小泉 滝川。 小泉進次郎氏 滝川クリステルとの結婚をブログで報告「私たちらしい結婚生活を」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

小泉進次郎

小泉 滝川

7日、自民党の小泉進次郎衆院議員(38)とフリーアナウンサーの滝川クリステル(41)が、安倍晋三首相に結婚することを報告したことがわかった。 滝川は妊娠しており、安定期に入ったタイミングで発表したそうだ。 これを受け、ネットは一気に祝福ムードに包まれたが、一部では「政治家がデキちゃった結婚ってどうなの?」「これまでの政治の歴史を見ても、デキ婚した政治家は少ない」など、妊娠後の結婚報告に疑問をもつ声が散見された。 しかし、これには裏があると専門家は指摘する。 「安定期ということは、一般的に妊娠5ヵ月(妊娠16週)頃に入った時期ということ。 つまり、来年の1~2月には出産となる。 となれば、 7月24日の東京オリンピック開催ごろには、滝川クリステルもアナウンサーとして十分に復帰できる計算になる。 突発的デキ婚ではなく、計画的デキ婚、これぞ令和スタイルといったところでしょうか。 そもそも浮いた話があまりない小泉進次郎が、2015年に都内の高級ホテルでの密会デートを、『週刊文春』に《小泉進次郎が抱いた復興庁の女》と題して報じられたのは有名な話。 この時は、ホテルに泊まろうとしていることをキャッチされただけでなく、進次郎が用心して、一回車を乗り換えて、それからホテルに入っているのに、その乗り換えるところも押さえられ、極めつけには部屋での会話内容まで克明にリークされた。 文春の執念たるやすさまじいものが窺える。 しかも、今回の報道を受けたAbemaTVのニュースよると《2人は昨年から付き合いを始めたそうで、「この発表に至るまでは一度も2人で外に出たこともないし、どこかに一緒に移動するということもなかった」》というが、では、どちらかの家で密会していたということになる。 それこそ、 本来であればすぐにスクープされそうなものだ。

次の

小泉進次郎氏 滝川クリステルとの結婚をブログで報告「私たちらしい結婚生活を」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

小泉 滝川

キャスターや芸術分野、起業家から相手を選ぶんじゃないか 第一報は青天の霹靂でしたが、お相手が滝川クリステルさんだと聞いて納得というか、想定内でした。 私は小泉進次郎さんの選挙遊説に毎回密着していますが、小泉さんは各局のキャスターから移動中に取材を受ける機会が多い。 端から見ている限りでは、大体の女性アナウンサーは前から知っている感じでした。 プライベートでもお付き合いがあるんだな、という印象を受けました。 滝川さんも、小泉さんを直撃取材していたことがあります。 確か新横浜ではなかったでしょうか。 結婚相手の選択肢としては、ひとことで言えば小泉ブランドに依存しない自己完結型のプロフェショナル。 例えば、キャスターや芸術分野もしくは起業家から選ぶんじゃないかなと予想していました。 現在、政治家・小泉進次郎の抱えている悩みは、大きくわけると2つあります。 1つは、言葉の伝え方に対する関心です。 遊説や討論の場で、いかにメッセージを伝えるのか常に苦心しています。 その点、キャスターは言葉の専門家ですから、日常的に相談することもできます。 ましてや滝川さんは自分よりもキャリアが長く、オリンピック誘致など国際舞台での経験も豊富です。 まさにうってつけの存在だと言えます。 かつて密着取材の移動中にぼやいていた言葉で印象的だったのが、「もうスターバックスすら行けないんですよ」。 一人でコンビニに行けない、カフェでしずかに本も読めない。 振る舞いを細かくチェックされるような公人だからです。 結婚を発表した囲み取材でも「一度も外で会ったことはない」と語っていましたが、滝川さんもまた、ある意味では小泉さん以上にプライベートで周囲の目を気にする生活を送っていた女性です。 同じような境遇にあるわけですから、お互いに気が合い、人に言えない悩みまでも相談する関係だったのではないかなと推測します。

