競馬 ドーピング。 薬物(ドーピング)検査

ディープインパクト禁止薬物検出事件

競馬 ドーピング

古典的なドーピングの手法としてはや、などの投与が挙げられる。 日本の競馬においては競馬法第31条で「競走馬の競走能力を一時的に高める薬品又は薬剤を使用した者」への刑事罰を規定し、中央競馬では日本中央競馬会の競馬の施行等に関する規約第56条・第59条・別表2で禁止薬物が規定されておいる。 おもなドーピング事例• ヒサヨシに関する事例()• に関する事例()• に関する事例(ステートジャガー事件) 薬品によってはドーピングの対象となるかどうかについて、主催者によって異なる判断がなされる場合もある(たとえば欧州では自然界に存在しない全般が対象となるのに対し、日本やアメリカ合衆国では対象とされない化学物質もある)。 そのため競走馬が外国に遠征をした際に、遠征元の国では禁止されていない化学物質が遠征先の国で禁止薬物として検出され、処分が下されるケースもある(治療薬としての投与であるが、例として2006年ドバイワールドカップにおけるブラスハット、同年凱旋門賞におけるディープインパクト)。 なお主催者によって禁止指定薬物が異なることはスポーツ界においては一般的であり、禁止指定薬物リストを出場予定の主催者に照会し入手するのが通例である。 [ ] 競走馬に対して第三者が故意に禁止薬物を摂取させ、ドーピング検査によって失格に追い込もうとする企てがなされた事例も過去に存在する。 日本におけるこの種の代表的な事例としてはがある。 またステートジャガー事件について、この種の事例だったのではないかという見解がある。 2018年に発生したの事例でもこの可能性が疑われたため、容疑者不詳のまま刑事告発に至っている。 ドーピング検査の実際 競走後ただちに競馬場内にある検体所に移動し尿を採取する(上位入線馬のみ)。 その検体は即日でに送られ、検査を行う仕組みである。 禁止薬物が検出された場合は直ちに関係者に事情聴取を行い処分を決定する。 場合によっては刑事告発もなされる。 2019年12月22日閲覧。 2015年1月9日閲覧。 2015年1月9日閲覧。 2015年1月9日閲覧。 2015年1月9日閲覧。 - 電子版「ばんえい十勝劇場」 閲覧。 日本軽種馬協会「競走馬のふるさと案内所」 2013年9月17日. 2016年6月7日閲覧。 , p. , p. 130. 」 P. 25 2012年9月30日閲覧• 『』2018年7月13日(シニアBiz面)2018年10月3日閲覧。 AFP 2019年10月18日. 2019年10月18日閲覧。 公益財団法人ジャパン・スタッドブック・インターナショナル 2012年11月27日. 2015年7月21日閲覧。 財団法人日本軽種馬登録協会. 2015年7月21日閲覧。 JBISサーチ. 2018年6月1日閲覧。 JBISサーチ. 日本軽種馬協会. 2018年6月1日閲覧。 JBISサーチ. 日本軽種馬協会. 2018年6月1日閲覧。 競馬道online. 2018年6月1日閲覧。 2014年2月28日閲覧。 (JRAホームページ、2009年6月4日) [ リンク切れ]• (アール・エフ・ラジオ日本「うまログ」、2009年6月6日)• JBISサーチ. 日本軽種馬協会. 2018年6月1日閲覧。 JBISサーチ. 日本軽種馬協会. 2018年6月1日閲覧。 JBISサーチ. 日本軽種馬協会. 2018年6月1日閲覧。 立川ピン製作所. 2018年6月1日閲覧。 JBISサーチ. 日本軽種馬協会. 2018年6月1日閲覧。 JBISサーチ. 日本軽種馬協会. 2018年6月1日閲覧。 日本中央競馬会『優駿』2000年5月号、p. 167• JBISサーチ. 2014年3月31日閲覧。 128• 『優駿』1987年11月号 p. , p. IFHA. 2020年3月6日閲覧。 IFHA. 2019年7月30日閲覧。 - 地方競馬情報サイト 2011年4月25日• JRA. 2020年5月4日閲覧。 , p. 172. 産経新聞 2019年1月24日. 2019年9月5日閲覧。

