鶴瓶 の 家族 に 乾杯 新居浜。 絶対に仕込ませない『家族に乾杯』の奇跡 「本当はみんな誰しも面白い」

鶴瓶の家族に乾杯

鶴瓶 の 家族 に 乾杯 新居浜

笑福亭鶴瓶さんが出演するバラエティ「家族に乾杯」(NHK総合)で、思わぬ「ハプニング」が起きたと話題になっている。 東日本大震災の被災地で、子ども達にインタビューしたのだが、鶴瓶さんの発した何気ない一言が、子どもを傷つけてしまったというのだ。 「家族に乾杯」は、鶴瓶さんが毎回日本各地を訪れ、地元の人とふれ合うという番組。 毎週月曜20時から放送されている。 2012年3月12日の回では、震災から1年ということもあり、鶴瓶さんが、津波で大きな被害の出た岩手県陸前高田市を訪ねた。 「お父さんが消防団で、津波に流されて……」 まず、街全体が波に流され、一面が平地になってしまった様子を見て回る。 収録中、地元FM局にインタビューされ「『励ます』っていうのはおこがましいけど、何とか元気になってもらえたらと思って来た。 でも、高田に関しては言葉が出ない」と話し、本当にショックを受けているようだ。 その後、地元の子ども達を訪ねたのだが、そこでハプニングが起きた。 芸能人が地元に来てはしゃぐ小学5年生の女の子に鶴瓶さんが、「何人兄弟か?」と聞く。 女の子とその友達は「一人っ子」と楽しそうに返事。 続いて鶴瓶さんが「お父さん、お母さんはどこにおる?」と聞くと、友達が「悲しいこと言わないでください」。 女の子が「お父さんが消防団で、津波に流されて……」と話し、机に突っ伏してしまった。 友達は女の子の肩をトントンと叩き励ます。 しばらくして女の子は顔を上げ、鶴瓶さんと再び楽しそうにおしゃべりしていた。 放送していいか、母親に了承得る スタジオで、鶴瓶さんは「(相手が)子どもだと思って明るくなってしまった」と涙ながらに語る。 両親について聞いたとき、「悪いことを言った」と思ったが、その後、女の子が明るい顔で鶴瓶さんの方を向いてくれて救われたという。 このシーンを放送することで傷つけてしまったらいけないので、番組では事前に女の子の母親に放送してもいいか確認した。 母親は「子どもたちも喜んでいるので、どうか放送してください」と答えたという。 女の子には鶴瓶さんが悪かったと思っていることをスタッフが伝えた。 最後には後日収録された女の子からのメッセージが紹介された。 鶴瓶さんの印象について「(最初は鶴瓶さんではなく)TKOの木下かと思った」。 「鶴瓶さん、前は来てくれてありがとうございました。 私たちも勉強にしっかり取り組みます。 高田はいいところなのでまた来てください」と笑顔で語っていた。 鈴木おさむ「あの部分を放送したことで、伝わることが沢山ある」 一連のシーンがネットで話題になり、ツイッター、2ちゃんねるには多くの書き込みが寄せられた。 「被災地に行くこと自体が辛くてみてらんない この番組でやることじゃない」「鶴瓶がやらかした」という意見もあったが、「番組見てたけど、よかったよ。 鶴瓶の人柄もあると思う」「まさか被災地へ行って、元気に暮らす家族だけ見たかったのか?」という見方も多いようだ。 放送作家の鈴木おさむさんも3月14日のブログで番組の感想を書いている。 月曜20時台は自分が担当する「Qさま!! 」が放送されているが、鶴瓶さんが好きなのでたまに「家族に乾杯」の方を観ることがある。 今回の被災地を訪ねた回は「すごく明るく前向きであったかい笑いに包まれている番組でした」。 女の子のシーンにはとても感銘を受けたようで、 「正直、その部分をカットするのは簡単です。 だけど、そこには現実がある。 ああやって、あの部分を放送したことにより、伝わることが沢山ある。 Qさまをやってる身としては、悔しいけど、本当に素晴らし番組で、放送に携わってる者としてはなんか、背筋が正されたような気がしました」 と書いている。

次の

鶴瓶の家族に乾杯 安美錦の安治川親方と行く愛知県知多市ぶっつけ本番旅!

