ニラ ひき肉 卵。 速攻!豪華ニラ玉のあんかけ丼の作り方

速攻!豪華ニラ玉のあんかけ丼の作り方

ニラ ひき肉 卵

独特の強い香りが特徴で、スタミナ食材としても知られる緑黄色野菜の「ニラ」。 ニラ玉、レバニラ炒め、チヂミなど、中華料理や韓国料理でよく登場するお馴染みの食材ですね。 栄養豊富で価格も安く、一年中手に入ることから、様々な料理に利用できる万能食材でもあります。 暑さで食欲が出ない夏や、冷えで体調を壊しやすい冬、スタミナをつけたり、体を温め血行を促進するニラの効用を是非活用したいですよね。 そこで今回のまとめでは、レシピサイトで人気のニラ料理のレシピを集めました。 おかずレシピ、チヂミレシピ、サラダ・和え物レシピ、ごはん・パスタレシピに分けて、様々なレシピを紹介します。 3分で調理可能な時短レシピもありますので、是非、チェックしてみてください。 また、カロテンは体内でビタミンAに変化し、皮膚や粘膜を健康に保つ働きがあり、美容にも効果的です。 ニラ独特の香りの元となっている成分がアリシンです。 アリシンはビタミンB1の吸収を助けることで疲労回復を促進する働きがあるほか、消化酵素の分泌を助け、食欲増進にも効果大。 代謝を高める作用もあるので、冷えや動脈硬化、神経痛などにも効果が期待できます。 他にもビタミンE、ビタミンB1、ビタミンC等のビタミン類やカルシウムやカリウムなどのミネラルが含まれるニラは、まさに栄養たっぷりの食材と言えます。 ニラの調理法について 葉が薄く火が通りやすいニラは、餃子や炒め物、和え物など、様々な料理に利用できる秀逸食材です。 また、ニラの香り成分アリシンにはビタミンB1の吸収を助ける働きがあるので、ビタミンB1を多く含む食材と一緒に調理するのがおすすめです。 そういう意味では、豚肉とニラの炒め物やニラレバ炒めは理に適っていますね。 ただ、アリシンは水溶性・揮発性で、長時間水につけて洗ったり、前もって切って保存すると成分が失われてしまいます。 手早く洗って、火を通す前にさっと切るようにしましょう。 茹でる際もさっと熱湯にくぐらせる程度にすると、甘味も増して食感も楽しめますね。 中華料理のイメージが強いニラ炒めを和風にアレンジしたあっさりと食べられるレシピです。 豚肉をフライパンで焼き、野菜、調味料と炒め合わせ、あらかじめ作った炒り卵を最後に加えて混ぜます。 前もって調味料を合わせておくことで、調理も簡単ですね。 焼いた卵を最後に加えるので色合いも綺麗で食欲をそそります。 ビタミンB1を沢山摂れるメニューです。 こちらも豚バラを使った炒め物ですが、もやしを炒めた時に出る水分を活かしてとろみをつけるアイデアがいいですね。 オイスターソースと生姜の風味でいくらでもお箸が進みます。 使うや野菜やきのこの種類もアレンジでき、野菜をたっぷりと食べられるのもいいですね。 ニラはネギ属に属する緑黄色野菜で、古事記や万葉集にも記されている古くから食べられている野菜です。 緑色の葉ニラの他にニラ特有の臭みがない黄ニラや、中華料理の食材として使われる花ニラなどがあります。 餃子やレバニラ炒めなどに使われ、独特の風味が好き嫌いが分かれることも多いです。 ニラ特有の匂いはニンニクなどに含まれているのと同じアリシンで、アリシンはビタミンB1の吸収を助ける働きがあり、疲労回復に効果があると言われています。 この記事では、「ニラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 にらの旬は3月から5月となり春が最もおいしい時期です。 葉にら、黄にら、花にらがあります。 滋養強壮など漢方としても使われているにらは栄養満点の食材です。 独特なにおいがあるにらですが元となる成分(アリシン)には免疫を高める効果や風邪の予防、血行促進、ガン予防の効果があります。 整腸効果、冷え性にも効果があります。 またビタミンC、ビタミンE、ベータカロテンが豊富に含まれていて髪の毛、皮膚、視力などの健康維持、老化防止にも効果があります。 にらは炒め物のレシピや焼き物、汁物など幅広く使われている食材です。 中でも餃子やチヂミには欠かせない食材の一つになっています。 この記事では、「にら」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 レバニラ炒めや、もつ鍋、餃子の具には欠かせないニラには、食欲をそそる香りが魅力的な野菜です。 この独特な香りはネギにも含まれる「硫化アリル(アリシン)」によるものです。 硫化アリルはビタミンB1の吸収率を高めるため、豚肉や大豆と一緒に摂ることでより疲労回復効果や、炭水化物の代謝促進に効果が期待されます。 葉先には風邪予防や、美容効果には欠かせないビタミンを多く含み、抗酸化作用のあるカロテン、カルシウムも含まれます。 栄養満点なニラを「スタミナ野菜」と呼ばれるのも納得ですね。 身体を中から温める効果もあり、冷え性改善にも期待できますよ。 この記事では、「ニラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 ニラは独特な香りが特徴的な食材です。 この香りは硫化アリルという成分によるものです。 根元部分には葉の4倍もの硫化アリルが含まれています。 滋養強壮、疲労回復に効果的です。 ビタミンEも豊富に含まれていて生活習慣病予防にも効果があります。 他にベータカロテン、ビタミンC、カルシウムなどの栄養素も含んでいます。 ニラはハリとツヤがあり、葉先までピンとしていて肉厚で色が濃いものを選ぶと良いです。 おすすめの保存方法は根元に水を吸わせて新聞紙でくるみポリ袋に入れて冷蔵庫で保存するのがおすすめです。 この記事では、「ニラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 独特のにおいをもつニラは、スタミナ食材の一つです。 100gあたり21キロカロリーととても低カロリーなうえに、栄養も豊富。 また、胎児の成長に必要な葉酸も多く含まれているので、妊娠中の女性は特に意識して食べたい食材ですね。 独特のにおいがあるため、好き嫌いが分かれる野菜の一つですが、口臭対策として、食後にお茶を飲むとにおいが抑えられるようですよ。 ニラ料理の代表格「ニラ玉」や「レバニラ炒め」は、火が通りやすいので時短レシピにもってこいです。 この記事では、「ニラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。 プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。 日本でポピュラーになったのは、1960年代。 クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。 日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。 近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の