次の

ドーピング

競馬 ドーピング

【馬の豆知識】 ・馬とドーピング 2020年に東京でオリンピックが開催されます。 オリンピックの時期になると出てくる話題のひとつとして ドーピングがあります。 1988年、ソウルオリンピックで金メダルを獲得したベン・ジョンソンは競技後にドーピング(アナボリック・ステロイド)が発覚し、金メダルは剥奪されました。 ドーピングは「運動能力を人為的に不公正に高めることを目的にして、物質を投与したり、使用したりすること」と定義されています。 そして、もちろんドーピングは人間の競技だけではなく、乗馬の試合や競馬などでも禁止されており、厳格なチェックが実施されています。 実は人類によって初めてドーピングが行われたのは馬の競技だとされています。 古代のローマでは二輪馬車による馬の競走が行われていました。 この時代にはアナボリック・ステロイドのようなドーピングはなかったでしょうが、この競技に勝つためにハチミツに水やえん麦を混ぜた液体が馬に与えられたという記録が残っているのです。 この物質にはアルコール発酵によって、何らかの作用があった可能性があります。 元々、ドーピングという言葉は南アフリカの原住民が戦などの前に飲んだ強い酒を「ドープ」と呼んでいたことに由来しています。 ドープという言葉は英語の辞書でも馬が引き合いに出されているほどで、人間と馬との長い歴史の中でドーピングは深い関係があるのです。 しかし、現在は乗馬や競馬などでドーピングが行われることはほとんどありません。 ドーピングが発覚すると出場停止などの厳しい処分が与えられる上に、現代の厳格なドーピング検査では不正をするとまず間違いなくそれがバレてしまうのです。

次の

マキシマムセキュリティのドーピング疑惑と過去の日本のドーピング疑惑について

競馬 ドーピング

古典的なドーピングの手法としてはや、などの投与が挙げられる。 日本の競馬においては競馬法第31条で「競走馬の競走能力を一時的に高める薬品又は薬剤を使用した者」への刑事罰を規定し、中央競馬では日本中央競馬会の競馬の施行等に関する規約第56条・第59条・別表2で禁止薬物が規定されておいる。 おもなドーピング事例• ヒサヨシに関する事例()• に関する事例()• に関する事例(ステートジャガー事件) 薬品によってはドーピングの対象となるかどうかについて、主催者によって異なる判断がなされる場合もある(たとえば欧州では自然界に存在しない全般が対象となるのに対し、日本やアメリカ合衆国では対象とされない化学物質もある)。 そのため競走馬が外国に遠征をした際に、遠征元の国では禁止されていない化学物質が遠征先の国で禁止薬物として検出され、処分が下されるケースもある(治療薬としての投与であるが、例として2006年ドバイワールドカップにおけるブラスハット、同年凱旋門賞におけるディープインパクト)。 なお主催者によって禁止指定薬物が異なることはスポーツ界においては一般的であり、禁止指定薬物リストを出場予定の主催者に照会し入手するのが通例である。 [ ] 競走馬に対して第三者が故意に禁止薬物を摂取させ、ドーピング検査によって失格に追い込もうとする企てがなされた事例も過去に存在する。 日本におけるこの種の代表的な事例としてはがある。 またステートジャガー事件について、この種の事例だったのではないかという見解がある。 2018年に発生したの事例でもこの可能性が疑われたため、容疑者不詳のまま刑事告発に至っている。 ドーピング検査の実際 競走後ただちに競馬場内にある検体所に移動し尿を採取する(上位入線馬のみ)。 その検体は即日でに送られ、検査を行う仕組みである。 禁止薬物が検出された場合は直ちに関係者に事情聴取を行い処分を決定する。 場合によっては刑事告発もなされる。 2019年12月22日閲覧。 2015年1月9日閲覧。 2015年1月9日閲覧。 2015年1月9日閲覧。 2015年1月9日閲覧。 - 電子版「ばんえい十勝劇場」 閲覧。 日本軽種馬協会「競走馬のふるさと案内所」 2013年9月17日. 2016年6月7日閲覧。 , p. , p. 130. 」 P. 25 2012年9月30日閲覧• 『』2018年7月13日(シニアBiz面)2018年10月3日閲覧。 AFP 2019年10月18日. 2019年10月18日閲覧。 公益財団法人ジャパン・スタッドブック・インターナショナル 2012年11月27日. 2015年7月21日閲覧。 財団法人日本軽種馬登録協会. 2015年7月21日閲覧。 JBISサーチ. 2018年6月1日閲覧。 JBISサーチ. 日本軽種馬協会. 2018年6月1日閲覧。 JBISサーチ. 日本軽種馬協会. 2018年6月1日閲覧。 競馬道online. 2018年6月1日閲覧。 2014年2月28日閲覧。 (JRAホームページ、2009年6月4日) [ リンク切れ]• (アール・エフ・ラジオ日本「うまログ」、2009年6月6日)• JBISサーチ. 日本軽種馬協会. 2018年6月1日閲覧。 JBISサーチ. 日本軽種馬協会. 2018年6月1日閲覧。 JBISサーチ. 日本軽種馬協会. 2018年6月1日閲覧。 立川ピン製作所. 2018年6月1日閲覧。 JBISサーチ. 日本軽種馬協会. 2018年6月1日閲覧。 JBISサーチ. 日本軽種馬協会. 2018年6月1日閲覧。 日本中央競馬会『優駿』2000年5月号、p. 167• JBISサーチ. 2014年3月31日閲覧。 128• 『優駿』1987年11月号 p. , p. IFHA. 2020年3月6日閲覧。 IFHA. 2019年7月30日閲覧。 - 地方競馬情報サイト 2011年4月25日• JRA. 2020年5月4日閲覧。 , p. 172. 産経新聞 2019年1月24日. 2019年9月5日閲覧。

次の