 2004年3月31日、ファーストアルバム『FLAME VEIN』から「」をリカットシングルとして発売。 5月29日には地元の佐倉市民体育館にて完全招待制フリーライブを行い、で全国に生中継された。 同年7月7日には『ユグドラシル』からの先行シングルとなる8thシングル「」を発売し、初となるオリコンシングル週間チャート1位を獲得。 8月25日に発売されたメジャー2作目となるスタジオ・アルバム『ユグドラシル』もオリコン週間アルバムチャートで初登場1位を獲得し 、収録曲のうち「」が同年12月1日にシングルカットされた。 12月にはで2日間で3万人を動員する単独ライブとしては最大規模のライブを行い、初日にはの番組『スーパーライブ』用の収録も行われる(地上波テレビとしては初の大々的な露出)。 この後、年末には韓国でのライブも行っている。 2005年 - 2007年:『orbital period』 [ ] 7月21日に発売された10thシングル「」で自己最高の初動売上を記録。 この記録は同年11月23日に発売された11thシングル「」でさらに更新し、自身最大のヒット曲である「天体観測」に迫る50万枚近い売り上げを記録。 2006年度オリコン年間シングルチャートで9位にランクインしてシングル・アルバム通じて初の年間TOP10入りを果たす。 3月22日、藤原が書き下ろした、ゲーム『』用のサウンドトラック集『』(MOTOO FUJIWARA名義)が発売される。 同年9月20日には楽曲「ギルド」の世界観をテーマにしたオリジナル無声映像作品『』をリリース。 そして、同年11月22日に12thシングル「」を発売し、「オンリー ロンリー グローリー」以来2年5か月ぶりとなる2度目のオリコンシングル週間チャート第1位を獲得した。 7月16日にインディーズ時代に所属していたハイラインレコーズの10周年記念イベントにシークレットゲストとして登場し、498日ぶりにライブ復帰。 夏のイベントにも出演した。 同年10月24日にはシングル「」「」を2枚同時リリースし、「花の名」は2作連続通算3作目のオリコンシングル週間チャート第1位を獲得、「メーデー」も2位となり史上7組目の1位・2位独占を達成した。 「花の名」は映画「」の主題歌に採用された。 同年12月19日には前作『ユグドラシル』より3年4か月ぶりとなるスタジオ・アルバム『』を発売。 12月26日には(JFN)主催の「」で大賞(LIFE MUSIC OF THE YEAR)を受賞した。 2008年 - 2010年:『COSMONAUT』 [ ] 6月18日に、いままで発売されたシングルのカップリングに新曲「プレゼント」を収録したアルバム『』を発売。 2008年にリリースした作品はこのアルバムのみで、シングルは発売されなかった。 11月25日、約2年ぶりとなる両A面シングル「」をリリース。 2009年にリリースしたCD作品はこのシングルのみとなった。 4月14日には16thシングル「」を、4月21日には17thシングル「」をリリース。 で「HAPPY」と「魔法の料理 〜君から君へ〜」の異なる作品で、2週連続1位を獲得した。 「HAPPY」はBUMP OF CHICKENの作品では初となるオリコン月間1位を獲得し、「魔法の料理〜君から君へ〜」も月間2位を獲得したため、1位・2位を独占した。 同年4月10日には「BUMP OF CHICKEN SECRET」として自身初のシークレットライブをアリーナで開催。 同年10月13日に18thシングル「」をリリース。 自身初となる3作連続1位を獲得。 同年12月15日には前作以来約3年ぶりとなるスタジオ・アルバム『』をリリース。 『ユグドラシル』以来3作振りとなるオリコンチャート初登場1位を獲得した。 リリース直後にツアーは行われなかったが、からにかけてライブハウスツアー『GOOD GLIDER TOUR』を、からにかけてアリーナツアー『GOLD GLIDER TOUR』を開催し、の公演を収録したバンド初の映像作品『』をにリリースした。 2011年 - 2014年:『RAY』 [ ] に19thシングル「」を発売。 同年5月11日に20thシングル「」が発売され、楽曲の着うた、CDシングルの収益はすべての義援金としてを通じて被災地に寄付された。 同年10月19日には21stシングル「」を発売し、この作品は「花の名」「メーデー」以来となる累計20万枚以上の高セールスを記録した。 には22ndシングル「」を発売し、7作目となるオリコンシングルチャート1位を獲得。 同年9月12日には23rdシングル「」を発売。 本曲は連続ドラマ『』の主題歌に起用され、バンドにとって「天体観測」以来、10年ぶりのテレビドラマ主題歌となった。 には、初のベスト盤である『』・『』を発売。 8月9日には地元千葉のにて自身初のスタジアムライブともなるベストアルバム発売記念ライブを開催、当日の模様はを通じて全編がネット生中継された。 並行し、実写映画『』の主題歌に提供した新曲「」を、自身初となる配信限定シングルとして8月21日にリリース。 2013年からアリーナツアー「WILLPOLIS 2013」を行い、ツアーファイナルとなった自身初のライブ(10月28日、29日)にて、2014年1月下旬にニューアルバム『』のリリースを発表(ただし、2013年に、2014年の全国ツアーの開催決定と共に『RAY』の発売が2014年3月12日に延期されることが発表された)。 収録予定の新曲「ray」もステージ上で初披露した。 に、前作から3年3か月ぶりとなるオリジナル・アルバム『』をリリース。 同日、収録曲「」の別バージョンとして、バンド史上初の・アーティストとしてを迎え、配信限定リリース。 しかし、3月20日、公式サイトにて藤原がで入院していたことが判明。 同月31日に予定されていた新木場での単独ライブは延期となることが発表された。 藤原の病状が心配されたが、にアリーナツアー「WILLPOLIS 2014」がスタート。 には台湾公演、にはツアーファイナルとして公演が行われた。 また、ドーム公演の最後に披露された新曲は、明けて深夜零時より配信限定シングル「」としてリリースされた。 前後してに『』()で、地上波で初めて生放送で楽曲を披露した。 この一連のツアーの模様、特に東京ドーム公演までの軌跡が、同年10月にのドキュメンタリー番組として取り上げられた。 この映画の前売り券販売は、初日2日間の売り上げが近年公開された全ての東宝系映画でナンバーワンとなった。 2014年 - 2016年:『Butterflies』 [ ] に、漫画『』とのコラボレーション楽曲として書き下ろされた配信限定シングル「」がリリース。 同日、から発売される『3月のライオン』10巻の特装版にも「ファイター」のCDがセットされる。 また、翌には、映画『』主題歌として書き下ろされた新曲「」が配信限定シングルとしてリリースされた。 には前作から約2年7か月ぶりとなる両A面シングル「」をリリース。 累計20万枚のヒットとなる。 また、シングルリリース記念として、に、にでスペシャルライブを開催。 会場のキャパに対して多数のチケット購入申し込みが寄せられたため、横浜公演の模様は全国の映画館にてが実施され、約4万7000人を動員した。 (ライブビューイングはバンド史上初である)。 、『』に初出場。 「」のライブ会場から生中継で出演し、「ray」を披露した。 に、前作から1年11か月ぶりとなるスタジオ・アルバム『』をリリース。 自身通算6作目となるオリコン週間アルバムチャート1位と初の月間アルバムチャート首位を獲得した。 発売翌日には結成20周年記念Special Live『20』を地元である千葉・国際展示場9〜11ホールで開催。 2万5000人を動員した。 