ニラと卵のレシピ【人気14選】つくれぽ1000越え殿堂は5品!1位のニラ玉やスープは?

ニラ ひき肉 卵

ニラ玉(ニラの卵とじ)の基本 ニラ玉の材料は、 ニラ1束に対して卵3個ですが、だし汁を使うかどうかによって、2パターンの味付けがあります。 だしなしでの注意点は、 酒とみりんが多く入るので、ニラを入れる前に20〜30秒ほど沸騰させてアルコールを煮切ることです。 下準備としては、ニラを3〜4cm幅に切り、卵をボウルに割り入れて箸で溶きほぐしておきます。 用意できるものでつくってみてください。 上下を返しながら加熱していけば、ニラにすぐに火が通るので、火が通れば卵液を流し入れます。 卵液を流し入れる時の火加減は弱めの中火くらい。 鍋肌に回しかけるように卵液を入れます。 卵が鍋肌から半熟状態に固まってくるので、そうなった部分を中央に寄せ、また固まったものを中央に寄せます。 全体がゆるい半熟状態に近くなれば、蓋をします。 蓋をしたら 火をごく弱火にして、1分そのまま加熱します。 続けてそのまま、2分ほど蒸らします。 2分後に蓋を開けてみて、卵の火の通り加減を確認してみます。 (もう少し火を通したければ追加で1分ほど蓋をしてそのまま余熱で火を通しても)卵の火通りがOKなら、汁ごと器に盛って完成です。

次の

ニラと卵のレシピ【人気14選】つくれぽ1000越え殿堂は5品!1位のニラ玉やスープは?

