アイフォン se ドコモ。 2020年発売 iPhone SE(第2世代)の評価レビュー|買う理由と買わない理由

2020新型 iPhone SE(第2世代) 在庫状況・予約入荷状況一覧【ドコモ au ソフトバンク 】

アイフォン se ドコモ

新しいiPhoneの話題が出るのと同時に、大体いくらになるか、っていう予想もありますよね。 でもいつも性能のいいスマホやiPhoneは価格が高い・・・ それに加えて事務手数料などなど。 本体価格代以外にもかかるものを考えると金額的にも大変。 しかも去年の8やXからこれまでiPhoneにはかからなかった頭金がかかっているような? そうなると総額がかなり高くてお財布が痛すぎるー!という人(私かな)もいるでしょう。 実際、去年の8やXの購入で「頭金かかるの?!」っていう声、多かったんですよね。 iPhoneユーザーだったら突然iPhoneにかかった頭金の存在に気付いたことでしょう。 ではなぜいきなり頭金がかかるようになったのか、どうしてなのか? iPhoneの頭金、支払わなくてもいいのか?支払わない方法はあるのか、を調べてきました! 目次• ドコモのiPhoneに頭金がかかった経由 iPhoneはかつて頭金を設定していませんでした。 というのも アップルからの価格提示があり、頭金の設定が禁止されていたんです。 そして販売ノルマもありました。 売らなければならないワケなので、そうなると頭金を設定しないほうがお客さんもやっぱり 「こっちの方がお得じゃん!」て買ってもらえると思ってた部分もあるでしょう。 しかしながら2017年からは総務省有識者会議の中において、 iPhoneだけがキャリアによって価格を決めるのはおかしいでしょ、ということで 「価格を決定するのが独占禁止法にふれる」と通達されたんですね。 総務省的には価格を下げるためにそういう風に言ったらしいのですが 役所仕事ってホント、なんでこう、結果が悪くなることが携帯業界では度々起こるよね笑 この通達の結果、ショップ側の裁量で価格を決められるようになっちゃったんですね。 「じゃ~儲かる頭金つけちゃお!iPhone売れるし万々歳じゃんw」(本当にそう思ったかは不明だけど) という現象が起きて、iPhoneにも頭金が堂々とかかるようになったというわけです。 図ではこんな感じで説明されていました。 ドコモ的には頭金を設定してしまうのは嫌だという部分があるみたいなのですが 総務省が「価格競争させろ」というので仕方なしに頭金OKにしたため、販売を委託されている 販売代理店であるドコモショップは自由に頭金を設定するようになりました しかも新型iPhoneに関しては「売れる」見込みもあるうえに ショップ側の裁量での頭金の設定、ということで 1万円の頭金、なんてこともふつうに起こりました。 ドコモでは大体8640円くらいが多いみたいですね。 もし頭金はとりたくないとか思ってたら それこそ3240円とか、安くもできるでしょう。 それをしないってことは、ショップ側の利益のために(ギラギラ)という気持ちが見えてきます。 「でもうちの近くのショップは頭金3240円で安かったよ!」と言う人もいるでしょう。 頭金はショップが好きに決められるのでどこでも同じというわけではありません。 同じドコモなのに?と思った人もいるでしょう。 これは後程説明いたします。 iPhoneの機種変更にかかる頭金の相場 発売時期や機種の新しい古いは関係してきますが 例えばiPhone7やSEの場合には5400円程度の頭金が主流なようです。 iPhone8~Xにおいては8640円という頭金の設定が多く 高いところでは10800円というのも見られました。 上の写真では8が5400円と安い設定ですね。 もしかしたら売りさばいてしまいたい機種に関しては 頭金はもう少し安く設定していたりするかもしれません。 あとは土地柄地域柄、というのは関係してくるでしょう。 特に競合店がない、その地域に1店舗しかない場合には 価格競争をする必要がなくなってしまうため 店舗の利益のために頭金が高く設定されている、という事例は多くみられています 逆に都心部で競合店が多い場合には、価格競争がおきて、頭金が安い場合などもあります。 先ほどの画像の8の頭金が安いのは、価格競争のある地域というものもあり 頭金が安かった、というパターンの一つと理解してよいでしょう。 iPhoneの頭金は拒否できない? ハッキリ言ってしまうと「 拒否はできません」という回答になります。 それはショップで決めたこと、他の顧客にもそうしているいるように 「拒否して回避できるもの」ではないんですね。 また商売をしている人ならわかると思いますが、利益をきちんと出さなければ成り立たない。 