急性 咽頭 炎。 急性咽頭炎

急性咽頭炎・急性扁桃炎(きゅうせいいんとうえん・きゅうせいへんとうえん)

急性 咽頭 炎

このページでは、• 上咽頭炎の 「症状」とは!?• 「急性」と 「慢性」との違いは?• 上咽頭炎の 「原因」は?• 上咽頭炎の 「治療方法」は? について どこよりも分かりやすく説明します。 スポンサーリンク 上咽頭炎とは!? 喉は、 上咽頭・中咽頭・下咽頭 の3つに分けて考えられます。 このうち、 鼻と喉の間に位置する部分が「上咽頭」であり、ここが炎症を起こすことを 「上咽頭炎」と言います。 同じように「中咽頭」「下咽頭」が炎症を起こす症状がありますが、それらはあわせて 「咽頭炎」と呼ばれる事が多いです。 スポンサーリンク 上咽頭炎の症状とは! 上咽頭炎では、 上咽頭に細菌やウイルスが付着・感染することで炎症を起こします。 この上咽頭には、 「アデノイド 咽頭扁桃 」という器官がありますが、大人になるにつれて小さくなっていきます。 ちょうど下の画像の「アデノイド」あたりが炎症を起こします。 そのため、 気づかない間に「慢性上咽頭炎」へと進行してしまうことがあります。 一般的に症状が1〜2週間ほどで治まる場合を 「急性上咽頭炎」と言い、それ以上に続く場合を 「慢性上咽頭炎」と言います。 では、一つずつ簡単に見ていきましょう。 ストレス・体の疲れ 身体が疲れているときや、ストレスを多く受けている時は、身体の免疫力が下がっているため、上咽頭に関わらず、身体はウイルスからの攻撃に対して防御力が下がってしまいます。 喉の乾燥 喉には「線毛(せんもう)」と呼ばれる細かい毛のような組織があります。 この線毛は、ウイルスや細菌を体外へ排出する働きがあるのですが、 乾燥している時には、その働きが弱まります。 よって、ウイルスや細菌が侵入しやすくなってしまいます。 人間は毎日知らずしらずの間に、鼻水が喉に流れ落ちていますが、さらさらの鼻水のため気づきません。 しかし、鼻水が多くなったり、ネバネバしていると、鼻と喉の間に違和感を感じます。 副鼻腔炎の時には膿を含むネバネバした鼻水が出やすく、それが喉へ流れ落ちます。 特に寝てる間は喉に鼻水が溜まりやすく、上咽頭に炎症を引き起こすことがあります。 では最後に、 「上咽頭炎の治療」について説明しましょう。 それに加えて、以下の補助療法を取り入れます。 鼻から、もしくは曲がった棒を口から入れ、「塩化亜鉛」を上咽頭に直接塗る治療法です。 吸引する食塩水 もしくは、鼻洗浄液 の濃度が問題なければ、鼻の奥が痛くなることはありません。 また、後鼻漏も原因により治療方法が異なります。 関連ページ 咽頭炎の中で一番多く見られるのが「急性咽頭炎」です。 その症状・原因・治療内容と、長引く「慢性咽頭炎」の治し方、症状の見分け方ついても説明します。 A群溶血性レンサ球菌 化膿レンサ球菌 が原因で発症する、咽頭炎の一種です。 一般的に「溶連菌咽頭炎」や「連鎖球菌性咽頭炎」と言われ、子供だけでなく、大人でも掛かるので注意が必要です。 急性咽頭炎や慢性咽頭炎は他人からうつる 感染 するの?当ページでは、感染するタイプと感染しないタイプの咽頭炎の紹介します。 また、それらの咽頭炎の見極め方、症状の違いもあわせて紹介します。 上咽頭に位置する「アデノイド」。 ここが大きく腫れあがるのが「アデノイド肥大」です。 当ページではアデノイド肥大の症状・原因・治療の他、手術内容・大人でもなるのか?など気になるポイントについてお話しています。 鼻の奥、突き当たりに位置する「アデノイド」。 ここが肥大することをアデノイド肥大と言いますが、まれに手術により肥大部分を切除する場合があります。 当ページではおおよその流れを説明しています。 また、症状や原因も分かりやすくまとめています。

次の

「急性咽頭炎」の原因を医師が解説-人にうつるの?仕事や学校は休むべき?