同年4月からはバンド初のスタジアムツアー「BUMP OF CHICKEN STADIUM TOUR 2016 "BFLY"」を開催。 全6公演、計28万人を動員する自身最大級のツアーとなった。 また最終公演となった(日産スタジアム)公演は2日間で14万人を動員した。 前後してNHKの音楽番組『』に前年12月、同年2月と連続出演。 これに対し数百通に渡る再放送のリクエストが殺到。 同年5月には異例の「完全版」として再編集したものが放送された。 同年2月28日、「 MUSIC AWARDS」で「PEOPLE'S CHOICE(一般投票によって決定し授与される優秀アーティスト賞)」を受賞。 、のTVCMでオンエアされていた『Butterflies』収録曲「宝石になった日」のMVが公開された。 2016年 - 2017年:『aurora arc』 [ ] 2016年7月、新曲「」を『』の主題歌として提供 、に配信限定リリース。 2016年9月には、テレビアニメ『3月のライオン』のオープニングテーマに新曲「」、エンディングテーマに「ファイター」を提供 、「アンサー」をに配信限定リリースした。 また、翌2017年4月からテレビアニメ『』に『Butterflies』収録曲「GO」をオープニングテーマとして提供 、同曲を使用したCM「」のオンエアも前月よりスタートした。 、新曲「流れ星の正体」の弾き語りデモ音源を30日深夜までホームページ上で無料公開。 また、バンド結成20周年の最終日となるにはアニバーサリーイヤーのうち最後の期間に制作された「」を披露するスタジオライブ生配信(公式チャンネル、、で配信)を行った。 「リボン」はにデジタルシングルとしてリリースされ、同日にミュージックビデオも公開された。 には、より放映されていた「」CMソング 「」をデジタルシングルとしてリリース。 2017年 - 2018年: ツアー「PATHFINDER」 [ ] 2017年から翌にかけて、全国ツアー「BUMP OF CHICKEN TOUR 2017-2018 "PATHFINDER"」を開催した。 直前にアルバムリリースが行われないツアー(いわゆる「引っ提げないツアー 」)であったが、実質的な「COSMONAUT」リリースツアーとなった「GOOD GLIDER TOUR」「GOLD GLIDER TOUR」(2011年〜2012年)を除けば、2006年の「run rabbit run」以来約11年半ぶりの「引っ提げないツアー」となった。 追加公演および再追加公演を含めて全29公演を開催した。 このうち・に開催予定だった公演が、藤原のインフルエンザ罹患のため開催見合わせ(延期)となった (なお、振替公演は同会場で・に開催された )。 ツアーファイナルの公演(・)では、同ツアーの公演(11月)の模様を収録したDVDおよびBlu-ray『』が同会場限定で販売された(CDショップなどでは販売されず、のちにバンド公式サイトにて通信販売が行われたほか、福岡振替公演でも販売された)。 同ツアーはメンバーが発案して開催された初めてのツアーで、直井曰く最初は「5、6本できればいい」と考えていたが、バンド史上最長のツアーとなった。 には公演の2日目の模様を完全収録した『』が発売された。 2018年 - [ ] ツアー「PATHFINDER」を終えるとバンドは制作期間に入った。 2018年、テレビアニメ「」に新曲「」をオープニング主題歌として、同じく新曲「Spica」をエンディング主題歌として提供した。 「シリウス」はにデジタルシングルとして先行リリースされた。 には、とによる新作スマートフォン向けゲームアプリ『』のCMソングとして、新曲「」を提供した。 7月23日に同曲をデジタルシングルとしてリリース。 、同月公開の映画『』の主題歌として新曲「話がしたいよ」を提供した。 また同月には、テレビアニメ『』にもオープニング主題歌として新曲「月虹」を提供した。 さらに、同月放送の『ミュージックステーション』スペシャルに2014年7月以来約4年ぶりに出演し、「話がしたいよ」を披露した。 テレビ出演自体も2016年の『』以来、約2年半ぶりとなった。 には約3年半ぶりのシングル「」を発売。 また、「話がしたいよ」はにデジタルシングルとして先行リリースされた。 、創業70周年記念スペシャルアニメーション『ベイビーアイラブユーだぜ』のテーマソングに新曲「新世界」を書き下ろし提供した。 同月、2003年にリリースされた楽曲「」が、のCM『第95回箱根駅伝 箱根駅伝のその先へ』のテーマソングとして起用されることが発表され、CMは翌、放送の『』中に放映された。 、『』に主題歌として新曲「」を書き下ろし提供した。 にはシングル「ダイヤモンド」から「Hello,world! にはメジャー通算7枚目となるオリジナルアルバム「」をリリースし、からにかけてはドーム4ヶ所とライブハウス5ヶ所を巡る全18公演のツアー「aurora ark」を開催した。 には、2018年にリリースしたライブ映像作品『BUMP OF CHICKEN TOUR 2017-2018 PATHFINDER SAITAMA SUPER ARENA』のアンコールを除く本編映像をYouTubeにて期間限定で公開したほか、メジャーデビュー後の楽曲でこれまでYouTubeで公開されていなかったミュージック・ビデオをほぼ全て公開した。 影響 [ ] バンドメンバー全員が好きだったバンドとして、、、、などがある。 また、、、、などをはじめとする1990年代のも聴くという。 藤原は幼少期からMTVを見ており、当時人気だったミュージシャンはだいたい好きだったと述べている。 中でも、、、、、、、、などをよく聴いたという。 中学生の時には友人からを教えられ、高校生の時にはへと傾倒した。 の「」やのコピーをしていたという。 その後、や、など、当時好きだったジャンルのアーティストのルーツとなる音楽を「掘り下げていく作業みたいなものも楽しいからやっていた」と述べている。 その過程で、、、などを知ることになる。 中でもプライド・アンド・グローリーの衝撃は大きかったといい、その後、、などのに詳しくなっていった。 ギタースタイルとしては、が彼のヒーローとのこと。 また、やのコンピレーションアルバムも愛聴しており、なども聴くという。 直井は、グリーンデイからに傾倒し、その後はなどを聴いたと語っている。 色々な音楽を吸収していることについて、直井は「藤原くんが作ってくるものって、ジャンルレスだしボーダレスなんですよ。 だから、僕らもできるだけカッコいい音楽、全部にアンテナを張ってようと思うんです。 」と述べている。 制作体制 [ ] 所属事務所はロングフェロー(LONGFELLOW)で、ヒップランドグループ傘下の事務所だがBUMP OF CHICKENのほかにアーティストは所属していない。 プロデューサーは MORで、近年はProduce欄のクレジットに名が載るようになったBUMP OF CHICKENのプロデューサー集団である。 アーティスト・マネージャーは高橋浩章で、公式サイトでは「TAKAHASHI DIARY」を連載(由来はの「手帳・ダイアリー」より)していた。 BUMP OF CHICKENのロゴデザインやシングル『プラネタリウム』以降のジャケット・デザインはが手がけている。 メジャーデビュー以降から2015年の「」までのはほぼ全て映像作家のの手によるもの。 発売されているライブビデオや、映像作品『』の映像パートの製作も担当した。 また、2005年初頭のNHKの番組『スーパーライブ』放送時には番組の演出も行った。 ではネット投票による「BEST YOUR CHOICE」部門にて2004年、2005年、2008年、2014年に、それぞれ「ロストマン」「車輪の唄」「花の名」「虹を待つ人」のミュージック・ビデオで受賞している。 