アドレナリン 競馬。 アドレナリン競馬 詐欺

アドレナリン競馬予想の口コミレビュー評価

アドレナリン 競馬

【アドレナリン競馬の特徴】 無料の予想会社なのに、コンテンツの内容がとても充実している サイト内では、 「過去の予想」を始め、 「WIN5の買い方」「競馬初心者の馬券購入方法」「競馬場の特徴」を紹介しています。 レースの予想のみを提供するのではなく、 競馬に関連する情報が豊富にそろっています。 ここまでの検証では、かなり好印象。 登録方法 サイトを完全に利用するには会員登録が必要になります。 登録は3ステップ。 アドレナリン競馬の無料予想 さっそく競馬予想会社「アドレナリン競馬」の無料予想の精度を検証していきましょう。 アドレナリン競馬の無料予想は、出走馬の前走データや、過去の同一レースでの展開をふまえて提供されています。 さすがに厩舎からの極秘情報などといった要素は含まれていないですね。 無料予想なので仕方がない。 ではその精度をレース別にチェックしていきます。 2019年10月20日 日 【G1】菊花賞 2019年10月20日 日 菊花賞の予想をチェック。 しかし、10番人気のマイスタイルが4着とかなり いい線の予想と言えます。 1番人気のダノンプレミアムはまあ妥当という感じですね。 「菊花賞」「天皇賞 秋 」「エリザベス女王杯」「マイルチャンピオンシップ」と見ていきましたが、アドレナリン競馬の無料予想は相対的に参考になると言ってよさそうです。 しかし、取り上げた馬がしっかりと馬券に絡んでくるというよりは、上位6頭に入ってくる可能性が高い程度でしょう。 穴馬予想の精度は高いので、馬券に入れるとおもしろそうですね。 アドレナリン競馬の口コミ評価や評判を検証 競馬予想会社「アドレナリン競馬」の口コミの評価や評判を検証します。 この口コミには私も同意ですね。 アドレナリン競馬は、コンテンツも豊富で競馬の知識がない初心者の為の解説コラムや、予想のコツなどたくさんのことを学べます。 また、無料予想の精度も比較的高い。 有料の競馬予想会社を使うにはちょっと抵抗があるような、競馬初心者にはもってこいの予想会社と言えます。 ちなみに このようなまったく具体性がなく、信ぴょう性のない口コミは完全無視しましょう。 おそらくアドレナリン競馬の競合会社による投稿でしょうね。 検証の結果、ほとんんどの口コミが「アドレナリン競馬を使って良かった」などという良い内容でした。 しかし、大きく稼いげたという人はいないので、 高額配当を狙いたい人には向かないでしょう。 titanic-online. com 運営業者 オクリバント株式会社 電話番号 03-5342-0883 メール customer titanic-online. com 責任者 記載なし 料金体系 無料 競馬予想会社「アドレナリン競馬」の評価 競馬予想会社「アドレナリン競馬」を検証しました。 アドレナリン競馬は完全無料の競馬予想会社で、特に注目したいのが解説付きの重賞予想です。 この重賞予想の精度は比較的高く、 競馬初心者や、 自分の予想に自信が持てない人にはとても参考になる内容です。 しかし無料のサイトというだけあって、 高額の配当は期待できません。 高額配当を狙いたい人は、他の競馬予想会社を探したほうがいいでしょう。 名前 評価 本文.

次の

アドレナリン競馬予想の評価、検証、レビュー 優良競馬予想会社&情報商材を探す!

