ティンカー ベル 仲間。 ディズニー映画『ティンカー・ベル』ネタバレ・あらすじ感想:ファンにはたまらないシーンが多い!

ティンカー・ベル : 作品情報

ティンカー ベル 仲間

スポンサーリンク 「 ティンカーベル」を知っていますか? ディズニー映画でもおなじみの「ピーターパン」に登場する緑色の服を着た可愛い妖精ですよね! 小さくて、金色の粉をまとい飛ぶ姿は憧れです。 またその可愛さからも女子から大人気のティンカーベル。 ピーターパンでは、気が強くちょっぴり小悪魔な女の子というイメージでしたが、これから紹介する作品を見たらティンカーベルのイメージが変わっちゃうかも?! ピーターパンで見る以外にも、ティンカーベルが主人公の作品が結構出ているんです。 なんと大きいもので 6作品も出ています! 人気っぷりがわかりますね! その内容は、ワクワクと誰もが一度は夢に見るような素敵な世界観で見る人の心を優しくする作品なんですよ。 Contents• ティンカーベルってどうやって生まれたの? ティンカーベルは、妖精の住む ピクシー・ホロウに住む妖精です。 妖精は、赤ちゃんの最初の笑い声から生まれます。 赤ちゃんの笑い声がお花に届き、その花びらがピクシー・ホロウへと風によって届けられ生まれるのです。 生まれた妖精にはそれぞれひとつの才能があります。 例えば、植物の妖精、動物の妖精、水の妖精、光の妖精、霜の妖精、氷河の妖精・・・などたくさんの才能が有り、その才能によって役割が与えられます。 動物の妖精であれば虫や動物といった生き物のお世話をし、育てたり手伝ったりと動物に関することが役割となりますね。 そして、ティンカーベルは「 もの作り」の才能を持つ「もの作りの妖精」として、妖精の生活や四季に必要なものを作る役割と与えられるのです。 ちなみにティンカーベルの ティンカーとは「鋳掛屋」という意味です。 鋳掛屋とは、鍋や窯といった鋳造されたものを修理・修繕する職業のことです。 もの作りに関わる名前だったんですね! 映画「ティンカー・ベル」 第一作目の作品です。 ティンカー・ベルの誕生と、誰よりも好奇心旺盛な彼女が、 もの作りの妖精として自覚し、それを受け入れ周りを巻き込みながら成長していく過程が描かれています。 そしてこれからの作品でもおなじみとなっていくティンカー・ベルの 友達との出会いと、友情が育まれていくお話も。 もの作りの妖精って何? 妖精にはほかにどんな子がいるの? どんな生活をして、毎日何をしているのか? といった、妖精の世界の説明も兼ねている作品となっています。 まずはこの作品を見れば妖精について知ることができます。 なので ティンカー・ベルが好きな方は絶対にはずせない作品となっていますよ。 もし可能であればブルーレイでの視聴がおすすめです! ピクシー・ホロウは四季折々の世界が色鮮やかで映像がとても素敵なので、より綺麗に見えますよ! 今作では、もの作りの妖精としての日々を送っているティンカー・ベルが、女王から妖精にとって大切な月の石のための聖なる杖を作るように言われたことで巻き起こったお話が描かれています。 もの作りとしての自覚が芽生え、もの作りが好きになりどんどん夢中になっているティンカー・ベル。 好きなことゆえに周りが見えなくなってしまったり、些細なことで友達とすれ違ってしまったり。 たとえ得意で好きなことでも、どんなこともひとりでできることには限りがあります。 時には助け合い、間違った時にはごめんねと謝ったり、助けてもらった時には「ありがとう」と言ったり、そんな大切なことに改めて気づかされる作品になっています。 前作よりもさらに映像の美しさがパワーアップして、今作からはよりティンカー・ベルの日常を楽しむことができます。 周りの人との関係が前作よりも密接になってきている分、より楽しめる作品ですよ。 ついにティンカー・ベルたちと人間との関わりを見ることができる作品です。 妖精の声って人間には鈴の音に聞こえるんですよね。 そういうところもちょっと夢があります。 鈴の音が聞こえたらもしかしたらそれは妖精だったり・・。 今作では 妖精を信じる女の子とティンカー・ベルたちが出会うお話です。 ピクシー・ホロウを飛び出して、メインランド 人間の世界 に行く様子も楽しむことができます。 人間と出会って大丈夫なのでしょうか。 妖精にあった時少女はどうするのか。 