徒になる。 『親切が徒になる』という『徒(あだ)』という字を、『仲間やともがら』...

仏教徒になる方法: 13 ステップ (画像あり)

徒になる

現代のイスラム教の社会では同性愛がタブー視されているし、保守的なイスラム教徒の中には同性愛者に対する人権侵害を正当なものとする意見もある。 イスラム教徒の同性愛者を取り巻く環境が厳しいことは想像に難くないわけだが、それはイスラム圏だけの話ではないみたいなんだ。 6月22日、イギリス・ウォルソールで、イスラム教徒の同性愛者カップルが結婚式を挙げた。 【ロマンチックな偶然によって出会った二人】 結婚式を挙げたのは、ジャヒド・チョードリーさん 24歳 とシーン・ローガンさん 19歳。 二人が出会ったのは2年前のこと。 チョードリーさんがダーラストンの街中にあるベンチに座って泣いていると、それを見たシーンさんがやって来て「大丈夫かい?」と声をかけた。 その後、すぐに二人は交際を始め、このたびめでたく結婚することとなった。 【同性愛者のイスラム教徒が体験した数々の恐怖】 ここだけ聞くとなんともロマンチックだがチョードリーさんがそのとき泣いていた理由がなんとも悲しい。 チョードリーさんは、昔ながらのイスラム教徒の家庭でバングラディッシュ人の両親に3人の兄弟とともに育てられた。 子どものころ、サッカーよりテレビでファッションショーを見るのが好きだったチョードリーさん。 学校にそれが知れ渡ると唾を吐きかけられたり、ゴミ箱を頭からかぶせられたり、ブタと呼ばれたり、イスラム教徒にとっては非常に侮辱的な「harum」という言葉を叫ばれたりといじめられ続けた。 大人になってゲイを公言してからはさらに状況が悪化して、自宅近くの通りでイスラム教徒から暴行を受けたり、玄関のドアに同性愛者を誹謗中傷するような落書きをされたり、15年間も通い続けたモスクを出入り禁止にされたりした。 【伝統的なイスラム教徒の婚礼衣装でウエディング】 チョードリーさんはなんとか性的指向を変えられないものかと、女性を付き合う、人間関係を変える、薬を飲む、サウジアラビアとバングラディッシュへ巡礼に行く、などいろいろとやってみた。 でも無理だった。 社会から孤立していると感じた。 限界だし自殺しようかな・・・そんな考えが頭をよぎったが、シーンさんに出会ってチョードリーさんは救われた。 結婚式で二人はバングラディッシュのイスラム教徒の伝統的な婚礼衣装を着用。 家族や親しい友人らが出席し、身内だけのこぢんまりとしたものだったがチョードリーさんによると「完璧」だったそうだ。 【イスラム教とLGBTにとっての重大な一歩を踏み出す】 チョードリーさんの希望もあり、シーンさんはイスラム教への改宗を検討中だという。 しかし、同性愛のカップルを受け入れてくれるモスクがなかなか見つからずに苦労しているのだとか。 また、チョードリーさんはPTSD 心的外傷後ストレス障害 を患っており、一人で他人に会うことが難しく、働けない状態だ。 しかし、それらを気にしないという選択肢ができて、私たちはとても幸せです。 たくさんのサポートを受けています。 と明かしている。 何かを社会的に変えるためには犠牲が付きまとうもの。 世界的には多様化の流れで同性愛は認められつつあるが、イスラム教徒にとっては、難しい部分があるようだ。 とは言え、歴史的に見ると、ペルシアやトルコ、インドなどでは性的マイノリティー(主として同性愛者)に対して寛容な雰囲気が強く、権力者の多くは美少年の小姓を抱えていた時期もあったようだ。 だが現在ではイランでは同性愛者が死刑に処されるなど、イスラム圏における同性愛者に対する待遇は劣悪の状態にあるようで、国連で同性愛者への差別規定を廃止するよう求める決議案が出されたものの、イスラム教国の反対に依り可決を見送られたこともある[]。

次の

『親切が徒になる』という『徒(あだ)』という字を、『仲間やともがら』...

