マスターソード。 【ゼルダBotW】マスターソード(退魔の剣)の入手方法と使い方!【ブレスオブザワイルド】

*マスターソード

マスターソード

目次!• 最強武器マスターソードとハイリアの盾を入手! マスターソードをゲット! まずはマスターソードをゲットしよう!マスターソードが眠っている場所はオルディン峡谷の西、中央ハイラルの北にあるハイラル大森林の「迷いの森」 迷いの森に入ったら火の付いた燭台があるので 火の粉が飛んでいく方向へ進んでいこう! 燭台が5個くらいあるので火の粉をよく見て順々に進むと たいまつが落ちているので火を付けて 今度はたいまつの火の粉をよく見て進んでいこう! しばらく歩くと景色が変わってくる! コログの森に到着!マスターソードを引く抜こう! 注意:マスターソードを引く抜くには ハートが13個必要! ハートが足りないと引く抜く前にゲームオーバーになるのでハートを13個用意しておこう! 料理を持っていたり妖精を持っていても マ スターソードを抜いている途中で使用できません。 しかし退魔の剣というだけあって敵の「ガーディアン」ボス系の「厄災ガノン」に対しては 攻撃力2倍の威力60の武器になります! またラストダンジョンハイラル城では敵に関わらず常時威力60となります。 色々強いマスターソード! マスターソードも他の武器同様消費アイテムであり何度か攻撃していると壊れます。 しかしマスターソードの場合は「眠りについた」と表記され 現実時間の10分後に再びマスターソードが復活し使うことが可能です。 捨てれない! マスターソードを捨てることができないようです。 また捨てようと構えると スカイウォードが溜まりビーム攻撃が放てるようになります。 この画像の崖下に進むとガーディアンが1匹おりそこの入り口から城内へ潜入。 城内を探索 目玉が道を塞いでいるので矢を使って突破。 この道をまっすぐ行くとハイリアの盾が! ハイリアの盾がある部屋まで敵がたくさんいますが無視して突っ切ろう! ヒノックスを倒すとハイリアの盾だけではなく強力なな武器も手に入ります。 頑張って手に入れよう! ハイリアの盾の強さ 脅威の防御力90!! 耐久力も高くほぼほぼ壊れない!現状ブレスオブザワイルドの最強の盾です! 脅威の耐久力 最強の盾ですが一応壊れるそうです。 ガーディアンのレーザーを28発ほど防ぐことで壊れるとのこと。 壊れたら? ミニチャレンジの「幸せの匠」をクリアして3000ルピーでマイホームを購入。 その後イチカラ村のイベントが発生するのでそれをクリアした後に、ある家の2階に防具屋グラネットが出現し3000ルピーでハイリアの盾を再び購入することができます。 この二つをゲットできたらもうガノン討伐は目前!頑張っていきましょう! 今回もありがとうございました。 また次の記事でよろしくお願います。 はじめまして ユウヤという名前で活動しています。 このブログは僕の大好きな PCゲーム、ゲーム攻略、ガジェット系 などを中心にまとめており 「ゲームを通して友達ともっと仲良くなろう!」 というゴールを目指しています 簡単なプロフィールとしては ・92年生まれのごく普通の家庭で育つ ・小学生から大学生までひたすら周りの目を気にして生きてきた ・大学ではゲーム廃人となり様々なオンラインゲームに手を出す ・大学在学中にインターネットビジネスの世界を知る ・大学を卒業後しばらく働き辞めてから複数のブログに力を入れて月収20万を達成 といった感じです。 現在使っているPCは自作PCでありそのPCでブログやゲームをしています。 なのでPCは自分の生命線であるためスペックにはかなり自信をもって紹介できます。

