初盆 参り 香典。 友人の初盆 お香典はいくら?表書き・お供え・服装はどうすばいい?

初盆(新盆)の香典袋はどうやって選ぶ?袋の選び方や正しい書き方をご解説|終活ねっとのお坊さん

初盆 参り 香典

スポンサーリンク 友人の初盆 お香典はいくら?表書きは? 初盆のお香典は5000円を包むことが多いようです。 ただし、友人何人かで一緒に行く場合は3000円という場合もあるようです。 不祝儀袋は一般的には「白黒の水引」に普通の濃墨で「御仏前」と書きます。 ただし関西方面など黄白の地域もあります。 誰かに聞けるようならどちらの水引か確認するのが一番ですが、わからなければ、黒白の袋、もしくは蓮の絵の描いてある封筒でお渡しすればいいでしょう。 下には氏名をきちんと書き、金額は袋の裏に書きます。 ただし、お参りしに行くほうが、未成年の場合や、葬儀が最近で、すでにお香典を渡してある場合はあらためてお香典を渡さなくても大丈夫。 菓子箱や、そうめんなどの、お供えのみ持って行って、お参りだけさせてください、といえば、相手にも余計な気遣いはさせずに済みます。 友人の初盆・お供えは何がいい? 一般的に、お線香が無難と言われていますが、実は、お線香は、意外にたくさん持っていらっしゃるので、私は他のものを用意することをお勧めします。 お花(アレンジメントなど)、日持ちのする菓子箱、夏なのでそうめんと云う方も多いです。 金額は3000円程度のもので大丈夫です。 ここで、ひとつ気をつけたいのは、故人の好きだったものを持って行こうといている場合。 スポンサーリンク 子供を若くして亡くした場合、親の方が、初盆は、まだ心の整理ができていなくて、生きていたころに好きな物ももう食べられないんだ…と、また悲しみを増長させる場合が多いです。 なので、こういう場合はお花や、日持ちのする菓子箱や、そうめんなど、一般的な物のをお供えする方がいいです。 友人の初盆に行くときの服装は?マナーは? 次にお盆に故人のお参りをさせていただく時の服装です。 初盆に呼ばれていく場合は、礼服が無難ですが、お参りだけさせてもらいに行く場合は、黒や黒っぽい服など、地味な服装でも構いません。 ストッキングは黒のストッキングを履かなくてもいいです。 また、相手に余計な気を使わせたくないからと、事前に連絡せずに、突然お参りさせてくださいと、訪問される方もいらっしゃいますが、やはり、相手のご都合もありますし、玄関先で失礼するわけではなく、ご仏壇のある部屋まで上がらせていただくのですから、事前に電話して、了解を撮っておくほうがいいと思います。 自分が訪問される方の立場で考えるとわかりやすいですね。 一番気をつけなくてはいけないのは、先ほども書いたのですが、葬儀から日が浅い場合です。 特に、ご家族のショックが大きかった場合や、故人が小さい子供を遺して亡くなられ、のこされた家族の生活がまだ落ち着いていないと思われる場合は、直接の訪問は避ける方がいい場合が多いです。 その場合は、お花などのお供えを宅急便などでおくり、故人にお供えしていただくのがいいと思います。 まとめ 初盆は亡くなられて初めてのお盆。 ましてや葬儀が近かった場合や、故人が若くして亡くなられた場合は、まだ家族の悲しみも癒えていない場合も多いため、お供え一つとってもとても神経をつかいます。 故人と同じ年頃の子を見るのもつらいと思われるかたもいれば、子供のことを忘れないでいてくれて本当にありがとう!と大変喜ばれることも多いのも事実です。 まずは、お参りさせてもらっていいですか?と先方に電話し、了解を得るのが大前提。 初盆にお参りさせてさせてもらおうか、どうしようか迷ったら、まずは先方に連絡して、訪問、もしくは宅急便でお供えをおくらせていただきましょう。 関連記事.