だからこその設定、という面も否定できません。 そこは致し方のない部分でもあると思いますね。 ただこれは分割払い(割賦払い)に頭金は発生しています。 まとまったお金があって支払える人は 一括払いにすれば 頭金を払わなくても済む場合があります。 でもやっぱ高いですからね~ わざわざ一括払いで一気にお金を払うのではなくて 分割にしたいと思う人のほうが大半だと思います・・・ また頭金をなくすためにオプション加入などもありますがこれもすこぶる面倒ですよね。 もし「店頭でごねまくって拒否したら頭金ナシで買えた!」とかいう人がいたら それは立派なクレーマーみたいなものですし 客という立場を勘違いしている痛い人なので絶対真似しないように。 それは立派な伝説でも武勇伝でもありません。 そんなに頭金を払いたくないのなら、頭金のないショップを探すか オンラインショップしかないでしょう! オンラインショップではなぜ頭金が設定されていないのか ドコモのショップは「ドコモのもの」って思ってませんか? 実は 直営店はオンラインショップのみで、街で見かけるドコモショップは ただの委託店なんですよ。 上記で頭金がそれぞれのショップで違うという理由は ドコモショップと呼ばれている街の店舗はすべて販売代理店の委託店であって ドコモそのもののお店ではないのです。 つまり店が違えば経営者も違う。 ドコモだけど・・・ドコモじゃないっていう不思議な事実があるのです。 一方でドコモオンラインショップは、頭金を設定している「販売代理店」であるドコモショップとは違い ドコモの直営店なので頭金を支払わなくても良いのです。 販売手数料という頭金をとる必要がないのです。 ちょこっと難しい話になるかもしれませんが「販売店」と「販売代理店」て違いがあり いわゆるドコモショップ=販売代理店は 商品の売り込みをして、販売手数料を貰う仕組みになっているんですね。 ただドコモオンラインショップは販売店となるため ダイレクトに売買しているため、販売手数料というものがかからなくなるんです。 賃貸に例えてみましょうか。 大家さんと直接やりとりをして契約し賃貸を支払うのと 賃貸を扱う不動産屋でやりとりをして仲介手数料を支払う こういう違いに近いのかもしれませんね。 ともあれ、オンラインショップは購入する側からすると非常にありがたい存在であることは確かです。 どうせ買うならオンラインショップで安く購入 ドコモオンラインショップって知ってますか? マイドコモなどは知られてるのですが意外とドコモオンラインショップって知られてないんですよね。 今やネットを使い契約の確認や変更、アクセサリーの購入はもちろん 機種変更もできちゃうんです。 ドコモオンラインショップでの機種変更はかなりおとくなんです。 ドコモを使っており機種変更するならなぜドコモオンラインショップを使わないともったいないです。 そんなメリットをご紹介しましょう。 まずは時間的なメリットが大きいです。 ドコモショップって混んでますよね?今は店舗予約なんかできるようになりましたが それでも家からドコモショップへ行って、契約してなんかしていると2,3時間はかかりますよね? しかしドコモオンラインショップだと15分もあれば契約終了しちゃいます。 まずはドコモショップや家電量販店に行く時間の節約、契約にかかる時間の節約ができるんです。 続いては経済的なメリットです。 ドコモショップや家電量販店で機種変更すると3000~10000円程度の頭金という謎のお金が取られます。 またドコモショップや家電量販店だと機種変更の際に2000円の機種変更事務手数料がかかります。 それがドコモオンラインショップだと無料なんです。 2018年9月1日(土曜)以降 すべてのお手続きにおいて事務手数料が無料となりました。 ですので金銭的に5000~12000円程度おとくなんです。 時間的なメリット、金銭的なメリットがとても大きいのでぜひドコモで機種変更するなら ドコモオンラインショップを使った方がいいでしょう。 ただ機種変更にあたり、初期設定や電話帳の移行が不安。 色々相談したいという人もいるでしょう。 そんな人へおすすめなのがドコモオンラインショップは受取場所を 自宅またはドコモショップと選べます。 ですのでドコモショップで受け取りにすれば初期設定や相談などもできるでしょう。 金額はドコモオンラインショップの安いままで ドコモショップで買ったのと同じようなサービスを受けられるのでおすすめですよ! まぁ、自宅で受け取って設定できなかったらショップにもっていってもやってもらえるし 詳しい説明書があるんで自分でも十分やることはできると思いますよ。 ドコモオンラインショップはこちらです。