次の

マスターソード入手方法・入手場所

マスターソード

曖昧さ回避• 『 』の。 シリーズに登場する、必要武器レベルが高い剣の名前。 ではキルソードの強化版で非売品。 威力12、命中100、必殺率30、重さ5。 剣の中では少々重い ぎんのつるぎが重さ3。 では必ず2回攻撃できるが、その性質上同一の効果を持つ「ゆうしゃの剣」が優先される事もある(ゆうしゃ系武器の方がマスター系武器より軽い)。 に登場するの持つ必殺剣の名前。 概要 『ゼルダの伝説』シリーズにおける初出は『』。 多くのタイトルで主人公が使う強力な剣として扱われる。 劇中における最強の剣として登場することも少なくなく、近年ではが対の防具となりつつある。 デザインはシリーズによって若干の差異はあるものの、鳥が翼を広げた形の青い柄をもった両刃の長剣という形で共通している。 刀身の根元にのマークが付いているのも特徴である。 マスターソードは 退魔の力をもった聖剣であり、悪しき心を持つ者は触れることすらかなわないとされ、しばしば封印の鍵として使われる。 やたらと森に安置されているイメージが強いのは、初登場の神々のトライフォースで迷いの森の台座に突き刺さっていたエピソードに由来する。 なお台座に突き刺さっているその姿は、当然アーサー王伝説に登場するかの名剣、から来ていることは言うまでもない。 マスターソードを抜く 入手 時のBGMは、曲が完成している為か、様々な作品で少しアレンジされても原曲自体は変わっていない。 『神々のトライフォース』ではをかどわかす闇を払う名剣とされており、 『』では、七年の時空を行き来する船となり、 『』では、マスターソード誕生の経緯が明らかにされている。 また振ることで ビームが発生する作品もあり、 と言われたこともある。 作品ごとのマスターソード 神々のトライフォース1 迷いの森に安置されており、試練を超えることで引き抜くことができる。 結界を破るのに必要。 入手時期が中盤に差し掛かる頃のためか、闇の世界に行ってから強化できるようになっている。 HP満タン時にビームが発生する。 時のオカリナ この時代では時の神殿に安置されている。 リンクがこれを引き抜いた際、まだ子供で勇者としては未熟とみなされたため、7年間もの間封印されて眠らされる羽目になった。 大人リンクの基本武器で、威力はダイゴロン刀に劣るものの、あちらは両手持ちのため、こちらは盾と併用できるメリットがあり、ガノンにはこれでしかとどめを刺せない。 ビームは発生しない。 ふしぎの木の実 リンクシステムで続きのお話をして、前のお話からの合言葉を伝え、試練を超えることで入手できるレベル3の剣。 神々のトライフォースのものとは別物と思われる。 剣ビームも可能。 回転斬りでなくてもガノンを傷つけられる攻撃力を持つ。 風のタクト ハイラル城に封印されており、封印の鍵となっている。 入手は中盤。 最初は本来の力を失っているため、この力を取り戻すために新たな賢者を探すことになる。 最後はガノンドロフを封じ、役目を終えた剣は、彼もろとも海底に沈んでいった。 トワイライトプリンセス この時代では森に台座がある。 中盤、トワイライトの呪いを解くカギにもなっている。 のちに影の宮殿でパワーアップする。 こちらもガノンドロフにとどめを刺した。 スカイウォードソード 時系列では最も最初で、まだ剣も原形。 マスターソードの元になった女神の剣は、元々は女神ハイリアがの襲来に備えてに置いていたもの。 剣の精霊に導かれ、封印を解いたリンクが冒険の過程で女神の炎を受け成長していき、古の大祭殿でマスターソードになった後、ハイリアの加護を受け、のちの時代に伝わる完全形となった。 そして終焉の者を打倒し、残留思念を吸収して封印され、未来の厄災に備えることとなる。 神々のトライフォース2 「1」同様に迷いの森に安置され、ハイラル城に突入するために引き抜くこととなる。 1同様、結界を破るカギとなり、ロウラルに入ってからは2回の強化が可能となる。 剣ビームも健在。 ゼルダ無双 聖剣の神殿に安置されている。 