頭皮 ニキビ。 頭皮にニキビ!?かゆみや赤み、できものを予防する頭皮ケア法&おすすめアイテム

頭皮のできもの対策はシャンプーではなく【ニキビケア】がオススメ

頭皮 ニキビ

頭皮にできるニキビは、とても厄介なものです。 頭皮は髪の毛に覆われているため、それが邪魔してニキビケアのクリームなどをつけるのが難しく、また本人も気づきにくい、という特徴があるからです。 しかし、一旦気づいてしまうとずっと気になってしまうのが、この頭皮ニキビ。 ここでは、頭皮のニキビの原因と対策について見ていきましょう。 なぜできる?どうしてできる?頭皮ニキビの原因 頭皮にニキビができる原因は、突き詰めるとたったの2つだけです。 1つは、「頭皮の新陳代謝が悪くなっているから」というもの、もう1つは、「頭皮の環境が悪く、そこが菌の巣窟になっているから」です。 しかしながら、この「頭皮の新陳代謝が悪化する理由」というのは、多岐にわたります。 例えば、栄養バランスの偏り。 それからホルモンバランスが乱れていること。 睡眠不足。 ストレスや肉体的な疲労。 さらには、頭皮を乱暴に洗ったときにできてしまった傷なども、新陳代謝を悪くする理由となります。 「頭皮の環境が悪い」というのは、主に洗髪に原因を求めることができます。 皮脂が過剰に分泌されたり、逆に皮脂を取りすぎて乾燥していたりする、というのが多いようです。 もちろん、皮脂の分泌量をつかさどるのは身体の「内部」ですが、洗髪のときにこれらにうまく対応しきれないことによって起こる、と考えられています。 頭皮にできたニキビへの対策方法も知っておきたい さて、ではこのような頭皮ニキビができてしまったら、どのように対策していけば良いのでしょうか? 基本は「顔にできたニキビ」と同じで、決してつぶさないようにします。 常に目につき、自分で状態を確認できる「顔」とは違い、頭皮にできたニキビの場合は、一度潰してしまうとケアも大変になってしまいます。 また、菌の増殖を抑える意味でも、不用意に不必要に触らない、ということも大切です。 ヘアワックスなどの使用は控えた方が良いでしょう。 ただし、病院にかかったときに処方された薬に関しては、もちろんこの限りではありません。 また、意外に見落としがちなのが「枕カバー」です。 枕カバーは毎日使うものですから、人間の寝汗や油がついてしまっています。 「普段は特に気にしていない」という人であっても、ニキビができたときには、毎日取り換えるようにしましょう。 髪の毛にクシを通すときに、ニキビをガリっとひっかいてしまわないように注意することも大切です。 これらの対策を行うだけで、頭皮ニキビは大きく改善します。

次の

頭皮にできるニキビの原因と対策ー髪のお悩みやケア方法の解決ならコラム|EPARKビューティー(イーパークビューティー)