アドレナリン 競馬

Contents• 1:競馬予想で無料の買い目をゲットできる5つの方法 まず、競馬予想において 具体的な買い目を無料でゲットできる5つの方法を厳選して紹介します。 どの馬券を買うか迷っている人におすすめです。 【完全無料】中央・地方全レース予想• アドレナリン競馬• うま吉の今週の【穴馬】予想!!• 競馬予想 矢口道場• 競馬予想会社の無料情報 それでは、上記5つの方法について詳しく解説していきます。 1-1:【完全無料】中央・地方全レース予想 競馬予想ブログの「【完全無料】中央・地方全レース予想」では、名前の通り 中央競馬だけでなく地方競馬の全レース予想を無料で公開しています。 重賞レースだけでなく平場の予想も記載してあり、無料の情報量がかなり多いブログでしょう。 競馬予想ブログは、 無料情報をアドレス登録なしで見ることができる場合が多いので、「メールアドレスを登録したくない」を思っている人におすすめの方法です。 ここでは紹介しきれないブログや、分かりにくい利用方法を紹介した記事があるので参考にしてみてください。 1-2:アドレナリン競馬 アドレナリン競馬では、 週末に行われる重賞レースの注目馬や見どころを無料で公開しています。 過去のデータを利用した堅実な予想分析を楽しみながら見ることができるでしょう。 しかし 注目の穴馬予想を見るには、無料のメールマガジンに登録する必要があります。 またアドレナリン競馬内の情報は登録すると無料で見ることができますが、サイト内で外部の予想サイトをおすすめしてきます。 これは「広告」なので、本当に稼げるかどうかは怪しいので注意が必要です。 1-3:うま吉の今週の【穴馬】予想!! 「うま吉の今週の【穴馬】予想!!」は週末の重賞レースを過去データから分析し、どんなレースになるか予想しているサイトです。 好走が期待できる厳選馬とその理由、そしてチェックマークの付いた出走表の公開、買い目の公開など全て登録なしに無料で見ることができます。 サイト内や予想内でおすすめの競馬予想サイトに誘導してきますが、これは「広告」なので利用する前に本当に優良なサイトなのか調査が必要でしょう。 1-4:競馬予想 矢口道場 「競馬予想 矢口道場」は、 週末の厳選レース予想を1日3鞍厳選して無料で公開しています。 買い目も公開されていますが、文章の書き方が上から目線で、不快に感じる人も多いので注意です。 矢口道場はいわゆる「競馬予想サイト」であり、有料予想も販売していますが、あまり良い評判は見受けられませんでした。 ただ、 何の登録もなしに買い目を見ることができるので、無料予想を見る分にはおすすめしましょう。 1-5:競馬予想会社の無料情報 競馬予想会社は、有料情報を買ってもらうために無料情報を公開している場合がほとんどです。 基本 メールアドレスを登録するだけで利用することができるので、有料情報を買わなければ無料利用できます。 しかし、競馬予想会社はネット上に数えきれないぐらいあります。 下記の記事では、 5つの信用できる競馬予想会社と選ぶ時の5つのポイントをを紹介しているので、参考にしてみてください。 2:競馬予想に役立つ無料の情報収集なら5つの方法 競馬予想に 役立つ情報を無料でゲットしたいなら5つの方法を使いましょう。 無料情報ですが、自身の競馬予想に役立てることができるはずです。 ウマークス• パカパカ笹栗【コーガギアス】• 地上波の競馬テレビ番組• AI競馬 SIVA• アンカツのTwitter それでは、詳しく解説していきます。 2-1:ウマークス ウマークスでは 週末の重賞レースの解析・統計情報を、分かりやすく表やグラフで掲載しています。 メールアドレスの登録なしに全て無料で統計情報を見ることができるので、かなり予想に役立つことでしょう。 具体的にどんな情報を見ることができるかというと、注目馬、対戦成績マトリクス、偏差値、過去のレース分析や各種指数グラフ、ペース配分予想など、これだけの多くの情報を色分けして見やすく紹介してくれます。 2-2:パカパカ笹栗【コーガギアス】 YouTubeチャンネルの「パカパカ笹栗【コーガギアス】」では、 競馬の予想動画や調教診断動画を無料で掲載しています。 掛け金がかなり高額ですが、単勝・複勝で勝負したいひとには参考になるかもしれません。 無料で利用できるYouTubeには、このほかにも競馬予想や情報を無料で提供しているチャンネルがあります。 