次いで、がこれまでに4作品を手掛けている。 2005年のインタビューによると、デビュー後はいわゆる「ボツ曲」が1曲も生まれていないという。 つまり藤原がレコーディングに持ってきた曲はすべて何らかの形でリリースされてきたということになる。 ただし、2010年以後のアルバム『COSMONAUT』期以降のシングルについては、シングル用に曲を書くというスタイルではなく、アルバムストックの中からシングルを切っていくというスタイルが多用された。 このため、「R. 」「Merry Christmas」を除くシングル曲は、楽曲制作の時期とリリース時期との間に大きなタイムラグがある。 例えば「HAPPY」は2008年11月に制作されたが、シングルとしてリリースされたのは2010年4月であり、実に1年5ヶ月も空いていることになる。 また現在においても、書かれたがレコーディングを経ていない楽曲が多数ある。 藤原は雑誌のインタビューで「シングル曲と対になってるからこそカップリング。 シングルに入ってる2つの曲はカップル。 だからカップリング曲はこの位置が一番いいし、そういうふうに発想して作曲しているし、曲たちもそれを望んでいると思う」と発言しており、そのためかカップリング曲はには一切収録されていなかったが(唯一の例外は「」廃盤のため『』に転載収録された「バトルクライ」)、2008年にカップリング集『present from you』を発表した。 メンバーはその理由に、カップリング曲がA面曲のおまけと評されファンに聴かれないことが残念だったことを挙げている。 シングルのカップリング曲がアルバムに収録されないこと自体は、音楽業界ではごく当たり前に行われている。 また、藤原は同じく雑誌のインタビューで「4人で歩いた帰り道の匂いとか、一緒に見た景色のこととか、鼻の奥がツンとなるようなものをレコーディングしたいんだ、僕らは。 その再現性が、今一番理想に近いんです」と語っている。 音源 [ ] リリース音源はほぼ全てハーフ・ダウン・チューニング(ギターとベースは、レギュラーチューニングから全ての弦を半音下げた状態)で作られている。 ユグドラシル収録の「asgard」「midgard」やCOSMONAUT収録の「三ツ星カルテット」「beautiful glider」等では変則チューニングを用いて作られた。 シングル『』を除く全てのCD・ビデオ・DVD・一部の公式スコアブック、公式アプリに・隠しジャケットが存在する。 隠しトラックでは、通常と違い基本的にメンバー全員が曲作り(特に作詞)に参加している。 隠しトラックは過去にカラオケで配信されていたことがあるが、現在はメンバーの意向により配信していない。 また、CDケースのディスクを収めるプラスチックの台を取り外すと、CDの隠しトラックの歌詞が書かれたものが出てくる作品もあり、これは隠しジャケットと呼ばれている。 一部DVD・Blu-ray作品の外側ジャケットの裏に別の絵柄が印刷されているものもある。 また、バンド公式「BOC-AR」 にも表記されていない隠し要素が存在する。 隠しトラックの演奏はすべてBUMP OF CHICKENのメンバーによるものであるが、別名義となっている曲も存在している(例えば、『』収録の「BELIEVE」を歌っているのは「ハテナッチセブンクエスチョンズ」である)。 なお、アルバム、映像作品の初回限定盤のようにCDとDVDまたはBlu-rayがセットの商品となっているものについては、片方に隠しトラックが収録され、もう片方には収録されないケースが存在している(例として、アルバム『』の初回盤に付属した特典DVDまたはBlu-ray、および映像作品『』の初回盤に付属したCDには隠しトラックが収録されていない)。 CDの合計収録時間やトラック数などには意味が込められていると考えられている。 例を挙げると、以下の通りである。 「」の「20分01秒」は発売年の「2001年」。 「」の「20分06秒」は発売年の「2006年」。 「」の「20分10秒」は発売年の「2010年」。 「」の隠しトラックが「トラック12」の「24秒」から始まるのは「12月24日」から。 「」の「30分00秒」はメンバーが30歳になる年から。 「」などのアルバムの合計時間は60分、70分ジャスト。 「」のトラック数が「28」なのはアルバム名の由来にもなっている公転周期(軌道周期)から。 「」の全収録曲および総収録時間が19曲79分04秒なのは1979年生まれの4人という意味から。 「」の総収録時間の1時間17分35秒は、メンバー全員が同作が発売されたで35歳になることから、いいな35歳という意味。 ライブ [ ] SE [ ] ライブ時のSEは長らくの「」を使用していたが、最近はオリジナル楽曲や「ボレロ」を使用することが多くなっている。 以下の表は2008年以降のSEをまとめたものである。 ただし、単発ライブについてもここに掲載する。 公演日 公演名 会場 備考 2000年3月27日 - 4月16日 ツアーポキール 7月21日 千葉 LIVE SPOT LOOK 7月22日 神奈川 横浜ベイホール 8月6日 愛知 Electric Lady Land 8月7日 愛知 Electoric Lady Land 8月9日 兵庫 神戸チキンジョージ 8月10日 京都 KYOTO MUSE 8月12日 石川 金沢AZ 8月22日 熊本 熊本Django 8月24日 福岡 福岡DRUM LOGOS 8月25日 福岡 福岡DRUM LOGOS 8月27日 広島 広島ナミキジャンクション 8月28日 広島 広島ナミキジャンクション 8月30日 岡山 PEPPERLAND 9月2日 新潟 新潟PHASE 9月5日 北海道 札幌PENNY LANE 24 9月6日 北海道 札幌PENNY LANE 24 9月9日 宮城 仙台CLUB JUNK BOX 9月10日 宮城 仙台CLUB JUNK BOX 9月12日 福島 郡山Hip Shot Japan 9月14日 大阪 松下IMPホール 9月15日 大阪 松下IMPホール 9月19日 東京 赤坂BLITZ 9月20日 東京 赤坂BLITZ 2002年1月28日、2月2日 ポキレツ珍百科 5月13日 神奈川 横浜ベイホール 5月14日 群馬 桐生市市民文化会館 5月17日 高知 BAY5 AQUARE 5月19日 広島 広島CLUB QUATTRO 5月20日 兵庫 神戸チキンジョージ 5月22日 大分 大分T. S 5月23日 福岡 Zepp Fukuoka 5月28日 石川 金沢EIGHT HALL 5月30日 京都 京都北文化会館 5月31日 岐阜 岐阜Morden cafa club 6月2日 大阪 Zepp Osaka 6月3日 大阪 Zepp Osaka 6月5日 新潟 新潟LOTS 6月7日 宮城 Zepp Sendai 6月8日 青森 青森Quarter 6月11日 東京 赤坂BLITZ 6月12日 東京 赤坂BLITZ 6月15日 秋田 Club SWINDLE 2004年5月29日 FREE LIVE 9月17日 東京 Zepp Tokyo 9月18日 東京 Zepp Tokyo 9月23日 福岡 Zepp Fukuoka 9月24日 福岡 Zepp Fukuoka 9月26日 大阪 Zepp Osaka 9月27日 大阪 Zepp Osaka 9月29日 愛知 クラブダイアモンドホール 9月30日 愛知 クラブダイアモンドホール 10月4日 北海道 Zepp Sapporo 10月5日 北海道 Zepp Sapporo 10月7日 宮城 Zepp Sendai 10月8日 宮城 Zepp Sendai 10月12日 大阪 なんばHatch 10月13日 大阪 