頭皮 ニキビ

かゆい頭皮ニキビの原因と治し方 かゆい頭皮ニキビの原因と治し方 かゆいと思ったら頭皮にニキビができていることに気づいた!なんて経験はありませんか?頭皮ニキビは普通のニキビよりもしつこく治りにくいのが特徴です。 いつの間にか菌が蔓延していたり、炎症を起こしたりしている可能性があり、放っておくと危険です。 頭皮ニキビの原因と治し方を知って、清潔な頭皮を保ちましょう。 頭皮ニキビを生む4つの原因 頭皮ニキビは、 皮脂の過剰分泌やターンオーバーの乱れなどにより皮脂や古い角質が毛穴を塞ぎ、毛穴の中に皮脂が溜まってしまうことで発生します。 塞がった毛穴の中でアクネ菌が皮脂を栄養にして増殖し、炎症を起こすことでニキビとなるのです。 頭皮ニキビができる過程は顔と同じですが、 頭皮は顔よりも皮脂腺が密集しており、皮脂量も多いため、ニキビができやすい環境となっています。 また、髪に覆われているため汚れも溜まりやすく、頭皮ニキビを放置しておくと痛みや膿を持ち、さらに悪化してしまう可能性があるのです。 症状が悪化する前に、まずは頭皮ニキビを発生させる4つの原因について知り、対策を立てましょう。 洗浄力の強いシャンプーやごしごしと強く洗うような洗髪方法は、皮膚に過剰な刺激を与え、必要な皮脂まで洗い流してしまいます。 そうすると、頭皮を守るために皮脂が過剰分泌し、ニキビの原因となってしまいます。 また、洗い方が悪くシャンプーのすすぎ残しやヘアケア剤の洗い残しがあると、毛穴の詰まる原因となりニキビができやすくなるのです。 また、 過度なストレスはホルモンバランスを崩し、ターンオーバーの乱れや皮脂の過剰分泌、角質の硬化などを引き起こし、頭皮ニキビの原因となる頭皮環境の悪化に繋がります。 特に 肌の新陳代謝や髪の生成に必要なビタミンB群は、頭皮の乾燥や皮脂の過剰分泌、フケなど頭皮のトラブルを発生させ、頭皮ニキビだけでなく抜け毛や薄毛などの原因にもなります。 紫外線によって頭皮が乾燥すると、頭皮ニキビの原因である皮脂が過剰分泌されます。 また、 紫外線を浴びすぎると細胞が壊され、薄毛や白髪の原因にもなるため注意が必要です。 まとめ このように、シャンプー剤の刺激やストレス、生活習慣の乱れなどにより頭皮環境が悪化することで、頭皮ニキビが発生してしまいます。 頭皮ニキビを予防したり、症状を悪化させたりしないためには、まず頭皮環境を改善し、アクネ菌を増殖させない環境を作ることが大切です。 症状が悪化する前に、まずは頭皮ニキビを発生させる4つの原因について知り、対策を立てましょう。 なかなか治らない頭皮ニキビを治すために 放置しておいても治りにくい頭皮ニキビを改善するためには、以下のような方法が有効です。 また、頭皮ニキビがこれ以上できないように、頭皮環境を良い状態に保ち、普段から予防しておきましょう。 シャンプーなどのヘアケア方法を改める シャンプーで髪を洗うときには、頭皮までしっかりと洗うことが大切です。 頭皮は、シャンプーをしっかりと泡立て、地肌を傷つけないように 指の腹で洗います。 シャンプー剤が頭皮に残らないようによくすすぎ、根元までしっかりと乾かすようにしましょう。 シャンプーの選び方も大切で、洗浄力の強いシャンプーで洗うと頭皮の乾燥を引き起こし、皮脂の過剰分泌や炎症を起こす原因となります。 頭皮ケアもできるものを選び、 アミノ酸系シャンプーなど頭皮に優しいシャンプーを使用すると良いでしょう。 詳しいシャンプーやコンディショナーなどの使い方は、こちらを参考にしてください。 規則正しい生活習慣を心がける 頭皮ニキビを改善するためには、6時間以上の睡眠時間や適度な運動、バランスの良い食生活など、規則正しい生活習慣を心がけ、ホルモンバランスを正常に保つことが大切です。 特に食生活は、 皮膚の健康に欠かせないビタミンやミネラルを豊富に摂り、毎日決まった時間に食べるようにしましょう。 睡眠はしっかり取ることで肌のターンオーバーを促進し、頭皮ニキビの改善を助けます。 ストレスを溜めないようにこまめに発散するのも大切です。 潰したり触ったりしない ついつい気になって頭皮ニキビを手で触ったり、掻いて潰してしまったりすると、さらに症状が長引くことになります。 ニキビを潰してしまうと膿が出て、炎症が広がる恐れもあり、かさぶたができてニキビ痕が残ってしまうこともあるのです。 できるだけ触れずに、泡で優しく洗う程度にして清潔に保ちましょう。 