物語序盤、黒の魔女軍に対抗するため引き抜かれた。 一方で邪念の封印のカギにもなっており、これが引き抜かれたことでガノンドロフの魂を封じていた最後の封印が解かれ、復活するという事態を引き起こしてしまった。 リンクの武器としては片手剣と同様の扱いだが、基礎攻撃力が高い。 また条件を満たすことで二段階のパワーアップを果たす(そうとうやり込む必要があるので、まずゲームクリア後となる)。 ブレスオブザワイルド デスマウンテン西のコログの森に安置されており、ハート13個以上の体力があれば引き抜くことが可能。 他の武器と同様に耐久力が存在するが、壊れるわけではなく眠りにつくだけで、10分間(ゲーム内時間では10時間)経過することで再使用可能。 武器を投げるRボタンで剣ビームも使用可能 威力10。 …しかしながら、平時はパっとしない性能であり、これより威力の高い武器は頻繁に手に入る。 そうした武器の温存のため、伐採や採掘にマスターソードが使われることもしばしば。 漫画版での設定 田口順子版『神々のトライフォース』では、「伝説の退魔の剣」と語られるくらいでこれといった背景設定はない。 独自要素としては、アグニムが放った魔法弾を吸収して放出できるという描写がある。 またマスターソードを守る森の主がおり、「ナイト一族」だけが持てる勇者の印(おじさんの形見)を見せなければ襲われるというのがある。 マスターソードを引き抜くにはこの印をはめ込む必要がある。 かぢばあたる版『神々のトライフォース』では、600年前に起きた封印戦争の折、に対抗するための武器として製造されたという設定。 しかしトライフォースの願いによって不死身となったガノンは倒すことができず、先代勇者(リンクの先祖)と賢者たちによってガノンは封印された。 その性質上、魔法を跳ね返したり、ガノンの存在を感知すれば持ち主に伝達してくれる。 これによってガノンが用いた「周囲を闇に染めて姿を隠す」という技を破った。 また使い手の想いに呼応して力を発揮するという特性もあり、剣ビームもその一つとされている。 ガノンと最終決戦では仲間たちへの想いから先代勇者に勝るとも劣らぬ輝きを放ち、最終的にはガノンの不死身という特性を破るほどの力を見せた。 戦いを終えたリンクは「剣のおかげで英雄になれた」ことをよしとせず、マスターソードを伯父ザンジ(リンクのおじさん)の墓標に突き立て、一人ハイラルを旅立つのだった。 姫川明版『神々のトライフォース』では、400年前に起きた封印戦争の折、神々のお告げを授かった賢者の助言により製造されたという設定。 マスターソードの存在を嗅ぎつけた魔盗賊ガノンの邪気が王城に向かったため、当時の王は勇者を探させたが見つからなかった。 結果、賢者たちと騎士団(ガーディアン)の尽力によって聖地は封印された。 だが騎士たちも悪しき者どものと戦いで多くの命を落とし、甚大な被害を遺した。 外部出演など や『』のように、リンクが外部出演する際はマスターソードを持っていることが多い。 『』シリーズではとして登場している。 台座に突き刺さった状態で、抜くことはできない。 『』、『』ではの店で目玉商品として売られる事があるが、『』ではフォーチュンクッキーのくじでしか入手できず、故にカタログで買う事も出来ないためレア度が上昇した。 のハンティングアクションゲーム『』では、とのの一環として、このマスターソードがハンター用の武器 として登場している。 …ただしギルドカードの称号としてはMH4以外にもで可能だったりする。 『』で入手できる魔法剣の一種「まほうのつるぎ Enchanted Sword 」は『ゼルダの伝説』のマスターソードがモデルといわれる。 マップ生成時に「岩 遺骸? に突き刺さった剣」のオブジェクトとして配置され、これを破壊すると入手可能。 狙って入手するのはかなり難しかったが、アップデートによって専用のミニ環境「Enchanted Sword Shrine」に配置されるようになった。 ただし入手時に一定確率でのをモデルにした「Arkhalis」になる。 関連イラスト.