徒になる

内なる光(うちなるひかり)の概念は、様々な形態の(キリスト友会)の考え方の中心をなすものである。 この概念は個人の中に神が現れ、神の存在が直接個人の経験に現れるとしている。 クエーカーは神は皆に語りかけるがその声を聞くには一人一人がその声に静かに且つ積極的に耳を傾けなければならないと信じていて、ポール・ラクートは「活動的な静けさ」と呼んだ。 クエーカーは各人がこの内なる光に導かれるとは考えていないが、友会徒は共に会い神が個人に与える考え方と導きを共有することで神の皆に与える導きが得られると考えている。 友会徒の集まりである人に内なる光が語ることをその人が声に出して言うときその人は通常「聖職者」と呼ばれる。 類義語 [ ] 内なる光の類義語に「神の光」、「キリストの光」、「我が内なる神の聖霊」、「我が内なる光」、「我が内なるキリスト」がある。 中には「皆に現れる神の光」という表現を用いる人がいて、キリスト友会の教祖の一人が初めて使った言葉である。 関連語の「内部の光」は、嘗てはクエーカーが用いた言葉だが、今では殆ど使わなくなっている。 この言葉は自己の内部の光ではなく神やキリストの光で具現化する人々の姿を表している。 友会徒の間では明確に示される概念ではなく、この言葉は度々言い換えが行われている。 基本思想 [ ] それぞれに内なる光があるとするクエーカーの信仰は、「すべての人を照らすまことの光であって、世にきた」 というの一節(1章9節)から来ている。 友会徒は「全ての」人は自身の内なる光と共に生まれたという一節を協調している。 初期の友会徒は、この一節を自分達の標語のひとつとし、度々「光の子供たち」に自らを擬えた。 キリスト友会の教祖の一人ジョージ・フォックスは、神は直接その姿を現すと言った。 フォックスは様々な教派の教義を探索し、様々な伝道者の言い分に耳を傾けた。 遂に誰も自分に本質を示してはくれないと結論付けた。 その時、「イエス・キリストをおいて汝の状態に語る者はいない」という声があったと言っている。 フォックスは一人一人が神を具現しその声を自らのうちに聴ける故にその道を教えあるいは導くものを信頼できない人に神の道を教えることを望んでいると感じた。 日記に書いている。 「その内部の光、聖霊、皆が救世主のあることを知る恩寵、神に対する道に人々を向かわすよう導かれたこと、全てにおける真理に人々を導き給う聖霊さえも、絶対に人を欺くことがないことを嬉しく思う。 」フォックスの教えは、キリスト即ち光は、自分に従う人々自身を導くために来たし( )、人々が静かに神を待つならば、光は人々がどのように生きるかを教え、キリストについて教え、心の状態を示すだろうし、光を愛せば、「悪事の原因」となるものを取り除き、然る後にキリストは心に住む自分の王国を築くために天国に戻り給うというものであった。 フォックスは自身の内の悪事を滅ぼす光をキリストの十字架即ち神の力と呼んだ。 後にキリスト友会の者は、「この時授かったこの最も確実な教義即ち福音書式に言えば「光」でありあらゆる人の恩寵、人類に対する神の愛と慈悲の普遍性は、御子であり神であるイエス・キリストの死においても、心の「光」の兆候において、神を否定するようなあらゆる反対意見に対して齎され確認されたものである」と書いている。 この引用が示すように、バークレーとフォックスの考えは、共に単に目の前の神に関する知識ではなく悪事からの救済と神の受納を導く恩寵と慈悲に結びついている。 普遍主義 [ ] フォックス、バークレーなどの尊敬される指導者の教えに基づきキリスト友会は様々な形式で普遍主義に従っている。 