皮膚科へ行く 頭皮ニキビが悪化すると内部に膿が溜まり、熱や痛みを持つようになります。 ニキビも皮膚の病気の一種なので、酷い場合は専門の病院へ行き、即効性のあるニキビ専用の薬で治療を行いましょう。 酷い状態のニキビを放置しておくと、ニキビ内部の膿を取り出すためにレーザー治療などを行わなければいけなくなります。 高額な治療費がかかる場合もあるため、日ごろから十分な頭皮ケアを行っておくことをおすすめします。 顔ニキビ用の市販薬を使っても効果がでる可能性はありますが、 頭皮の皮膚は顔よりも厚く、皮脂腺も多い部分ですので、皮膚科などに行き、治療薬をもらうことをおすすめします。 薬だけでなく顔用の化粧水や美容液を頭皮に使う場合も、トラブルの原因になる可能性があるため注意が必要です。 頭皮ケアで頭皮の環境を改善することで、頭皮ニキビだけでなく薄毛や抜け毛など、毛髪に関する悩みも改善することができるでしょう。 頭皮の湿疹には、フケや臭いを伴う 脂漏性湿疹やアレルギーなどによってできる接触性皮膚炎、アトピー性皮膚炎、アテローム(おでき)などがあります。 症状によっては、頭皮全体に大量のできものが発生することもあり、ニキビのでき方とは異なる場合もあります。 気になる症状がある方は、早めに病院を受診されることをおすすめします。 清潔・健康な頭皮を目指そう 一度できてしまうとなかなか治らない頭皮ニキビも、シャンプーの洗い方や生活習慣などを改めることで、症状を改善し予防することができます。 頭皮は見えない部分だからといって放置しておかず、毎日の頭皮ケアで清潔で健康な頭皮を目指しましょう! 関連記事はこちら• 頭皮 頭皮と髪のメカニズム• 頭皮 細い髪を太くする!髪が細くなる原因と太くする方法とは• 頭皮 季節の変わり目は抜け毛が多い!?正しい対策で髪を守ろう• 頭皮 かゆい頭皮ニキビの原因と治し方• 頭皮 【メンズ向け】薄毛を味方に。 自分にぴったりの髪型は?• 頭皮 薬用シャンプーは普通のシャンプーとどう違う?特徴と効果を解説• 頭皮 髪のベタつきの原因と解消方法。 髪にツヤを取り戻すオイリーヘア対策は?• 頭皮 フケを治すには皮膚科に行くべき?その治療方法と効果• 頭皮 頭皮ケアにおすすめなシャンプーの特徴とは?正しいシャンプーの選び方• 頭皮 頭の悩みを防ぐ頭皮ケア。 今日からできるケア方法を紹介!• 頭皮 シャンプーの頭皮に良い成分・悪い成分はなに?頭皮に合ったシャンプーの選び方を解説• 頭皮 頭皮の毛穴に詰まった角栓を取り除く方法と角栓が詰まる原因とは• 頭皮 頭皮の乾燥で抜け毛が増える理由と乾燥による抜け毛を防ぐ方法• 頭皮 頭皮の乾燥はオイルで防げる!オイルを使って頭皮の乾燥に潤いを• 頭皮 頭皮洗浄で毛穴をきれいに!頭皮の毛穴を洗浄する方法• 頭皮 頭皮の毛穴つまりの原因と詰まりを解消する頭皮ケア法• 頭皮 頭皮の臭いはオイルで解消できる!オイルを使った頭皮ケアの方法• 頭皮 頭皮の乾燥につながるドライヤーと乾燥を予防するドライヤー法• 頭皮 冬なのに頭皮がクサい!?冬の頭皮における臭いの原因と改善方法• 頭皮 頭皮ケアに適したドライヤーと正しいドライヤーの方法• 頭皮 頭皮の湿疹で痛みが!頭皮の痛みによる湿疹の種類と原因、解決方法• 頭皮 頭皮の乾燥はローションで解決!ローションを使う4つのメリット• 頭皮 自宅でできる頭皮ケア!手軽に行う頭皮ケア法とその効果• 頭皮 男性必見!メンズの頭皮ケアグッズとその方法• 頭皮 頭皮の乾燥とかゆみに効果的なシャンプーと正しい対処法• 頭皮 頭皮湿疹はストレスが原因!?頭皮にできた湿疹をなくす方法• 頭皮 頭皮の乾燥にも化粧水で対策できる?頭皮の乾燥におすすめのケア方法• 頭皮 頭皮の臭いは乾燥が原因!乾燥による臭いと対処法• 頭皮 炭酸水を使った正しい頭皮ケア方法と炭酸水ならではの効果• 頭皮 おすすめの頭皮ケアスプレーと効果を出す使い方• 頭皮 頭皮がくさい!頭皮が臭う原因や臭いを消すおすすめのケアとは?• 頭皮 頭皮の毛穴詰まりを改善するクレンジング法とおすすめのクレンジング• 頭皮 頭皮と髪のよくあるお悩みに!家でできるケアの方法とおすすめのケア商品• 頭皮 頭皮と髪のよくあるお悩みに!家でできるケアの方法とおすすめのケア商品• 頭皮 頭皮ケアにオイルは最適!オイルの効果と使い方• 頭皮 頭皮の湿疹におすすめのシャンプー3選【市販で買える】.