ここでは紹介しきれないので、下記記事を参考にしてください。 2-3:地上波の競馬テレビ番組 地上波で放送されているテレビ番組ならば、 家にテレビがあれば無料で視聴することができます。 そんな 競馬番組では無料で出演者の予想を知ることができるでしょう。 大きく分けて地上波のテレビ番組は3種類に分けられます。 競馬中継• 競馬バラエティー• ミニ競馬情報番組 土日に放送されている競馬中継では、出走間近に予想が発表されることがあり、競馬バラティーでは週末の重賞レースの予想を番組内で行うことが多いです。 無料で見ることができる地上波の9つの番組は、下記の記事からチェックしてください。 2-4:AI競馬 SIVA 競馬予想アプリの「SIVA」は、コンピューターを利用して作られたAI 人工知能 を搭載しています。 スポニチが提供するこのSIVAは2017年からサービスが開始され、 2019 年の 5 月 22 日までは無料でお試しすることができます。 2019年5月25日から有料サービスの提供が始まりました。 競馬ニュースや、払い戻し結果、出走表は引き続き無料で利用することができます。 AIアプリについてはコチラの記事で詳しく解説しているので、参考にしてください。 2-5:アンカツのTwitter アンカツこと「安藤勝己」は2007年と2009年にJRA最高勝率のタイトルを獲得した名騎手です。 そんなアンカツはTwitterで競馬のことについてつぶやいています。 レースの予想はもちろん、特定の馬についての評価や騎手についても言及しており、競馬予想の参考になること間違いありません。 Twitterは無料で見ることができるSNSなので、定期的にチェックしましょう。 無料情報はうまく活用することで、高配当を狙うことも可能なのは間違いないでしょう。 あくまで「予想」なので、レースが始まってみないと、どうなるかは誰も分からないのです。 しかし、世の中には競馬の情報を「絶対当たる」と言って高額で購入させようとする、詐欺のようなサイトや会社が存在します。 そのような 悪徳予想に引っかからないようにするためには、ある程度自分で予想できる知識をつけることが重要でしょう。 まとめ 競馬予想を無料で手に入れる方法を計10種類紹介しました。 まず、無料で買い目が欲しいなら次の5つの方法がおすすめです。 【完全無料】中央・地方全レース予想• アドレナリン競馬• うま吉の今週の【穴馬】予想!!• 競馬予想 矢口道場• 競馬予想会社の無料情報 無料で、競馬予想に役立つ情報が欲しいなら5つの方法がおすすめです。 ウマークス• パカパカ笹栗【コーガギアス】• 地上波の競馬テレビ番組• AI競馬 SIVA• アンカツのTwitter 様々な情報を組み合わせて、週末のレースで大勝利をおさめましょう。

次の

【完全保存版】競馬予想を無料でゲットできる10の方法を全公開

アドレナリン 競馬

Contents• 高松宮記念の過去7年 年度 着順 馬番 馬名 2013 良 1 11 ロードカナロア 2 12 ドリームバレンチノ 3 13 ハクサンムーン 2014 不良 1 5 コパノリチャード 2 17 スノードラゴン 3 9 ストレイトガール 2015 稍重 1 4 エアロヴェロシティ 2 15 ハクサンムーン 3 16 ミッキーアイル 2016 良 1 4 ビッグアーサー 2 6 ミッキーアイル 3 8 アルビアーノ 2017 稍重 1 6 セイウンコウセイ 2 3 レッツゴードンキ 3 7 レッドファルクス 2018 良 1 9 ファインニードル 2 8 レッツゴードンキ 3 7 ナックビーナス 2019 良 1 3 ミスターメロディ 2 4 セイウンコウセイ 3 7 ショウナンアンセム 高松宮記念2013の考察 この年の1着は、ロードカナロアでした。 この馬は阪急杯 G3 からのローテーションだったので非根幹距離の1400mから根幹距離の1200mへの軽い距離短縮ショックだったことになりますね。 高松宮記念が年明け2戦目でした。 父がなのでS主体のSC L ですね。 3連勝と勢いがある中で得意の1200m、先行から差しに回る位置取りショックで完勝しました。 タイプ的にも中京1200mは合いますし距離短縮ショックで差しに回る位置取りショックと素晴らしい落ち着いた騎乗でした。 