なんばHatch 10月15日 京都 京都市北文化会館 10月18日 愛知 クラブダイアモンドホール 10月19日 愛知 クラブダイアモンドホール 10月21日 広島 広島CLUB QUATTRO 10月22日 神奈川 CLUB CITTA'川崎 10月25日 鹿児島 CAPARAVO HALL 10月26日 熊本 熊本DRUM Be-9 10月28日 大分 大分DRUM TOP'S 10月29日 長崎 長崎DRUM Be-9 11月1日 兵庫 神戸チキンジョージ 11月2日 高知 BAY5 SQUARE 11月4日 愛媛 松山市総合コミュニティセンター キャメリアホール 11月5日 岡山 岡山アクトロン 11月8日 福島 郡山Hip Shot Japan 11月9日 青森 青森Quarter 11月12日 新潟 新潟PHASE 11月13日 石川 金沢EIGHT HALL 11月20日 沖縄 ダンスクラブ松下 2004年12月11日、12月12日 PEGASUS YOU 1月13日 北海道 Zepp Sapporo 1月14日 北海道 Zepp Sapporo 1月17日 宮城 Zepp Sendai 1月18日 宮城 Zepp Sendai 1月20日 新潟 新潟PHASE 1月21日 新潟 新潟PHASE 1月28日 千葉 幕張メッセ国際展示場9~11ホール 1月29日 千葉 幕張メッセ国際展示場9~11ホール 2月3日 広島 広島サンプラザホール 2月7日 大阪 大阪城ホール 2月8日 大阪 大阪城ホール 2月11日 福岡 マリンメッセ福岡 2月12日 福岡 マリンメッセ福岡 2月15日 愛知 名古屋市総合体育館 レインボーホール 3月4日 東京 国立代々木競技場第一体育館 3月5日 東京 国立代々木競技場第一体育館 2008年1月10日 - 2月13日 ホームシック衛星 1月10日 東京 Zepp Tokyo 1月11日 東京 Zepp Tokyo 1月14日 北海道 帯広MEGA STONE 1月15日 北海道 旭川CASINO DRIVE 1月18日 青森 青森Quarter 1月19日 秋田 Club SWINDLE 1月21日 岩手 盛岡CLUB CHANGE WAVE 1月22日 福島 郡山Hip Shot Japan 1月24日 富山 富山MAIRO 1月25日 福井 響のホール 1月27日 京都 KBSホール 1月28日 京都 KBSホール 1月30日 松山 松山市総合コミュニティーセンター キャメリアホール 1月31日 高知 BAY5 SQUARE 2月2日 岡山 岡山CRAZYMAMA KINGDOM 2月3日 鳥取 米子BELIER 2月6日 鹿児島 CAPARVO HALL 2月7日 熊本 熊本BATTLE-STAGE 2月9日 大分 OITA-T. 2013年8月9日 ベストアルバム発売記念ライブ 4月5日 千葉 幕張メッセ国際展示場9~11ホール 4月6日 千葉 幕張メッセ国際展示場9~11ホール 4月17日 愛知 日本ガイシホール 4月18日 愛知 日本ガイシホール 4月26日 石川 石川県産業展示館4号館 5月3日 新潟 朱鷺メッセ・新潟コンベンションセンター 5月10日 福岡 マリンメッセ 5月10日 福岡 マリンメッセ 5月17日 静岡 エコパアリーナ 5月24日 徳島 アスティとくしま 5月31日 北海道 北海道立総合体育センター 北海きたえーる 6月1日 北海道 北海道立総合体育センター 北海きたえーる 6月7日 広島 グリーンアリーナ 6月8日 広島 グリーンアリーナ 6月14日 宮城 セキスイハイムスーパーアリーナ グランディ・21 6月15日 宮城 セキスイハイムスーパーアリーナ グランディ・21 6月23日 大阪 インテックス大阪5号館 6月24日 大阪 インテックス大阪5号館 7月6日 沖縄 沖縄コンベンションセンター展示棟 2014年6月28日 BUMP OF CHICKEN Live in Taiwan 2014 -2017- 9月16日 千葉 幕張メッセ国際展示場1〜3ホール 9月17日 千葉 幕張メッセ国際展示場1〜3ホール 9月23日 北海道 北海道立総合体育センター 北海きたえーる 9月24日 北海道 北海道立総合体育センター 北海きたえーる 10月3日 新潟 朱鷺メッセ・新潟コンベンションセンター 10月8日 静岡 エコパアリーナ 10月9日 静岡 エコパアリーナ 10月24日 愛知 Zepp Nagoya 10月25日 愛知 Zepp Nagoya 10月31日 大阪 大阪城ホール 11月1日 大阪 大阪城ホール 11月8日 東京 新木場STUDIO COAST 11月9日 東京 新木場STUDIO COAST 11月18日 広島 グリーンアリーナ 11月19日 広島 グリーンアリーナ 11月27日 大阪 Zepp Osaka Bayside 11月28日 大阪 Zepp Osaka Bayside 12月9日 宮城 セキスイハイムスーパーアリーナ 12月10日 宮城 セキスイハイムスーパーアリーナ 12月16日 石川 石川産業展示館4号館 12月26日 徳島 アスティとくしま -2018- 1月10日 愛知 日本ガイシホール 1月11日 愛知 日本ガイシホール 1月16日 兵庫 ワールド記念ホール 1月17日 兵庫 ワールド記念ホール 1月27日 福岡 マリンメッセ福岡 (延期) 1月28日 福岡 マリンメッセ福岡 (延期) 2月10日 埼玉 さいたまスーパーアリーナ 2月11日 埼玉 さいたまスーパーアリーナ 3月17日 福岡 マリンメッセ福岡 3月18日 福岡 マリンメッセ福岡 福岡公演は藤原がに罹患したため、当初予定の1月27,28日から3月17,18日へ延期となった。 2019年7月12日 - 2019年11月4日 BUMP OF CHICKEN TOUR 2019 aurora ark 7月12日 埼玉 メットライフドーム 7月13日 埼玉 メットライフドーム 7月23日 福岡 Zepp Fukuoka 7月24日 福岡 Zepp Fukuoka 7月31日 宮城 SENDAI GIGS 8月1日 宮城 SENDAI GIGS 8月20日 東京 新木場STUDIO COAST 8月21日 東京 新木場STUDIO COAST 9月11日 大阪 京セラドーム大阪 9月12日 大阪 京セラドーム大阪 9月21日 愛知 ナゴヤドーム 9月22日 愛知 ナゴヤドーム 10月1日 大阪 Zepp Osaka Bayside 10月2日 大阪 Zepp Osaka Bayside 10月15日 北海道 Zepp Sapporo 10月16日 北海道 Zepp Sapporo 11月3日 東京 東京ドーム 11月4日 東京 東京ドーム ドーム、ライブハウスとキャパシティの差が大きなツアーとなった。 