次の

ドコモでiPhone SE(第2世代)を予約・在庫確認する方法と適用キャンペーン紹介

アイフォン se ドコモ

当記事では、NTTドコモで購入したiPhoneをウェブサイト(My docomo)経由でSIMロック解除する方法を解説します。 SIMロック解除の手続きはウェブサイト以外にも、電話またはドコモショップ店頭でも受け付けていますが、無料で行えるのはウェブサイトのみです。 SIMロック解除が可能な機種やタイミングはそれぞれ異なるので、受付条件の詳細は以下の記事で確認してください。 しかし、一度SIMロック解除をすると、基本的に再びSIMロックをすることはできなくなるので(再度SIMロックする意味はほとんどないと思いますが)、他社のSIMカードを使いたいなど明確な目的がある場合のみ、SIMロック解除をするようにしましょう。 SIMロック解除が完了したか確認する方法 他社のSIMカードがない場合、iPhoneをバックアップ後、初期化して復元すれば、SIMロック解除は完了します。 しかし、通常と何ら変わらず復元されるので、本当にSIMフリー化されたかどうかを確認することができません(確認方法がないだけで、実際はSIMロック解除しています)。 それでは不安だという方は、iPhoneをUSBケーブルでパソコン(Windows)につなぎ、iTunesを起動した状態で初期化・復元するようにしてください。 iPhoneの復元方法は、iCloudバックアップでもiTunesバックアップでもどちらでも構いません。 初期化が終わったあたりで「デバイスからアクティベーション情報を取得できなかったため、iPhoneをアクティブにできませんでした。 」というiTunesの画面が出ることもありますが、問題ないのでそのまま先に進めてください。 最終的に以下の内容がiTunesに表示されます。 アクティベートが完了すると、ホーム画面に切り替わりSIMロック解除が完了します。 今回はドコモで購入したiPhone 11 Proにau回線ののSIMカードを挿入して操作を進めたので、ロック画面やコントロールセンターのステータスバーのキャリアロゴが「au」に変わりました。 SIMロック解除をした端末で格安SIMを使う場合、基本的に格安SIM各社が提供するAPN構成プロファイルをインストールする必要があります。 SIMカードをiPhoneに挿入するだけで使えます。 もちろん、今まで使っていたドコモのSIMカードも、これまで通り使うことができます。