鶴瓶 の 家族 に 乾杯 新居浜

「鶴瓶の家族に乾杯」は毎回鶴瓶さんとゲストの方が、日本の色々な地域を旅して、その地域の方々と交流するバラエティー番組です。 都市部や繁華街ではなく、緑が多く人もあまりいない地域に行くことが多いです。 ゲストの方が行きたいと思っていたところに行き、一切事前のシナリオなく、ぶっつけ本番で旅をしていきます。 一番の魅力は鶴瓶さんと地域の方々との温かい交流風景がみれるところです。 鶴瓶さんは人との距離のつめ方がとてもうまく、どんな人でも懐にすっと入っていきます。 気取らない気さくな態度で接しているので、みなさんすぐに心を開きお話をしたり、仕事場や家の中を見せてくれます。 鶴瓶さんと会話をしていく中で、その人たちの魅力が引き出され本当に心が温まる交流を見ることができるのです。 もちろんその地域の魅力も伝わり、行ってみたくなることもあります。 またゲストの方々もぶっつけ本番の旅に慣れていないながらも、地域の人と交流しようという気持ちがみられ俳優さんなどのゲストの普段とは違う一面を見ることができます。 一般の旅番組のように、観光地を紹介するわけではないので、ゆっくりとした気持ちで家族みんなでみることができる番組です。 【2020年3月9日(月)放送の感想】いきものがかりのボーカリストの吉岡聖恵さんがゲストでした。 震災に被災した宮城県山元町を鶴瓶さんと旅していました。 寺マルシェは見ている我々も涙がこぼれそうなくらい温かくて行って見たい場所でした。 ホッキ貝は殻はホタテのようでしたけれども中身はトリ貝のような形でしたね、美味しそうです。 津波の被害で海の中は今もがれきだらけなのですね。 漁を再開するまでの苦労は想像を絶するものだったに違いありません。 それでも鶴瓶さんが旅するのですから辛い苦しいばかりではなく、明るくて楽しい放送でした。 楽しかったです。 (男性50代).

次の

鶴瓶の家族に乾杯 | 愛媛県新居浜市(西郷輝彦さん)

鶴瓶 の 家族 に 乾杯 新居浜

ページコンテンツ• 鶴瓶の家族に乾杯 安治川親方と行く愛知県知多市! 鶴瓶の家族に乾杯 元関脇安美錦の安治川親方と行く 愛知県知多市ぶっつけ本番旅! 名古屋場所の際にはいつも応援に来てくれていたという 親せきへのお礼と新弟子スカウトを兼ねて鶴瓶と安治川親方 の2人旅のスタート! 会う人会う人へ勧誘を続けているがスカウトの方は難航ぎみ。 そして親戚につながる手がかりはでてくるのか? 1人旅となった鶴瓶は高校受験を終わったばかりの 女子中学生に出会った。 卒業式で歌う歌という話がでて、鶴瓶が仰げば尊しを歌うのか の質問に中学生はその歌知らない! 鶴瓶が口ずさむと、聞いたことはあるかもの返事が わが師の恩の所は 和菓子の恩になっちゃった! 一方、安治川親方の方はカラオケサークルの練習場へお邪魔した。 この先新弟子候補に出会うことはできるのか? 早速、好きな歌を歌う親方、千昌夫です! 最後は、みんなで記念撮影。 この後、鶴瓶さんは新舞子地区へ! 散髪帰りのお父さんの家へお邪魔します。 親方は、織り方体験へ! なかなか新弟子候補は現れず。 そして近くのおかき屋さんへお父さん2人とお話 割れせんべいが食べ放題でコーヒーが安いといつも寄っているらしい。 お団子も頂きました。 nhk. 鶴瓶と吉岡が訪れたのは宮城県の南部に位置する山元町だ! 二人は近くの寺で開催中のイベントにサプライズ! 住職と家族に震災の話を聞く。 吉岡は鶴瓶と別れていちご園へ通りかかった男性に 話しかけたら偶然にもいちご農園のオーナーだった。 一方の鶴瓶は、ホッキ貝を求めて探しているがなかなか巡り合えない。 この番組を見ていつも思う事は 日本の隅々まで旅できること なかなか普通の人には無理なこと 鶴瓶さんは幸せですね!.

次の