次の

初盆香典/新盆 香典マナー》表書き/香典袋/書き方/お返し/のし袋/香典返し

初盆 参り 香典

新盆と初盆は違いがあるの? 新盆と初盆と耳にしたことがあると思いますが双方に違いがあるのでしょうか? 答えは新盆と初盆は同じです。 地域などによって呼び方が違うだけです。 ここでは初盆で諸々紹介していきます。 初盆はいつ迎えるの? 初盆は故人が亡くなってから忌明け きあけ いわゆる49日が過ぎてから初めて迎えるお盆をいいます。 ですので49日が過ぎていない内にお盆が来てしまう場合には翌年に初盆を迎えます。 初盆の時期はいつ? 初盆の時期は通常のお盆と同じ時期です。 地域によって7月と8月に分かれます。 いずれも日にちは15日ですので7月15日か8月15日になります。 初盆の香典の金額は身内はいくら? 初盆を迎えるにあたり法要に出席する親族、身内の人は香典 不祝儀 を包みます。 香典を包むのは分かっていても実際に身内の立場でいくら包めば良いのか悩みますよね? ココでは初盆で身内は香典をいくら包むのが一般的なのか相場を紹介します。 ・故人が祖父、祖母の場合の相場は5千円~1万円 ・故人が父、母や兄弟姉妹の相場は1万円~2万円 上記が初盆で身内が包む一人あたりの香典の一般的な相場です。 ですので夫婦で包む場合には1人1万円だったら2万円になります。 お斎 おとき 食事会に参加の場合 初盆の法要の後にお斎 おとき 食事会があり出席する場合には別途一人あたり3千円~1万円を香典にプラスで包みましょう。 提灯代も包む場合 初盆の時には初盆用の白い提灯を玄関か窓際、仏壇の前に飾ります。 通常のお盆での提灯は絵柄の入った物になりますが初盆の場合には家に戻ってくる故人が迷わず戻って来れるよう白の提灯を飾ります。 提灯代を包む場合には1人あたり3千円が相場です。 こちらも香典にプラスして包みましょう。 地域の風習や家族によっては金額が違ったり香典は包まない、受け取らない場合がありますので事前に家族や親戚に確認を取ることをおすすめします。 スポンサーリンク 初盆の香典に包むお札の注意点 初盆で香典に包むお金、お札ですがお葬式の時ほど神経質になる必要は無いのですが出来るだけ下記の注意点を心掛けて下さい。 ・4と9は死と苦を連想する数字になりますからお札の枚数や金額が4や9にならないようにしましょう。 ・お葬式の時の香典と同じように新札を包まないようにしましょう。 もし新札しか無い場合には一度2つ折りにし折り目を作ってから包みましょう。 ・程良い使用感のあるお札を用意しましょう。 あまりにもしわくちゃなお札では逆に失礼にあたります。 ・絵柄は揃えて顔の面は裏にし顔が下にくるようにしましょう。 初盆での香典 不祝儀 袋の選び方と書き方 初盆の身内が包む香典の一般的な相場が分かって頂けた思います。 次に用意し準備するものは香典袋です。 その香典袋 不祝儀袋 の選び方と書き方を紹介します。 初盆での香典袋 不祝儀袋 の選び方 初盆で香典を包む袋ですが表書きを書く場合、もしくは既に印刷されている香典袋を選ぶ場合に注意する点があります。 間違っても「御霊前」と書いたり選んだりしないで下さい! 御霊前はお通夜、告別式などお葬式で香典を包む時の表書きに使うものです。 初盆の時には「御仏前」「御佛前」「御供物料」と表書きに書くか選ぶようにして下さい。 初盆での香典袋の水引の選び方 香典袋の水引もお葬式と初盆では違います。 お葬式の時の香典の水引は黒白の結び切を使います。 初盆の時の水引は双銀や藍銀、黄白の結び切りを使うのが一般的です。 こちらも間違えないよう十分に注意して下さい! 初盆での香典袋 不祝儀袋 の名前の書き方 独身の場合には中央にフルネームを書きます。 夫婦の場合でも基本連名で書く必要はなく旦那さんの名前をフルネームで書きます。 但し、故人と奥さんが親しかった場合には連名で旦那さんの名前の左横に名前だけを書きましょう。 初盆での親戚の服装は? 初盆に出席する場合、家族、親戚関係などの身内の服装は基本的には喪服です。 ただ夏の暑い時期ですので喪服が冬用の厚い生地のものしか無い場合などは周りの喪服の人達と違和感のないような服装なら大丈夫です。 まとめ 初盆を迎えるにあたって身内が包む香典の相場や、その他の知っておくべき一般的な常識を紹介しました。 初盆は故人が亡くなってから初めて迎えるお盆です。 手厚く行われるものですから失礼がないようにしたいものです。 出席する側として万全を期して故人を偲びましょう。 今回の記事が快適な生活を送るお手伝いになれたら幸いです。 最後までお読み頂き有難うございました。

