ダンス 基礎練習 方法。 【初心者】HIPHOPダンスを始める練習は2つの基礎

【攻略】ダンスを独学で練習する方必見【ダンスの始め方から上達法】

ダンス 基礎練習 方法

声を大にして言いたい。 ダンスの初心者は基礎を極めるべし! 最近はテレビ、YouTube等でダンスの映像を見る機会が増えているため、あのアーティストの振付、あのアイドルのコピーダンスをやってみたいなと思うこともあるかもしれません。 でも真似して踊ってみてもなかなか上手くおどれなかったり、カッコがうまくきまらなかったり。 そう、それはダンスの初心者は基礎ができていないから。 何事もそうですよね、ほんとに基本が大事なんです。 本日はダンスの初心者が基礎を極めるために大事な10の練習方法とそのコツを解説していきます。 ダンスの初心者の基礎練習とは? ダンスの初心者の基礎練を解説していきたいと思いますが、ここでは基本的にダンスの練習を一人で行うという前提でお話していきます。 早く振り付けを覚えて踊りたいと思うかもしれませんが、ここはまず基礎をしっかり極めていきましょう。 ダンスの上達への近道は地道な基本作りです。 ストレッチを軽く考えてはいけません。 踊るためには本当に大切なことになります。 ストレッチの役割は・・・身体の準備、心の準備、怪我の予防、疲れを残さないなど。 また 柔軟性も上がり、可動範囲も広がります。 よってダンスの前後にストレッチを行うといいですね。 アイソレーションとは自分の身体の一部だけを独立させて動かす練習になります。 胸なら胸だけ、腰なら腰だけというふうに、その部分を意識して丁寧にトレーニングしていきましょう。 アイソレーションを行うことで身体をコントロールすることが出来るようになってくるので、自分のイメージしたとおりに身体を動かすことが可能になります。 しなやかでキレのある動きもこのアイソレーションをしっかり行うことで出来るようになります。 これはダンスの練習方法の中でも地味だしつまらなく感じる人もいるかもしれませんが、絶対にやるとやらないでは変わってきますよ。 是非ここはスルーせず丁寧に地道に行ってくださいね。 アイソレーションのやり方など詳しい情報は下記の記事でも書いているので、合わせてご覧ください。 そう、基礎はとにかく全部大切ってことですよね~。 自分の好きな音楽でいいので、それを聴きながらその音に合わせてひざを曲げる ダウンの動き 、ひざを伸ばす アップの動き 練習をしていきましょう。 はじめは身体に力が入ってカクカクしてしまうかもしれませんが、何事も慣れなので何度も何度も繰り返し練習してみてくださいね。 リズムトレーニングの詳細や、リズムトレーニングで使う音楽について下記記事に載せています。 合わせてどうぞ! ダンスの振り付けが始まると色々なステップの組み合わせになってくるので、一つ一つ理解しておくといいですね。 ステップは多数あり名前がついていますが、どれもまず足の運びをしっかり覚えていくとやりやすいと思います。 下記は「クラブ」というステップになります。 はじめはちょっと足が複雑に感じるかもしれませんが、ゆっくりでいいので何度も練習していくことで「あ、これか! 」というコツがつかめてきてマスターできると思うので頑張ってみてくださいね。 その中でも私は 体幹トレーニングをおすすめします。 体幹とは手足を除いた胴体の部分になりますが、体幹トレーニングとはこの胴体の部分を強化していくものになります。 踊りにはある程度の筋肉が必要となり、プロダンサーのようなキレのある早い動きや力強いパフォーマンスも体幹がしっかりしていてるからこそ出来ることなのです。 体幹トレーニングは色々な種類がありますが、その中でも簡単に出来て効果的な プランクとドローインをおすすめします。 体幹トレーニングのやり方やその効果など詳しいことは下記で合わせてお読みくださいね。 ダンスの練習のコツとは? 音楽をよく聴く ダンスと音楽は切り離せないくらい密接なものです。 ダンスの上達のコツとしても音楽を聴くということが大事になります。 日頃から音楽を聴く習慣をつけ、いつもリズムを感じられるように訓練すると、リズムに苦手意識がある人にも効果的だと思います。 動画を撮る 自分の練習風景をスマホなどで動画におさめておくことをオススメします。 自分はもっと動いているつもりなのに動画で撮ったものを見ると全然動けていなかったり、変なくせが見つかったりと・・かなり落ち込みますが、学びもあります。 それを見てここを直してみようとか新たな課題を見つけて練習が出来ると思うので、是非実践してみてくださいね。 真似をする ダンスの初心者の基礎として、まずはお手本を真似るということ。 お手本と同じように踊れるようになることがそのダンスの正解へと近づくことなので、まずはコピーするように練習していきましょう。 手先の動かし方や足の運びなど細かいところもチェックするといいですね。 ダンスの練習を一人でお行っている人はYouTube動画などで自分の踊りたいスタイルを見つけて練習していくといいでしょう。 目標を決める ただ闇雲にダンス練習を行っていくよりも目標を定めていくといいでしょう。 例えば、この1か月はアイソレーションを徹底的にやるとか、リズムトレーニングを極めるとか・・・また、踊りたい振付があればそれを何か月後までにマスターするとか。。 自分の中で目標を決めてコツコツと練習していくといいですよ。 また、あのダンサーのようになりたいとか、あのアーティストのようなパフォーマンスができるようになりたいとか、そういう目標設定もいいと思います。 なによりも楽しんで続けていってほしいです。 とにかく練習する 兎にも角にも、ダンスはとにかく練習がものを言います。 練習は裏切らない! 地道な努力を続けている人は必ずスキルアップしていきます。 そして基本がしっかりできていればどんどん踊りは変わっていくし、自分でもそれを体感できると思いますよ。 そうなるとどんどんダンスが楽しくなるし、より上手くなりたいって思います。 是非これからのダンス生活、楽しんで続けていってくださいね!