小さいおままごとや少女が妖精のために作った家も出てくるので、特に小さい女の子がいる方は、おうちで見たらきっと喜んでもらえる作品です。 小さいおうちにもしかしたら妖精が訪れるかも・・・と思ってしまいますよ。 今作では今までにはなかった「 冬の妖精」とのお話です。 雪や氷の寒い世界に住む冬の妖精と、ティンカー・ベルたちの住む春・夏・秋の世界の関わりについて楽しめます。 ある日ティンカー・ベルは冬との境界線で自分の羽が光るのを見ました。 好奇心旺盛のティンカー・ベルはなぜ自分の羽が光ったのかを調べ、その手がかりが冬の世界にあることを突き止めます。 温かい世界の妖精と冬の妖精はそれぞれの場所から境界線を越えて行ってはならない、というルールがある中、ティンカー・ベルはその規則を破り羽の謎を突き止めに行きます。 そして冬の世界で出会ったのは、なんと ティンカー・ベルと同じ笑いから生まれた双子の妖精だったのです。 お互いの世界を見ようと知恵を絞りますが上手くいかず、ピクシー・ホロウに危機が。 なぜ境界線を越えてはいけなくなったのか。 境界線を越えると何があるのか。 冬の妖精はどんなふうに過ごし、どんな遊びをしているのか。 温かい世界にはなかった、冬の白い美しい映像も見どころです。 今作のキーワードは「 妖精の粉」です。 そして 若かりし頃のフック船長が登場します! 妖精が魔法を使ったり飛ぶのに必要な妖精の粉は「青い妖精の粉」から作られます。 その青い妖精の粉を粉の番人をしていたザリーナが盗み出してしまいます。 ザリーナはティンカー・ベルと同じようにとても好奇心旺盛で行動力抜群の女の子。 「どうして粉をかけると飛べるの?」と色々なことに「なぜ?」と興味を持ち、妖精の粉について調べ研究していますが、周りからは否定されてしまい姿を消します。 そして彼女は海賊と手を組み青い妖精の粉を盗んでしまうのです。 それを目撃したティンカー・ベルたちは青い妖精の粉を取り返すために海賊と戦うことになるのです。 今回登場するザリーナはとっても頭がいいんですよね! 妖精の粉を自ら作り出し、それぞれの才能の粉まで作り出せちゃう! ピンク色の植物の妖精の粉や緑色のもの作りの妖精の粉など やりたいこと、自分が好きなことをするということについて描かれた作品となっています。 映画ティンカー・ベルを見て思うこと 多くのディズニー作品を見てきましたが、ティンカー・ベルシリーズは本当に大好きな作品です。 かなりシンプルでありながら、夢や憧れ、子どもの時に抱いた思い、自分自身と向き合うこと、相手と向き合うこと、人間関係がバランスよく描かれた作品なんです。 世界観はピクシー・ホロウというフィクションでありながら、その世界に存在しているのは「自然」です。 わたしたちの世界と同じなんですよね。 四季があって、動物がいて、花が咲き、風が吹き、川が流れ・・という本当にシンプルで美しい世界。 自然しかないんです。 だからこそ映像もとても美しいです。 花の色な水の透明感、風や動物の表情と、彩りがあり映像美だけでも楽しめてしまい リラックス効果が期待できそうな世界観。 そして何よりティンカー・ベルたち仲間の関係がとてもいいんです。 ティンカー・ベルと行動をともにする、動物の妖精フォーン、水の妖精シルバーミスト、植物の妖精ロゼッタ、光の妖精イリゼッサ、高速飛行の妖精ヴィディア、それぞれ才能の異なる彼女たちが才能を生かし協力し合う姿からは学ぶことも多いはずです。 才能、すなわち個性でもありますが、自分ひとりではできないこともみんなで協力すれば解決でき、想像以上のことができる可能性があります。 そして、それぞれの性格も全然違うわけですが、彼女たちがいつも相手を心配し助けたいとそのまま行動している点を見ても、自分自身もこういう人間になりたいなと思わされます。 描き方がシンプルなので、大人はもちろん小さい子どもにも見せたくなる作品です。 大人になった筆者が霞んだ心で思ったことを言うならば、妖精一人一人に必ず1つ才能があるところが羨ましいですね。 「 必ず1つ才能があり、その才能が何か明確にわかる」って羨ましくないですか? みんながみんな天職についている状態です。 その1点に限っては、筆者は心を霞めずにはいられません。 羨ましい限り。 と言いつつ、ティンカー・ベルシリーズ。 かなりおすすめです。 劇場で大々的にやっていない分、映画としては認知度は低いかもしれませんが、ディズニー好きの方であれば必ず楽しめること間違いなしです!.