3倍の圧倒的人気でしたが切れない人気馬だったと思います。 次に、2着ですがこの年の2着はドリームバレンチノでした。 この馬はシルクロードS G3 からのローテーションだったので根幹距離の1200mから根幹距離の1200mへの同距離ショックになります。 高松宮記念が年明け2戦目でした。 この馬は、父がロージズインメイで母父がマイネルラヴなのでCL S 系だと思われます。 この馬もロードカナロア同様、先行から差しに回る位置取りショックを仕掛けています。 この事から 位置取りショックが非常に効果的だということが分かります。 最後に、3着ですがこの年の3着はハクサンムーンでした。 この馬は夕刊フジオーシャンS G3 からのローテーションだったので根幹距離の1200mから根幹距離の1200mへの同距離ショックになります。 高松宮記念が年明け2戦目でした。 父がこのコースと相性が良いということでS主体のSC L or SL C だと思います。 戦歴からはSL C だと思います。 この馬の好走のポイントは2点ありますね。 まずは 初の古馬混合G1と鮮度があった事、そして前走逃げて凡走して人気落ちの逃げ馬という事です。 逃げ馬は多頭数の人気薄で狙え!と常々言っていますが17頭立ての10番人気でした。 逃げ馬の狙い方を復習したい方は 冒頭でも書きましたが集中力があまり求められないレースなので凡走していてもあまり気にする必要はないです。 むしろ鮮度があり狙える逃げ馬だったので要注意と言えるでしょう。 高松宮記念2014の考察 この年の1着は、コパノリチャードでした。 この馬は阪急杯 G3 からのローテーションだったので非根幹距離の1400mから根幹距離の1200mへの軽い距離短縮ショックだったことになります。 高松宮記念が年明け2戦目でした。 父がこのコースと相性が良いです。 タイプ的にはSL系でしょう。 この年の高松宮記念 G1 は不良馬場でした。 不良馬場になると馬群が密集しないのでより摩擦が小さくなり集中力が必要なくなるので本来、G1では厳しいも何とかなったんだと思います。 実際、その後のこの馬の戦歴を見てもG1馬とは思えないような戦歴です。 本質的に格下げ戦の非根幹距離の1400m向きなので運も味方した勝利だったと思います。 人気も3番人気と適正人気に近く良かったと思います。 次に、2着ですがこの年の2着はスノードラゴンでした。 この馬は夕刊フジオーシャンS G3 からのローテーションだったので根幹距離の1200mから根幹距離の1200mへの同距離ショックになります。 高松宮記念が年明け4戦目でした。 父がアドマイヤコジーンで母父がタヤスツヨシなのでLS系だと思われます。 まぁ、SL系でも別に良いのですが この馬は年明け4戦目で前走、夕刊フジオーシャンS G3 をダートから芝へのショック・1400mから1200mへの距離短縮ショックで11番人気2着とストレス・蓄積疲労ともにかなりありましたが8番人気2着と激走しました。 この馬の好走のポイントは2点あります。 まずは、2013年の3着馬のハクサンムーン同様に 初の古馬混合G1と鮮度があった事、そして不良馬場と外枠で摩擦が小さくストレス・蓄積疲労の影響を受けにくかった事です。 やはり鮮度がある馬は馬場状態に関わらず怖いのがよく分かります。 最後に、3着ですがこの年の3着はストレイトガールでした。 この馬はシルクロードS G3 からのローテーションだったので根幹距離の1200mから根幹距離の1200mへの同距離ショックになります。 高松宮記念が年明け2戦目でした。 父がで母父がタイキシャトルということでSC系になると思います。 短距離馬にしては珍しい集中力がある馬です。 シルクロードS G3 を先行して 圧勝と勢いがあり初のG1と鮮度もある状態でしたので切るに切れない人気馬ということになりますね。 結果は1番人気3着と期待に応えることが出来ませんでした。 凡走理由として考えられるのは集中力系の同馬が馬体重を絞ってこないといけない場面でさらに増えてきてしまった事と不良馬場で持ち味の集中力が活きなかった事だと思います。 1着のコパノリチャードとは対照的に不良馬場に泣かされました。 運が味方しませんでしたがそれでも3着には来たという事から鮮度は非常に重要であることが分かると思います。 スポンサーリンク 高松宮記念2015の考察 この年の1着は、エアロヴェロシティでした。 