次の

小泉進次郎結婚 密着記者が語る「滝川クリステルとの2つの共通点」とは

小泉 滝川

来歴 生い立ち 小泉純一郎の次男としてに生まれた(現住所は同市1丁目 )。 1982年に産まれて間もなく両親が離婚したため小泉家が引き取り、多忙な父に代わり、純一郎の実姉で同居する道子に育てられた。 進次郎は伯母・道子を実の母と信じており「ママ」と呼んでいた。 純一郎は道子と息子たちの関係(伯母と甥)を進次郎には伝えておらず、進次郎は中学二年生まで伯母とは知らされていなかった。 兄の孝太郎は伯母の存在を認識していたが、進次郎には伝えていなかった。 中学生の進次郎は少なからずこの事実に驚いたが、2016年8月に道子が他界するまで実の母として大切にした。 (昭和63年)にに入学して、大学卒業までで過ごす。 では、特にに熱中した。 (平成16年)3月、23歳の時にを卒業。 その後に留学し、に師事して、(平成18年)にの修士号 を取得した。 その後、アメリカ合衆国にある、ロンドン配下の非常勤研究員を経て(平成19年)に帰国し、それ以後は父である純一郎の私設秘書を務める。 初当選 、米国の環境保護庁長官 ()との会談 、自民党が小泉による(神奈川県横須賀市)見学ツアーを実施した際には、50人の定員に約5200人の応募が殺到するなど、「スター不在」とされる自民党内で際立った存在と見られている。 1月の時点ででは、、に所属し、自民党では遊説局長代理、青年局次長、外交副部会長、財務金融副部会長、環境副部会長などの役職を兼務して、外交、、環境の3つの部会に所属していた。 同年10月には自民党学生部長、新聞出版局次長にも併せて就任した。 10月に、国会対策委員会委員に就任した。 4月、郵政改正法案に造反 しても処分されなかった。 同年の増税法案には賛成票を投じた。 同年8月9日、など6党が提出した野田案の採決では、棄権方針のに造反し、元のなどとともに賛成票を投じた。 同年ので青年局主催の候補者公開討論会を自民党青年局長として仕切る立場であり、当初は9月19日の公開討論会後に支持候補を表明すると明言していた が、人気や知名度の高い小泉の支持表明は党員票や議員票として総裁選に影響を与えると目されるとして報道が過熱したことから、「衆議院1回生の私の1票が影響を与えるのは不本意。 身の程をわきまえて行動する」と述べ、総裁選が終わるまで支持表明を行わない方針を示した。 総裁選終了後にに投票したことを発表した。 同年12月ので再選し、党職では本人の希望もあって2期目の青年局長続投となった。 この選挙で自民党が大勝した結果、青年局所属議員は82人となった。 、青年局長を退任し(、、等担当 )兼に就任した。 12月ので3選。 、自民党農林部会長に就任。 同年12月、が2015年度案に、低所得の受給者に一人あたり3万円を支給する臨時給付金を盛り込む方針について、「対策として6000億足りない。 一方で臨時給付金の4000億は簡単に出る。 これがにどう思われるか。 」と主張 、これらがきっかけとなり、2月、若手議員の視点からの議論を期待して、自民党財政再建に関する特命委員会の下に、「」が設置され、小泉は事務局長に就任した。 同年8月、2020年以降の経済財政構想小委員会の委員長代行に昇格しつつ 、自民党農林部会長に留任。 党部会長の人事では小泉のみ留任となった。 9月に下で設立されたから、11月に「農薬などの資材を農家に売る事業からの撤退」や「農産品の委託販売の廃止」などの組織改革を早期に行うよう迫る厳しい提言があったが、党内で話合いの末に全農による自主的な組織刷新を行うという政府・自民党の農業改革案が了承されている。 「全農の体制こそ農家の経営の自由を奪う存在だ」と主張し、自民農林部会長として農業改革を主導している。 8月よりとともに自民党筆頭副幹事長。 同年ので4選。 10月、自民党厚生労働部会長。 9月11日よりとして田中角栄以来最年少で入閣。 1981年(昭和56年)4月 - 神奈川県横須賀市で生まれる。 1988年(昭和63年)4月 - 付属のに入学。 2004年(平成16年)3月 - 卒業。 2006年(平成18年)• 5月 - 課程修了。 6月 - ()非常勤研究員。 2007年(平成19年)9月 - 父・衆議院議員の私設秘書。 2008年(平成20年)9月 - 小泉純一郎が政界引退を表明。 後継者に指名される。 2009年(平成21年)8月 - にから出馬し、初当選。 2012年(平成24年)12月 - に神奈川11区から出馬し、再選。 2014年(平成26年)12月 - に神奈川11区から出馬し、3選。 2017年(平成29年)10月 - に神奈川11区から出馬し、4選。 2019年(令和元年)8月 - フリーアナウンサーのとの結婚の予定 及び滝川の妊娠を発表。 2020年(令和2年)1月 - 第1子男児が誕生。 選挙歴 当落 選挙 施行日 年齢 選挙区 政党 得票数 得票率 比例区 備考 当選 28歳 150,893票 57. 交渉の中で勝ち取るべきは勝ち取る」との立場をとる。 