次の

ダンス初心者ための基本の練習方法!独学で始めるレッスンのコツ

ダンス 基礎練習 方法

ダンスがなかなか上手くなりません。 ダンスが上達するために、何をやればいいですか? ダンスを始めたばかりの人って、不安ですよね。 レッスンを受けても、インストラクターと同じように動けない。 基礎中の基礎の動きができない。 何回やってもできない。 すると、楽しさは無くなり、辛くなって、しんどくなって、フェードアウト。 こういうパターンは結構あると思います。 スポンサーリンク ダンスって、音楽と体育がミックスしたようなジャンルなので、音楽的な素養も大事だし、フィジカルの要素も大事です。 どんだけリズム感があろうが、身体がついていかなければ上手には見えないし、どんだけ運動神経が良かろうが、音楽に合わせて動くことができなければダンスの真似事で終わります。 【曲に合わせて動く】というのは、一見シンプルに見えて実はかなり複雑です。 なので、まず一個断言しておくと ダンスはすぐに上手くなるものではないということ。 上達するのにはダイエットや語学習得と同じように、 毎日の積み重ねが必要になります。 1日10時間練習したからといって、その次の日爆発的に結果で出るようなものでもありません。 そんな練習方法があったら紹介してください 1日100キロマラソンしても、20キロ体重が落ちることもないですし、 1日15時間ぶっ続けで勉強しても、次の日ペラペラに英語を操れるようにもなりません。 ダンスも同じなんです。 スポンサーリンク ダンスがなかなか上手くならない人の特徴 レッスン受けてるだけど、一向にうまくならない人って絶対どこのサークルにもいますよね? 3本くらい掛け持ちで習ってるけど、全然進歩してない人、とか。 上達の遅い人に共通するポイントはただ一つ。 ブレイキン以外のジャンルであれば、レッスンに通った方が上達は早いです。 レッスンは単なるインプットの時間。 上達に必要なのはアウトプット 練習。 なかなか上手くならない人は、レッスンを受けっぱなしにして終わっているパターンが非常に多いです。 レッスンを受ければ自動的に上手くなる、と無意識的に考えてる場合が多い。 だから彼らは何本もレッスンに通うんですよ。 レッスン受ければ上手くなったと錯覚するから。 1週間にレッスンの1時間だけ身体を動かすAクン 1週間に1本のレッスンを受け、次の練習まで毎日2時間自主練習するBクン 同じ時期にダンスを始めたのに、3ヶ月・半年・1年経つころにとんでもない差が出るのは、このためです。 レッスンでしか踊らない人の実働時間 上のAクンとBクンで比較してみましょう。 一年間で 730時間分の差が出るんですよ!! ダンスが上手くなるために初心者がやるべき2つのこと もしダンスが上手くなりたい! と思っているのであれば、2つやるべきことがあります。 この2つをやれば確実に今より上達します。 練習量を増やす ダンスって練習以外に上達する道はありません。 レッスン以外に練習時間を作ること。 できるようになるまで反復練習をすること。 ダンスって自転車みたいなもので、最初は難しいんですけどコツを掴んだ瞬間からスイスイ漕げるような瞬間がやってきます。 難しいステップも身体に入ったら、今までできなかったのがウソみたいに、すんなりできるようになります。 身体に入るまで何回もやりましょう。 反復あるのみです。 試行錯誤を繰り返しながらの100回と、何も考えずに100回動きを繰り返すのは、泥ダンゴとチョモランマぐらい差があります。 脳みそもフルに使って、自分の身体を観察しながら練習しましょう。 できないことを1個ずつ潰していけばいいだけの話です。 カンタンでしょ! 瞬間的に練習量を増やしたからといって、一夜漬けのようにすぐ上手くなるもんじゃないです。 