次の

ティンカー・ベル|ブルーレイ・DVD・デジタル配信|ディズニー公式

ティンカー ベル 仲間

ディズニーが心をこめて贈る『ティンカー・ベル』4部作から、春の物語の始まりです。 仲間の妖精たちに助けられながら、やがて自分らしくあることの大切さに気づいていきます。 不朽の名作『ピーター・パン』と共に世界中で愛されている小さな妖精・・・ 作品紹介 ディズニーが心をこめて贈る『ティンカー・ベル』4部作から、春の物語の始まりです。 仲間の妖精たちに助けられながら、やがて自分らしくあることの大切さに気づいていきます。 不朽の名作『ピーター・パン』と共に世界中で愛されている小さな妖精ティンカー・ベル。 ティンカー・ベル誕生の秘密と妖精の世界を描いた、心温まる物語です。 キャスト/スタッフ キャスト• 監督:ブラッドリー・レイモンド• 製作:ジーニー・ラッセル• 原案:ジェフリー・M・ハワード、ブラッドリー・レイモンド• 脚本:ジェフリー・M・ハワード• 製作総指揮:ジョン・ラセター• ボイス・キャスティング:ブレット・スウェイン、ジェイミー・トーマソン• 音楽:ジョエル・マクニーリイ• アート・ディレクター:フレッド・ウォルター• デジタル・プロデューサー:ダグ・リトル• アニメーション監督:シェリル・サーディナ・サッケット• 編集:マーク・ローゼンバウム.

