クローム ブック オフィス。 「Chromebook」はどんなことが出来るのか簡単にまとめてみた

クロームブックとは?簡単にわかりやすくまとめました。

クローム ブック オフィス

使えるオフィスソフトは何がある? まず、 Chromebookでオフィスソフトを使うためには、ソフトがWebアプリ クラウドベース 、Androidアプリ、Linuxアプリのいずれかに対応している必要があります。 そのため、 お手持ちのパソコンなりにインストールされているMicrosoft Officeなどがそのまま利用可能になるわけではないため、ご注意ください。 有名どころを挙げると、G Suite、Microsoft Office、LibreOfficeなどがありますが、現状Chromebookでスタンダードなのは、WebアプリかAndroidアプリにあるオフィスソフトを利用する方法です。 そのため今回は、Chromebookに標準で付属 正しくはGoogleアカウントに している G Suiteサービスと、皆様お馴染みの Microsoft Officeについて紹介します。 G Suite 旧Google Apps Googleアカウントに登録すると使えるようになるGoogle謹製のオフィスソフトです。 G Suite自体は有料サービスになりますが、 一部のソフトと機能は個人でも無料で使うことができる 例えばGmailのような ようになっています。 「G Suite」アプリの良さは、 ブラウザ上からクラウドで作業・データを保存するため、コンピュータに負担もかけにくく、専用のソフトウェアをインストールする必要もありません。 さらにリアルタイムで共同編集ができたり、Googleドライブを使ってファイルの共有などの機能を備えているため、まさにChromebookにはピッタリのオフィスソフトと言えます。 しかも、これらの機能は個人でも無料で使うことができるのが特長ですね。 ちなみに、これらのアプリをChromebookで使うにはWebとAndroidアプリの2つの方法がありますが、個人的にはWeb版の方が使いやすいと思いますので、ここではWeb版を前提として取り上げています。 もちろん、Googleアカウントをお持ちであれば、Chromebookに限らずWindowsでもMacでも無料で試すことができますので、ざっと内容を見て頂いたら、実際に試してみることをおすすめします。 それではここから各アプリについて少しまとめておきます。 ちなみにマイクロソフトオフィスのファイルは、「. doc」、「. docx」に対応しています。 ご注意頂きたいのは、Microsoft Officeのファイルと 完全な互換性があるわけではないため、例えば複雑な表や複数の画像を差し込んでいる場合などに、レイアウトが崩れてしまうこともあります。 ちなみにPCにインストールするような特殊なフォントを利用している場合だと、そのフォントが別のフォントに置き換えられてしまって、文字やサイズが変になる…なんてこともあります。 しかし、そのように凝ったレイアウトにしていないシンプルな文章や書類であれば、問題なく使用することができます。 リアルタイム編集などの特性を活かすにはGoogleドキュメントの形式である方が便利ですが、そうはいかない場合も多々あると思いますので、こういった機能も使えるのは良い点だと思います。 文章作成に関する基本的な操作はほとんど問題ないと思いますが、 現時点では縦書きができないという日本特有な問題もあります。 また、 Microsoft Officeで言う「差し込み印刷」が出来ませんが、もともとChrome OSは印刷まわりが苦手ということもありますので、もし葉書や封筒、書類への差し込み印刷を考えているようであれば、お手持ちのWindowsやMacと併用するか、Chromebookを選択しないというのもひとつの手だと思います。 こちらも独自の「. gsheet」という拡張子ですが、エクセルの「. xls」と「. xlsx」を開くことができます。 ほとんどの場合、問題なく開くことができてエクセルと同じ機能を使えると思います。 しかし、マクロ機能などはそのままでは使えないことがあり、複雑だったり高度なマクロを組んでいると開けない 動かない という可能性もあるため、この点には注意が必要です。 こちらも独自の拡張子「. gslides」で保存をされますが、Microsoft Officeの「ppt」や「pptx」も開くことができます。 基本的な機能、画像や動画の挿入はもちろんプレゼンテーション機能もしっかりと備わっていますし、ノートやポインター、経過時間表示などプレゼンター向けの機能も揃っていますので、学校でもビジネスでも問題なく使用することができると思います。 