友会徒の中には今日イエスの死と内なる聖霊の存在を通じて悪事から全ての人が既に守られあるいは現実に守られようとしていると信じるキリスト教の普遍主義に同意する人もいる。 光は全ての人の内部にあるから誰も地獄に落ちることはないという言い方もある。 Quaker Universalist Group のような友会徒は、更に進んで、もっと広い意味で普遍主義を信じている。 人々はイエス・キリストの存在を認める必要はなく、その人の教義の如何を問わず光によって救われることはなく従って守られる必要はないと信じている。 キリスト友会の第三の部分は、福音主義的である。 全ての人は内なる光があり守られる可能性があるが、光そのものを得られた人とイエス・キリストの救いを受け入れた人だけが、実際に守られると信じている。 他の内部に発するものとの違い [ ] 多くの友会徒が普遍主義を自身から発する衝動と一般に受け入れられている倫理観の両方とは全く違う神の導き(またはの「刺激」や「導き」)と考えている点は重要である。 事実マリアン・マクマレンが指摘したように自分が考えることと逆のことを集会で言おうという刺激を受けることがある。 友会徒は普通内なる光を良心や倫理観とは捉えないが、人間の本質の側面を示し、時に正す何かしら高度で奥深いものだという見方もある。 規範や信経との違い [ ] 歴史上友会徒は自己の存在に立脚できない形式的な信経や宗教哲学に疑いを持ってきた。 その代わりに内なる教師即ち内なる光に導かれるものとしている。 しかしこのことは友会徒が自らなすべきことを決めることではなく、自分と同じく他者の内なる光に耳を傾けなければならないのと同様に他の友会徒の知性に眼を向けることを求めているのである。 友会徒には決定をなすにあたって集まった知性と聖霊により様々な手順が存在する。 友会徒の方式は、時を越えて手を加えられてきた「教義と実践」に最大の助言が集約されている。 教義と実践に関する多くのあるいは殆どの本は、初めに出版された「助言」一覧に添えられた下記の内容のものがあり、内なる光について友会徒が何を重視するかを示している。 親愛なる友会徒の皆さん、自分たちが行わないことでも、皆さんの上にありますが、純粋で聖なる光により生きる規範や形式として全てのものが導かれるかもしれませんし、それ故に皆さんの中に生きてまた留まる光には聖霊が満ち溢れるのでしょうし、文字は人を殺す故に文字ではなく、聖霊が生命を授けてくださいます。. 聖書について [ ] 友会徒は聖書に関連する内なる光に完全に同意しているわけではない。 殆どの友会徒は、特に嘗ては、知性と導きの源として聖書を見てきた。 多くは、殆どの友会徒ではなくても、聖書を神から霊感を授けられた本とみなしてきた。 しかし、クエーカーは一般に現在も力のある神の個人的な導きを聖書の文言より権威があると見る傾向がある。 ジョージ・フォックスやロバート・バークレーのような初期のクエーカーは、真に内なる聖霊からの刺激が聖書を否定することにはならないと考えていた。 しかし聖書を正しく理解するには現状に対する導きを加えることで明確にし導く内なる光が必要だと考えていた。 には他の友会徒は聖書にない視点を正当化する内なる光の概念を用いていると信じる友会徒が現れた。 こうした正統派友会徒は聖書は内なる光より権威があり個人の指導の試金石に使うべきだと考えていた。 友会徒は今も公式にはしかし通常は恭しくこうした点については立場が分かれている。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• 脚注 [ ]• 訳注:より引用• 訳注:•