この馬は外国馬でチェアマンズスプリントプライズ G1 からのローテーションだったので根幹距離の1200mから根幹距離の1200mへの同距離ショックになります。 高松宮記念が年明け2戦目でした。 血統面からはよく分かりませんが戦歴からはSC L 系だと思います。 国内から海外へのショックですね。 1戦目以降はずっと香港で走っていた事から初の国内から海外へのショックと考えても問題ないかなっと思います。 つまり鮮度があったと言えるでしょう。 このように初の海外へのショックで上位人気で無い馬は一応、警戒が必要です。 しかも戦歴から1200mの適性が高い馬は要注意です。 次に、2着ですがこの年の2着は2013年の3着馬であるハクサンムーンでした。 この馬は夕刊フジオーシャンS G3 からのローテーションだったので根幹距離の1200mから根幹距離の1200mへの同距離ショックになります。 高松宮記念が年明け2戦目でした。 夕刊フジオーシャンS G3 で逃げて1番人気2着と軽い凡走をして高松宮記念で2番手に控える軽い位置取りショックで6番人気2着と好走しました。 この事からも 位置取りショックがやはり効果的な事が分かります。 ちなみにこの馬は2016年も同じローテーションで高松宮記念に出走して同じ位置取りショックで7番人気11着と大敗しました。 2016年の夕刊フジオーシャンS G3 は逃げて4番人気2着でした。 つまり軽い凡走では無くストレスの残る好走でした。 なのであまりストレスの影響を受けにくい高松宮記念ですが 直前のレースを逃げて人気以上に好走した逃げ馬はやや危険だという事が分かります。 この馬の場合、鮮度がかなり落ちていたのもありますけどね笑 最後に、3着ですがこの年の3着はミッキーアイルでした。 この馬は阪急杯 G3 からのローテーションだったので非根幹距離の1400mから根幹距離の1200mへの軽い距離短縮ショックだったことになりますね。 高松宮記念が年明け2戦目でした。 父が万能種牡馬のですね。 この馬の場合は戦歴からS質がかなり強いS質寄りのまとまり系なので中京の1200mは比較的合うと思います。 初の1200mと距離に対しての鮮度がありました。 阪急杯 G3 で逃げずに控えて好走したので高松宮記念も控えましたが逃げる位置取りショックを仕掛けていれば勝ち負け出来たのではないかなっと思います。 このレースは鮮度と位置取りショックが非常に重要だからです。 ちなみに、この年の1番人気はストレイトガールでした。 結果は13着でした。 休み明けで海外帰り。 そしてC系の同馬が大外枠。。。 これは非常に危険だったと思います。 海外帰りの馬は基本的に海外で凡走している馬のほうが期待値は高いです。 高松宮記念2016の考察 この年の1着は、ビッグアーサーでした。 この馬はシルクロードS G3 からのローテーションだったので根幹距離の1200mから根幹距離の1200mへの同距離ショックになります。 高松宮記念が年明け2戦目でした。 父がこのコースと相性が良いです。 私はこのレース、外しましたがビッグアーサーはまさにこのレースの勝つ条件にしっかり当てはまる馬でした。 初のG1と鮮度があった事、そして前走、差し競馬で1番人気5着と凡走してストレス・疲労が全く無い上に 差しから先行への位置取りショックが期待出来るからです。 ストレス・疲労の影響を受けにくいレースではありますがストレス・疲労が無いに越した事はありません。 ただ、前走負けたのに1番人気だったので人気を嫌って私は渋々評価を下げました笑 次に、2着ですがこの年の2着は2015年3着のミッキーアイルでした。 この馬は2015年と同じく阪急杯 G3 からのローテーションだったので非根幹距離の1400mから根幹距離の1200mへの軽い距離短縮ショックだったことになりますね。 高松宮記念が年明け2戦目でした。 この年は阪急杯 G3 を逃げて1番人気1着でした。 「直前のレースを逃げて人気以上に好走した逃げ馬はやや危険」と2015年の2着馬のハクサンムーンのところで書きましたがこの馬の場合は1番人気1着なので微妙です。 私自身は2番人気という事も考慮して評価を下げました。 結果的にこの年は完全な前残りの高速決着でストレスの影響も受けませんでしたし先行したこの馬に馬場も味方したので2着だったと思います。 この年のレースはもうしょうがないかなっと思っています。 