いのちのたま カビゴン。 かいがらのすず

【オノノクス育成論】いのちのたま採用のメタ型!ミミッキュ、ロトム対策!対策と弱点も解説|ポケモット

いのちのたま カビゴン

カビゴンについて 今作ではランクマッチをやっていれば見ない日はないと言えるほど使用率の高いポケモンです。 不遇な単タイプでありながらも「ノーマル」というタイプと高い種族値、加えて優秀な特性によって、その見た目からは想像できない強さを発揮できます。 ランクマッチに存在するカビゴンは 基本的な努力値振りはHB振りかAB振りの2パターンに分かれています。 特性は「あついしぼう」か「くいんしんぼう」が主流ですが、どちらを採用しているかは技構成やパーティによって異なり、様々な型を考えることができます。 持ち物も様々な候補が存在し、「フィラのみ」「ラムのみ」「とつげきチョッキ」「たべのこし」などがあげられます。 このように 豊富な型が存在することも強みの一つであると言えます。 また、今作では「キョダイマックスカビゴン」になることで専用技「キョダイサイセイ」を使うことができ、約50%の確率で使用した「きのみ」を回収することができる効果はカビゴンとの相性も良く、攻撃しつつ「フィラのみ」や「ラムのみ」を拾ってくるのは脅威であると言っていいでしょう。 そんなカビゴンでも苦手とするポケモンは存在するので、それらのポケモンをうまく活用してカビゴンを対策していきましょう。 カビゴンの型 カビゴンは努力値振りが同じでも技構成や持ち物が異なっていたりと、様々な型が存在します。 ここでは基本的な型の技や持ち物などを紹介しています。 あくびまもる型 「 あくび」「 まもる」を使い、積みアタッカーをいなしたり、ダイマックスポケモンのダイマックスターンを枯らしたりという動きをとってきます。 耐久に振っているため火力はないが、「じわれ」を持っていることが多いため注意が必要です。 この型では、 キョダイマックス個体を採用している場合が多いです。 先発で出てきて1ターン目からダイマックスをし、相手の場を荒らしてから控えの2体で詰めてくる動きをとってきます。 攻撃技しか持っていないがために、 技範囲が豊富なので注意が必要です。 ですが、無振りでもHPが高く防御に努力値を振っている場合が多いので、物理アタッカーで攻めても突破しにくいことに変わりはないので注意しましょう。 いじっぱり ABカビゴン アーマーガア(B252) ボディプレス 38. 2~45. 7~89. 3% 確定2発 ミミッキュ(A252珠) じゃれつく 34. 8~41. 7% 確定3発 ダイフェアリー 49. 7~58. 7% 確定2発 ドレインパンチ 38. 7~46. 3% 確定3発 ドラパルト(A252) ドラゴンアロー 35. 7~43. 4% 確定3発 ダイドラグーン 46. 3~54. 8% 乱数2発 ローブシン(A252) ドレインパンチ 97. 8~115. 7% 乱数1発(こんじょう有) わんぱく HBカビゴン アーマーガア(B252) ボディプレス 30. 7~36. 6~71. 9% 確定2発 ミミッキュ(A252珠) じゃれつく 27. 7~32. 5% 確定4発 ダイフェアリー 40. 0~47. 1% 確定3発 ドレインパンチ 31. 0~37. 0% 確定4発 ドラパルト(A252) ドラゴンアロー 29. 2~34. 4% 確定4発 ダイドラグーン 37. 0~43. 8% 確定3発 エースバーン(A252珠) とびひざげり 103. 3~122. 8% 確定1発 (いじっぱり) とびひざげり 94. 3~111. 9% 乱数1発 (ようき) ・「ちょうはつ」で補助技を封じをよう カビゴンは補助技を持っていることが多く、「ちょうはつ」で 補助技を使えなくするだけで有利に立ち回ることができます。 特に「あくび」「リサイクル」「のろい」を持っている型の場合は使えなくするだけで、逆に積みの起点にしやすくすることができます。 ・「こだわり」アイテムを渡そう カビゴンは技範囲が広く、補助技を持っている場合が多いため、 「こだわり」アイテムを「トリック」や「すりかえ」で渡すだけで本来の動きを封じ込めたり、無理やりダイマックスを使わせたりすることができます。 ただし、「こだわりハチマキ」は逆にカビゴンを有利にしてしまう場合があるので注意が必要です。 また、きのみ持ちのカビゴンである場合は「リサイクル」や「キョダイサイセイ」できのみの回収ができなくなるため効果的です。 ・HPの高さを利用しよう カビゴンはHPが高いため、他のポケモンに比べて 「ドレインパンチ」や「やどりぎのタネ」を使った際の回復量を多く得ることができます。 そのため、カビゴンからもこちらのポケモンを突破することが難しくなります。 また、「てっぺき」と相性の良い技である「ボディプレス」はかくとうタイプの技なので、カビゴンに対してばつぐんをとることができます。 そのため、 「てっぺき」と「ボディプレス」を両採用することでカビゴンに対して有利に立ち回ることができます。 ただし、カビゴンが「DDラリアット」を持っている場合は能力上昇を無視して攻撃できるため、「てっぺき」の使用は注意が必要です。

次の

【ポケモン剣盾】シザリガーの型紹介!!①タスキ型②いのちのたま③ハチマキアクジェ!先制技持ち鈍足アタッカーがトレンド??