次の

ソードマスターヤマト (そーどますたーやまと)とは【ピクシブ百科事典】

マスターソード

マスターソードとはに登場するである。 本項ではに登場する他のについでも述べる。 概要 と呼ばれることは較的少なく、専ら退魔のとも呼ばれる。 基本的に冒険の中盤で手に入ることが多く、台座で刺された状態でされている。 場所は、、と様々。 にとっては標準装備と言えるであり、外部出演の際も大体はこれを所持している。 を倒すために必要なであり、『』や『』などでは重要な役割を果たし、『』では誕生の経緯が描かれ役級の活躍をした。 その一方で、全く登場しない作品もいくつか存在する。 確かにのではあるのだが、威だけならマスターソード以上に強いが登場したり、他のを使った方が良かったり、そもそも登場しなかったりという時もある。 また、というの性質上と言うが「の士」と言われる割にあらゆる具を使用できる器用さが最大のであるということもあり、の存在自体が思ったほど重要視されていないという部分もある。 的に特殊な点としては、マスターソードというある種機質な名前の通り由来の「」と言えるものが存在しない。 最初はにつけたと思われる 要確認 名が、様々な時代のによって何度も何度も使われることによっての作がそのままとして刻まれていった自製ののである。 登場作品 の封印されたを開けるために必要。 、知恵、、3つの紋章に手にして迷いのに行くと手に入る。 装備するとの状態でを放つことが出来る。 冒険するにつれ、さらにしていく。 最終的に迷いのに封印された。 この際、で「AND THE S S N… FOER! (マスターソードは再び眠りについた・・・!)」と表示される。 しかし、後に続編である「」が発売され、封印も解かれたので上記の文章は撤回される事となる。 の時代のを全てして石を集め、時のに行くと手に入る。 その際を未熟と判断して(勝手に)7年間封印してしまう。 後にがこのことについて『』とった。 時のにマスターソードを刺すことで7年前に戻ることができ、上二回戻る必要があるとはいえ、この仕打はひどいのではなかろうか。 さらにマスターソードより強いがあったり、他のの方が敵に大を与えられることが非常に多かったりする。 しかし、最後の最後にはマスターソードを使わないとを倒すことができない。 初めからにはマスターソード以外の攻撃が効かないようにしたほうが良かったのでは・・・・。 をLv3にすると、この名称になる。 上、必ずマスターソードにする必要がないことを考えると、本物のマスターソードではなく「マスターソード並に強い」という意味であろう。 のをしてに行くと手に入る。 その際、の時が流れ始めが動き出す。 されているの周囲のにはの六と思われるが飾られており、「作がそのままになった」というはこの時から顕著になった。 入手した時点ではを失っており、全にさせるために二人のを覚せる必要がある。 このを失った状態のマスターソードは『』にて僅かな間、登場することとなる。 璧にするとくりく。 最終的にとと一緒にの底へ沈んでいった。 なお、今作の最終ではにはマスターソード(とが放つの矢)以外の攻撃が通用しない。 がの呪いを解くため、迷いのに向かった時に手に入る。 手に入れるとの呪いが解かれ、ににすることが出来る。 後にでのを手に入れ、呪もったいを払うことが出来るようになる。 今作でもくりいている。 更にではにく。 また以外にもマスターソードの攻撃しか効かないが登場した。 マスターソードのであるが登場し、マスターソード誕生の経緯が描かれた。 では基本的にとのみで戦えるようになり、最大の活躍を果たした。 『』の続編となる今作にも登場。 入手方法はほぼ同じで、迷いのに封印されている。 やの封印を解くも健在。 強化にはストーンというが2つ必要(合計4つ入手可)になっており、のを作るには2つののに強化を頼むことになる。 の、の前の台座に鎮座している。 抜こうとすると体が削られるため、が13個以上ないと引き抜けない。 今作ではあらゆるに度があり、使っていると壊れて消滅するであるが、このは壊れることはなく、使いすぎるとを失って眠りにつき、内で半日 実時間で10分 ほど待つと再生して再び使用できるようになる。 今作のなと何とか折り合いをつけようとした苦労が見て取れる逸品である。 この特殊なと、それこのだけに頼るのは危険ということは入手時に説明してもらえる。 性に関しては威の。 としては高めなものの、のにしてはあまりパッとしない威。 上記により壊れても10分で新品に戻る・マスターソードより威が高いor特殊効果を持ち再入手が面倒なが多数存在することから、しばしばや・採掘などの「に普段遣いするのに丁度いい便利」という、のにあまりふさわしくないに収まることが多い。 ただしや各地のスなどの念が宿ったもの、及び最終のであるにいる時は身がってし、威は通常の倍の威、は4倍になる。 第1弾『試練の』で追加されるチャ「の試練」にて、覚めたばかりのは全にマスターソードを使いこなせていなかったと告げられる。 英傑のなし、防具はすべて現地調達というの試練を三層突破することで常時この状態で使用できるようになる。 