最後に、3着ですがこの年の3着はアルビアーノでした。 この馬は夕刊フジオーシャンS G3 からのローテーションだったので根幹距離の1200mから根幹距離の1200mへの同距離ショックになります。 高松宮記念が年明け2戦目でした。 タイプ的にはL質寄りのまとまり系だと思います。 この馬は夕刊フジオーシャンS G3 で追い込み競馬に徹して1番人気5着と軽い凡走をしてストレス・疲労がありませんでした。 1着のビッグアーサーと同じような感じですね。 しかも高松宮記念で追い込みから差し競馬へと軽い位置取りショックを仕掛けてきました。 この事から 軽い凡走後で位置取りショックが期待できる馬は妙味がある事が分かります。 ただ、この馬が位置取りショックを仕掛けてくるだろうと予測するのは非常に難しいと思います。 スポンサーリンク 高松宮記念2017の考察 この年の1着は、セイウンコウセイでした。 今年も有力馬として出走しますね。 この馬はシルクロードS G3 からのローテーションだったので根幹距離の1200mから根幹距離の1200mへの同距離ショックになります。 高松宮記念が年明け3戦目でした。 父がこのコースと相性が良いということでS主体のSC L ですね。 この馬も 初のG1と鮮度がある状態でした。 私自身はシルクロードS G3 を4番人気2着と好走したストレスを少し心配して3番手評価にしたのですがこのレースはやはり ストレスよりも鮮度と勢いが重要だという事がよく分かります。 あまり難しく考えず鮮度があって且つ、位置取りショックも期待できる馬がいれば狙ったら良いと思います。 次に、2着ですがこの年の2着はレッツゴードンキでした。 この馬も今年も有力馬として出走しますね。 この馬は京都牝馬S G3 からのローテーションだったので非根幹距離の1400mから根幹距離の1200mへの距離短縮ショックになります。 高松宮記念が年明け2戦目でした。 父がなのでS主体のSC L ですね。 京都牝馬S G3 からの出走ということでかなりの異端性がありました。 2016年の高松宮記念は阪急杯 G3 からの距離短縮ショックで10番人気8着と凡走しました。 やはりS系の馬はストレスや蓄積疲労よりも好調さが重要であるといえるでしょう。 特にストレスや蓄積疲労の影響を受けにくい高松宮記念ではリズムは重要だと思います。 最後に、3着ですがこの年の3着はレッドファルクスでした。 この馬も今年も有力馬として出走しますね。 この馬は香港スプリント G1 からのローテーションだったので根幹距離の1200mから根幹距離の1200mへの同距離ショックになります。 高松宮記念が年明け1戦目でした。 この馬はSC L 系なのでこのレースと合います。 香港スプリント G1 からのローテーションだったのでレッツゴードンキ同様、異端性があったのでさらに消しづらかったと思います。 結果だけ見ると1番人気3着なので期待に応えていませんが切るのは難しい馬だったと思います。 高松宮記念2018の考察 この年の1着は、ファインニードルでした。 この馬はシルクロードS G3 からのローテーションだったので根幹距離の1200mから根幹距離の1200mへの同距離ショックになります。 高松宮記念が年明け2戦目でした。 父がこのコースと相性が良いということでS主体のSC L ですね。 この馬の位置取りを良く見て欲しいのですが、シルクロードS G3 は「3-2」で本番では「6-6」と軽い位置取りショックを仕掛けているんですね。 次に、2着ですがこの年の2着はレッツゴードンキでした。 この馬は今年も有力馬として出走しますね。 この馬はフェブラリーS G1 からのローテーションだったので根幹距離の1600mから根幹距離の1200mへの距離短縮ショックになります。 高松宮記念が年明け2戦目でした。 私はこの馬を3番手評価にしました。 距離短縮ショック自体の優位性はあまり無いレースだと思っているので距離短縮ショックに関してはあまり何も思わなかったのですが、ダートからの出走なのでかなり異端性がある事とダートから芝へのショックが良いのでそれなりに評価しました。 今年はダートから芝へのショックで好走した直後のレース、しかし、前走は先行しているので差しに回り位置取りショックが仕掛けられる、、、悩ましいですね。 みなさんも悩んでみてください。 最後に、3着ですがこの年の3着はナックビーナスでした。 