継続が大事。 レッスン以外にダンスの練習するというのが習慣化しないとダメ。 上手い人って、そもそも踊ってる時間が長いですし、練習するぜ! と思ってる人はあんまりいないんじゃないかなーと。 練習することが生活の一部にならないと、上手くなるのには時間がかかるでしょうね。 なんでもそうなんですけども、習慣化するのに一番最適な方法は、記録すること。 ・練習内容 ・練習時間 この2を記録するだけでOKです。 ダイエットと同じで、紙に書いて記録することで継続しやすくなります。 動画はおすすめですよマジ おすすめな記録方法は、 自分の練習動画を撮るということ。 客観的に自分がどういう動きをしているのか、動画で見ることで確認できるし、できてない部分を見つけやすいです。 恥ずかしいかもしれませんが、自分のダンス姿を自分で見るのは大事です。 編集後記 「上手くなりてー!! 」という初心者の人に足りないのは、 練習量。 アウトプットの時間が足りないだけなんですよ。 そして自動的には上手くなりません。 パズドラやってる時間、モンストやってる時間、FFRKに熱中してる時間には、絶対に上手くなりません。 「アイソレ毎日やってね!! 」って言われてるのに、やらない人結構いますしね。 アイソレも練習です。 1週間の168時間のうち、何時間ダンスに費やしたか。 これが全てです。 どうやったらできるようになるんだろう、と頭をフル回転させた質を伴った練習が必要です。 練習して、できる動きを一つずつ増やしていくことで、確実に上手くなりますから。 そうなると、ダンスが楽しくなり、練習も楽しくなり、最終的には全部楽しくなります。 一日一日の積み重ねが全てなので、毎日コツコツ頑張っていきましょう!! 自宅練習の質を上げるには? 練習あるのみ!! のような感じで書いてしまいましたが、 初心者がレッスン以外で練習するとなると、 それ自体がものすごくハードルの高いことなんですよね。 直接アドバイスをくれる経験者がそばについてくれる状況が理想なんですが、正直何を手掛かりにしたらいいのか分からないと思います。 受けてるレッスンのルーティーン 振り の動画撮らせてもらう人いますけど、ガツガツいけない人の方が多いはず。 そういう人には、 基礎から応用までレクチャーされてるDVDを家で見ながら、自分のペースでゴリゴリ練習するのがおすすめです。 多少お金はかかりますけどね。 「自宅で 何をどうやって練習したらいいのか分からん」という初心者特有の悩みがありますが、できることを1つずつ増やすことで、そのラインから抜け出して、練習を楽しめるようになれると、ダンスがどんどん好きになっていきます。 レッスンとは違って、退屈なストレッチや謎の間もなく、自分の都合のいい時間に、好きな箇所を納得いくまで何回もリピートして研究できる点がDVDの強みです。 で、チャプターを1つずつ見て自分でコツコツ練習していけば、レッスンに通う必要はなくなります。 ダンススクールに通わせてるのに、一向に上達してる気配がない という悩みを持つ親御さんもいらっしゃるかと思いますが、運動能力が低いわけじゃなく、 単純にレッスン以外の時間にダンスの練習をしていない場合が多いです。 自分がダンス経験者でないと、適切なアドバイスもできないし、アドバイスをしたところで練習量が増えれば簡単な話なんですが、相手は子供なのでそう上手くいきません。 そういう場合、アドバイスを無理やりひねり出したり、練習を煽ったりする必要はなく、 子供が家でダンスを楽しんで練習する環境を作ってあげるだけでOKです。 を見ながら、練習に付き合ってあげる、これは一見大したことなさそうに見えて、実は子供にとって最もモチベーションをあげるものになるんですよ。