次の

徒となるの読み方と意味、「あだとなる」と「ととなる」正しいのは?

徒になる

この記事では:仏教の概念を理解する隠れ家を作る日常生活で仏教徒になる 西洋の見方によると、仏教は哲学または宗教(あるいはその両方)です。 仏教の起源はインドの5世紀に遡り、シッダールタゴータマの目覚めから来ています。 仏教は、目標が目覚めている個人的な方法です。 仏教徒になるには、人間の苦しみの原因である自分の利己的な欲望と幻想を取り除く必要があります。 レヴェイユは利他主義の基盤と考えられています。 仏教徒であるためには、神は必ずしも存在しないという事実を受け入れなければなりません。 しかし、ダルマ(古代仏教)によると、死後の人生があります。 約60日間、人の意識は地球上をさまよいます(さまよえる精神)または精神世界(天と地獄からなるバルドー)をさまよい、その後、再び到達することを目標とする地上の存在を開始しますニルヴァーナ、絶対的な至福の状態。 ステージ パート1仏教の概念を理解する• 用語を学ぶ。 最初に、この記事があなたに伝える教えを解釈するために仏教で使用される用語を理解する必要があります。 いくつかの単語は確かにあなたには未知ですが、安心してください、この最初の章を読み終えたとき、これは当てはまりません。 最初に次の単語を学びます。 ラハタートは、ニルヴァーナに到達する機会があった存在です。 Bo:それは悟りへの道にいる存在です。 仏:仏(サンスクリット語で「仏」または「覚醒」)は、動詞budhの受動的な過去分詞であり、「覚醒する」ことを意味します。 仏は悟りに達した存在です。 ダルマ:ダルマは翻訳するのが非常に難しい言葉で、通常は仏の教えを表します。 ニルヴァーナ:絶対的な至福!ニルヴァーナは仏教徒の最高の目標です。 サンガ:サンガは仏教徒のコミュニティです。 経典:それは神聖なものです。 Venerable:Venerableは姉妹または修道士です。 彼らは通常、オレンジ色のチュニックで覆われています。 さまざまな種類の仏教を探索します。 今日、仏教への2つの主要な道は大乗と上座部です。 たとえわずかな違いがあっても、異なるパスは同じ目標につながります。 上座部は主にダルマ志向であり、大乗は主にBoになることを目標としています。 密教、禅仏教、伝統的な仏教など、仏教に通じる他の道もあります。 あなたがたどる道は本当に重要ではありません。 なぜなら、専門分野が何であれ、仏教は(通常)同じだからです。 この記事では仏教のすべての影響を詳しく調べることはできませんが、仏教に至る道は非常に多いため、厚い本を書く必要があります。 シッダールタゴータマに精通してください。 シッダールタ・ゴータマは裕福な王子でした。 ある日、彼は壮大な宮殿と彼のライフスタイルと富を放棄して、霊的啓発を求めに行きました。 彼は仏教の歴史の中で仏ではなかったにもかかわらず、仏教の歴史的創始者と考えられています。 あなたは彼に捧げられた多くの本を見つけるでしょう、あなたは彼をよりよく知るためにオンラインで検索することもできます。 4つの高貴な真実とは何かを理解します。 仏教の柱、4つの高貴な真実は、苦しみの真実、苦しみの原因の真実、苦しみの絶滅の真実、苦しみの消滅への道です。 シッダールタ・ゴータマが釈kyになった後、彼は苦しみの全人類を考え、彼を助ける方法を熟考しました。 4つの高貴な真実は、苦しみが存在し、原因が何であるか、もはや苦しむことは不可能であり、苦しみを止める道は何であるかを説明しています。 4つの真実が否定的だとは思わないでください。 それどころか、彼らの目標は、彼らを熟考しながら苦しみを軽減することです。 4つの高貴な真実では、喜びの探求は重要なものではないことがわかります。 4つの高貴な真実とは何かを学ぶことで、少し失われたと感じるでしょう。 心配しないでください、これは正常です。 ほとんどの人が自分のことを理解するには何年もかかります。 ニルヴァーナに精通してください。 ニルヴァーナ(元のサンスクリット語)は、生まれ変わりサイクルの終わりです。 仏教徒は、私たちがニルヴァーナに到達するまで自分を生まれ変わらせると信じています。 ニルヴァーナは、欲望の消滅と感覚的なものの完全な分離によって得られる残りです。 生まれ変わりの間、人間は、カルマに応じて、動物、人間、幻想、または楽園のさまざまな形を取ることができます。 カルマとは何かを学びます。 カルマは、あなたが前世で行う善悪の行為です。 それは、生物がどこでいつ生まれ変わるかを決定するため、生まれ変わりのサイクルと密接に関連しています。 良いか悪いかに関係なく、カルマは5年か数千年かですぐに影響を与えます。 