オーストラリア ドル 見通し。 【2020年】豪ドル円(オーストラリアドル)の長期見通し・予想がヤバい!今後の価格はどうなる?|今すぐ始めるFX投資

【2020年】豪ドル円(オーストラリアドル)の長期見通し・予想がヤバい!今後の価格はどうなる?|今すぐ始めるFX投資

オーストラリア ドル 見通し

スクロールしてください! ユーロ豪ドルの特徴と攻め方• ユーロ豪ドルは流動性が高いので利食い幅は広めに! 上昇下降のスピードが速く、かなり一気に動くので利益幅は広く取りましょう。 特に 高値水準から下落するときは2~3日で4円分ぐらいは一気に落ちるので中途半端に利幅を設定しないようにしましょう。 資金量が多くリスク許容範囲が広い方は取引通貨量を上げてみるのもお勧めです。 利食いを広く取るのも重要ですが、損切も広く取らないと何度もロスカットされてしまう可能性があります。 特にドル円やNZドル円などの流動性が低い通貨での取引に慣れている方は注意してください。 マイナススワップが痛いのでロングで長期間のポジション保有は危険 以前より スワップポイントは減りましたがそれでもかなり高い部類です。 ユーロドル系なのでロングにポジションを持つとマイナススワップが付きます。 ユーロ豪ドルの攻め方は基本はショート狙い 上のようにマイナススワップがつくロングよりもショートでプラススワップをもらいつつ長期間持っておくのが一番儲かりやすいです。 なので基本は ショート狙いでいきましょう。 特に上でも書いてますが 高値水準からの下落は結構おいしい思いができる通貨です。 なので基本は4時間足から日足程度の逆張りか、下降トレンドの押し目狙いがおススメです。 この手法だとある程度スワップポイントももらえますし、一気に下降することが多いので利益も大きくなります。 一気に攻めるもよし、何度もチャレンジするのもよしなので日ごろからよくチャートをみて値ごろ感を調べておきましょう。 ユーロ豪ドルの相関通貨は豪ドル円とユーロドル! まず前提をおさらいしておくと・・・• やや分かりにくいので簡単にいうと 豪ドル円と逆の動き、 ユーロドルと同じ動きをするをおおまかに覚えてもらって問題ありません。 豪ドル円の動きを意識しておくと全体の流れをつかみやすい 基本的に豪ドルとユーロ豪ドルはセットでチャート分析とファンダメンタルズの情報を収集するとトレードに生かしやすいです。 特に注目しておきたいのが・・・• オーストラリアの政策金利の動向 こちらを重点的にチェックしておくといいでしょう。 new! 管理人考察 かなりボラリティが低下していますね。 現状だとトレンドも出ていないのでスウィングトレードやデイトレードはしない方が無難ですね。 一応豪ドルも75円程度を推移していますが・・・目立った動きはないです。 ユーロ豪は激烈な値動きが面白いんですがここまで動かないときついですね。 おススメの手法 現状だとボラリティが著しく低下しているのでレンジ相場狙いが有効ですが・・・持ち味を生かせないのでトレードしないほうが無難です。 ポンド系はかなり頻繁に動いているので私は今はそちらに注視していますね。 見通し 値動きが少ない分反動があります。 習性売りで下がればユーロ豪はかなり上昇するので現状はそちらを待ちつつ様子見が良いのではないでしょうか? new! 管理人考察 少々時間が空きましたが、早速行きましょう。 従って現状だと長期で狙う新規ポジションを取るよりはレンジ相場を狙った方が稼げそうです。 ポジションを既に持っている場合はホールドしたほうがいいですね。 おススメの手法 新規で狙う場合は上でも書いた通りレンジ相場を狙うべきなのですが・・・レンジ幅が狭いので大きな利益を出すにはちょっと苦しそうです。 従って現状だと新規でどうこうやるよりは他の通貨での取引を推奨ですね。 見通し 今現在はレンジ継続なのですが・・・豪ドルがかなり高い水準まで来ているので反落が怖いですね。 反落すると急騰するかもしれないので注意しましょう。 管理人考察 やっぱり利食いなどが重なった一時的な上昇トレンドでしたね、その後一気に下落というユーロ豪のだいご味です。 私はこのV字はほとんど取れたので今月はもう取引しないです。 