いのちのたま カビゴン

こんにちは、ポケモット()です。 僕もインキャ型のナットレイは大嫌いで、相手の選出画面にナットレイが見えると、みぶるいしています 笑 なので今回は使っていて気持ち良い、攻撃型のナットレイです。 「いのちのたま」を持たせながらも、「やどりぎのたね」もしっかり採用しています! このハイブリット型のナットレイの力、とくとご覧あれ! 先に具体的な「調整」だけ知りたい人は、目次のリンクから飛んでみてください。 記事後半では、ナットレイを逆に相手に使われた時の対策と弱点についても解説しています。 今回の最遅ナットレイは、相手が素早さが最速68族以上(素早さ実数値132以上)時、ジャイロボールの威力は150になる。 今回のナットレイは 「ジャイロボール」を採用しているため、素早さ個体値は最低(ゼロ)で厳選してください。 とつげきチョッキなども持ち物候補。 また個体値については補足説明が書いてない限り、個体値最高として扱います。 HA=総合的な耐久力と、火力アップのためにHAに全振り。 S=「ジャイロボール」を採用しているため、素早さ個体値を最低(ゼロ)で厳選。 いのちのたまの自傷ダメージのケアと、ナットレイがやられた後のことを考えて、「やどりぎのたね」も採用しています。 最初はフルアタッカーにして持ち物を「こだわりハチマキ」にしようと思っていました。 しかし覚えさせている技タイプが「草、鋼、悪タイプ」と十分に技範囲は取れいるので、わざわざフルアタッカーにしなくても良いと判断しました。 事実、インキャ型のナットレイは強いですしね。 選出画面でナットレイがいた時に、攻撃型かもしれないと考慮はするでしょうが断定することはできません。 ただ、だからこそ、攻撃型のナットレイは刺さる時にはとても刺さります! 耐久インキャ型ナットレイと想定していた相手に、予想外の高火力をかましてやりましょう! 今回のナットレイの立ち回り・役割 今回のナットレイは、「ステルスロック」を撒く用ではないため、無理に初手に出すことはありません。 今回の攻撃型のナットレイであればいつ出しても良いので、二手目以降に出すようにしましょう。 初手に出さないことで、相手にこちらがナットレイを選出していないと誤認させることができます。 (ナットレイは初手に出して、ステルスロックをいきなり撒いてくる型も多くみられるので。 ) また環境トップクラスのミ ミッキュに対してもナットレイは強く出ることができるので、活躍の機会は多くあるでしょう。 ナットレイの攻撃はミミッキュに対して抜群、そしてミミッキュの攻撃はナットレイに等倍且つ、物理攻撃なので受けれる。 まさにミミッキュキラー! 相手にミミッキュを使われて対策方法を悩んでいる人は是非、ナットレイを使ってみてください! そして炎タイプ以外なら、どんなポケモンを相手にしても互角以上の戦いが攻撃型ナットレイはできるので、とても強いです。 トリックルームパーティと組ませて、エースにすることもできます。 ! その場合は「のろい」を技に入れることも検討してみてください。 ナットレイの弱点は以下の通りです。 ほのおタイプの攻撃• ナットレイの攻撃を受けれて、積み技があるポケモン ナットレイの弱点はなんといっても、ほのおタイプの技です。 ダメージ計算に載せているように、 バンギラスなどの不一致ほのお技なら耐えることができますが、 リザードンなどタイプ一致のほのお技は耐えることができません。 ダメージ計算を載せる必要がないくらい、余裕で倒されます。 一撃で焼却処分されてしまいます。 笑 そしてタイプ不一致でも、特殊ポケモンのほのお技も耐えることは難しいです。 なので、ほのお技を覚えてそうな特殊ポケモンと対面したら、素直に控えのポケモンに交換しましょう。 それか、ナットレイを捨てるか… 笑 やや見極めが難しいですが、その肌感覚は対戦を通じて覚えるしかありません。 そして、ナットレイの攻撃を受けることができて、積み技を覚えているポケモンにも要注意です。 ナットレイが居座り続けると、相手にどんどん積まれてしまい、とんでもないことになってしまいます。 いくらナットレイで押し切ろうとしても、相手に「はねやすめ」などで回復されつつ、積み技をされるので、早めにナットレイを交代させましょう。 ポケモン対戦は1ターンの遅れが命取りになるので、相手の育成型を見極めることが大事です。 例えば、アーマーガアが「はねやすめ・ビルドアップ」を覚えさせていないAS型とかなら、ナットレイが有利ですが、覚えていたらナットレイが不利になります。 カビゴンが「リサイクル」を覚えていなかったらナットレイが有利ですが、覚えていたら不利になります。 ナットレイの育成論考察・まとめ ナットレイの育成論と、弱点、そして逆に相手に使用された時の対策についてをお話ししました。 ほのお技が4倍のナットレイですが、 バンギラスやドサイドンの不一致ほのお技なら、確定耐えすることができます。 バンギラスなどがほのお技を持っていることは少ないですが、それでも確定耐えすることで安心して対面することができます。 (相手が火力アップアイテムを持っていなかったら。 ) もちろん、リザードンなどのタイプ一致ほのお技は受けることができないので、その場合は素直に引きましょう。 ナットレイは耐久火力共に無駄の無い種族値に、優秀な技を覚えることで、ほのおタイプのポケモン以外に対しては互角以上の戦いをすることができます! ナットレイといえば、インキャ戦法。