特定の効果がいつ発生するかによって異なります。 嘘をつく、盗む、殺すなどの悪いことをすると、ネガティブなカルマが生じます。 他人を助ける、寛大さを示す、仏教の概念を広めるなどの良いことをすると、ポジティブなカルマが生まれます。 中立のカルマもあります。 後者は、睡眠や単純な呼吸などの受動的な行動に由来します。 パート2リトリートを作成する• 修道院で退却する。 仏教についてもっと知りたいなら、僧院でのリトリートを検討したいかもしれません。 必ずしも僧kになったり仏教徒になったりすることなく、一部の僧院は発見、瞑想、相互扶助の滞在を提案しています。 彼らは通常、あなたが出席できる発見のクラスと儀式を提供します。 インターネットで検索を実行することで、あなたに対応できる修道院が見つかります。 修道院が提供する活動とサービスについて学ぶことを忘れないでください。 さまざまな神社を訪れることを検討できます。 時間をかけて瞑想と祈りのセッションに参加してください。 コミュニティに参加してください。 仏教は、他の宗教と同様、共同です。 あなたを歓迎する僧monたちは親切で、彼らの助けと情報を提供します。 始めるには、アクティビティに参加して修道院で友達を作りましょう。 コミュニティに参加する良い方法は、仏教徒と一緒に世界中のさまざまな修道院に旅行することです。 最初は少し恥ずかしがり屋で、心配しないでください。 フランス語のみを話す場合、仏教は特にアジア、カンボジア、中国、インドなどの国で広まっているため、言語が障壁になることがあります。 3つの避難所の道を探してください。 3つの避難所は、サンガ、ブッダ、ダルマです。 彼らは、志願者が信徒になるために参加しなければならない儀式の中心的対象である3つの宝石を指定します。 公式の儀式(通常は修道院で行われます)の間に、マスターダルマが3つの宝石(ブッダ、ダルマ、サンガ)の内容を説明します。 その後、シェルターの式をマスターと3回繰り返す必要があります。 出席する式典は修道院によって異なる場合があります。 仏教の道徳を尊重することは、この宗教の最も重要なことの1つです。 まだ準備ができていないと思われる場合は、3人の難民を採用する必要はありません。 あなたの家の近くに修道院が見つからない場合、または個人的または文化的な理由で3つの避難所に参加したくない場合は、常に5つの教訓を守ることができます。 3人の難民の道を選択すると、正式に仏教徒と見なされます。 パート3日常生活で仏教徒であること• コミュニティの一員になる 仏教徒コミュニティと絶えず連絡を取り続けるための素晴らしい方法は、祈りと瞑想のセッションに出席するために定期的にあなたの修道院を訪れることです。 また、経典を学び、仏教の友人や家族と時間を過ごすこともできます。 仏教の教えを勉強してください。 あなたの修道院には確かに経典を研究するために利用できる本がありますが、私たちの友人Googleのおかげでインターネットで検索することでそれらを見つけることができます!仏教の僧ksの中には、スートラとは何かを説明する本を書いている人もいます。 最も有名な経典の中には、心経、法経経経、ダイヤモンド経、蓮経などがあります。 仏教について十分な知識があると思うなら、仏教があなたにもたらしたものを他の人に教えてください。 しかし、何百もの仏教の教えや概念があり、途中で自分自身を失う可能性があるため、すぐに多くの情報を同化しようとしないでください。 修道院のメンバーが提供する通常のクラスに出席してみてください。 5つの教訓を尊重します。 仏教徒になることによって宣誓した5つの戒律に従うのは難しい場合があります。 これらの5つの戒律のいずれにも従わなかった場合は、悔い改めてもう一度始めないようにしてください。 5つの教訓は、殺すこと、盗むこと、性的違法行為をすること、嘘をつかないこと、精神を変える製品(薬物、アルコールなど)を摂取しないことです。 ミドルウェイに従ってください。 中間の道は、仏教徒があまりにも変換されていないかなりバランスの取れた生活をすることを可能にします。 なぜなら、この道はあまり厳しくないからです。 ミドルウェイまたはミドルウェイとも呼ばれ、8つの要素を通じて苦しみを目覚めさせ、解放することができます。 正しい意図• ただのビジョン• ジャストアクション• ただの言葉• ただの良心• ジャストキープ• 適切な濃度• 公正な努力 アドバイス• 仏教の重要な部分は、他人を助けることです。 3つの避難所の道を歩きたい場合は、仏教についてできる限り学ぶことから始めてください。 仏教には非常に多くの哲学的なesがあるので、最初は、あなたは少し失われるかもしれません。

次の