一応、10. 1インチ未満のデバイスに限り無料でもAndroid版を使うことができますが、Chromebookでは限られたモデルしかありませんので、基本的には無料はWeb版だけと考えた方が良いと思います。 また、Web版であれば「G Suite」と同じようにWindowsからでもMacからでも試すことができます。 なので、この記事で大まかな違いを見て頂いたら、実際に手持ちの機種で試してみるのが良いかと思います。 あとChromebookでは少し面倒な点ですが、 Web版とAndroid版の両方をインストールしていて、同じアカウントで使用している場合、Web上でファイルを開いてもAndroidアプリのオフィスソフトで編集することになるところです。 設定で変えることができますが、初期設定だとそのような挙動になるはずなので、Web版だけで使いたい場合には、Android版はインストールしない方が良いかもしれません。 Web• Android• 中途半端な大きさもOK Web版とAndroid版は基本的には共通していて、 WindowsやMacなどにインストールして使うものよりも機能が制限されています。 これは実際にWeb版のオフィスを使って頂く方がよいと思いますが、例えば「G Suite」でも使えなかった差し込み印刷やデザイン機能などパワーが必要な操作はできません。 挿入機能などでも3Dモデルやワードアート、SmartArtが使えないため、シンプルな文章作成ソフトという印象です。 ちなみに Android版では縦書きに対応しているのですが、Web版はしていないという仕様が残念…。 Web版では、開くと横書きに変更されていしまいいます。 また、 どちらも印刷機能が簡素なものになっているため、細かい調整が必要な印刷物などの作成が前提になる場合、WindowsやMac版を使う方が良いと思います。 Web版• Android 若干メニューの配置が変わっていますが、 WebとAndroidでできることはそこまで変わっていないようです。 こちらも 関数はじめグラフやフィルタなど基本的な機能を使えますが、 マクロを組んだりできないため、すでに高度な機能を利用しているものを使おうとすると厳しいと思います。 ただ、ファイルの互換性という意味では、前述の高度な機能は除いてズレなどはなく表示されますので、既存のファイルを読み込んだり閲覧するためであれば、問題はないかと思います。 こちらもWeb版で実際に試して見るほうがよいですね。 Androidのデザイン選択• Android• Web こちらも WebとAndroidでは基本的に機能は同じだと思います。 WindowsやMacで使うPowerPointと違い、画面の切り替え機能やアニメーションの選択できる数が少ないことやスライドショーでの記録といった、 重くなる動作が含まれた機能がなくなっています。 そのため、凝ったアニメーションや装飾ができなくなっているわけですが、その分シンプルなスライドを作れるようになっています。 また、ファイルの互換性についても基本的に問題はありませんが、 フォントがないことによる崩れやアニメーションなどが少ないことで動きが一部なくなってしまうなどが起きる可能性があります。 ということで、Chromebookで使えるマイクロソフトオフィスについてはこんな感じですね。 WindowsやMacにインストールして使うものと違い、基本的な機能以外は制限されていると思って頂いてよいと思います。 また、Linuxアプリの動作が安定しないという問題もありますので、現状では無理に使う必要はないと思います。 導入の手順については、LibreOffice日本語チームブログの導入記事が役立ちますので、そちらを参考にして頂ければと思います。 まとめ ということで、今回はChromebookで使えるオフィスソフトについて、一部ですが取り上げておきました。 基本的には「G Suite」の3つを使うことがChromebookでは前提になると思いますが、ファイルの互換性などを考えると「Microsoft Office」のWebもしくはAndroidアプリを使うほうが良いこともあると思います。 ただ、どの場合でもWindowsやMacにインストールされるようなソフトとは違い、機能が制限されることに注意してください。 しかし、 いずれもWeb版はお手持ちの機種がなんであれ試すことができますので、もしChromebookを導入する際にオフィスソフトが心配だと思うのであれば、一度は手持ちの機種で試してみると良いと思います。 なお、Chromebookのメリットやデメリットなどについて説明した記事もありますので、興味のある方はそちらもぜひご覧くださいませ。