次の

ディズニーフェアリーズ

ティンカー ベル 仲間

「」を参照 ストーリー 『 のが初めて笑う時に、は生まれる。 』 にある妖精の谷「 ピクシー・ホロウ」に新しく産まれた妖精は ティンカー・ベルだった。 妖精たちには、を育てたり、を育てたり、を集めたり、を操るといった様々な才能のうち、1つを持って生まれる。 誕生後の儀式で、ティンカー・ベルが持っている才能は「 もの作りの才能」だと判明し、もの作り妖精の仲間たちと暮らすようになる。 を届けに メインランド(人間の世界)へ行くことに憧れるティンカー・ベルだったが、もの作り妖精の仕事が、他の妖精たちの使うを製作、修理するといった裏方作業であり、もの作り妖精はメインランドへ行くことができないことを知ってしまう。 もの作りへの情熱をすっかり失ってしまったティンカー・ベルは、「 きっと自分には他の才能があるに違いない」と他の妖精たちに、それぞれの仕事の手伝いを申し出る。 しかし、どれも失敗ばかり。 諦められないティンカー・ベルは、ヴィディアに相談するが、意地悪で嘘を教えられ、次の季節「 春」の準備を台無しにしてしまう。 準備をやり直して、メインランドに春を届けるには数か月がかかるという試算。 落ち込むティンカー・ベルに声をかけるのは、テレンスだった。 自分の仕事を「 妖精の粉を妖精たちに振りかけるだけ」と卑下するテレンスに、ティンカー・ベルは、仕事に誇りを持つように励ます。 しかし、テレンスは「 自分の仕事を誇りに思っている」と答える。 「 もの作り」の仕事への誇りを思い出したティンカー・ベルは、春の準備を短時間でできる新しい道具を開発する。 妖精の皆の協力もあって、春の準備を期限までに間に合わせることができた。 本来ならば、メインランドへ行けない「 もの作りの妖精」だが、フェアリーメアリーにも修理できなかったメインランドからの漂着したを直したことを認められ、修理したオルゴールを落とし主に届けるという役目が与えられた。 春を届けにメインランドへ行ったティンカー・ベルたちは、オルゴールを落とし主である女の子の寝室の窓にそっとオルゴールを返してくるのだった。 その女の子は、と呼ばれていた。 登場人物 この節のが望まれています。 キーアートイラストはが行った。 日本語吹替版エンディングテーマ『妖精のうた』 ディズニー映画において日本語吹替版のエンディングテーマに日本人アーティストの曲が使われるのは『』以来、7年ぶりとなる。 オーディション 主役であるティンカーベルの吹き替え役を選ぶために、を利用したが開催された。 ディズニー公式携帯サイトへのユーザー登録を行い、映画の公式サイトへとアクセスし、応募者の名前とオーディション用セリフを携帯電話から吹き込むといった方式が採用されている。 応募総数1万7358人の中からが選ばれることになった。 サウンドトラック 『 ティンカー・ベル』 様々なアーティスト の リリース 2008年10月14日 2008年12月3日 サウンドトラック 時間 35分17秒 38分23秒 様々なアーティスト アルバム 年表 ティンカー・ベル ティンカー・ベルと月の石 ティンカー・ベル オリジナル・サウンドトラックは2008年10月14日 日本12月3日 に発売された。 収録曲 スタンダード盤 タイトル 作詞 作曲・編曲 時間 1. 「 トゥ・ザ・フェアリーズ・ゼイ・ドロウ・ニア」 0:51 2. 「 フライ・トゥ・ユア・ハート」 3:11 3. 「 ハウ・トゥ・ビリーブ」 ルビー・サマー 3:04 4. 「 レット・ユア・ハート・シング」 3:32 5. 「 ビー・トゥルー」 ジョナサ・ブルック 3:49 6. 「 トゥ・ザ・フェアリーズ・ゼイ・ドロウ・ニア・パート2」 ロリーナ・マッケニット 3:33 7. 「 シャイン」 ティファニー・ジャルディーナ 3:13 8. 「 フライ・ウィズ・ミー」 カリ・キンメル 3:28 9. 「 ワンダー・オブ・イット・オール」 スコッティ・ハスケル 3:18 10. 「 エンド・クレジット (組曲)」 ジョエル・マクニーリー 7:18• Disney. 2015年2月27日閲覧。 AllMusic. 2015年2月27日閲覧。 Billboard Japan. 2015年2月8日閲覧。 関連項目• - 作品の応援隊長を務める。 試写会、宣伝イベントなどでティンカーベルのやを披露した。 - 2009年4月22日から、同年6月30日に開催されたスペシャルイベント。 ティンカー・ベル、ロゼッタ、イリデッサ、シルバーミスト、フォーンがに春を運んでくるという設定で、ショーなどが開催された。 - 妖精たちを取り扱ったディズニー社のキャラクター商品群。 シリーズには映画に登場した妖精を主役にした小説などもある。 - ピクシー・ホロウを題材にしたゲームが遊べる。 ロゼッタ、シルバーミストなどの仲間も登場するゲーム。 外部リンク• (日本語)• - (英語)•

次の