ファンダメンタルニュースでも取上げましたが、コロナウイルスの影響は徐々に収まっていきています。 ロシアではかなり被害が出ていますが、ユーロ圏やNZランドではロックダウンの解除等が始まっています。 おススメの手法 戻り売りか、押し目売りで行きましょう。 166000を抜けると次は16000なのでかなり利幅は取れるはずです。 見通し まだまだこれからどんどん下がるのでホールドしつつ様子見がよいですね、仮に160000を抜けると次は157000あたり、もしそれを抜けると・・・・148000 あたりまで急降下です。 従ってホールドや細かいロット数で打診しておいたほうがいいですね。 ファンダメンタル的にいうと米中関係悪化が原因ですね。 ユーロ豪のだけでなくクロスの豪ドルやNYドル円は下落しています。 値動きの大きさにびっくりしますが、多分このまま上昇トレンド形成は考えつらいです。 利食いの買い注文も重なり一時的に大きく上昇と考えた方がいいです。 おススメの手法 月足や週足でみるとまだまだ下降トレンドなので戻り売りが好ましいです。 できれば長期的にホールドしてスワップも少しづつもらいながら・・・といった感じですね。 見通し まだまだ下落トレンドです。 従って押し目売りや打診で売りにポジションを形成しておいた方がいいかもしれませんね。 管理人考察 いや~だいぶ間が空いてしまいました。 早速行きましょう! まず現状は絶賛下降トレンド形成中です。 私の現状的に185000付近でポジションを持っていて売り増ししていたのでユーロ豪に関してはやることないというのが現状ですね。 ポジション的に18500,18300,17800,17500で売りに置いているので放置しています。 とりあえずもっと下がるまで放置するので何にもやることないといった感じですね。 おススメの手法 新規にポジションを取る場合は戻り売りが絶対ですね。 基本的に逆張りで上がれば売りでホールドといった感じでしょう。 下がりのめどは16600あたりまではストレートで行く可能性があるのでホールドしてもいいですしある程度利幅が取れれば決済しても良いでしょう。 今はFXも注力していますが新しいビジネスを思いついたのでそれを主にやっていこうと思ってます。 見通し 戻り売り一択でやると良いでしょう。 管理人考察 今週のFXみなさんどうでしょうか? 私の現状は特に問題ないですね、三月は最初どうなることやらと思いましたが何とか例年通りより少しだけ少ない感じのプラス益で終わることができました。 さて、今週半ばのユーロ豪ですが・・・17800を抜けると思いきや反転してそのまま上昇していますね。 先月ほどの値動きの荒さはだいぶなくなってきているので取引自体はスムーズにできる感じかなと思います。 値動きは鈍化しているので現状は値幅は大きく取るのではなく普段通りの手法や損切、利食いに戻しておくとよいかなと思います。 私も先週や先々週は利食いを500pipsとかにしていましたが現状は通常の200pips程度に戻しています。 おススメの手法 現状値動き自体は鈍化しているので通常の手法でよいですが、コロナパニックはまだまだ収束しようではないのでレンジ気味で相場は移行しそうなので合わせてやっていきたいです、現状は切り返しの上昇トレンドになっていているのでうまくトレンドに乗るように取引すれば良いでしょう。 利食いの目安は18500あたりかなと思います。 予想的には一応17800~18500あたりを推移していくのではないかと思っています。 見通し 値動きは完全に鈍化しています。 通常よりはやや粗いですが普通に取引できる範疇です。 管理人考察 今週も荒いですね、レンジ幅が600pipsもあります 笑 でもやはり先週に比べるとかなり鈍化しています。 なので稼げるチャンスは徐々に少なくなってきていますね。 それでも爆勝ちできてますが・・・ 一応私の状況はかなり好調でユーロ豪は今週は約1000pipsは抜けてますね。 あのぶっといレンジを狙っています。 手法は至って簡単でロット数を下げて逆張り系のオシレーター見つつ反転したらタイミングを計ってエントリーするといった感じです。 