次の

2020年発売 iPhone SE(第2世代)の評価レビュー|買う理由と買わない理由

アイフォン se ドコモ

iPhone SE 第二世代 とは 画像引用:Apple公式サイト 2016年3月に発売されたiPhone SE。 その後継機となる第二世代端末が2020年に登場。 大人気のiPhone SEは、その後継機が発売される時期などが注目を集めていました。 遂に初代発売から4年の時を経て、第二世代となるiPhone SEが発売となります。 2020年4月16日、iPhone SEの後継機が発売されることがAppleから発表されました。 発売されるのは、本家Appleと3大キャリア ドコモ・ソフトバンク・au です。 ドコモのiPhone SE 第2世代 いつ発売? ドコモでもiPhone SEの発売を決定しています。 具体的なスケジュールは後述しますが、コロナウィルスの影響もあり、発売日は延期となりましたが、予約受付は予定通り2020年4月20日より開始。 人気が殺到することが予想されるため、予約はお早目にしておくことをおすすめします。 ドコモのiPhone SE 第2世代 端末価格は高い? ドコモのiPhone SEの価格をご紹介します。 64GBが57,024円、128GBが62,568円、256GBが75,240円。 最近のiPhoneは端末価格が高いイメージもありましたが、今回はお手頃な価格で購入できるようになっている点も大きな魅力です。 容量 端末代金 税込み スマホお返しプログラム 税込み 64GB 57024円 38,016円 128GB 62,568円 41,712円 256GB 75,240円 50,160円 ドコモでは、端末を返却するシステム「スマホお返しプログラム」を適用させることで、大幅な割引が適用されるようになっているため、さらにお得に購入できるでしょう。 また、他社からドコモへとMNPで契約する場合にはさらにお安くお求めになれます。 少しでも安く手に入れたいという場合は、キャリアを超えてお得にiPhoneを契約するという方法も良いでしょう。 ドコモのiPhone SEはキャリアと比較しても高い? ドコモ以外のキャリアではiPhone SEの値段設定はどのようになっているのでしょうか。 auの場合 64GB:55,270円 128GB:61,250円 256GB:75,215円 ソフトバンクの場合 64GB:57,600円 128GB:64,080円 256GB:78,480円 ドコモのiPhoneは高いというイメージをお持ちの方もいますが、今回のiPhone SEは、auよりは高いものの、ソフトバンクのほうが高い設定になっています。 ドコモのiPhone SEのスペック 画像引用:Apple公式サイト 気になるiPhone SEのスペックをご紹介します。 7インチ サイズ 高さ138. Touch IDが組み込まれているので指紋認証が行える iPhone SEは5G非対応 ドコモでは2020年3月25日に5Gのサービスが開始されましたが、今回のiPhone SEに関しては5G非対応となっています。 しかし現時点では使えるエリアも限定的であるため、iPhoneSEが5G非対応であること自体は大きなデメリットではないでしょう。 ドコモのiPhone SE 第2世代 を予約する方法 ドコモのiPhone SEを購入したい場合、事前に予約をしておくことをおすすめします。 注目が集まっていることやコロナウィルスの影響もあり、発売日に購入しようとしても、在庫がなく、すぐに入手することが困難になる可能性があるためです。 ドコモのiPhone SE 第2世代 に関するアナウンス 画像引用:Apple公式サイト 予約をしても、在庫状況やコロナウィルスの関係でお届けが遅延することもアナウンスされている状況ということを把握しておきましょう。 ドコモのiPhone SE 第2世代 の在庫確認 注目を集めているiPhone SEだからこそ、予約が殺到することも予想されます。 在庫状況を確認したい場合は、以下の方法などで確認してみてください。 ドコモショップに確認 お近くのドコモショップなどに電話で確認します。 色と容量も含めて指定するとスムーズかもしれません。 もしくは、とりあえず在庫があるものを全て教えてもらっても良いかもしれません。 しかしコロナウィルスの影響により、ドコモショップの窓口業務を縮小しているため、在庫確認が難しい場合や時間がかかる可能性もあるでしょう。 オンラインショップの情報をチェック オンラインショップならすぐに確認できるようになっています。 容量と色を指定した上で在庫の記載を確認してみましょう。 家電量販店や代理店 ドコモのスマホを扱っている家電量販店や代理店も、在庫状況を確認できるでしょう。 担当者に繋いでもらい、確認します。 ドコモのiPhone SE 第2世代 に関するスケジュール 予約開始日 2020年4月20日午前10時 購入手続き開始日 2020年5月8日 商品のお届け日 2020ね5月22日以降、順次 コロナで外出自粛中はWEB上での予約がおすすめ コロナウィルス感染拡大のため、外出自粛要請が出ています。 感染拡大防止の観点からも、iPhone SEを購入する際はインターネット上での予約や手続きをおすすめします。 当サイトでも、ドコモのスマホをお取り扱いしています。。 是非お問い合わせください!.

次の