中盤に登場し必ず入手できる。 高い攻撃を誇るが、の解放に すべてののすべてのを入手しつつ1万体以上の敵を撃破する必要がある。 ちなみに本作でもはちゃんと健在。 ゲスト出演 すべての作品においてがと共に装備している。 X以降ではも装備。 2 が出演した作品。 今作ではとの付け替えが可で、マスターソードは標準的な装備として登場している。 具として登場。 台座に突き刺さった状態でことはできない。 によってが異なる。 おどる プームで登場。 を刺さったソードに見立て、がというもの。 ちなみに成功するとによりク、お化、になるなど変化する。 このは でのを着ているあたり、と思われる。 版のでも同様にマスターソードは登場するが、残念ながらこの敵の兵種はただのに変更された。 扱いには熟練を要する 12 B 以上 が、のと同じ威でソード以上の必殺を持つという破格の性。 でも登場。 必ずできるという壊れ気味な性であるが、必殺以外はのに劣る。 そのかわりに入手機会は多くなっている。 では専用として登場。 二回攻撃&-5と一見のと似たような性に見えるが、のと違い反撃時も二回攻撃出来るのが特徴で、待ち伏せとの相性が非常に良い。 とのの一つであるのでのが作れ、さらにマスターソードに強化できる。 分類は。 そのままでは攻撃が低い残念だが、させることで火0を誇る強なになる。 によりがまさかの出演を果たした作品。 第一弾を購入するとのと共に として登場する。 とを基調としたにマスターソードを意識したをしている。 また、でののに合わせ、を模したをしているのが特徴。 さらに、体の左右と後部にが配されている。 因みに、本体のとになっているとというも登場する。 論上、他のと組み合わせたり、やを乗せることも可。 因みに、マスターソードそのものもがをする際などに一振っているのが分かる。 その位置で振り向いて振ったら、の糸れるんじゃないのか。 また、同じで追加されるのとしても、少しだけマスターソードが登場している。 (版) に漏れなく同梱される、版旧とまさかの。 妖艶なであるがのを身にう。 論、マスターソードも背負っている。 は小化されのように、腕に据え付けてある。 さらに、ただの替えかとおもいきや、 のをい、にを持って出撃すると、なんとの代わりにマスターソードを振るって戦うことができる。 とは、また一変わったなを思う存分マスターソードで味わえる。 だが、ながらこの状況、 がを狩るのにの退を使うという、ちょっと変な事態だったりもする。 主な能力 退魔の 悪しきを打ち払う・・・なのだが、以外のを含む敵には他のの攻撃の方が有効な場合が多く、「悪しきを打ち払う」というより「を倒す」という印が強い。 他に邪悪なによって封印されたを開けるのにも使用されることが多い。 ではを放てることがマスターソード固有のと位置づけられ、でもマスターソードを入手した後に放つことが出来る。 では時のみ放てるものの、威は低くも消費するためあまり実用的ではない。 刈りやには便利 マスターソードなしでも使用できることも多いのだが、「のを借りる」「が上がったをで使う」など、を進めた後、何らかのを借りることで放つことが可になる場合が多い。 マスターソード以外の剣 の その名の通り、ので入手する経緯は様々。 名称も「ソード」「の」「トの」など様々。 基本的にマスターソードやそれに準ずる強なを手に入れると御役御免となる。 『』では人やの手で作られた様々な「の」と呼べるようなが上に散らばっており、それらを拾っては使い潰してまた拾ってを繰り返してを進めることになる。 ソード 最初のより強い。 『初代』と『』に登場する。 これもマスターソード等ののを手に入れると御役御免となる。 『』と『』ではのの前段階にソードの名称が使われた。 この場合では分身やグなど、特有のを持っている。 『』にはフェザーソードという似た立ち位置のが存在するが、回使うか時を戻すと元のコキリのに戻ってしまう。 こちらは『2』でも登場。 ソード 『初代』、『』に登場するの。 ではあるかは不明。 初代ではを進めると入手することが出来(入手しないことも可)、では設定上、最初から装備している。 『2』にも登場したのだが登場作品が上、一番新しい時代であるにも関わらず、古いという説明がなされている。 の 『』に登場した、マスターソードの前段階の。 が進むに連れて、「の長」「の(ソード)」としていく。 グ機やなど、様々な機を持つ。 ソード 『』、『』、『』に登場する。 一つの形をした鍔を持ち、見たにはというに見える。 を四人に分身させるというじみたを持ち、四人が売りのにおいては欠かせない存在となっている。 一人専用のでも一時的にを四人に分身させるを持つ。 コキリの 『』に登場するで、の宝。 時代で一装備できる。 入手すると「しばらくの間 借りてう!」とが表示されるのだが続編である『』でも装備しており、さらに 自分で勝手にしていく。 にである。 ちなみに『』と『』ではが異なる。 の 『』におけるの。 そしての手によってされ続けたコキリのの成れの果て。 名前から誤解されることもあるが(石)製ではなく、フェザーソードと砂入りのビンをに預けると作ってもらえる。 