おススメの手法 まだまだ荒いので適当に短期間のトレンド狙いしつつ上のようなやり方で十分いけると思います。 しかし、動くときは数時間で300pipsぐらい一気に動くのでチャート画面は常にみつ続けたいですね。 荒いですが、ロット数を下げて損切幅を広く取って臨めばただのレンジ相場なので今は普通に臆せずやってます。 見通し 徐々に動きが鈍化しています。 もし、ある程度収束の兆しが見えてしまうと今度は鬼の下落を見せるはずです。 従って値が高い水準18600以上になれば売っておいてとにかくホールドしたほうが良いです。 私も18600と18500付近で売りのポジションをホールド中です。 もし下がりだしたら16000台までいってもおかしくないです。 管理人考察 いやー、荒いというか荒すぎですね。 19600ごろまで上昇してそこから一気に18400ごろまで下落という・・・むちゃくちゃな動きなので予想もへったくれもありませんが、ここまで荒いと利幅300とか400でもバンバンとれるのでかなり稼がせてもらいました。 でも3月二週目にかなり負けたんでやっと+域に復活したという感じですが・・・• おススメの手法 こうなるとどれの手法も投機になってしまうのですが、荒い分時間足をやはり短くしてロット数も少なく損切幅50以上で利食い200以上で上がっていれば買う下がっていれば売るというめちゃめちゃなやり方でかなり勝てました。 しかし、値動きが鈍化するとこの手法は危険なので様子見しつつでお願いします• 見通し こちらは不明ですね、現状は一応売り優勢ですが・・・ クロス円自体が上昇基調になりつつなるので売ってもいいのですがここまで激しいとどうなるかは一切分からないですね。 なのでやはりユーロ豪は現状しない方が良い通貨だと思います。 管理人考察 なんと! 19000に到達しようとしています。 ここまでくるとどこまでいくかのか・・・ でも豪ドルも下落基調なのでまだまだ上がっていく可能性濃厚です。 もしかすると20000は超えてくる可能性もありますね~。 なので戻りは一切期待できません! 先週はそこそこ負けましたが今週はかなり調子がよいです。 後述の手法で1000pips近く抜けたので先週も損失もだいぶ復活してきました。 あと含み益も結構あるのでどう調理しようかなと思案中。 おススメの手法 買いまくれ! といいたいところですが適当に買っても少々旨味はないので1分足でちょっと下がったところを損切40利食い200ていどで買うというのがおススメ。 RSIを使用するとやりやすいです。 重いロット数だとロスカットされた時痛いので各自調整してやや少なめか普通あたりでやってみましょう。 他にも少ないロット数で損切幅をかなり広げて買って放置もアリですね。 見通し どこまで上がるかはさっぱり未定です。 しかし、豪ドル円が過去のリーマンショックでの下げ幅限界まで近づいているのでそこを抜ければもう二段階三段階の上昇もあり得ます。 慎重派はやはり様子見が無難。 特に重いロット数で少しだけの利食いを狙う方は値動きが激しすぎるので注意してください。 最悪放置もアリです。 管理人考察 いやーやばいですね! なんと・・・18000を突破してしまうという。 というか月曜からみなさん為替の方はいかがでしょうか? 私は最悪で久しぶりにロスカットを連発で食らってしまって・・・ そこそこ負けました。 実際の金額にするとそんなに負けてはないんですが、いやーやばいです。 久しぶりに恐怖感感じました。 おススメの手法 現状だと完全にどこに行くかさっぱり分からないのでやらないってのが無難ですが・・・やるというなら戻り買いですね。 それでとりあえず上までついていくというやり方でいくしかないですね。 見通し もうさっぱり分かりません。 とりあえずここまで高いのは今までないんでもう放置して何もしない方がいいです。 管理人考察 まずは現状だと1. 70000付近から反発していますね、4時間足だと移動平均線を割り込んできているのでもしかするとこのまま下落してもおかしくありません。 ニュースなどを見る限り中国ではだいぶ感染者も減っていますし、中国が復帰すれば関連国家の豪ドルも上昇し、結果ユーロ豪下落になります。 