やまね あやの ファインダー。 ファインダーの 最新刊の発売日をメールでお知らせ【コミックの発売日を通知するベルアラート】

やまねあやの

やまね あやの ファインダー

政財界ともつながりが深い。 冷酷な性格をしていて、表情はいつもクール。 しかしそんな彼を慕う部下は多い。 香港マフィア。 アジアを拠点とする巨大麻薬シンジケートのトップ。 マカオを拠点にカジノの利権を狙っている。 麻見のことを崇拝しているが、崇拝しすぎて、自分の手に入らない麻見を裏切った 「ファインダーの鼓動」のここがおすすめ 「プレイ・イン・アビス」佳境に突入です! 「ファインダーシリーズ」の特徴として、一つのストーリーにサブタイトルがついています 7巻よりスタートした「プレイ・イン・アビス」では、麻見の部下であった須藤が、麻見の知らないところで兵器の横流しをしようとする。 しかし、秋仁がスクープした大物議員のスキャンダル写真のせいで、それが失敗に終わる。 麻見に強い羨望と執着を持つ須藤だが、麻見に見捨てられる。 そして、須藤が逮捕された夜・・・ 麻見と秋仁はマンションで何者かに襲撃されます。 追い詰められ危機一髪のところをヘリでその場を逃げることができたのですが・・・ 9巻の冒頭では!修行僧のかっこうでお寺の庭掃除をする秋仁・・・ あれ?一瞬、別の話が始まったかと思っちゃいましたよ・・・・ そしたら、どうも、麻見に置いていかれちゃったようです 回想では、あのマンションの銃撃戦のあと、「俺はおまえがそばにいると自分の身が守れない。 今は俺のために大人しくしていてくれ」と頼まれ、やさしくキスされて別れています 麻見ならきっと大丈夫だと信じて、そのときは別れたけど・・・不安ですよね・・・・ 秋仁はなんとか麻見に連絡を取ろうとしますが、電話もメールもつながらない・・・・ 待っているだけの身になる秋仁ですが、今、自分にできることを誠一杯やろうとご護身術の訓練に励むのできりす その頃、麻見は、自分を襲撃したものが何者なのか?はっきりさせるために香港にいる 香港は、香港マフィアの飛龍の庭 麻見が香港にきたことで飛龍にも火の粉がふりかかり、飛龍自ら、麻見に接触するのです しかし、敵はそれも計算のうちのようで、飛龍をつけて、麻見のいるビルを再び襲撃します 敵対していた麻見と飛龍が同じ敵と戦うシーンはほんとかっこよくてドキドキします! そして、飛龍は麻見を安全な場所に移そうとする そして、麻見を襲った連中にロシアン・マフィアのミハイルが関係していると知り・・・ 自分の身体を差し出してまで、ミハイルにその組織の壊滅を頼むのです 海ホタルの感想 「ビーボーイゴールド」で読んでいたんですけど、部分的に話がつながらず「?」って部分があったんですねー けど、コミックで一気読みして、ようやく話が一本に繋がりました!!! 飛龍のエロシーンは、ほんとよかったです!! そこに甘さはないんだけど、麻見のためにそこまでするのか?っていう飛龍の持つ複雑な感情にドキドキしました 敵対しているのにね!ライバルなのにね! でも、麻見と秋仁がずっと離れ離れなのが、やはり、少々さびしかったですね・・・ それでも、ちらほらと麻見が秋仁のことを一番に思っていると思えるシーンがあって・・・ そこは読んでいてうれしかったです あと!!本編がかなりシリアスな分のお楽しみの巻末マンガは、秋仁が友達の赤ん坊を一時預かるってお話でした 赤ちゃんをあやしながら「麻見の子供だったら可愛いだろうな」って思う秋仁がかわいすぎます!! そんな秋仁を見て、ニヤニヤしながら「お前、ガキが欲しくなってるんじゃないのか?」と聞く麻見にもズッキューーーーンって感じです 秋仁なら赤ちゃん産めるんじゃないですかね?産んでほしいですよね! はっ!!脳内で二次創作が始まってしまう!!!!笑!!! 小冊子の方は、戦隊モノです。