こぼれせず最初のに戻ってもそのままの状態が維持され、高い攻撃と長いを持つ。 「としては柔らかいはずのでどうしてのが作れるんだ」と突っ込んではいけない。 『』で登場する。 とおり木で出来たである。 内では通常を進めると装備欄から強制的に消えて装備できなくなるのだが、を使用することでまで装備つけることが出来、それによるが存在する。 内ではの人ことNor氏が有名。 『初代』と『』、『』にも木製のが登場している。 『』ではウッドソードという名前となっている。 『』では人のという名前で、がのために作ったものとされる。 『』に登場した巨大な、が作る巨大な。 その大きさ両手で持つ必要性があり、を手で持てない為防御ができない(使用するとしゃがむ動作になる)、かなり高い攻撃とを誇る。 入手する過程が結構面倒では必ず必要。 進み具合次第ではながらもできる。 そのかっこ良さと強さ惚れ込んだは数知れず。 またのという ものほぼ同性のがある。 チュウが作ったで、威、共にと全く同じだが、しばらく使うと折れてしまう。 『2』では特製片手用として登場。 その名の通り、片手で扱えるようになったで攻撃する度に体が減るが、が大幅に伸び攻撃も上がる。 『』ではを利用することで手に入る。 威とが大幅に上がるが装は他のを使用できない、やを放つことができないなどの弱点を持つ。 の(正式名称不明) が装備している巨大な。 8の字の形をしており、に強い印を残す。 魔を消費することでを放つことが出来る。 これまでに登場したの中で一、名称が明かされていない。 の 『』に登場した。 ある条件を満たすと入手できる隠し。 であるにとっては大きいため、両手で持つ必要があるが高い攻撃を持ち、を扱えなくなる呪いにかかっても使用することが出来る。 『2』では各ごとに用意されたのとして登場。 この作品におけるはのため、片手で装備できる。 体が徐々に回復していくという数あるのの中でも一際強な効果を持つ(この効果を持ったは一部のにも用意されているが)。 の 『』に登場する。 ・・緋色の3種のハガネで作られたとがして作られている。 その形はマスターソードに酷似している。 を始めとする今まで倒せなかった敵を倒すことが出来るようになる。 モの 『』に登場する。 のとが似ているが、に異なる。 ののにはのを集めなくても打撃を与える事が出来る。 『』に登場した。 本来はではないのだが、の代用として使用することが出来る。 特に戦では非常に効果的である。 この縁あってか『2』でとして登場。 をも越える非常に高い攻撃を持つが防御面に 難がある、が短いという弱点がある。 なお、『2』には本来の周りにバをるであるラの、敵であるが装備しているとなど、何故出したのか不可解ながいくつか存在する。 取り網 通りを捕まえるためのでありではないが、『』におけるマスターソードと関係があるので解説する。 『』のの一人であるを倒すにはマスターソードで相手の弾を跳ね返す必要があるのだが、取り網でもこの弾を跳ね返すが出来る。 しかもマスターソードよりが長いため非常にやりやすい。 このことは本人とあわせてよくにされる。 この縁あってか『2』でとして登場。 装備するとが弱くなるのだがその長所を差し引いても非常に弱く、はっきり言って全く役に立たない。 ちなみに『2』には、このような非常に弱いが各ごとに用意されている。 がするのも共通である。 その後『』に再登場。 などを捕まえるのに使用するほか、のを跳ね返せる。 マスターソードで跳ね返すのが難しいわけではないが取り網を振る動き、切り音がい(も言で振り回す)点が最終の場面と非常にである。 『』の正当な続編である『』にも登場。 今作ではに敵を攻撃出来るが威は低め。 が、なんと今作では『痛快!大場』という施設で最の階まで勝ちを2度することで通常の取り網の8倍の攻撃を持つ取り網を手に入れることが出来る。 振るが遅いためマスターソードにべると扱いづらい点はあるが、慣れれば十分戦えるので使ってみるのも悪くない。 その他、やの他やなどを取り網で捕らえビンに収納することも出来るようになっており、実用性は大幅にしている。 の棒 『』に登場。 これもではないのだが、なんと攻撃はマスターソード並で、俗に リとも呼ばれる。 しかもでも装備できる。 ババというから収穫できる。 としてだけでなく、火をともしたりもできる。 もちろん使いすぎると折れたり、たりしてしまうが。 『』には「木の枝」がとして登場する。 こちらは見た通りの性だが、それでも弱いを倒すくらいはできる。 たいまつの 『』に登場する、のたいまつ である。 にそっくりな見たの。 「湿原の宿」の従業員の一人ヨレールがその持ちである。 自分の才を固く信じており、が退魔のの持ちであると言っても信じない。 関連項目• 記事内で「に捨ててある不燃」と解説されている。 ひどい• - 「」で使用するの名称がマスターソード。 見たはぜんぜん違うが、攻撃が高い、台座に刺さってるなど共通点が多い。 ちなみにから渡されたがの使ってるではい 見たはむしろこっちに近い。 ザ ズ - が使用するの名称がマスターソード。 決してではない。

次の