次の

【Chromebook】あれば絶対便利!クロームブックと一緒に使いたい捗るアイテム・サービス

クローム ブック オフィス

使えるオフィスソフトは何がある? まず、 Chromebookでオフィスソフトを使うためには、ソフトがWebアプリ クラウドベース 、Androidアプリ、Linuxアプリのいずれかに対応している必要があります。 そのため、 お手持ちのパソコンなりにインストールされているMicrosoft Officeなどがそのまま利用可能になるわけではないため、ご注意ください。 有名どころを挙げると、G Suite、Microsoft Office、LibreOfficeなどがありますが、現状Chromebookでスタンダードなのは、WebアプリかAndroidアプリにあるオフィスソフトを利用する方法です。 そのため今回は、Chromebookに標準で付属 正しくはGoogleアカウントに している G Suiteサービスと、皆様お馴染みの Microsoft Officeについて紹介します。 G Suite 旧Google Apps Googleアカウントに登録すると使えるようになるGoogle謹製のオフィスソフトです。 G Suite自体は有料サービスになりますが、 一部のソフトと機能は個人でも無料で使うことができる 例えばGmailのような ようになっています。 「G Suite」アプリの良さは、 ブラウザ上からクラウドで作業・データを保存するため、コンピュータに負担もかけにくく、専用のソフトウェアをインストールする必要もありません。 さらにリアルタイムで共同編集ができたり、Googleドライブを使ってファイルの共有などの機能を備えているため、まさにChromebookにはピッタリのオフィスソフトと言えます。 しかも、これらの機能は個人でも無料で使うことができるのが特長ですね。 ちなみに、これらのアプリをChromebookで使うにはWebとAndroidアプリの2つの方法がありますが、個人的にはWeb版の方が使いやすいと思いますので、ここではWeb版を前提として取り上げています。 もちろん、Googleアカウントをお持ちであれば、Chromebookに限らずWindowsでもMacでも無料で試すことができますので、ざっと内容を見て頂いたら、実際に試してみることをおすすめします。 それではここから各アプリについて少しまとめておきます。 ちなみにマイクロソフトオフィスのファイルは、「. doc」、「. docx」に対応しています。 ご注意頂きたいのは、Microsoft Officeのファイルと 完全な互換性があるわけではないため、例えば複雑な表や複数の画像を差し込んでいる場合などに、レイアウトが崩れてしまうこともあります。 ちなみにPCにインストールするような特殊なフォントを利用している場合だと、そのフォントが別のフォントに置き換えられてしまって、文字やサイズが変になる…なんてこともあります。 しかし、そのように凝ったレイアウトにしていないシンプルな文章や書類であれば、問題なく使用することができます。 リアルタイム編集などの特性を活かすにはGoogleドキュメントの形式である方が便利ですが、そうはいかない場合も多々あると思いますので、こういった機能も使えるのは良い点だと思います。 文章作成に関する基本的な操作はほとんど問題ないと思いますが、 現時点では縦書きができないという日本特有な問題もあります。 また、 Microsoft Officeで言う「差し込み印刷」が出来ませんが、もともとChrome OSは印刷まわりが苦手ということもありますので、もし葉書や封筒、書類への差し込み印刷を考えているようであれば、お手持ちのWindowsやMacと併用するか、Chromebookを選択しないというのもひとつの手だと思います。 こちらも独自の「. gsheet」という拡張子ですが、エクセルの「. xls」と「. xlsx」を開くことができます。 ほとんどの場合、問題なく開くことができてエクセルと同じ機能を使えると思います。 しかし、マクロ機能などはそのままでは使えないことがあり、複雑だったり高度なマクロを組んでいると開けない 動かない という可能性もあるため、この点には注意が必要です。 こちらも独自の拡張子「. gslides」で保存をされますが、Microsoft Officeの「ppt」や「pptx」も開くことができます。 基本的な機能、画像や動画の挿入はもちろんプレゼンテーション機能もしっかりと備わっていますし、ノートやポインター、経過時間表示などプレゼンター向けの機能も揃っていますので、学校でもビジネスでも問題なく使用することができると思います。 一応、10. 1インチ未満のデバイスに限り無料でもAndroid版を使うことができますが、Chromebookでは限られたモデルしかありませんので、基本的には無料はWeb版だけと考えた方が良いと思います。 また、Web版であれば「G Suite」と同じようにWindowsからでもMacからでも試すことができます。 なので、この記事で大まかな違いを見て頂いたら、実際に手持ちの機種で試してみるのが良いかと思います。 あとChromebookでは少し面倒な点ですが、 Web版とAndroid版の両方をインストールしていて、同じアカウントで使用している場合、Web上でファイルを開いてもAndroidアプリのオフィスソフトで編集することになるところです。 設定で変えることができますが、初期設定だとそのような挙動になるはずなので、Web版だけで使いたい場合には、Android版はインストールしない方が良いかもしれません。 Web• Android• 中途半端な大きさもOK Web版とAndroid版は基本的には共通していて、 WindowsやMacなどにインストールして使うものよりも機能が制限されています。 これは実際にWeb版のオフィスを使って頂く方がよいと思いますが、例えば「G Suite」でも使えなかった差し込み印刷やデザイン機能などパワーが必要な操作はできません。 挿入機能などでも3Dモデルやワードアート、SmartArtが使えないため、シンプルな文章作成ソフトという印象です。 ちなみに Android版では縦書きに対応しているのですが、Web版はしていないという仕様が残念…。 Web版では、開くと横書きに変更されていしまいいます。 また、 どちらも印刷機能が簡素なものになっているため、細かい調整が必要な印刷物などの作成が前提になる場合、WindowsやMac版を使う方が良いと思います。 Web版• Android 若干メニューの配置が変わっていますが、 WebとAndroidでできることはそこまで変わっていないようです。 こちらも 関数はじめグラフやフィルタなど基本的な機能を使えますが、 マクロを組んだりできないため、すでに高度な機能を利用しているものを使おうとすると厳しいと思います。 ただ、ファイルの互換性という意味では、前述の高度な機能は除いてズレなどはなく表示されますので、既存のファイルを読み込んだり閲覧するためであれば、問題はないかと思います。 こちらもWeb版で実際に試して見るほうがよいですね。 Androidのデザイン選択• Android• Web こちらも WebとAndroidでは基本的に機能は同じだと思います。 WindowsやMacで使うPowerPointと違い、画面の切り替え機能やアニメーションの選択できる数が少ないことやスライドショーでの記録といった、 重くなる動作が含まれた機能がなくなっています。 そのため、凝ったアニメーションや装飾ができなくなっているわけですが、その分シンプルなスライドを作れるようになっています。 また、ファイルの互換性についても基本的に問題はありませんが、 フォントがないことによる崩れやアニメーションなどが少ないことで動きが一部なくなってしまうなどが起きる可能性があります。 ということで、Chromebookで使えるマイクロソフトオフィスについてはこんな感じですね。 WindowsやMacにインストールして使うものと違い、基本的な機能以外は制限されていると思って頂いてよいと思います。 また、Linuxアプリの動作が安定しないという問題もありますので、現状では無理に使う必要はないと思います。 導入の手順については、LibreOffice日本語チームブログの導入記事が役立ちますので、そちらを参考にして頂ければと思います。 まとめ ということで、今回はChromebookで使えるオフィスソフトについて、一部ですが取り上げておきました。 基本的には「G Suite」の3つを使うことがChromebookでは前提になると思いますが、ファイルの互換性などを考えると「Microsoft Office」のWebもしくはAndroidアプリを使うほうが良いこともあると思います。 ただ、どの場合でもWindowsやMacにインストールされるようなソフトとは違い、機能が制限されることに注意してください。 しかし、 いずれもWeb版はお手持ちの機種がなんであれ試すことができますので、もしChromebookを導入する際にオフィスソフトが心配だと思うのであれば、一度は手持ちの機種で試してみると良いと思います。 なお、Chromebookのメリットやデメリットなどについて説明した記事もありますので、興味のある方はそちらもぜひご覧くださいませ。