出演イベント [ ]• 2000年04月18日 - LIVE SHOWER PHANTOM• 2000年08月09日 - MAJI ROCK FESTIVAL• 2000年08月26日 - auサウンドマリーナ2000• 2000年08月29日 - 2000• 2000年09月03日 - SPACE SHOWER TV 2000• 2001年08月03日 - 2001• 2002年01月26日 - FM NORTH WAVE Presents 「NBQ」• 2002年01月30日 - FM AICHI Presents 「COLLABORATION 807」• 2002年02月01日 - HFM 20 th anniversary DEAD STOCK BBQ• 2002年02月04日 - CROSS FM Presents 「LIVE FUTURE FLAVA」• 2002年08月10日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2002• 2002年09月01日 - RUSH BALL 2002• 2003年08月03日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2003• 2003年08月09日 - '03• 2003年08月16日 - 2003 in EZO• 2003年08月30日 - 2003• 2003年08月31日 - RUSH BALL 2003• 2004年08月07日 - 釜山 International Rock Festival 2004• 2004年08月14日 - RISING SUN ROCK FESTIVAL 2004 in EZO• 2004年08月18日 - TREASURE 052 with ZIP-FM 〜rainbow surprise〜• 2004年08月28日 - SETSTOCK'04• 2004年08月29日 - RUSH BALL 2004• 2005年07月24日 - SETSTOCK'05• 2005年08月05日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2005• 2005年08月28日 - RUSH BALL 2005• 2005年09月03日 - The Tug of Rock'n Roll 05• 2007年07月16日 - HIGH LINE RECORDS 10th ANNIVERSARY 〜10年目の夏〜• 2007年07月22日 - SETSTOCK'07• 2007年07月28日 - HIGHER GROUND 2007• 2007年08月04日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2007• 2007年08月18日 - RISING SUN ROCK FESTIVAL 2007 in EZO• 2007年09月01日 - SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2007• 2007年10月17日 - FM802 「DESIGN THE NIGHT」SPECIAL LIVE 〜ICON-TACT〜• 2007年10月19日 - LIVE TOUR YOUNG FLAG 07• 2008年08月01日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2008• 2012年06月23日 - MTV VIDEO MUSIC AWARDS JAPAN 2012• 2013年08月03日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2013• 2013年12月28日 - ROCK FESTIVAL 2013• 2015年08月08日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2015• 2016年08月07日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2016• 2019年08月10日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2019 露出・プロモーション [ ] 以前はテレビにはほとんど出演せず、や、後述の有料放送やなどを中心としたプロモーション方法が採られていた。 現在は地上波でも、『』()には新作リリース前などに出演することがあるほか、2009年の『』以来は朝の情報番組(「」()、「」()他)などにVTR出演することが多くなった。 また、デビュー作『ダイヤモンド』を発売した際には、「ミュージックトマトJAPAN」()に出演したことがある。 2010年、に出場するとの情報が一部報道ではあったが 、結局出演せずに終わった。 2012年にがホストを務める年末特番『』において、小田が「花の名」のカバーを披露した際に、出演を打診したが断られたと明かしている。 2014年7月、『』()スペシャルで、地上波のテレビで初めて楽曲を披露。 『』と『』の2曲をファンの前でライブ形式で演奏した。 3時間に渡るスペシャルの大トリでの出演となった。 にはに初出場。 ロックフェスティバル・からの中継で『ray』を演奏した。 同年の12月5日、翌年の2月13日には同じくNHKの音楽番組『』 に2度出演。 各回、インタビューと4曲のスタジオライブが放送された。 この2度の出演は反響が大きく、には番組で演奏された8曲のスタジオライブ映像と、によるメンバーへのインタビューに未公開シーンを加えた特別番組「SONGS BUMP OF CHICKEN 完全版〜永久保存スペシャル〜」が1時間10分にわたって放送された。 2018年10月には、「ミュージックステーション スペシャル2時間SP」に4年ぶり2度目の出演。 映画「」の主題歌の『』を披露した。 同番組には、「億男」主演の俳優・とも応援ゲストとして出演した。 また過去3回、ツアードキュメントとライブ映像を特集したの番組が制作されている。 の「PEGASUS YOU」のドキュメントは演出をが手がけ、の「ホームシップ衛星」のドキュメントでは、がナレーションを務めた。 には初の東京ドーム公演の模様とその舞台裏が、「BUMP OF CHICKEN クリエイターたちとの創造」として放送され、ナレーションはBUMP OF CHICKENのファンと公言するが務めた。 では、BUMP OF CHICKENのレギュラー・ラジオ番組『』が毎週放送されている。 なお、音楽がカットされたほぼ同内容をネット上でのストリーミング放送でも聴くことができる。 スペースシャワーTVとの縁 [ ] BUMP OF CHICKENはに度々出演している(以下は公式サイトの記載を元に構成)。 1999年11月、インディーズ時代のシングル「LAMP」がパワープレイである「」に選ばれる。 2000年9月、スペースシャワーTVが主催するライブイベント「SWEET LOVE SHOWER」に出演。 2001年3月、メジャーデビュー後のシングル「天体観測」が、再び「POWER PUSH」に選ばれる。 同年4月、TV初のレギュラー番組『BUMP TV -Men'Experience-』放送開始。 2004年5月29日、デビュー5周年として、佐倉市民体育館にてワンマンライブが行われ、スペースシャワーで生中継。 ちなみに、スペースシャワーTVではこの日を「BUMP DAY」と題し、これまでのライブや特別番組が一挙再放送された。 「アルエ」がシングルカットされた際に製作されたPVではこれらの映像の一部を使用している。 2006年4月、『』第1回目のゲストとして、藤原が名義で出演。 この他にも新着ビデオの期間限定独占オンエアーや番組への出演などを行なっている。 ファン層 [ ] が継続的に行っている調査「好きなアーティストランキング」によれば、の調査で世代別10代に於いて第2位(10代男性は1位、10代女性は5位) 、の調査では10代で6位、20代で10位 、の調査では総合8位、10代で8位、20代で4位、30代で7位 となっている。 同じミュージシャンからはののやの、のジャンケン・ジョニー、の等が熱心なファンであることを公言している。 特に桜井は、同バンドの楽曲をプライベートでも熱心に聴いたり歌ったり しており、「ラッキーラクーン」31号では楽曲を「レベルの芸術」としている [ ]。 また、2000年代を総括するという雑誌のインタビューでは、2000年代で最も印象的だった楽曲として「」を挙げた。 