での講演の中で、「は国際競争というキーワードに過激な反応を示す、で自由化されたらはやられると感情論に走る。 TPPに参加しなければ農業は発展するのか? 」と述べている。 他の講演でも同様の発言を行っており、TPP参加について「後ろ向きに考えず、若い人はチャンスだと思ってほしい」「新しいルールができれば、にとらわれず新たなフィールドで活躍できる」「多少の痛みはあるかもしれないが、TPP1つで日本が壊れると思わない」と述べた。 反対が多い党内で、賛成派は少数だけに「血まみれになっている」という。 日経・CSISバーチャルシンクタンク と米国戦略国際問題研究所とで設立されたにに在籍していた・・・、に在籍していた、自民党の・・・等と共に、政治フォーラムとして在籍している。 上級アドバイザーはが務めている。 CSIS上級顧問兼日本支部長であるはCSIS在籍時に秘書として従事した上司であり、直接指導を徹底的に施して小泉を派として作り上げることに成功した人物であると評論家の中田安彦は解説している。 TEAM YOKOSUKA 2011年1月10日にまちおこしを目的とするグループ「TEAM YOKOSUKA」を立ち上げた。 消費税と社会保障 2017年4月13日、13日、小泉は日本経済新聞のインタビューに応じ、将来の社会保障制度について「真の全世代型にする」と述べた。 「自民党が高齢者偏重を助長してきた面もある」という指摘に対しては 「これは政治の責任がある。 60歳以上は投票率が7割、20代は3割くらいの中でどちらの声が大きいか。 全ての予算の裏にはそういった人たちがいる。 ここと真剣に向き合っていかないといけない。 こども保険はその覚悟の表れでもある」と主張。 「消費税率を引き上げる選択肢はないのか」という疑問に対しては「8%から10%に上がるのは2年後だ。 使い道は決まっている。 新しいことをやるには10%以上の消費増税の話を決め、理解を得て執行されない限りできない。 何年かかるのか。 筋論として消費税はそうだと思うが、現実的な解としてはない」と答えた。 のは、小泉はの消費増税路線やその背景にある財政再建主義に親和的であると評している。 こども保険と教育国債 自民党内で浮上した教育国債案については、「次世代への負担のつけ回し」と批判的な立場を取る。 代案として社会保険料に上乗せして徴収する「こども保険」を提唱した。 炭素税 などのカーボンプライシングについて「議論を深める必要がある」と述べた。 進次郎氏は、炭素税の導入に前向きであるとされる。 農業 の廃止を勝ち取った。 種子法の廃止は、無駄な予算を切り、農業政策を大転換させることになった。 小泉が初出馬をする予定の衆院選を控えた5月に、横須賀市内の祭りで民主党候補の予定者であったから握手を求められたが応じずに、小泉がと握手し続ける様子が撮影された動画がで25万回再生され、批判のコメントが投稿された。 2009年7月のの取材に対し、「恐らくそういう風に受け止められることは予想がついた」、「私にとって祭りとはの方との握手の機会、ふれ合いの機会だから、一人でも多くの有権者と、一秒でも多くふれ合いたい。 あの時はの方もたくさんきていた。 何もあの場所でそういうこと(対立候補との握手)をすることもないと思った」、「横粂さん本人に対して何も思いはない。 一緒に頑張っていきたい」、「顰蹙を買ってしまったとしたら大変残念です」と述べている。 1月、・ので現職国会議員1人を含む元秘書3人がされても民主党党内部から批判の声が出ないことに「自由があるのが自由民主党、自由がないのが民主党。 まさに党名が表しているなと思いますよ」と述べた。 2010年の衆議院の質問の中で、に関し、「そもそも、(がビデオを)もっと早く公開していれば、流出事件も起きなかったんですよ」と発言した。 問題について「まあ、この議論というのは、どう議論をしてもね。 その結末をね、どうするのか考えたときに、一体誰が得をする議論になるのかね。 これは非常に難しいところ、ありますしね。 この前(大型連休中)、の会議に行ったときも、やはりこの歴史の問題というのは、おそらく日本で報じている以上に、(諸外国では)関心を持ってみてますよね」「そういった中で、この歴史というのは政治家だけがね、議論をするべきことじゃなくて、有識者だったり歴史の専門家だったり。 そういったところで、しっかりと研究をして、いろんな方と議論して判断していただく問題もありますから。 これはもう、そちらの手に委ねた方がいいんじゃないですか」と発言している。 福島の汚染土の問題について、「30年後の自分は何歳か、発災直後から考えていた。 健康でいられたら、その30年後の約束を守れるかどうかの節目を見届けることができる政治家だと思う」と答弁。 このような「何か言ってそうで何も言ってない話法」に対しは元首相の「言語明瞭、意味不明瞭」話法との共通点を指摘している。 2019年9月22日に開かれたなどを議論する国連の気候行動サミットにて環境大臣として参加した際、「気候変動のような大きな問題は楽しく、クールで、セクシーに取り組むべきです」と発言し、大手海外メディアも報じるほどに国内外で物議をかもした。 