次の

【Chromebook】クロームブックのオフィス機能と特徴

クローム ブック オフィス

データはクラウドに保存 Googleドライブ Chromebookでは基本的にデータの保存先はGoogleドライブ データの保存先はもちろんパソコンハードに保存可能ですが、Googleドライブへのデータ保存を想定してか、Chromebookのラインナップに大容量のストレージを搭載しているPCは少ないです。 Googleアカウントさえあれば無料で15GBまでクラウド上に保管できます。 写真・画像はGoogleフォトを利用することで容量無制限に保存できます。 他にもGoogle Playからアプリも利用できるのでOffice系ソフトはブラウザソフトとアプリでサポートするカタチです。 個人的に仕事ではGoogleのスプレッドシートやGoogleドキュメントを使って書類を作成することがほとんどです。 Microsoft Officeと互換がしっかり取れているので書類作成から編集まで今のところ全く問題ありません。 Googleスライドあたりは、ウェブ上での共同作業がパワーポイントとより使い勝手が良い感じです。 これらの全てがGoogleアカウントがあれば無料で使えます。 その他の便利機能 ・オフラインでも使える ネット検索は別としてGoogleドライブ内のファイルにはオフラインでアクセスでき、編集可能です。 ・Chrome ブラウザ 共有 同じGoogleアカウントでログインすることでGoogle Chrome上のお気に入り、webサイト、各サイトのIDパスワード、検索履歴などを共有できる。 これはブラウザソフトGoogle Chromeの機能です。 主にブラウザアプリをサポートするオペレーションであることがわかります。 ソフトウェアやハードの性能に依存しないシステムが特徴となり、豊富なブラウザソフトと膨大なアプリには制限がありません。 Chromebookは、シンプルな使い方からこだわった使い方まで、柔軟に対応できるデバイスだと言えそうです。

次の