に いと ちゃんと お 兄ちゃん ネタバレ。 新戸ちゃんとお兄ちゃん(漫画)のあらすじとネタバレ!スマホでの試し読みや感想も!

新戸ちゃんとお兄ちゃん(漫画)のあらすじとネタバレ!スマホでの試し読みや感想も!

に いと ちゃんと お 兄ちゃん ネタバレ

新戸ちゃんとお兄ちゃんのあらすじは? ここは、怖いものを全部遠ざけた私のやすらぎの場所。 新戸のの 16歳 引きこもり歴 2年 こたつに入り、みかんを食べながらゲーム。 不本意ながらこの生活が板についてしまった そんある日、のの の生活は一変する。 「俺の妹になるののちゃんだね。 はじめまして、兄です!」 転がったみかんの先にいたのは、見知らなぬ男の人だった。 「お母さんね。 こちらの綾部八千代君のお父さんと再婚するの。 でねでね、今日から八千代君もここで暮らしてもらうからよろしくね!」 急な母の報告に驚きが隠せないのの。 「ののがびっくりすると思って内緒にしててごめんねぇ。 でも、八千代君ん家に引っ越すよりはいいでしょ? のの、もう2年も私以外と会話してないし、 社会復帰のために人馴れするいい機会じゃない。 」 母以外と話してないと言っても、毎日ネットでは喋ってると主張するのの。 「こんなひきこもり女と同居なんて嫌ですよね? 毎日、パジャマとジャージをヘビロテしてる女と同居なんて嫌ですよね? 趣味・ニ〇動で毎日草生やしてる警備員と同居なんて嫌ですよね!?」 どんなに言っても八千代は、同じように 「ううん?妹だからね!」と受け入れ態勢。 断ってもらえれば同居も解消されると思っていたが そう簡単にはいかないようで…。 「仕事でほとんど帰ってこない父と2人暮らしでさ。 ずっと温かい家庭に憧れてたんだ。 だから今、夢みたいだよ。 「まさに天使妹!!どうしようもない俺に天使が舞い降りた! これから2人でたくさん遊ぼうね!死ぬほどベタベタラブラブしよう!」 直ぐにののは気付く、これはアカンやつだと。 手を握って八千代は、この上ない笑顔で 「そしてお兄ちゃんと一生幸せに暮らそうね…!」と言ったのだ。 思わず「何言ってんの!?」と驚くのの。 ですがそれが照れてると母にも勘違いされ1人取り残されてしまう。 「 ひきこもりをなめるなよ…!ここは私の砦、兄だろーがなんだろーが 侵略されてたまるかぁ!! 」 ののはとりあえず掲示板に、同居するはめになった兄をなんとか追い返したい方法を募集するスレを立てた。 どんな事を言ってもノーダメージ。 サイトでこんな事する女性は嫌だ!というのを調べ、八千代にお願いがあるとめちゃくちゃ高いぬいぐるみをおねだりとかしてみる。 すると「買ってきたよー!」と八千代はヌートリアぬいぐるみじゃなくて本物を連れてきたのだ。 まさかの八千代は、お金持ち疑惑。 ののは、嫌われる為に私物を奪う!と色々と身につけてるものを貰うが、 全て易々と渡してしまう八千代。 「も、持ってるもので1番大切なものちょうだい!」 「それはののちゃんへの愛だよぉ。 愛してるよぉおお」 服まであげてしまった八千代だが、最後は、ののへの愛が1番大事だと抱き締める。 これは、もはやアウトな領域なのでは…? 愛が怖すぎる、重すぎる。 でも何故か憎めない。 とにかく恥ずかしいものを見つけて、弱みをにぎる作戦を実行することにした。 部屋に入り、エロ本とかないかなーっと… 本棚を見つけるとそこには、妹に関する本ばかりが… なのでののは、それを全部勝手に捨てる事に。 でも八千代は、買い直したらしく怒らない。 引きこもり族としては逆に甘えて利用しちゃえばいいのでは?と。 ののは、そう考えるとそんなに悪いもんじゃないのかも?と思い始めたが… いくらチョロくたってあんな男信用出来ない!!とある方法を思いついたのだった。 八千代君も憎めない妹愛が面白すぎて…。 笑わせていただきました。 絵も可愛くて読みやすく何より面白い。 八千代君がここまでののちゃんを思うのには 理由が他にあるようでそこも気になるところですね。 最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。 --------------------------•

次の

あたしと修ちゃんのアナコンダ・イブ(恋同ネタバレ①)