加えてのや も自身の影響を受けたアーティストに同バンドを挙げている。 また、の 、選手の 、のである もBUMP OF CHICKENのリスナーとして知られている。 チャリティ [ ] 2011年3月に発生したによるに際しては、同バンド初となるチャリティ・ソング「Smile」を制作。 震災から2ヵ月後の5月11日にシングルとして全国発売し、CDや配信などによる全ての収益をとしてに寄付した(詳細はシングル「」の項目を参照)。 寄付金額の詳細はすべて1ヶ月おきに特設サイトで報告され、その総額は6962万7833円となった。 また、2011年末より興行されたBUMP OF CHICKENの全国ツアー「GOOD GLIDER TOUR」では、「東日本大震災チャリティーバンド」を販売。 販売収益は1001万500円に達し、全額を義捐金として日本赤十字社に寄付した。 2016年4月に発生したに際しては、同年のツアー「BFLY」の公演()より復興支援のラバーバンドの販売を開始し、同じく福岡公演と横浜公演、さらに通信販売にて挙げた収益分の3500万円以上を同年9月30日付で義援金として日本赤十字社に寄付・送金したことをバンド公式ホームページで報告した。 また、2019年に行われたツアー「aurora ark」のファイナル公演となるの会場や公式オンラインショップで販売されていたチャリティバンドがあり、この収益のすべては、日本赤十字社を通じて「令和元年台風第15号千葉県災害義援金」「令和元年台風第15号東京都義援金」「令和元年台風第19号災害義援金」として寄付される予定。 TV size version 自主制作 [ ]• デモテープ(日付不詳)• NO REASON BOC-001 (1997年10月)• 千葉ANGAで販売されたデモテープ。 後に下北沢ハイラインレコーズから販売された。 no title demo tape 1998年9月23日• BUMP OF CHICKEN BOC-002 (1998年10月24日)• 500枚限定シリアルNO入りCD• タイアップ一覧 [ ] 起用年 曲名 タイアップ ・系ドラマ『』挿入歌 配給映画『』主題歌 用ゲームソフト『』主題歌 『エアーズ』CMソング 映画『』主題歌 カルマ テレビアニメ『』オープニングテーマ インターネットサイト『1924. jp』テーマソング 系列トークドキュメンタリー番組『1924』エンディングテーマ 『』2010年4-5月度使用曲 配給映画『』主題歌 提供『復興支援ポータルサイト』CMソング 専用ソフト『』主題歌 映画『』主題歌 系ドラマ『』主題歌 系映画『』主題歌 漫画『』コラボレーション楽曲 映画『』主題歌 ファイター 『高校野球ハイライト』2015年度エンディングテーマ テレビアニメ『』オープニングテーマ 映画『』主題歌 『』CMソング 『』「Go into the blue」篇CMソング テレビアニメ『』オープニングテーマ 系ドラマ『』主題歌 テレビアニメ『』オープニングテーマ ファイター テレビアニメ『』エンディングテーマ スマートフォン『』CMソング 『HUNGRY DAYS アオハルかよ。 』CMソング テレビアニメ『』オープニングテーマ テレビアニメ『』エンディングテーマ スマートフォン向けゲーム『 ワールド』CMソング 映画『』主題歌 月虹 テレビアニメ『』オープニングテーマ 新世界 創業70周年記念スペシャルアニメーション『ベイビーアイラブユーだぜ』テーマソング 『第95回箱根駅伝 箱根駅伝その先へ』CMソング 系ドラマ『』主題歌 月虹 テレビアニメ『』エンディングテーマ 記念撮影 『HUNGRY DAYS ワンピース』CMソング 2020年 流れ星の正体 「じゃらん」30周年特別記念フィルム「ここではないどこかで」 ミュージックビデオ [ ] アルバム『jupiter』から『COSMONAUT』までは集(PV集)がアルバムごとにリリースされていた(ただし編集盤『present from you』のMV集は発売されていない)。 『RAY』以降の楽曲のMVについては、アルバムの初回限定盤付属DVD(またはBlu-ray)に収録されることが多くなっている。 なお、メジャーデビュー後に発表されたほぼ全てのMVがで公開されている。 前述の通り、メジャーデビュー以降から2015年の「」までのMVはほぼ全て映像作家のの手によるものである。 近年はが監督を務めることが多くなっている。 監督 曲名• スノースマイル ringing Ver. 歩く幽霊(未公開) 出演 [ ] ラジオ [ ]• ・内VIVA! LONGFELLOW(1998年10月4日 - 1998年10月25日)• bayfm・ 03:00 - 03:20(1999年10月3日 - )• ・BUMP OF CHICKENの 毎週火曜日2部レギュラー(2001年12月 - 2002年3月)• ・(2004年8月)• ・内 毎週火曜日 23:05 - 23:30(2005年10月5日 - 2005年12月27日)• TOKYO-FM・SCHOOL OF LOCK! 内BUMP LOCKS! 毎週火曜日 23:05 - 23:30(2007年12月4日 - 2008年2月26日)• TOKYO-FM・SCHOOL OF LOCK! 内BUMP LOCKS! 毎週月曜日 23:05 - 23:30(2010年10月4日 - 2011年3月28日)• TOKYO-FM・SCHOOL OF LOCK! 内BUMP LOCKS! 毎週月曜日 23:05 - 23:30(2014年3月6日 - 2014年3月27日) テレビ [ ]• ・BUMP TV -Men'Experience- 毎週日曜日 21:15-21:30 JST (2001年4月 - 2002年3月)• (、2010年12月19日)出演• JAPAN COUNTDOWN(テレビ東京、2011年10月02日)出演• (、2014年7月25日)出演• (、2015年12月31日)出演• (、2018年10月19日)出演 脚注 [ ] []• - ORICON STYLE(オリコン)・2013年4月17日閲覧。 『BUMP OF CHICKEN HISTORY BOOK』、2004年。 『THE LIVING DEAD』から先行してリリースされたBUMP OF CHICKENとしてのファーストシングル「」は現在まで廃盤のままで再発されていない. 主題歌は「」()が用いられたが、挿入歌にの頃の曲が使われ、特に第1話では多用された• 4人とも『』のファンでもあったためタイアップが実現し、同作が連載されている「」にはインタビューも掲載された。 2007年10月29日閲覧。 2004年8月31日. 2007年10月29日閲覧。 2006年11月28日. 2007年10月29日閲覧。 2007年10月30日. 2007年11月22日閲覧。 2011年4月14日. 2011年7月20日閲覧。 ナタリー. 2013年8月1日. 2013年8月1日閲覧。 ナタリー. 2013年10月29日. 2013年10月30日閲覧。 ナタリー. 2014年3月20日. 2014年3月20日閲覧。 ナタリー. 2014年10月22日. 2014年10月22日閲覧。 「」 - 、2014年11月26日放送• オリコン. 2014年9月26日. 2014年9月27日閲覧。 ナタリー. 2014年10月30日. 2014年10月30日閲覧。 ナタリー. 2015年8月6日. 2015年9月15日閲覧。 ナタリー 2016年11月2日. 2016年11月2日閲覧。 Cinemacafe. net 2016年5月1日. 2016年5月1日閲覧。 