次の

【シャンプー変えたら…】頭皮にニキビが!皮膚科に行って薬で治すしかないの?

頭皮 ニキビ

頭がいつもベタベタしている、いつもベットリして汗ばんでいる、それは 全て皮脂のせいです。 頭皮が臭かったり、痒みがあったりフケが大量に出ている人もいるかと思いますが、それらも皮脂が過剰に分泌することによって引き起こされています。 よく「汗」と勘違いする人がいますが、 頭皮のベタベタは「皮脂」によるものです。 汗はほとんどが水分で出来ているので臭いはしません。 汗をかいて、その汗により皮脂が肌表面に浮かび上がることによって臭いを放っているのです。 そしてなんと言っても頭皮は「皮脂」の分泌が身体の中で最も激しい場所です。 顔も皮脂が過剰分泌するとそれが毛穴につまりニキビができます。 特に鼻や額は「Tゾーン」と呼ばれ、顔の中でも1番皮脂が多くベタベタしている部位です。 ですが頭皮はその鼻や額の約2倍もの皮脂が潜んでいます。 皮脂が分泌される「皮脂腺」。 これが1平方センチにつき800個もあるのです。 皮脂腺の数はどんな人も同じですが、頭皮ニキビができやすい人は皮脂が分泌される量が普通よりも多すぎるのです。 皮脂の分泌は「男性ホルモン」が影響している 頭皮がベタついている人は「男性ホルモン」が活発化しすぎています。 男性はもちろんのこと、女性にも男性ホルモンはあります。 ホルモンバランスの乱れはニキビの最大の原因です。 男性ホルモンが増えるのは 「ストレス」 「睡眠不足」などが挙げられます。 ストレスを抱える、睡眠が足りていないと、自律神経である「交感神経」が働く時間が長くなり、男性ホルモンが増えるのです。 女性であれば生理中に「 黄体ホルモン(プロゲステロン)」という男性ホルモンに似た女性ホルモンが増加することも、皮脂の過剰分泌を促してしまいます。 ホルモン治療や、女性ホルモン(エストロゲン)を取り入れる 皮脂の過剰分泌を抑えるには男性ホルモンの分泌を抑えるか、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌を促すか、です。 女性ホルモン(エストロゲン)の分泌を促す食品を取り入れることがまず挙げられます。 ニキビができやすいベタベタ肌は食生活の乱れによって起きる場合もあります。 乳製品などの動物性たんぱく質や、チョコレートなどの糖分の取りすぎは脂性肌(オイリー肌)を作ります。 豆乳などの 大豆イソフラボンは女性ホルモン(エストロゲン)と似た働きをしますね。 大豆を含む、納豆やきなこなども効果的です。 その他、ザクロがエストロゲンの分泌を促してくれます。 エストロゲンの分泌を促す物質として 「ボロン」というミネラル成分があります。 ボロンは近年注目されている美容ビタミンです。 ボロンを摂取することにより、血中のエストロゲン濃度が2倍になるという研究結果もあるほどです。 ボロンは熱に弱いため、生で食べられる食品で得られることができます。 「寒天」「ひじき」などの海藻類、「キャベツ」、「ヘーゼルナッツ」、「きな粉」、「ピュアココア」などにもボロンは含まれています。 マカは滋養強壮、体力回復などにもよく使用されている、アンデスの山岳地帯に育つ植物から採取された成分です。 卵巣機能を高めて子作りにも効果があると言われています。 女性ホルモン分泌を活性化させてくれます。 