に いと ちゃんと お 兄ちゃん ネタバレ

新戸ちゃんとお兄ちゃんのあらすじは? ここは、怖いものを全部遠ざけた私のやすらぎの場所。 新戸のの 16歳 引きこもり歴 2年 こたつに入り、みかんを食べながらゲーム。 不本意ながらこの生活が板についてしまった そんある日、のの の生活は一変する。 「俺の妹になるののちゃんだね。 はじめまして、兄です!」 転がったみかんの先にいたのは、見知らなぬ男の人だった。 「お母さんね。 こちらの綾部八千代君のお父さんと再婚するの。 でねでね、今日から八千代君もここで暮らしてもらうからよろしくね!」 急な母の報告に驚きが隠せないのの。 「ののがびっくりすると思って内緒にしててごめんねぇ。 でも、八千代君ん家に引っ越すよりはいいでしょ? のの、もう2年も私以外と会話してないし、 社会復帰のために人馴れするいい機会じゃない。 」 母以外と話してないと言っても、毎日ネットでは喋ってると主張するのの。 「こんなひきこもり女と同居なんて嫌ですよね? 毎日、パジャマとジャージをヘビロテしてる女と同居なんて嫌ですよね? 趣味・ニ〇動で毎日草生やしてる警備員と同居なんて嫌ですよね!?」 どんなに言っても八千代は、同じように 「ううん?妹だからね!」と受け入れ態勢。 断ってもらえれば同居も解消されると思っていたが そう簡単にはいかないようで…。 「仕事でほとんど帰ってこない父と2人暮らしでさ。 ずっと温かい家庭に憧れてたんだ。 だから今、夢みたいだよ。 「まさに天使妹!!どうしようもない俺に天使が舞い降りた! これから2人でたくさん遊ぼうね!死ぬほどベタベタラブラブしよう!」 直ぐにののは気付く、これはアカンやつだと。 手を握って八千代は、この上ない笑顔で 「そしてお兄ちゃんと一生幸せに暮らそうね…!」と言ったのだ。 思わず「何言ってんの!?」と驚くのの。 ですがそれが照れてると母にも勘違いされ1人取り残されてしまう。 「 ひきこもりをなめるなよ…!ここは私の砦、兄だろーがなんだろーが 侵略されてたまるかぁ!! 」 ののはとりあえず掲示板に、同居するはめになった兄をなんとか追い返したい方法を募集するスレを立てた。 どんな事を言ってもノーダメージ。 サイトでこんな事する女性は嫌だ!というのを調べ、八千代にお願いがあるとめちゃくちゃ高いぬいぐるみをおねだりとかしてみる。 すると「買ってきたよー!」と八千代はヌートリアぬいぐるみじゃなくて本物を連れてきたのだ。 まさかの八千代は、お金持ち疑惑。 ののは、嫌われる為に私物を奪う!と色々と身につけてるものを貰うが、 全て易々と渡してしまう八千代。 「も、持ってるもので1番大切なものちょうだい!」 「それはののちゃんへの愛だよぉ。 愛してるよぉおお」 服まであげてしまった八千代だが、最後は、ののへの愛が1番大事だと抱き締める。 これは、もはやアウトな領域なのでは…? 愛が怖すぎる、重すぎる。 でも何故か憎めない。 とにかく恥ずかしいものを見つけて、弱みをにぎる作戦を実行することにした。 部屋に入り、エロ本とかないかなーっと… 本棚を見つけるとそこには、妹に関する本ばかりが… なのでののは、それを全部勝手に捨てる事に。 でも八千代は、買い直したらしく怒らない。 引きこもり族としては逆に甘えて利用しちゃえばいいのでは?と。 ののは、そう考えるとそんなに悪いもんじゃないのかも?と思い始めたが… いくらチョロくたってあんな男信用出来ない!!とある方法を思いついたのだった。 八千代君も憎めない妹愛が面白すぎて…。 笑わせていただきました。 絵も可愛くて読みやすく何より面白い。 八千代君がここまでののちゃんを思うのには 理由が他にあるようでそこも気になるところですね。 最新の配信状況は U-NEXT サイトにてご確認ください。 --------------------------•

次の

大野いとが消えた理由は?姉の仕事は何?脚の長さや高校も!