音楽ナタリー 2016年2月29日. 2016年2月29日閲覧。 BUMP OF CHICKEN Official Site 2016年6月17日. 2016年7月18日閲覧。 BUMP OF CHICKEN Official Site 2016年7月13日. 2016年7月18日閲覧。 BUMP OF CHICKEN Official Site 2016年7月15日. 2016年7月17日閲覧。 ナタリー 2016年8月21日. 2016年8月21日閲覧。 ナタリー 2016年12月4日. 2017年2月6日閲覧。 ナタリー 2017年1月28日. 2017年2月6日閲覧。 BARKS 2017年6月19日. 2017年6月25日閲覧。 ナタリー 2016年7月5日. 2017年7月19日閲覧。 RO69 2017年5月1日. 2017年5月1日閲覧。 BARKS 2017年6月13日. 2017年6月25日閲覧。 「」放送• 2017年9月5日. 2018年1月29日閲覧。 BUMP OF CHICKEN 2018年1月26日. 2018年1月29日閲覧。 2018年1月26日. 2018年1月29日閲覧。 2018年7月17日. 2018年3月19日閲覧。 2018年2月2日. 2018年2月2日閲覧。 「」(放送)• オンライン 2018年7月17日. 2018年6月27日閲覧。 2018年3月24日. 2018年3月25日閲覧。 「Spica」は「PATHFINDER」のさいたま公演2日目(2月11日)および福岡公演両日(3月17日・18日)に藤原のみの弾き語りでサプライズ披露された楽曲である。 2018年6月27日. 2018年6月27日閲覧。 2018年7月19日. 2018年7月26日閲覧。 ORICON NEWS 2018年8月30日. 2018年8月30日閲覧。 ORICON NEWS 2018年9月26日. 2018年9月26日閲覧。 2018年10月17日. 2018年10月21日閲覧。 ORICON NEWS 2018年10月9日. 2018年10月9日閲覧。 2018年12月12日. 2018年12月21日閲覧。 2018年12月26日. 2019年1月4日閲覧。 2018年1月4日. 2019年1月4日閲覧。 Inc, Natasha. 音楽ナタリー. 2019年6月28日閲覧。 2019年3月14日. 2019年3月15日閲覧。 2020年5月4日. 2020年5月5日閲覧。 ナタリー. 2018年8月22日閲覧。 『ロッキング・オン・ジャパン』、p64、平成25年7月30日• JOYSOUND 『シャドー』の配信不可楽曲の説明文より• 現在は一部端末で使用できなくなっている(2019年10月時点)。 隠しトラックも含めると収録曲は18曲であるが、無音の空白トラック10個が隠しトラックの前に挿入されている。 このツアーのみで使用されたオリジナルのインスト楽曲。 - ナタリー• 2010年11月23日. 2019年3月3日閲覧。 によれば、「(紅白歌合戦への出演が)バンドのスタッフのtwitterによって否定された」とある。 CINRA. NET 2016年4月22日. 2019年3月3日閲覧。 2018年10月17日. 2019年3月3日閲覧。 2006年7月26日. 2007年10月29日閲覧。 2014年10月24日. 2016年8月5日閲覧。 papyrus 2007年11号• さらば00年代 10年総括インタビュー、FACT、2009年12月、19頁• 2019年7月6日閲覧。 2012年6月13日. 2018年10月27日閲覧。 詳しくは『』項を参照• 詳しくはもしくは『』項を参照• 詳しくは項を参照• ナタリー 2012年2月27日. 2012年3月31日閲覧。 ナタリー 2012年3月31日. 2012年3月31日閲覧。 BUMP OF CHICKEN Official Website 2016年10月3日. 2018年8月30日閲覧。 BUMP OF CHICKEN Official Website 2019年11月1日. 2019年11月19日閲覧。 アルバム『』に、シングル「」収録の「Smile」バンドバージョンが収録されている。 アルバム『』には、が参加していないオリジナル版の音源が収録されている。 2002年のDVD化の際には「DVDポキール」、2004年の再発の際には「ビデオポキール DVD版」とそれぞれタイトルが変更されている。 「BUMP OF CHICKEN TOUR 2017-2018 PATHFINDER」のファイナル・公演(2018年2月10日・2月11日)および振替公演の公演(同3月17日・3月18日)の会場での販売となった。 CDショップでの販売はされないが、バンド公式サイトにて通信販売が行われた。 外部リンク [ ]• - 公式ウェブサイト• - BUMP OF CHICKENの最新情報、キャンペーン情報などが随時更新されている。 - 所属レコード会社のアーティストページ• - チャンネル(「天体観測」をはじめ何曲かビデオクリップを公開している。 - の番組のサイト.

次の

BUMP OF CHICKEN

お ー ばん

多彩な専門チャンネルをご覧いただけます 映画・スポーツ・音楽・アニメ・エンターテイメント…バラエティに富んだ専門チャンネルをご用意。 ニーズに合わせ家族みんなで楽しめます。 アンテナがいりません ケーブルテレビは従来のテレビアンテナやパラボラアンテナ(BS・CS)が必要ありません。 屋根もベランダもスッキリきれいで建物や街の景観もバッチリ。 台風や強風などの心配もありません。 鮮明で安定した映像をお届けします 高性能アンテナ設備からの映像を、各家庭に専用ケーブルでお届けします。 ノイズやゴースト(二重映り)の目立たない鮮明な映像をお楽しみいただけます。 地域の情報が満載 皆様の身近なニュース・地域の行事・イベント・行政情報などを取り上げ地域に根ざした 自主制作番組(コミュニティチャンネル)を放送。 身近な場所・身近な人が登場します。 デジタル放送にも対応 地上デジタル放送・BSデジタル放送・CSデジタル放送も対応済み。 ケーブルテレビなら今お持ちのテレビで手軽にデジタル放送を楽しめます。 ケーブルテレビ各サービスからご選択ください。 ケーブルテレビのしくみ BS(放送衛星)やCS(通信衛星)からのチャンネルをご覧になる際も、ご家庭にはパラボラアンテナの設置は不要です。

次の

ボリンジャーバンドとは? [株・株式投資] All About

お ー ばん

メンバー [ ]• 兄: 菅原 孝(すがわら・たかし、 - ):・担当。 出身、卒業。 弟: 菅原 進(すがわら・すすむ、 - ):ボーカル・担当。 東京都国立市出身、卒業。 特色として、兄弟デュオであるが、弁舌さわやかな兄の孝と、口下手な弟の進という対照的な2人のコンビとなっている。 また、二人兄弟と思われがちであるが、長兄がおり3人兄弟の次男と三男の兄弟デュオである。 歴史 [ ] デビューから解散まで [ ] に当時青山学院大学の学生であった進が友人達四人組のとして結成。 翌年メンバーチェンジが行われ、孝との中野光雄(後の )の三人組のバンドとなる。 その頃から、アマチュアバンドに物凄い腕前の持ち主がいるとの噂が音楽業界関係者の間に広まり、の指導を受け、紆余曲折を経てビリーバンバンは孝と進による兄弟デュオとして、「白いブランコ」で(SEVEN SEAS)よりメジャーデビュー、20万枚を超える売上となり 、一躍フォークシンガーの代表的存在として人気を得る。 この曲は当初「星空のハプニング」のB面曲として発表される予定であったが、のディレクターのアドバイスにより、発表直前にA面とB面が入れ替えられたというエピソードがある。 