ビタミンB6は女性ホルモンの分泌を促し、ホルモンバランスを整えてくれるので、PMS(月経前症候群)やつわりの際にも役立ちます。 更にターンオーバーを促してくれる効果もある優れもの。 マグロなどの魚類に豊富に含まれている他、牛レバーやアボガド、バナナなどにも含まれています。 女性ホルモンの分泌を促すにはサプリメントが1番手軽です。 こちらのサプリ、妊活サプリ「SAZUKARI」と言います。 体内に吸収されやすい「アグリコン型イソフラボン」を配合、その他、ザクロ果皮エキスなどエストロゲン分泌を促す成分が多数配合されています。 妊活用のサプリメントですが、女性ホルモン分泌を促したい人はぜひ。 頭皮ニキビは枕カバーの汚れが原因 頭皮ニキビの原因は枕カバーにあると言っても過言ではありません。 枕カバーを定期的に洗わないことは 雑菌の繁殖に繋がります。 汗ばんだ頭皮、皮脂の多い頭皮、そこに洗わない枕。 もはや自らニキビを作ってくれと言っているようなもの・・・。 菌は湿った場所を好んで繁殖します。 ニキビの原因であるアクネ菌も同じです。 皮脂の多いベタベタしたところを好んでいます。 それが枕の雑菌と入り混じり、ニキビだけではなく様々な頭皮トラブルの引き金になりかねません。 枕カバーの洗浄は週に1回は行いましょう。 皮脂の多い頭皮だけではなく、乾燥でもニキビはできる 皮脂が多すぎると、その皮脂が毛穴につまりニキビができます。 次第に毛穴につまった皮脂をエサにしてアクネ菌が繁殖し、赤ニキビになります。 ですが頭皮ニキビは皮脂の多いベタベタだけが原因ではありません。 「乾燥肌」によっても頭皮ニキビはできるんです。 古い角質が剥がれにくくなり、角栓ができてニキビができます。 乾燥肌は毛穴が細く小さくなっているのも特徴です。 それにより少量の皮脂でも毛穴につまってしまうため、ニキビができます。 紫外線による乾燥 紫外線は頭皮トラブルの元、乾燥に繋がります。 頭は紫外線が1番当たりやすい場所です。 紫外線に当たりすぎると「活性酸素」というものが活発化します。 活性酸素はニキビを作る原因の1つです。 更に紫外線に当たり続ければ肌の表皮、角質層にダメージを与えているのと同じです。 ダメージが与えられた肌は乾燥を引き起こし、ニキビができます。 寒い時期は乾燥しがち 冬場は空気が乾燥するため、乾燥肌になりがちです。 頭皮の乾燥を防ぐには、シャンプーはもちろんのこと、 頭皮用の美容液も使いましょう。 顔と同じく頭皮も「保湿」することで肌の水分量が保たれて、乾燥から守ってくれます、 頭皮のニキビはシャンプー選びから 頭皮も顔と同じく肌の生まれ変わりである 「ターンオーバー」が行われています。 ターンオーバーが乱れることにより肌質が皮脂量の多い脂性肌(オイリー肌)、カサカサした乾燥肌になります。 それを回避するためにはストレス、睡眠不足や食事などの生活習慣を見直すことも大事ですが、1番早くできることは頭皮ケアです。 洗浄力の強いアルコール系シャンプーを使ってませんか? 市販のシャンプーに多いですが、成分に 「ラウリル酸」「ラウレス酸」「スルホン酸」などが配合されているシャンプーは汚れの洗い流しを重視しているため、洗浄力がとても強いシャンプーです。 洗浄力の強いシャンプーを使うことにより、 皮脂を落としすぎて乾燥肌になります。 皮脂は肌を守るための常在菌です。 