この馬も今年も有力馬として出走しますね。 この馬は夕刊フジオーシャンS G3 からのローテーションだったので根幹距離の1200mから根幹距離の1200mへの同距離ショックになります。 高松宮記念が年明け4戦目でした。 父がダイワメジャーなのでS主体のまとまり系ですね。 穴ならこの馬かなって思いましたのでこの馬を5番手評価にしました。 G1に対しての鮮度もまだある事と前に行く位置取りショックを仕掛ければギリギリ残るんじゃないかと考えました。 あとは10番人気という低人気も妙味がありました。 結果的には前に位置取りショックを仕掛けなかったのでよく頑張ったなって感じですね笑 ちなみに、この年の1番人気はレッドファルクスでした。 結果は8着でした。 阪急杯からの出走でした。 阪急杯組は基本的に軽く凡走しているか先行して圧勝している馬以外は期待値が低いです。 つまり差し・追い込みで接戦を演じて本番に挑んで来ると危険だという事です。 間隔が詰まっているのでストレス・疲労が抜けきらないからです。 スポンサーリンク 高松宮記念2019の考察 この年の1着は、ミスターメロディでした。 この馬は阪急杯 G3 からのローテーションだったので非根幹距離の1400mから根幹距離の1200mへの距離短縮ショックになります。 高松宮記念が年明け2戦目でした。 父がスキャットダディ、母父がデピュティミニスターなのでS主体のSL C 系とかですね。 内有利なトラックバイアスで内の好位を追走出来たことと初の1200m重賞と鮮度が高かったのが良かったのでしょう。 安定感はない馬ですが展開に恵まれて快勝だったと思います。 次に、2着ですがこの年の2着はセイウンコウセイでした。 この馬は今年も出走しますね。 この馬はシルクロードS G3 からのローテーションだったので根幹距離の1200mから根幹距離の1200mへの同距離ショックになります。 高松宮記念が年明け2戦目でした。 父がアドマイヤムーンで母父がカポーティなのでS主体のSC CL 系とかですね。 前哨戦のシルクロードSは逃げて凡走、本番では先行に回る軽い位置取りショックを仕掛けてきました。 そして当レースで要注意のアドマイヤムーン産駒でした。 12番人気まで一気の人気が落ちていたことを考えるとしっかり押さえておくべきでした。 最後に、3着ですがこの年の3着はショウナンアンセムでした。 この馬は夕刊フジオーシャンS G3 からのローテーションだったので根幹距離の1200mから根幹距離の1200mへの同距離ショックになります。 高松宮記念が年明け4戦目でした。 父がジャングルポケットで母父がクロフネなのでS主体のSC系とかですね。 本番では先行から差しに回る位置取りショックで激走しました。 非常にコントロールが難しいジャングルポケット産駒ですが破壊力は抜群なので17番人気であれば紐で警戒すべきでした。。。 ちなみに、この年の1番人気はダノンスマッシュでした。 結果は4着でした。 前哨戦を先行して圧勝して初の1200mG1と鮮度もあるので非常に消しづらい馬だったと思います。 ただし、鮮度ある状態で4着だった事を考えると鮮度を失うと勝つのは厳しいだろうなって思いますね。 とにかく勢い リズム のほうが重要。 距離短縮ショックではなく位置取りショックが効果的である。 以上、高松宮記念の狙い目の馬はどの馬かを調べてみました。 今年、これらの条件に合う馬をしっかり馬柱を見て探してみてください。 のランキングに参加中です。 読者の方のランキング投票に感謝いたします。 ブログの更新をお知らせする メール購読機能 もちろん、無料です笑 もサイドバー スマホなら画面下部 にありますので是非、ご利用されてください。 YouTubeチャンネルの登録もよろしくお願いします。 私のブログでは、各馬の分析をした後に最後に単勝期待値を出しています。 現在は各馬の分析はYOUTUBEで行っています 単勝期待値A:想定の単勝オッズに対して勝つ可能性の高い馬。 つまりは回収率が高い馬とも言えます。 単勝期待値B:単勝オッズとのバランス的に単勝期待値が微妙な馬や紐 2着 ならなんとか買えるが1着はなさそうな馬など。 例えば、勝つ確率は30%ほどありそうだが単勝オッズが2. 0倍とか... 単勝期待値C:いわゆる危険な人気馬。 勝つ可能性は極めて低いと考える馬です。 文中の用語に関して.

次の