ギター 腱鞘炎。 初心者必見!ギターで手首が腱鞘炎にならないための気をつけるべきこと

未経験プログラマー物語【第三章 テスター編④】腱鞘炎対策

ギター 腱鞘炎

テスターとして配属され数カ月。 今日もひたすらExcelでテストデータを作る日が続きます。 自宅ーーー 半灰「ただいまー」 妻「おかえりなさい。 そろそろご飯よ」 半灰「ありがとう。 今日も疲れたわー。 気分転換にギターでも弾いて待ってようかな」 そういっておもむろにギターを弾き始める。 半灰「いてっ。 あぁテストデータを作りすぎで右手首が痛いなぁ」 妻「大丈夫?病院行ったら?」 半灰「だましだましやっていたけどこりゃあ腱鞘炎になりかけてるかな…。 これが職業病ってやつか?なんとかしなきゃなぁ…。 」 解説 Excelでコピペを繰り返すことによって手首が腱鞘炎になってしまったようですね。 実はこれは対策が出来て、おすすめはマウスパッドを使うことです。 ただのマウスパッドではなく、手首のところにクッションがあるタイプが効果的です。 マウスパッドがない状態でマウスを握るとどうしても手首を返す角度がついてしまい手首に負担がかかります。 しかしクッションがあればマウスに対して手首が平行になり負担を減らすことができます。 私も実際腱鞘炎になりかけたことがありますが、クッションつきのマウスパッドを使うことで手首の負担が減り、腱鞘炎が解消しました。 1000円くらいで買えるのでおすすめです。 半灰「マウスパッドを使うようになってから手首の調子がよくなったよ!」 妻「よかったわね」 半灰「これでこれからもテストデータを作れそうだよ。 (でもそもそもこの作業ってもっと楽にできないのかなぁ…)」.

次の

感動の最終回! アカッチがギター腱鞘炎を完治させた方法と再発防止のためにすべき事

ギター 腱鞘炎

経験的に体の自然治癒は常温 普通の温度 が1番早いです。 火傷、スポーツでの怪我などでも共通して言えることですが、怪我をしてすぐにしっかり患部を冷やし、その後数日は常温・安静をキープすることで、体の回復力は本当に大きく上がります。 冷やしている時は血の巡りが悪く、回復も遅いので、やたらめったらずっと冷やせば治りが早いということはありません。 逆に温めると血行が良くなりすぎて患部には負担となってしまうので、お風呂やシャワーであまり手首や体を温めすぎない努力をしましょう。 よほど状態がひどく、腫れが続いたりする場合はシップ薬などで継続的に少し冷やしてやると良いでしょう。 ここまで炎症がひどい時はなるべくすぐに病院へ ギターの練習方法や、演奏時のちょっとした悩みについての記事一覧です。 ピッキングの練習方法や弦のサビ対策、弦がすぐに切れる原因、指の痛みへの対処などの記事が人気です。 ギターを保管しておく時の注意点や、持ち運びの方法、扱い方、調整とリペアについての記事一覧です。 弦やフレットの交換時期の目安、保管時に弦を緩めるかどうか、湿度管理などの記事が人気です。 弦、ピック、ギターケースの種類や使い方など、ギターに必要な道具類についての記事一覧です。 コーティング弦や雨の日のギターの運び方、弦の種類などの記事が人気です。 アコギとエレアコについての記事一覧です。 エレアコの選び方や使い方、アコギの練習場所などの記事が人気です。 コード、スケールなどの音楽理論についての記事一覧です。 ルート音や音程など基本的な部分の記事が人気です。 家の防音対策についての記事一覧です。 防音の基本と、防音室を自作した際のまとめ記事が人気です。 まだたむすぎたーではジャンル分けしていない記事の一覧です。 著作権とローンの組み方についての記事が人気です。 楽器・付属品・防音材を探す.

次の

感動の最終回! アカッチがギター腱鞘炎を完治させた方法と再発防止のためにすべき事

ギター 腱鞘炎

指の腱鞘炎が起こる理由 基本的には、 無理な体勢や練習量が原因で腱鞘炎を起こしてしまうことが多いです。 まずはどのような場合に指の腱鞘炎が起こりやすいのかを、左手と右手それぞれで挙げてみます。 左手の腱鞘炎 極端なストレッチや、音程差の大きなチョーキングの練習を繰り返すことで指の炎症を起こします。 市販薬や湿布などを使って痛みを強引にクールダウンさせても、 炎症を起こしている箇所の腫れは完全には引いていないことが多いのです。 その状態で練習を繰り返すと、指先を動かすための腱の通り道の腫れを刺激し続けることになります。 それを繰り返していくと、 慢性的な腱鞘炎になっていきます。 また、フィンガリングをスムーズにするために左手首を大きく前に出すクラシカルフォームでは、正しいフォームを習得しないと手首を常に無理な角度にひねって演奏してしまいます。 これも繰り返すことで手首の腱鞘炎を起こす原因になるため、フォームを習得する際に注意が必要です。 右手の腱鞘炎 シングルノートのピッキングでは、それほど腱鞘炎を起こすギタリストはいません。 注意が必要なのはコードストロークで、ファンクカッティングの練習のように同じ角度で肘から手首までを振り続けることで、慢性的な肘から手首までの腱鞘炎を起こすことが多いです。 腱鞘炎にかかってしまうと普段の生活にも影響しますし、 場合によっては半年ほどギターの演奏をストップさせなければならないことにもなります。 具体的な症状・対策方法 初期症状 腱鞘炎の初期症状としては、特定の指を動かすときにスムーズに動きにくく感じることがあります。 いつもよりぎこちなくしか動かせなかったり、痛みはなくても関節などが熱を持っていたり腫れぼったく感じたら注意が必要です。 この時点で気付くことができれば、慢性的な腱鞘炎を防ぐことも可能です。 無理なストレッチやチョーキングなど、 「キツイなー」と感じながら練習していた内容を練習しないようにしましょう。 症状が治まってから、より少ない時間で練習することで負担を減らして練習することができます。 重症化した場合 重症症状になると、間違いなく自覚できます。 左手なら指先を動かすだけで痛かったり、思うように指先をコントロールできません。 右手の場合は、物を持つだけで痛みを感じたり、腕を捻ると大変な痛みを感じたりします。 このようなレベルになるまで放っておくのは非常に危険ですので、なるべく早い段階で治療を受けることが必要です。 早めの対策が吉 初期症状と思える違和感があれば、すぐにそれまでの練習メニューを見直してください。 そこから練習時間や練習内容を修正することで、 慢性的な腱鞘炎を回避しましょう。 また、指の腱鞘炎の症状を感じたら、それ以上無理に練習をしないこと。 数日はインターバルを空けて様子を見てください。 事前予防 腱鞘炎の事前予防は、 十分なウォーミングアップを必ず行うことです。 冬場は特に体がこわばっていて、ウォーミングアップ無しに練習を始めることで簡単に体に負担を増やしてしまいます。 また、筋肉のストレッチや関節のストレッチを、時間をかけて行いましょう。 部屋の温度が低すぎても体に負担をかけてしまうので、できれば常に一定の温度で練習環境をキープすることも大切です。

次の