一応1,70000で売りのポジションを持っているのでがっつりホールドしたいと思います。 戻ってきたらまた適当に売りに入ります。 まあそんなに難しい相場でないので結構ガンガン攻めても面白いと思います。 見通し もしかしたら一気に反発して下落する可能性が高まっています。 ものすごくチャンスなので機を逃さないようにしましょう。 しかし、ウイルスの影響がもっと深刻化すれば普通にまた鬼の上昇を見せるので損切や適切なロット数で取引しましょう。 管理人考察 現状1,71000を抜けましたが、今は反発して1,69000台に入っています。 ざっくりした感じで見るとさすがに高すぎラインなので徐々に売りで仕掛けている感じがしますね。 あとクロス系の通貨も下げ渋りだしているのでコロナの影響も徐々に薄くなってきている感じがします。 相場はですが・・・ 個人的にコロナウイルスさまさまって感じですね。 この騒乱でユーロ豪やクロス円で10000pips以上稼げたので一気に資産が増えました。 不謹慎ですが投資家っちゅうのはこうでなければとはと思います。 おススメの手法 まあショート狙い一択ですね、何度も書いてますが、この高値圏から下落すると半端ではなく落ちていくのでリスク覚悟でショートのポジションを仕込んでおくと良いでしょう。 打診でちょっとしたポジションを1,7000近辺で売っておいて下降トレンドに入ったら売り増して行くのもアリですね。 見通し 下落トレンドとして上のチャートの緑の移動平均線を割ったあたりからを目安に本格的なトレンド開始といっても良いでしょう。 積極派はリスク覚悟でショートごり押し、慎重派は打診で様子見あたりが良いのではないかなと思います。 注意点で現状のちょっとした値下がりはただ単にロング筋の利食いの可能性もあります。 2020 2月下旬ごろのチャート分析• 管理人考察 現状だとかなり荒れています。 上値限界が1. 6600付近で下値限界が1. 6000付近で波の高いレンジ相場になっています。 原因としては新型コロナウイルスでの中国経済停滞からの豪ドルが影響を受けて、そしてユーロ豪上昇になっていますね。 値動きが結構激しいので、初心者向けの相場ではありませんがその分取れるpips数は増えるので個人的にはチャンスです。 2020年は1. 62000を売りでがっつりと取れたのでそこそこ利益が出ています。 おススメの手法 日足の通り激しいレンジ相場になっているのでRSIなどのオシレーターを使った逆張りが現状有効です。 逆によくないのがトレンドフォロー系ですね。 値動きのスピードが速いので乗り遅れるとガンガン損切を食らうので注意。 見通し やはりコロナウイルスの影響で経済全般の動きが鈍いので結果的にドル円が円高方向に行くと豪ドルも釣れられ下落そしてユーロ豪上昇という形になります。 もし1. 6600を超えるとかなり上に行くので注意が必要です。 逆に戻るとでかいのでチャンスでもありますが…全体的に値動きが荒く読みづらいので慣れてない方はコロナウイルスが落ち着くまではエントリーを控えるのもありですね。 2020 2月29日 金曜日• 管理人考察 かなり高値圏まできています。 なんと1. 70000を超えました! 執筆時はまだコロナウイルスの影響で全体的に不安定なのでもっと相場が上昇してもおかしくはないです。 現状1. 7000は前人未到なのでどこで利食いをすればいいのかは非常に難しいです。 影響が続く限りはユーロドル上昇、豪ドル下落という図式が揃うのでまだまだ上昇します。 自体が収束して相場が落ち着けば戻る可能性はありますが現状はその可能性は低いです。 おススメの手法 今はコロナウイルスの影響があるので逆に張るのは危険ですが・・・もし収まると超スピードで下落するので相当旨味がある相場です。 ロング狙いなら押し目買いで行くとこまで狙う。 ショート狙いならリスク覚悟でショートに張るのがおススメ。 ショート狙いならもし下落すると一瞬で1. 6000近辺までは行くのでpipsに換算すると1000~800前後は取れるでしょう。 ロングだとどこまで行くのか分からないのでこまめに利食いするのをお勧めです。 見通し ある意味チャンスっちゃチャンスです。 