レコーディングで曲の冒頭にが勝手に入れてあり、これに怒った進がスタッフに抗議したという話がある。 一方の孝は、与えられた曲を歌えばいいという考えで特に何も言わず、進のフォローに回ることが多かった。 その後人気は低迷するものの、テレビドラマ『』()の主題歌である「」が約80万枚 の大ヒット、その年の『』にも出場。 当時のフォークシンガーは、自分の手で作詞、作曲をし、それを歌う物という風潮が強く、作詞、作曲の曲に対して進は躊躇しレコーディングを当日にすっぽかしたという逸話が残っている(後に進は本当はいい曲だったと語っている)。 この頃から、お互いの考え方に違いが生じ始め、に解散。 孝は司会者として、進は歌手・作曲家として己の道を行くこととなる。 再結成 [ ] 進がソロで「」をヒットさせるなど、2人はそれぞれの道を歩んでいたが、ビリーバンバンの復活を求めるファンの声は根強く、に再結成、以降は、個人での活動と平行しビリーバンバンとして活動を行う。 現在では、十年以上にわたり手がけている・のでも有名(進のソロ曲が使われたこともある)。 「さよならをするために」もCMで使われており、今では何の躊躇もなく歌っている。 7月、孝がで緊急入院し 、出演予定だった生放送『』(日本テレビ)には進がソロで「白いブランコ」を披露した。 病状では左半身麻痺が残り、声もうまく出せなかったが、リハビリを続けた結果、2015年5月、『』へのゲスト出演から仕事復帰を果たす。 その出演の際、進が大腸がんを患い、孝が倒れた時はその手術が終わったばかりだったことを明かした。 2017年7月には兄弟揃って『THE MUSIC DAY』に生出演した。 1月、進がゲーム『』の楽曲「」を歌唱した動画を、に投稿。 これは有志が作成したビリー・バンバンの音源を編集することで同楽曲を歌っているようにした動画 を進自身が確認したことが発端となっている。 余談として、薄紅の歌い手である(声 - )は「また君に恋してる」を。 後日同じように有志が作成した『アイドルマスター』の楽曲「」 を進が歌唱した動画を2020年3月にYouTube、ニコニコ動画に投稿した。 主な曲 [ ] ビリー・バンバンとして [ ]• 白いブランコ(1969年)• さよならをするために()• 遅すぎた季節• 砂漠の薔薇 Rose de sable• 今は、このまま• 君の詩• また君に恋してる• めぐり逢い• 愛につつまれて• ミドリーヌ• れんげ草(1972年)• 誓います• よかったね笑えて• ハマクラさんの唄• 千年の約束 菅原進 [ ] ソロ曲• 時は今、君の中• 夢を紡ぐ季節~時は今、君の中~• IT'S NICE TO BE WITH YOU• シャンバラ~永遠に愛を秘めて~• デジャヴ• さよなら• ガラス越しの君にメリー・クリスマス• おやすみ~時のしとねに~ 作曲• もしも・ひろしまに(作詞:、歌:) のオープニング・クロージングテーマ• ライフフレンド亀宗(作詞 : ファミリーオブザマン、編曲 : 中村弘明、歌 : ビリーバンバン)茨城県を中心に展開していた衣料品店亀宗のテーマソング。 制作記念に非売品のソノシートが配られた。 (AMS-553) ディスコグラフィー [ ] 発売された作品の中には現在廃盤となっているものもある。 その他 [ ]• (、2010年12月4日)出演• (、1979-1981)孝のみ出演(司会として)• (同上、-2004. 3)同上 主なCM曲 [ ]• 「いいちこ」CM曲(後述)• (雪に抱かれて)• 「スポロガム」• 「・子犬編」(金賞受賞作品) -• - 「TUESDAY'S LOVE」• サウンドロゴ• (愛は休みなく)• (街に咲く花編)• 「めん吉」• 「あなたのためなら」• (小さな瞳) メジャーデビュー前• 「うるおいの世界・街編」• 「好きさこの街が…」(菅原進(ビリー・バンバン)名義)• 亀宗「ライフフレンド亀宗」 亀宗のテーマソング。 茨城放送でCMを流していた。 (いつの間にか時は流れ)作詞作曲は菅原進(「」にビリーバンバンとしてゲスト出演した際、本人が作詞作曲したことを紹介した。 ) ナレーション [ ] 菅原孝• 「アートコース」• 「クレサンベール」• 「ナチュラルな生クリームのシチュー」• (新しい季節に)• (ひとりじゃないから) - 出演兼• ファーザーズクラブ(白いブランコ)- サウンドロゴ兼 CM出演 [ ]• (ビリーバンバン篇) - 歌・ナレーション兼 「いいちこ」CM曲 [ ] 「」のCMそのものについては「」を参照 Susumu Sugawara• 『時は今、君の中』 OA 1986年~1990年• 『夢を紡ぐ季節~時は今、君の中~』 OA 1991年~1992年 CM撮影場所:()、()、()、()、()• 『IT'S NICE TO BE WITH YOU』 OA 1992年 CM撮影場所:(英) Billy Banban• 『さよならをするために』OA 1993年~1994年 CM撮影場所:• 『遅すぎた季節』OA 1994年~1999年 CM撮影場所:、の森()、、()、• 『砂漠の薔薇 Rose de sable』OA 1999年~2001年 CM撮影場所:のオアシス、()• 『今は、このまま』OA 2001年~2005年 CM撮影場所:、の水路、(米)、()• 『君の詩』OA 2005年~2007年 CM撮影場所:()、(米)• 『また君に恋してる』OA 2007年~2010年 CM撮影場所:()、(スイス)、()• 『ずっとあなたが好きでした』OA 2010年~2011年 CM撮影場所:• 『愛は祈りのようだね』OA 2011年~2013年 CM撮影場所:()、カウボーイ(アメリカ合衆国)• 『これが恋というなら』OA 2013年~2016年 CM撮影場所:(米)、()、のライフセーバー(アメリカ合衆国)• 撮影場所は日本国内であり、風の人物()が風の日本間にするなど従来の「いいちこ」とはイメージの違うものである。 その他の活動 [ ] 菅原孝• 「」司会()• 「」司会• ミュージカル「」(演出、) - オキノ役• 「」司会• 「」パーソナリティ• 「オープンサロン834」毎週木曜日パーソナリティ(出演中)• 「」ゲストコメンテーター• 「」マスター役• 「」司会 ほか 菅原進• ドラマ「町」(系、 芸術大賞受賞作品) ビリーバンバン• 「 第4話」• 「 第10話」 書籍• に東京・ので開かれたデビュー40周年記念記者会見で、せんだみつおが司会を務め、メンバーの登場にあたって自ら「 私はですね、芸能界に潜り込むためにビリー・バンバンに入ったんですよ」と、かつてオリジナルメンバーであったことを明かした。 ちなみにせんだはメンバーだった当時「 ムッシュ中野」の芸名で活動(参照記事: - サンケイスポーツ、2009年1月16日)• 『フォーク名曲事典300曲〜「」から「悪女」まで誕生秘話〜』ヤマハミュージックメディア、2007年、55頁。 富澤一誠『フォーク名曲事典300曲〜「バラが咲いた」から「悪女」まで誕生秘話〜』155頁。 2014年7月11日. 2015年5月25日閲覧。 2015年5月25日. 2015年5月25日閲覧。 2015年5月25日. 2017年7月28日閲覧。 日本語 , 2020年1月15日閲覧。 日本語 , 2020年1月15日閲覧。 J-CASTニュース 2020年1月14日. 2020年1月15日閲覧。 日本語 , 2020年3月14日閲覧。 日本語 , 2020年3月14日閲覧。 とアヴァンデザイン活字楽団『昭和のテレビ童謡クロニクル 『ひらけ! ポンキッキ』から『ピッカピカ音楽館』まで』DU BOOKS、2015年、239頁。 外部リンク [ ]•

次の