ニラ ひき肉 卵

独特の強い香りが特徴で、スタミナ食材としても知られる緑黄色野菜の「ニラ」。 ニラ玉、レバニラ炒め、チヂミなど、中華料理や韓国料理でよく登場するお馴染みの食材ですね。 栄養豊富で価格も安く、一年中手に入ることから、様々な料理に利用できる万能食材でもあります。 暑さで食欲が出ない夏や、冷えで体調を壊しやすい冬、スタミナをつけたり、体を温め血行を促進するニラの効用を是非活用したいですよね。 そこで今回のまとめでは、レシピサイトで人気のニラ料理のレシピを集めました。 おかずレシピ、チヂミレシピ、サラダ・和え物レシピ、ごはん・パスタレシピに分けて、様々なレシピを紹介します。 3分で調理可能な時短レシピもありますので、是非、チェックしてみてください。 また、カロテンは体内でビタミンAに変化し、皮膚や粘膜を健康に保つ働きがあり、美容にも効果的です。 ニラ独特の香りの元となっている成分がアリシンです。 アリシンはビタミンB1の吸収を助けることで疲労回復を促進する働きがあるほか、消化酵素の分泌を助け、食欲増進にも効果大。 代謝を高める作用もあるので、冷えや動脈硬化、神経痛などにも効果が期待できます。 他にもビタミンE、ビタミンB1、ビタミンC等のビタミン類やカルシウムやカリウムなどのミネラルが含まれるニラは、まさに栄養たっぷりの食材と言えます。 ニラの調理法について 葉が薄く火が通りやすいニラは、餃子や炒め物、和え物など、様々な料理に利用できる秀逸食材です。 また、ニラの香り成分アリシンにはビタミンB1の吸収を助ける働きがあるので、ビタミンB1を多く含む食材と一緒に調理するのがおすすめです。 そういう意味では、豚肉とニラの炒め物やニラレバ炒めは理に適っていますね。 ただ、アリシンは水溶性・揮発性で、長時間水につけて洗ったり、前もって切って保存すると成分が失われてしまいます。 手早く洗って、火を通す前にさっと切るようにしましょう。 茹でる際もさっと熱湯にくぐらせる程度にすると、甘味も増して食感も楽しめますね。 中華料理のイメージが強いニラ炒めを和風にアレンジしたあっさりと食べられるレシピです。 豚肉をフライパンで焼き、野菜、調味料と炒め合わせ、あらかじめ作った炒り卵を最後に加えて混ぜます。 前もって調味料を合わせておくことで、調理も簡単ですね。 焼いた卵を最後に加えるので色合いも綺麗で食欲をそそります。 ビタミンB1を沢山摂れるメニューです。 こちらも豚バラを使った炒め物ですが、もやしを炒めた時に出る水分を活かしてとろみをつけるアイデアがいいですね。 オイスターソースと生姜の風味でいくらでもお箸が進みます。 使うや野菜やきのこの種類もアレンジでき、野菜をたっぷりと食べられるのもいいですね。 ニラはネギ属に属する緑黄色野菜で、古事記や万葉集にも記されている古くから食べられている野菜です。 緑色の葉ニラの他にニラ特有の臭みがない黄ニラや、中華料理の食材として使われる花ニラなどがあります。 餃子やレバニラ炒めなどに使われ、独特の風味が好き嫌いが分かれることも多いです。 ニラ特有の匂いはニンニクなどに含まれているのと同じアリシンで、アリシンはビタミンB1の吸収を助ける働きがあり、疲労回復に効果があると言われています。 この記事では、「ニラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 にらの旬は3月から5月となり春が最もおいしい時期です。 葉にら、黄にら、花にらがあります。 滋養強壮など漢方としても使われているにらは栄養満点の食材です。 独特なにおいがあるにらですが元となる成分(アリシン)には免疫を高める効果や風邪の予防、血行促進、ガン予防の効果があります。 整腸効果、冷え性にも効果があります。 またビタミンC、ビタミンE、ベータカロテンが豊富に含まれていて髪の毛、皮膚、視力などの健康維持、老化防止にも効果があります。 にらは炒め物のレシピや焼き物、汁物など幅広く使われている食材です。 中でも餃子やチヂミには欠かせない食材の一つになっています。 この記事では、「にら」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:焼く】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 レバニラ炒めや、もつ鍋、餃子の具には欠かせないニラには、食欲をそそる香りが魅力的な野菜です。 この独特な香りはネギにも含まれる「硫化アリル(アリシン)」によるものです。 硫化アリルはビタミンB1の吸収率を高めるため、豚肉や大豆と一緒に摂ることでより疲労回復効果や、炭水化物の代謝促進に効果が期待されます。 葉先には風邪予防や、美容効果には欠かせないビタミンを多く含み、抗酸化作用のあるカロテン、カルシウムも含まれます。 栄養満点なニラを「スタミナ野菜」と呼ばれるのも納得ですね。 身体を中から温める効果もあり、冷え性改善にも期待できますよ。 この記事では、「ニラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:煮る】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 ニラは独特な香りが特徴的な食材です。 この香りは硫化アリルという成分によるものです。 根元部分には葉の4倍もの硫化アリルが含まれています。 滋養強壮、疲労回復に効果的です。 ビタミンEも豊富に含まれていて生活習慣病予防にも効果があります。 他にベータカロテン、ビタミンC、カルシウムなどの栄養素も含んでいます。 ニラはハリとツヤがあり、葉先までピンとしていて肉厚で色が濃いものを選ぶと良いです。 おすすめの保存方法は根元に水を吸わせて新聞紙でくるみポリ袋に入れて冷蔵庫で保存するのがおすすめです。 この記事では、「ニラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:蒸す】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 独特のにおいをもつニラは、スタミナ食材の一つです。 100gあたり21キロカロリーととても低カロリーなうえに、栄養も豊富。 また、胎児の成長に必要な葉酸も多く含まれているので、妊娠中の女性は特に意識して食べたい食材ですね。 独特のにおいがあるため、好き嫌いが分かれる野菜の一つですが、口臭対策として、食後にお茶を飲むとにおいが抑えられるようですよ。 ニラ料理の代表格「ニラ玉」や「レバニラ炒め」は、火が通りやすいので時短レシピにもってこいです。 この記事では、「ニラ」とはどのような食材(料理)なのかを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、【調理法:炒める】でおすすめの人気レシピのみをまとめました!ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。 プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。 日本でポピュラーになったのは、1960年代。 クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。 日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。 近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の