私は逆張りなのでリスク覚悟で下落狙ってます。 だいぶ損切食らいましたがまだまだいけるので狙っていきます。 ユーロ豪ドル系初心者向けQ&A• なので利食いや損切の幅を実際の金額を目安に設定している場合は1,2倍掛けで考えるといいでしょう クロス円と比較して• ユーロ豪ドルのスワップ利ザヤ狙いって有効ですか? これは微妙ですね・・・以前はショートのスワップポイントがかなり高水準だったのですが相次ぐ豪ドル利下げラッシュによりかなり低くなってきました。 なので スワップ利ザヤよりも高流動性を利用した普通の取引の方が儲けれます。 ユーロ豪ドルでのおススメの手法はなんですか? 基本ユーロ豪ドルは高火力通貨なので値動きが激しいです。 なので私は逆張りでトレンドの最初から後半ぐらいをすっぽぬく逆張りで結構稼いでいます。 他にも売りだと+スワップが付くのでショートのトレンドフォローで握力勝負もそこそこ稼げます。 FXで勝てない奴はこれを見ろ! 負けない記事一覧です。 じっくり見てぜひともFXライフに取り入れてみてください。 特に重要なのはFXでは勝つよりも負けないことを意識することです。 なのでまずは勝つことよりも負けないことを意識して取り組んでみてください。 どうしてもFXで勝てない時はアフィリエイトやってみない?• FXで儲けるには努力も必要ですが、もともとセンスが多少必要です。 でないとなかなか芽が出ない場合もあります。 さらに負けるとお金がどんどん減ってきますから怖いですよね。 アフィリエイトは負けるという概念がなくうまくいけば不労所得に繋がりやすいのでFXで勝てなくて困っている場合はかなりおススメです。 アフィリエイト以外でもA8のセルフバックをやればFX口座を開設するだけでお金が入ってくるシステムもあるのでぜひチャレンジしてください。 まとめ ユーロ豪ドルはスワップがあるので安易にロングで長時間ポジションを保有してしまうとマイナススワップが痛いので注意。 損しても一切責任を負いませんのでご了承ください。 あと動きがあればまた随時更新します。 人気記事一覧• スクロールしてください! ユ... FXで損切り注文を入れて約定したとたん反転して元の値段に戻るというのはFXでは必ず... 今回は「FX イライラ対策のやり方はこれだ! なぜFXがストレスになるのか考えてみ... 今回は「FX 打診買いと打診売りを行って損を減らそう」をお送りします。 とにかくFX... なぜ利食いを早くしてしまうのか? プロスペクト理論 人間の判断や決断はプロスペクト理論に支配されており先... 利大損小とは? 「利大損小」というのは利益は大きく損は小さくという投資では必須の考え方です。... 勝率を上げる具体的なテクニック4つ 利食い幅を狭く取る 通常FXに限らず投資では小さく負け... 取引通貨を絞る事によって得られるメリット どの通貨ペアを選んでも長く付き合えば値動き... 今回は「メルカリやラクマで地雷ややばい奴を避ける5つの方法」をお送りします。 メルカリやラク... 確かに2分の1の確率で相場が上がったり下がったりするのだが・・・ 基本的にFXの限ら... 人気記事一覧• FXで損切り注文を入れて約定したとたん反転して元の値段に戻るというのはFXでは必ず... 今回は「FX イライラ対策のやり方はこれだ! なぜFXがストレスになるのか考えてみ... スクロールしてください! ユ... なぜ利食いを早くしてしまうのか? プロスペクト理論 人間の判断や決断はプロスペクト理論に支配されており先... 長期のトレードと短期のトレードはいったいどちらが儲かるのか? どちらも成功す... 今回は「FX 打診買いと打診売りを行って損を減らそう」をお送りします。 とにかくFX... 取引通貨を絞る事によって得られるメリット どの通貨ペアを選んでも長く付き合えば値動き... FXは心理戦というより相場心理を理解したほうが勝ちやすくなる よくマンガで見る感じの... 勝率を上げる具体的なテクニック4つ 利食い幅を狭く取る 通常FXに限らず投資では小さく負け... 確かに2分の1の確率で相場が上がったり下がったりするのだが・・・ 基本的にFXの限ら...