次の

ジュカイン育成論

いのちのたま カビゴン

カビゴン• 性格:いじっぱり• 努力値:攻撃196 素早さ調整 51,58,61,63,68 残り耐久• もちもの:こだわりハチマキ• 技:すてみタックル かみくだく じしん おんがえしorのしかかりorじばく 補足 ギャラドスをメインに、電気技を使ってくる特殊ポケに強いカビゴンを使ったもの。 カビゴンは威嚇もオイシイし、水技とノーマル技の相性もいい。 この組み合わせのみにだけではなく、カビゴンを用いたほかの組み合わせにもいえることだが、カビゴンは個々の組み合わせの強さを考えている限りは相手特殊ポケを一ターンで倒すことのできる拘り型の方が使いやすい。 よってカビゴンの破壊力を生かすためにもギャラドスは電磁波を持ちたいので、カビゴンはある程度の素早さもあるほうがいいだろう。 左から麻痺した 130、スカーフ補正なし全振り100、スカーフ補正なし全振り110、スカーフ最速100、スカーフ最速110を抜ける素早さ。 攻撃は全振りしてもケンタの拘り捨て身耐えサンダーは確定にできないので無振りサンダーに調整。 カビゴンは後ろからの制限ということで相手は電気技でギャラドスに特攻してくる可能性もあるので、その場合はソクノのみが役に立つ。 ただ、天気PT対策としても用いる場合は食べ残しの方が役に立つ場合も。 この組み合わせであれば、サンダーにも勝てそうな気もするが、ソクノを持っても確実に攻撃を耐えられるわけではなく、サンダーの相方がメタグロス であるとカビゴンも制限されてしまうので対サンダー性能は期待しないほうがいい。 サンダースに関しても、ヘラクロス、ボーマンダも考えられるため同様。 性格:いじっぱり• 努力値:HP252 攻撃252 素早さ4• もちもの:こだわりハチマキ• 技:じしん ストーンエッジ れいとうパンチ かわらわり 補足 この組み合わせにおけるラグラージの苦手なポケは、めざパ草持ちのサンダーorダース程度になるらしい。 そのため極端に電気に弱くはなくなるようだ。 その他、浮いているポケと組み合わせが成立しやすいため組むことが多いと言われているが、その本当の理由は知らない。 遅いポケのサポートは電磁波。 ラグラージが苦手なのはめざパ 草 のためその使用ポケサンダーにも確実に撃てるよう、サンダーは最速にしておく。 相手も最速であっても身代わり張られることはないだろう。 サンダーもラグもヘラクロス・ケンタロスが苦手。 そのためサンダーはヨロギを持ってエッジ一発で動けなくなるのを防ぐ。 スカーフヘラも拘りケンタも電磁波撃てば機能しなくなる。 せっかくヨロギ持ったので同時に拘りケンタロスのすてみタックルも耐えるようにしておく。 電磁波持ってるので雨パにも使用すると思うのでグドラの雨ハイドロにも調整。 ラグラージは物理にしては技の威力が低く、単体ではカビゴンに弱いので瓦割りを持つ。 意地っ張り全振りでコメパン二発耐えカビゴンを確定2。 ラグのそのほかの部分は特に問題もないだろう サンダーの残り一つの技はご自由に。 個人的にはカビゴンは瓦割り二発、グロスは地震一発+10万ボルトで落とせるが、ラグが拘りのため器用に動けないことを考えると身代わりがいい気はする。 ルンパッパ• 性格:ひかえめ• 努力値:HP60 防御4 特攻204 特防60 素早さ180• もちもの:しんぴのしずく• 技:ハイドロポンプ こごえるかぜ ねこだまし まもる 補足 雨パの先鋒として考えられる組み合わせ サンダーは自身より速いポケモンを苦手とするが、すいすいポケに縛ってもらうと自由に行動できるようになる ルンパッパは雨時最速スカーフヘラクロス抜きとサンダースの10万ボルト二発耐えの調整。

次の