ある程度頭皮にいなくてはいけません。 出過ぎてもダメですし、いなくなってもダメなんです。 シャンプーによって皮脂量をコントロールし、頭皮のターンオーバーを直しましょう。 ではどんなシャンプーを使えばいいのでしょうか? 無添加、アミノ酸系、ノンシリコン、薬用シャンプー 頭皮にニキビができやすい肌質の人は、肌が元々敏感な人であり、刺激に強い成分が入ったシャンプーは合いません。 今の時代には敏感肌用の人のための、肌に優しいシャンプーが数多く登場しています。 添加物が一切入っていない 無添加、人の肌と同じ20種類のアミノ酸で洗浄させる アミノ酸系、 ノンシリコンは髪を健康に保つためのキューティクルを守ります。 薬用シャンプーはフケや痒みが多い人にオススメです。 現在では無添加+アミノ酸系+ノンシリコンなど、全てを網羅した革新的なシャンプーがあります!ここで1つオススメのシャンプーをご紹介致します。 haru 黒髪スカルプ・プロ 頭皮の正しい洗い方 シャンプー編 洗い方を間違えてしまえばどんなに良いシャンプーでも、逆効果になってしまいます。 顔の洗顔と同じく、頭皮の洗い方も学んでいきましょう。 ブラッシングをすることで軽くホコリや汚れを取り除きます。 できるだけシャンプーの洗浄時間を短くするためです。 このときに爪を立てたり、ゴシゴシと強くこすったりしてはいけません。 更に背中や胸に残っていないかも見てみましょう。 背中ニキビや胸のニキビはシャンプーの洗い残しで出来てしまうことがあります。 できるだけ早くドライヤーで乾かす 熱風NG 髪を乾かすときは時間が勝負です。 なぜならドライヤーの熱風は乾燥を引き起こしてしまうからです。 なのでドライヤーは 「風量」が強いもの、大きいものを選びましょう。 ドライヤーの時間を短くするために、ドライヤー前にタオルでしっかり水分を拭き取ること。 最後に冷風に切り替えて乾かすことがポイントです。 ヘアカラー&ワックスなどは控えましょう 頭皮ニキビができている間は、なるべく頭皮を痛めつける行為は止めましょう。 ヘアカラーを自分でやる場合、その成分が頭皮に付着する場合があります。 ヘアスタイリング剤、ワックス等も頭皮に付いた場合は刺激となり頭皮ニキビが炎症を起こす原因になります。 マラセチア菌が原因で頭皮の皮膚炎になる 頭皮にはマラセチア菌という菌が常在しています。 顔のニキビはアクネ菌が原因ですが、背中などの身体のニキビはマラセチア菌が原因でできます。 マラセチア菌はアクネ菌同様に皮脂をエサにして繁殖を起こします。 このマラセチア菌が増えるとニキビだけではなく。 「 脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)」という皮膚炎になってしまう可能性があります。 フケが大量に出てしまい、頭皮に痒みと炎症が起きるのが特徴です。 頭皮のニキビや脂漏性皮膚炎含め、まずは皮膚科へ 毎日の生活習慣の見直しや、シャンプーでの頭皮ケアと同時にまずは皮膚科を受診しましょう。 頭皮ニキビには頭皮用のローションタイプの「ダラシンTゲル」などの塗り薬が処方されます。 フケ、痒み、炎症がひどい場合は頭皮ニキビだけではなく、他の皮膚炎も併発している可能性があります。 そうした場合は自力でのケアだけでは治すことは不可能です。 できるだけ早めの皮膚科への受診をオススメ致します。

次の