急性 咽頭 炎

このページでは、• 上咽頭炎の 「症状」とは!?• 「急性」と 「慢性」との違いは?• 上咽頭炎の 「原因」は?• 上咽頭炎の 「治療方法」は? について どこよりも分かりやすく説明します。 スポンサーリンク 上咽頭炎とは!? 喉は、 上咽頭・中咽頭・下咽頭 の3つに分けて考えられます。 このうち、 鼻と喉の間に位置する部分が「上咽頭」であり、ここが炎症を起こすことを 「上咽頭炎」と言います。 同じように「中咽頭」「下咽頭」が炎症を起こす症状がありますが、それらはあわせて 「咽頭炎」と呼ばれる事が多いです。 スポンサーリンク 上咽頭炎の症状とは! 上咽頭炎では、 上咽頭に細菌やウイルスが付着・感染することで炎症を起こします。 この上咽頭には、 「アデノイド 咽頭扁桃 」という器官がありますが、大人になるにつれて小さくなっていきます。 ちょうど下の画像の「アデノイド」あたりが炎症を起こします。 そのため、 気づかない間に「慢性上咽頭炎」へと進行してしまうことがあります。 一般的に症状が1〜2週間ほどで治まる場合を 「急性上咽頭炎」と言い、それ以上に続く場合を 「慢性上咽頭炎」と言います。 では、一つずつ簡単に見ていきましょう。 ストレス・体の疲れ 身体が疲れているときや、ストレスを多く受けている時は、身体の免疫力が下がっているため、上咽頭に関わらず、身体はウイルスからの攻撃に対して防御力が下がってしまいます。 喉の乾燥 喉には「線毛(せんもう)」と呼ばれる細かい毛のような組織があります。 この線毛は、ウイルスや細菌を体外へ排出する働きがあるのですが、 乾燥している時には、その働きが弱まります。 よって、ウイルスや細菌が侵入しやすくなってしまいます。 人間は毎日知らずしらずの間に、鼻水が喉に流れ落ちていますが、さらさらの鼻水のため気づきません。 しかし、鼻水が多くなったり、ネバネバしていると、鼻と喉の間に違和感を感じます。 副鼻腔炎の時には膿を含むネバネバした鼻水が出やすく、それが喉へ流れ落ちます。 特に寝てる間は喉に鼻水が溜まりやすく、上咽頭に炎症を引き起こすことがあります。 では最後に、 「上咽頭炎の治療」について説明しましょう。 それに加えて、以下の補助療法を取り入れます。 鼻から、もしくは曲がった棒を口から入れ、「塩化亜鉛」を上咽頭に直接塗る治療法です。 吸引する食塩水 もしくは、鼻洗浄液 の濃度が問題なければ、鼻の奥が痛くなることはありません。 また、後鼻漏も原因により治療方法が異なります。 関連ページ 咽頭炎の中で一番多く見られるのが「急性咽頭炎」です。 その症状・原因・治療内容と、長引く「慢性咽頭炎」の治し方、症状の見分け方ついても説明します。 A群溶血性レンサ球菌 化膿レンサ球菌 が原因で発症する、咽頭炎の一種です。 一般的に「溶連菌咽頭炎」や「連鎖球菌性咽頭炎」と言われ、子供だけでなく、大人でも掛かるので注意が必要です。 急性咽頭炎や慢性咽頭炎は他人からうつる 感染 するの?当ページでは、感染するタイプと感染しないタイプの咽頭炎の紹介します。 また、それらの咽頭炎の見極め方、症状の違いもあわせて紹介します。 上咽頭に位置する「アデノイド」。 ここが大きく腫れあがるのが「アデノイド肥大」です。 当ページではアデノイド肥大の症状・原因・治療の他、手術内容・大人でもなるのか?など気になるポイントについてお話しています。 鼻の奥、突き当たりに位置する「アデノイド」。 ここが肥大することをアデノイド肥大と言いますが、まれに手術により肥大部分を切除する場合があります。 当ページではおおよその流れを説明しています。 また、症状や原因も分かりやすくまとめています。

次の

《医師直筆》喉が痛い!声が出ない!急性咽頭炎の原因と治療

急性 咽頭 炎

はのどに起こる急性炎症性疾患のことを指します。 その原因はウイルスや細菌によるもので、日常で誰もがかかり得る病気です。 では、その症状はどのような特徴があるのでしょうか。 また、どのような場合に受診を検討すればよいのでしょうか。 この記事では、急性咽頭炎の症状や受診目安などの疑問について医師がお答えします。 急性咽頭炎の症状は? 主に咽、嚥下痛(物を飲み込むときの痛み)、咽頭の発赤と腫れなどがありますが、粘液性の濃い分泌物、咽頭への膿性の苔状のものや栓状の付着物もみられることがあります。 これら症状は、ウイルス感染でも細菌感染でもみられる症状です。 小児ではこのような症状に加え、不機嫌になる、活動性が低下する、食事量が少なくなるなどがあります。 また重症例では、ぐったりする、ほとんど食事がとれなくなる場合があります。 成人に比べて、小児では重症化する恐れもあり、発熱の程度や喉に腫れのほかに、日常生活の様子や食事量に注意が必要です。 急性咽頭炎が長引いたり繰り返したりするのはなぜ? 炎症を抑える薬やうがい薬で症状が和らぐことがほとんどですが、広範囲に炎症がひろがっている場合は炎症が長引いたり、いったん和らいでもぶり返したりすることもあります。 また、によりのどへの刺激が続いていたり、飲酒により炎症を起こしやすくなったりしていると、症状の改善に時間を要し、炎症を繰りかえすこともあります。 治療において必要な薬が使用されない場合や必要な薬でも量が少ない場合は十分な治療効果が得られないことがあります。 急性咽頭炎が治るまでの期間はどれくらい? 一般的には1~2週とされています。 症状の程度が中等度以上のもの(咽頭の腫れなどがあり、37. 5度以上の発熱などがある場合)では、薬剤が使用されることがあります。 この際は、服薬開始から3~5日程度で症状が軽減すると考えられます。 どんな場合に病院にいくべき? 成人では、仕事や学校を休むほど日常生活が困難で、咽頭の痛みで食事がとれない、38. 6度以上の発熱がある、咽頭の発赤や腫れが著しい場合には受診を検討することが望ましいと思われます。 小児では、常時ぐったりしていたり、食事量が減る(ほとんど食べない)、咽頭の発赤と腫れが強く扁桃腺全体に膿状の栓が付着しているなどの状態は注意が必要です。 小児は成人と比べて脱水状態になりやすく、上記目安を満たさなくとも受診を検討することが必要です。 受診の際には、小児では小児科、成人では耳鼻咽喉科もしくは呼吸器内科での対応が適切でしょう。 最後に の症状は、軽度のものから重度のものまでさまざまです。 気になる症状がある場合には無理をせずに、医療機関の受診を検討するようにしましょう。

次の