次の

全ジャンル共通!ダンス上達の為の基礎練習のやり方と効果を解説。

ダンス 基礎練習 方法

ダンス部が練習メニューに取り入れるべき6つの項目 ダンス部の活動で重要なのは、基礎を大切にする練習メニューです。 色々なスキルを身につけることも大切ですが、上手に踊れるようになるためにはまず基礎をしっかりしておく必要があります。 ただ、一口にダンスの基礎練習といっても、基礎のステップや応用の練習のほか、ストレッチやリズムトレーニングなど、その種類は様々です。 ここでは、ダンス部に取り入れたい6つの練習方法について紹介していきます。 体の可動域を広げ柔軟に動かすためのストレッチ ストレッチは準備運動の位置づけとして理解されていることが多いと思いますが、身体を目一杯柔軟に動かすための重要な練習でもあります。 筋肉が硬いと体が動かしにくくなります。 ですが、ストレッチで筋肉を柔らかくして身体の可動域を広げることで、しなやかな動きができるようになるほか、怪我のリスクを抑えることも可能です。 また、美しい姿勢を保てるようになるほか、リラクゼーションの効果もあり、自律神経の活動が副交感神経活動を優位に変化させるともいわれています。 筋トレはポーズを綺麗に決めるのに欠かせない キレのある動きをしたりブレを抑えたりするため、また、ポーズを綺麗に決めるためのバランスや筋力を付けるために、筋トレは必須です。 また、筋トレをするとセロトニンが多く分泌されて、精神によい影響を与え、自信がつきよいパフォーマンスができるようになる効果もあるといわれています。 昔から肉体と精神は密接に結びついていると考えられており、スポーツ医学では筋肉とメンタルを同時に鍛えられるメソッドも研究されています。 リズムトレーニングで曲に合わせて身体を動かす力を身につける どんな運動でもリズム感は大切ですが、音楽に合わせて踊ることの多いダンスではとくに重要です。 曲に合わせて身体を動かせるように、リズムトレーニングも練習メニューに取り入れましょう。 日本人は世界の中でもリズム感があまりない方だと言われていますが、それには文化の違いが関係していると考えられています。 リズム感は音楽に触れることで自然と養われていくので、日々音楽やリズムに意識して接するようにしましょう。 アイソレーションは身体の可動域を広げる アイソレーションとは、身体の可動域を広げる目的で、体の各部分を単独で動かす基本技術、トレーニング体操のことです。 動かす部位として首、肩、胸、腹、腰、肘、手首、上半身、下半身、脚、膝、足首などたくさんのパーツが挙げられます。 ダンスでは、身体の一部分だけを動かして細かいニュアンスやリズムを表現するのに、ボディコントロールが重要です。 アイソレーションができるようになると体の一部分を意図的に動かすことができるようになり、芸術的なダンス表現の幅が広がります。 イメージトレーニングは技術向上に必要 イメージトレーニングは技術向上に必要 イメージトレーニングは、頭の中で実際に体を動かすことなく動いている自分を思い描くことで、技術を向上させる練習方法です。 パフォーマンスを向上させるためにイメージトレーニングが有効ということは科学的に証明されています。 想像上の経験も実際の経験も、脳は同じような領域を使って情報処理を行うため、脳をだまして成功体験を生み、それによって実際のパフォーマンスが向上すると考えられています。 また、イメージトレーニングを行う際に、参考とする実物や映像を観察することは、動作の理解や模倣に重要な役割を果たすと考えられています。 数々のアスリートが練習メニューの中でとても大切にしていることで、想像力を働かせて行なうイメージトレーニングは立派な練習方法の1つです。 基礎ステップ・応用ステップでダンスをマスターする すべてのスポーツにいえることですが、ダンスも基礎練習、反復練習がとても大事です。 自分らしいダンスの形ができるまで何度も基本のステップを繰り返し練習することが大切です。 基本のステップをマスターしたら次は応用ステップというように1つ1つの動きを徹底的に練習することで、スムーズに自分らしいダンスが身につくようになります。 まだ基礎が身についていない状態で振り付けをすると、踊ってもなかなか上達できず、諦めてしまうことが多いです。 基礎のステップを徹底的にマスターすることが、ダンス上達の要とも言えます。 ダンススクールやプロの舞台から刺激を受けよう 以上の6つの基本的な練習メニューに加えて、ダンススクールの練習の見学や、プロの舞台などを積極的に観に行ってたくさんの刺激を受けるなど、レベルの高いダンスをお手本にして自分の目指す目標へしっかりと向かっていくことがとても重要です。 1つ1つしっかりと自分の力を積み重ねていきましょう。

次の