次の

ファインダーシリーズ

やまね あやの ファインダー

政財界ともつながりが深い。 冷酷な性格をしていて、表情はいつもクール。 しかしそんな彼を慕う部下は多い。 香港マフィア。 アジアを拠点とする巨大麻薬シンジケートのトップ。 マカオを拠点にカジノの利権を狙っている。 麻見のことを崇拝しているが、崇拝しすぎて、自分の手に入らない麻見を裏切った 「ファインダーの鼓動」のここがおすすめ 「プレイ・イン・アビス」佳境に突入です! 「ファインダーシリーズ」の特徴として、一つのストーリーにサブタイトルがついています 7巻よりスタートした「プレイ・イン・アビス」では、麻見の部下であった須藤が、麻見の知らないところで兵器の横流しをしようとする。 しかし、秋仁がスクープした大物議員のスキャンダル写真のせいで、それが失敗に終わる。 麻見に強い羨望と執着を持つ須藤だが、麻見に見捨てられる。 そして、須藤が逮捕された夜・・・ 麻見と秋仁はマンションで何者かに襲撃されます。 追い詰められ危機一髪のところをヘリでその場を逃げることができたのですが・・・ 9巻の冒頭では!修行僧のかっこうでお寺の庭掃除をする秋仁・・・ あれ?一瞬、別の話が始まったかと思っちゃいましたよ・・・・ そしたら、どうも、麻見に置いていかれちゃったようです 回想では、あのマンションの銃撃戦のあと、「俺はおまえがそばにいると自分の身が守れない。 今は俺のために大人しくしていてくれ」と頼まれ、やさしくキスされて別れています 麻見ならきっと大丈夫だと信じて、そのときは別れたけど・・・不安ですよね・・・・ 秋仁はなんとか麻見に連絡を取ろうとしますが、電話もメールもつながらない・・・・ 待っているだけの身になる秋仁ですが、今、自分にできることを誠一杯やろうとご護身術の訓練に励むのできりす その頃、麻見は、自分を襲撃したものが何者なのか?はっきりさせるために香港にいる 香港は、香港マフィアの飛龍の庭 麻見が香港にきたことで飛龍にも火の粉がふりかかり、飛龍自ら、麻見に接触するのです しかし、敵はそれも計算のうちのようで、飛龍をつけて、麻見のいるビルを再び襲撃します 敵対していた麻見と飛龍が同じ敵と戦うシーンはほんとかっこよくてドキドキします! そして、飛龍は麻見を安全な場所に移そうとする そして、麻見を襲った連中にロシアン・マフィアのミハイルが関係していると知り・・・ 自分の身体を差し出してまで、ミハイルにその組織の壊滅を頼むのです 海ホタルの感想 「ビーボーイゴールド」で読んでいたんですけど、部分的に話がつながらず「?」って部分があったんですねー けど、コミックで一気読みして、ようやく話が一本に繋がりました!!! 飛龍のエロシーンは、ほんとよかったです!! そこに甘さはないんだけど、麻見のためにそこまでするのか?っていう飛龍の持つ複雑な感情にドキドキしました 敵対しているのにね!ライバルなのにね! でも、麻見と秋仁がずっと離れ離れなのが、やはり、少々さびしかったですね・・・ それでも、ちらほらと麻見が秋仁のことを一番に思っていると思えるシーンがあって・・・ そこは読んでいてうれしかったです あと!!本編がかなりシリアスな分のお楽しみの巻末マンガは、秋仁が友達の赤ん坊を一時預かるってお話でした 赤ちゃんをあやしながら「麻見の子供だったら可愛いだろうな」って思う秋仁がかわいすぎます!! そんな秋仁を見て、ニヤニヤしながら「お前、ガキが欲しくなってるんじゃないのか?」と聞く麻見にもズッキューーーーンって感じです 秋仁なら赤ちゃん産めるんじゃないですかね?産んでほしいですよね! はっ!!脳内で二次創作が始まってしまう!!!!笑!!! 小冊子の方は、戦隊モノです。

次の

ファインダーシリーズ

やまね あやの ファインダー

麻見に会うために香港にやってきた秋仁。 不時着した二人が意識を取り戻すと、そこは無人島だった。 敵も、邪魔も、二人を隔てるものは何もない。 そこにいるのは目の前の男だけ。 コミックス情報 3種の限定版が発売!! やまねあやの先生「サイン会&トークショー」 やまねあやの先生サイン会&トークショー開催のお知らせ 「ファインダーの蜜月」アニメイト限定版の発売を記念して、アニメイト名古屋にてサイン会&トークショーを開催致します。 申込期間: 2019年10月11日(金)~2019年12月9日(月) イベント内容: トーク&サイン会 当選発表: 2019年12月中旬頃予定• 麻見の身を案じる秋仁は脱走を図るが、僧侶・道寛に連れ戻されてしまう。 秋仁の気持ちと覚悟を察した道寛は、秋仁に護身術や銃の扱いを教えるのだった。 一方、麻見は組織を守るため世界中を飛び回っていた。 香港に降り立つ麻見を迎えるのは、因縁のライバル・飛龍!麻見と秋仁は再会できるのか…!?

次の