次の

オーストラリアドル為替レートこの先の見通しは?

オーストラリア ドル 見通し

2005年末 2010年末 2015年末 直近 豪ドルへの 影響度 方向性 政策金利 5. 1 Jun. 15% 0-0. 10% 0-0. 10% 0. 1% Jun. 71 Jun. 10% 0. 00% 0. 20% 0. 40% 4. 90% 3. 30% 2.

次の

豪ドル/円の為替見通しは?今後オーストラリアの金利はどうなる?

オーストラリア ドル 見通し

マーケットアウトルック - 豪州市場・豪ドル - 投資の視点は2020年6月15日に野村マンスリー投資会議で確認された内容に基づいています。 3%とマイナスに転じました。 4-6月期には、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う輸出の落ち込みや外出規制による個人消費の鈍化を背景にマイナス成長が続くと予想され、豪州経済は約30年振りに景気後退入り 2四半期連続で前期比マイナス成長 する見通しです。 中国景気持ち直しや鉄鉱石価格の上昇が豪ドルの押上げ材料となる一方、低金利政策の長期化が豪ドルの重しとなりやすいことには留意が必要です。 金融政策 豪州準備銀行 RBA は、4月から7月まで4会合連続で政策金利を過去最低の0. 25%に据え置くと同時に、3年物国債利回りが0. 25%程度で推移するように国債や政府機関債の買入れを実施しています。 野村證券では、政策金利は少なくとも2022年末まで現行水準に据え置かれると予想しています。 (出所)ブルームバーグより野村證券投資情報部作成(直近値は2020年7月9日) 豪ドルの注目点と今後の見通し 豪州政府が7月末までに経済活動の完全再開を目指す方針を示したことを受け、各州では6月より一段の規制解除が始められました。 豪ドルは、経済活動の再開に対する期待と主力輸出品である鉄鉱石など資源の価格上昇を追い風として、足元にかけて上昇基調を強めています。 ただし、一段の豪ドル高には、政府の景気対策とRBAの低金利・量的緩和政策によって豪州経済が持ち直し、金融緩和政策の解除期待が高まる必要があるとみられます。 豪ドルの市場動向 豪ドル相場は、3月初旬に主要産油国による協調減産協議の決裂を受けて原油価格が急落すると、軟化しました。 13日に世界的な株安が進むと、豪ドルは一段安となりました。 RBAが19日の緊急金融政策会合で追加利下げと量的緩和政策を打ち出すと、豪ドルは対円で59円台前半と、2009年2月下旬以来の低水準へ下落しました。 その後、22日に政府が追加的な景気支援策を発表すると豪ドルは持ち直しに転じました。 4月7日の金融政策会合で政策金利が据え置かれ、追加緩和観測が後退すると、豪ドルは上昇基調を強めました。 28日にはシドニーなど大都市で移動制限措置の一部緩和の方針が示されたことを受け、豪ドルは強含みに転じました。 モリソン首相が5月8日に経済活動を7月までに完全に再開する方針を示し、15日以降にシドニーなど大都市で公共施設やレストランの営業再開が認められると、豪ドルは上昇基調を強めました。 6月2日にRBAが景気判断を上方修正したことに加え、鉄鉱石など資源価格が回復したことも豪ドルの上昇を後押ししました。 しかし、豪州において新型コロナウイルスの感染第2波に対する懸念が強まる中、18日に失業率が7. 7月1日に豪州第2の都市メルボルンで外出規制が再導入され、豪ドルは一時軟化しました。 しかし、7日の金融政策会合でRBAが前回より楽観的な景気の見方を示したことや、鉄鉱石価格の上昇を背景に、豪ドルは底堅さを取り戻しました。 7月10日15時現在、対米ドルでは0. 69米ドル台前半、対円では74円台前半で推移しています。 (出所)ブルームバーグより野村證券投資情報部作成(直近値は2020年7月9日) 需給動向 シカゴ通貨先物市場における投機筋の豪ドル 対米ドル の持ち高は、売り持ち超過が続いています。 2010年6月30日現在、約6千枚 約450億円 の売り持ち超過となっています。 内容は、「野村マンスリー投資会議」で確認されたグローバルな各資産に関する見方や投資視点などに基づいて作成しております。 「野村マンスリー投資会議」は、グローバル・リサーチによる主要国・地域の景気、金利、為替、株価見通しを前提に、投資戦略を検討する月例の会議です。

次の