に いと ちゃんと お 兄ちゃん ネタバレ

AbemaTVのオリジナル恋愛リアリティーショー『オオカミちゃんには騙されない』(毎週日曜 後10:00)の最終回第12話が、9月29日にオンエアされた。 ひと夏の恋の物語のクライマックスは番組放送中の視聴数が本作1位を記録、放送後にはツイッターでキーワードが日本2位、世界のトレンド9位にランクインするなど、大きな反響を呼んだ。 前回のラスト、ルードから送られた月LINEは、ミチへ宛てたものだった。 「なんで呼んだかっていうと…、かずまのことなんだけど…」と重い口を開き、かずまにとってみんなと過ごせる時間は、カフェ完成の今日が最後だったこと、ルードだけにこのことが伝えられたこと、ミチにも伝えたほうがいいと判断して月LINE を送ったことを説明した。 かずまのことと聞いて動揺するミチだったが、「今日最後なのかな、実感がないかも…」とつぶやき、「楽しい夏だった…。 かずまくんがアメリカいくことって絶対泣いちゃいけないことなのに…」と話したところで、顔を覆って号泣した。 かずまの不参加が決定し、8人で迎えることとなった最終告白。 今回は、告白を受ける女性メンバーがオオカミちゃんの着ぐるみを着て、赤い風船を手に持つ。 男性メンバーからの告白に対しOKだったら風船を相手へ渡し、オオカミちゃんだった場合、風船を手放す。 最初に告白に向かったのは、ひろむ。 ゆうかへ「最年長と最年少で、すごい年の差があるんだけど、ゆうかちゃんの隣に並んでも大丈夫って言われるくらい立派な男になるので、絶対そうなるので…、ゆうかちゃんがオオカミちゃんじゃないって信じてます」と手を差し出したが、ゆうかは赤い風船を手放し、ひろむへ手紙を渡すとその場を立ち去った。 手紙には、「私はオオカミちゃんでした。 自分がもっと上手くやっていれば、ひろむくんにつらい思いをさせずに済んだんじゃないかと思うこともありました。 でもそれは私自身の問題です」と明かされ、「私たちには5歳の差があったけど、実際には逆だったね。 ひろむくん、もっともっとすてきな大人になってください。 ひろむくんの笑顔が大好きでした」とつづられていた。 ひろむも「ゆうかちゃんはみんなとはちょっと違う気持ちでみんなと思い出を作り上げてたと思うんですけど、それでもすごいゆうかちゃんと会えてよかったなって思います」と前向きにコメントした。 次にルードがいとへ最終告白。 「自分のいろんなものを、もっといとちゃんに知ってほしい」と手を差し出したルードに対し、いとは赤い風船を渡し、無事告白成功。 風船を渡された瞬間ルードは「え、まじっ!? 」と驚き、「今までで1番かわいいわ、まじかわいい、やばい!」と思わずハグ。 告白成立後のインタビューでは「大ゲンカしてみたい!」といとが話すと、「絶対無理!怖ぇもん、俺!」とルードが怯えた表情を見せるなど、息はピッタリ。 SNSでは「お似合いすぎる」「すでに夫婦感すごい!」と祝福モードに包まれた。 続いて、Kayaが向かったのはほのばび。 「素の自分でいられた気がして、俺はばびちゃんのことが好きです」とストレートに告白したが、ほのばびは風船を渡さず…。 「本当に楽しかったけど、正直なかなか次の恋に進むことができなくて…」と、涙ながらに伝えました。 最後のゆいとは、誰にも告白せず、あいりがオオカミちゃんだったのかを確かめることを選択。 海辺に置かれたあいりからの手紙には、「私はオオカミちゃんではありません。 脱落してしまったけど、私はゆいとくんにいっぱい気持をおらえたから、私にはちゃんと伝わっていたよ。 (略)P. 月LINE 届いたよ」と書かれていた。 第11話でゆいとが月LINEを送った相手は、すでに脱落していたあいりだったことが明らかになった。 ラストメッセージとして、オオカミちゃんだったゆうかが、ミチ・ほのばび・いとのもとへ。 ゆうかは「女子がこのメンバーでよかったってすごく思うし、すごく支えてもらったし、すごく好きなことに嘘はないんだけど…、私がオオカミちゃんでした」と、涙ながらに告白。 メンバーはじめスタジオ陣もゆうかの気持ちを思いやった。 全員の告白が終わったと思いきや、なんとアメリカにいるはずのかずまから月LINEがミチへ届き、「ミチちゃんに告白したいので、アメリカに来てくれませんか?」と告白予告。 メンバーもスタジオも大興奮するなか、ミチはボストンに向かい、かずまは「最初に出会ったときからいいなと思ってて。 好きだってことを伝えに来ました」と手を差し出すと、ミチは赤い風船をかずまへ渡した。 過去の『オオカミ』シリーズは、最終回のエンディングシーンで毎回次回作が予告されてきたが、今回は次回作に関する発表はなく、「Abemaビデオ」にて放送された意 味深なエンディングに対しても、SNS で議論が白熱している。 同番組の過去回は「Abemaビデオ」で無料視聴が可能。 また、ORICON NEWSでは出演全メンバーのリレーインタビューを公開している。 禁無断複写転載 ORICON NEWSの著作権その他の権利は、株式会社oricon ME、オリコンNewS株式会社、またはニュース提供者に帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。 また、ユーザーによるサイトの利用状況についても情報を収集し、ソーシャル メディアや広告配信、データ解析の各パートナーに提供しています。 各パートナーは、この情報とユーザーが各パートナーに提供した他の情報や、ユーザーが各パートナーのサービスを使用したときに収集した他の情報を組み合わせて使用することがあります。

次の