また、2019年12月11日、第25回国連気候変動枠組条約締約国会議(COP25)での日本の消極的姿勢が理由で日本が「化石賞」に選ばれた際は、「驚きはない。 受賞理由を聞いて私が演説で発信した効果だと思った。 的確に国際社会に発信できていると思う」と発言した。 日本国内で新型コロナウイルスの感染が発生してる中、2020年の2月16日に開かれたコロナウイルスの感染症対策本部を欠席。 小泉氏は後援会の予定を変更せず、神奈川県横須賀市の後援会に出席した。 野党の追及に小泉氏は「反省」という言葉を何度も口にし釈明に追われた。 趣味は、、、読書。 尊敬する歴史上の人物は。 好きな言葉は「意志あるところに道はある」。 衆議院議員に就任して以降、毎年のにを参拝している。 『』の特集「2012年注目の政治家50人を値踏みする」では、・・とともに10点満点中9点の評価を得ている。 、で記者団に対し、のとの結婚する予定であること及び滝川のを明らかにした。 同月8日にを提出。 1月17日、第1子男児が誕生。 家族・親族 小泉家 (、) 詳細は「」を参照• 曾祖父・ () 元年()生 - (26年)没• 祖父・ (政治家) (37年)生 - (昭和44年)没• 祖母・ (小泉又次郎の娘、小泉純也(・鮫島)の妻) (明治40年)生 - (13年)没• 父・ (政治家、第87・88・89代) (昭和17年)1月生 -• 母・ 佳代子(元会長・の孫)• 兄・ (・) (昭和53年)生 -• 妻・ () (昭和52年)10月生 -• 長男 (2年)1月生 - 親戚• 遠縁・(衆議院議員)、(衆議院議員)等 関連書籍• 『小泉進次郎の話す力』、2010年12月。 『もし小泉進次郎がフリードマンの資本主義と自由を読んだら』、2011年11月。 『小泉進次郎という男』、2013年6月。 『小泉進次郎の闘う言葉』、2013年6月。 『総理への宿命 小泉進次郎』、2013年9月。 常井健一『』、2013年10月。 大下英治『小泉純一郎・進次郎秘録』、2015年6月。 『小泉進次郎「先手を取る」極意』、2016年12月。 関連項目• 脚注 []• 神奈川県選挙管理委員会 2019年11月26日. 2019年12月2日閲覧。 2009年8月29日. 2009年9月1日閲覧。 [ ]• 2010年1月4日閲覧。 は、は長、は長、は時代に出向でをそれぞれ経験している• 2009年12月14日. の2009年12月15日時点におけるアーカイブ。 2009年12月14日閲覧。 中山知子 2009年12月14日. の2013年4月27日時点におけるアーカイブ。 2009年12月14日閲覧。 日刊スポーツ. 2012年4月12日. の2014年5月1日時点におけるアーカイブ。 2014年5月1日閲覧。 朝日新聞 2012年9月6日• 朝日新聞 2012年9月14日• 小泉進次郎 Blog 2012年9月15日• 小泉進次郎 Blog 2012年9月26日• 産経新聞 2013年1月30日• 産経新聞 2015年10月23日• 日テレNEWS24 2015年12月17日• 毎日新聞 2016年2月3日• 毎日新聞 2016年8月31日• 産経新聞2016年9月6日• 2016年11月29日. 2017年2月12日閲覧。 2016年12月2日. 2016年12月29日• 2017年8月8日. 2017年8月9日閲覧。 Yahoo! ニュース. 2019年9月10日閲覧。 この報道の第一報の時点では婚姻届未提出であった為。 の項参照。 デイリースポーツ 2019年8月7日. 2019年8月7日閲覧。 読売新聞オンライン 読売新聞. 2020年1月17日. 2020年1月17日閲覧。 増税・原発・TPPで舌戦 衆院公開討論会で3人] タウンニュース 2012年11月30日• 『プレジデント』2011年8月15日 プレジデント社• 『アメリカ権力者図鑑 崩壊する世界派遣国の今を読み解く』 中田安彦 副島隆彦 共著• 2016年9月3日. 2018年3月1日閲覧。 2018年2月14日. 2018年3月1日閲覧。 毎日新聞. 2020年1月22日閲覧。 2009年7月26日. の2009年7月27日時点におけるアーカイブ。 産経新聞 2013年5月19日• プチ鹿島. 文春オンライン. 2019年10月2日閲覧。 FNN. jpプライムオンライン. 2019年12月12日閲覧。 NHKニュース. 2019年12月12日閲覧。 小泉進次郎オフィシャルサイトより• 産経新聞 2016年8月15日• 『正論』2012年3月号50-91頁• nikkansports. com 2019年8月7日. 2019年8月7日閲覧。 日刊スポーツ 日刊スポーツ新聞社. 2019年8月8日. 2020年1月17日閲覧。 読売新聞オンライン 読売新聞. 2020年1月17日. 2020年1月17日閲覧。 外部リンク•

次の