次の

初盆参りの服装や挨拶と香典の金額相場

初盆 参り 香典

初盆の香典の金額 孫の場合相場はいくら? 祖父や祖母が亡くなってから初めて迎えるお盆では、御仏前をいくら包むのが一般的な常識なのか。 孫の場合は5千円~1万円というのが大体の相場です。 孫の場合は、と書きましたが、これは実子でも親戚でも金額にそこまで差はありません。 たまに「孫なんだし、実子である父 母 と同じ金額じゃ高い?」と気にされる人もいるようですが、それはお葬式やお通夜の香典の場合です。 初盆であれば、親族の場合金額の上下はさほどありません。 ただし法要 お坊さんにお経をあげてもらうこと と法事 法要後の食事を含む の両方を行うのかどうか、場所がお寺なのか家かによっては事情が変わってきます。 ですが実家や本家で法事まで行う人が大半でしょうから、お坊さんにお経をあげてもらい人数分の食事も用意してもらうと考えた場合は、1万円が相場になります。 この1万円というのは一人につき、ということではなく「一家族」で1万円という考え方なので、結婚式とは違い初盆の場合は一家族で1万円にしても問題ありません。 実際祖父の初盆で集まった孫達は、夫婦だろうが子供含めた5人家族だろうが皆1万円でした。 20代で独身の孫はご仏前はなしでした ただどこの家も会食があるかといえば、法要のみ お経をあげて終わり の場合もあると思いますので、その時は5千円でも構わないかと思います。 法要のみであれば5千円、法要含め会食ありの法事を行うのであれば1万円が相場となります。 実家なり本家に行くとなれば、手土産を持って行かなきゃ!って気になりますよね。 この場合のお供物品は何がいいのか?ですが、お供物品はまず仏壇にお供えされた後にお下がりとしていただくことが多いので、分けやすいお菓子などがいいでしょう。 この辺りは故人の好きだったものか用意する人の好みか難しいところですが、あとでいただくのは集まった人々なので、親族の好みを考えた方がいいです。 日持ちのするお菓子やゼリー、羊羹などですね。 どれも個包装のものを選びましょう。 もし集まる親族と相談できるのであれば、誰が何を持って行くなど確認がとれるといいですね。 この場合お供物品が2千円かかるならご仏前は8千円でいいのかな?と考える方もいらっしゃるのですが、お供え物とご仏前はあくまでも別の物と考えておきましょう。 一般的に香典袋の表書きとして用いられるものは以下の 「御霊前・御香料・御香典・御仏前・御佛前」ですが、神式であれば「御霊前・玉串料・御榊料」キリスト教なら「御花料」 というように、表書き1つとっても様々です。 ただこれを一々相手の宗教は?宗旨宗派は?と考えると面倒なので 汗 おそらく仏教だろう、というのさえ分かれば「御仏前・御佛前」 ただし御霊前は浄土真宗だと使えない 仏教かどうかも分からない場合であれば「初盆御見舞・御供物料」などが無難です。 事前に確認がとれれば悩まずに済むので、あらかじめ聞いておくことをおすすめします。 水引は黄白水引の結び切り 関西ではこれが主流 もしくは黒白か双銀水引の結び切りを選びます。 名前の書き方なのですが、葬儀・法要の場合は一つの家から一つという考えがありますので、世帯主の名前を書いておきます。 自分の祖父母なのに?と疑問に思われるかもしれませんが、結婚式の時とは違いますので、あくまでも一家族として考えます。 なので香典袋の名前の書き方は、旦那様のフルネームのみとなります。 決して夫婦連名にはしないでくださいね お供え物につける掛紙は「御供」が一番適しており、旦那様のフルネームを書きます。 誰からもらったのかが一目で分かるように、のし 掛紙 は内のしではなく外のしにしておくのがよいですね。 まとめ いかがだったでしょうか。 祖父母の初盆で孫はいくら包むべきか、お供え物はどうするのか。 それぞれ金額の相場やのしの表書きの書き方などをご紹介させていただきました。 ですがこれはあくまでも相場でしかないので、地域や各家庭での考え方や宗旨・宗派によっては、この金額!と決まっていることもあります。 あと地域での考え方の違いって、田舎の方は特に多い傾向があります。 集まる親族によっては何を言われるか分かりませんし、気心知れた身内ばかりで行うわけではない場合は、ご両親やその土地の知り合いに確認しておくことをおすすめします。

次の