スシロー シフト。 スシローのバイトの面接内容は?志望動機の伝え方は?

スシローで働かれている方に質問です。スシローに勤務時間5時...

スシロー シフト

基本的にいつも忙しく、大変だったので、スシローではホールを希望しました。 でもホールはキッチン以上に忙しかったです。 接客もあるので、経験者とは言え接客未経験の私は色んな人に怒られてしまい、毎日辛かったです…。 混雑時はホント大変です。 キッチンだったらもっと楽しくできたのかなとも思ったりしました。 スシローだけじゃなくて他の回転寿司屋さんも同じだとは思いますが、土日とか祝日とか、外まで行列になるくらい混むのでホントに大変です。 とにかく厳しくて割に合わないと思います。 時給も高いわけではないし、まかないも無いし、身だしなみもめっちゃ厳しいし、バイトはホントにきついと思います。 もう辞めたい…。 大変できついこともあるけど、やりがいはすごく感じてます。 体力がある学生にはぴったりなんじゃないかと思います。 年に4回、3ヵ月に1回昇給の審査があるので、頑張り次第で短期昇格も可能です。 いろいろな仕事ができて楽しいです。 忙しい時は次々オーダーが来るのでバタバタしますが、すしロボットが作るので落ち着いて対応すれば問題ないと思います。 にぎり、デザート、軍艦、フライヤー、出し場など1つのキッチンの中に様々なポジションがあるので、色々な仕事を体験できるところが魅力です。 普段から清潔にする習慣が身に付きました。 床に落ちたものを拾っただけでも手袋を捨て、もう一度なん工程もある消毒と手洗いをおこないます。 ノロウイルスとか食中毒とか起こらないように徹底した手洗いをして気を使っています。 そのため私も普段から丁寧に手洗いをすることが習慣になりました。 910 もらえない。 割引が受けられるみたいなこと聞いたことあるけど使ったことないし。 まかないは基本ない。 スシローのアルバイトの面接について スシローのアルバイトの面接時の志望動機や理由はどうすればよい? 特別複雑に考える必要はありません。 「お寿司が好きだから」「接客業務をやってみたいから」などよくある一般的な理由で問題ありません。 それよりも大切なのは面接時にしっかりとアピールすることです。 明るく、ハキハキと好印象を持ってもらえるように話しましょう。 スシローのアルバイトの面接に受かりやすい履歴書の書き方とは? スシローでは、履歴書は必要ありません。 ただし、顔写真が必要です。 スナップ写真でもOKとのことですが、顔がわかりやすいものがよいでしょう。 スシローのアルバイトの面接に来て行く適切な服装は? 飲食店ですので、服装は派手なものは避け、清潔感をこころがけましょう。 上は 襟付きのものにしましょう。 もしくは、カットソーやTシャツにジャケットというコーディネートでも印象がよくなると思います。 ボトムスは、 黒などの柄のないパンツを合わせましょう。 女性はスカートでもOKですが、レギンスやストッキングを必ず着用してください。 髪の毛はきちんと整え、爪はきちんと切って行きましょう。 男性はヒゲも剃っておきましょう。 髪の色は黒以外NGと思っていたほうが良いです。 またピアスなどのアクセサリー類も外しておいたほうが無難です。 スシローのアルバイトの面接で聞かれることって?• 志望動機• アルバイト経験• シフト これらの3つの項目に関しては必ず聞かれます。 土日や連休などの忙しい曜日、時間帯にシフトに入れるなど、融通がきくかはかなり採用に大きくかかわってきます。 そこを上手にアピールすることがポイントです。 やる気があって元気なところもアピールするとよいでしょう。 スシローのアルバイト面接結果の合否の連絡方法と倍率 スシローに限らず、回転ずしのアルバイトは倍率はそれほど高くありません。 スシローについては公式に倍率の情報は出ていないようです。 また店舗によってもばらつきがあるようなので何とも言えませんが、それほど心配しなくても大丈夫な印象を受けます。 合否の連絡方法は電話です。 一週間前後で結果が出ることが多いです。 昇給審査:3ヶ月に1度、年に4回。 後日スシロー指定のワークシューズが与えれますが、これは給料から天引きされます。 スシローは回転寿司ですが、直接、お客様よりオーダーが入る事もあり、また、サイドメニューも豊富なので、オーダー業務は重要な仕事のひとつとなっています。 しっかりと声を出して、明るい接客をすることが求められます。 キッチン お寿司やサイドメニューを調理します。 キッチンにはにぎり、軍艦・デザート、出し場、フライヤー、仕込み、土産、洗浄の7つのポジションがあり、希望次第で他のポジションに挑戦することも可能です。 にぎりといっても、ロボットから出てくるシャリの上にネタを載せて盛り付けて完了ですので未経験者でも安心です。 デザートはあらかじめ作られているので、オーダーが入ったらそれを出すだけです。 なので、寿司屋のキッチンと言っても、難しい事は無く初心者でも簡単にできる仕事内容となっています。 約60時間の研修期間があります。 時間帯によっては、ゆっくりと教えてもらえる時間はあまりないと思います。 すぐには覚えられないので、分からない事は、何度も先輩に聞いて早く解消するようにしてください。 スシローのアルバイトの初日はどんな感じ? 店舗や時間帯にもよりますが、初日は盛り付け、皿洗い、片付けなどの簡単な業務をすることが多いです。 慌ただしさに戸惑ってしまうかもしれませんが、オロオロせずに、何をすればいいか先輩方に臆せず聞きましょう。 とにかく言われたことを確実にできるようにしましょう。 スシローのアルバイトのシフトについて スシローのシフト提出方法は店舗によって異なりますが、基本的に一週間ごとのシフト制を採用しているので、こまめにシフトを調整しやすくなっています。 スシロー のアルバイトのまかないについて 勤務日なら3割引きで利用できる割引制度がありますが、まかないはありません。 つまみ食いがばれると辞めさせられることもあるみたいなので注意しましょう。

次の

スシロー防府店 アルバイト ホール・キッチンスタッフの求人詳細

スシロー シフト

スシローでバイトをする際、シフトを提出する必要があります。 シフトの提出については、スシローの場合1週間ごとに決まる傾向にあります。 他のバイトの場合は、1ヶ月ごとにシフトが出されるところが多いですが、スシローでは1週間毎になるのです。 また、 新人バイトの場合はシフトは2週間ごととなります。 新人のバイトの場合、スシローでは教育係のベテランバイトをつける関係で調整が必要であるため、通常よりも長い期間のシフトの提出となるのです。 また、提出するシフトですが、スシローのバイトの場合週2日、一日3時間の勤務時間からで良いため、予定を組みやすくなっています。 学生や主婦でも他の予定などを踏まえながらバイトをすることができるのです。 シフトを提出し次のシフトが組まれたのに、急遽行けなくなった場合でも、代わりに入ることのできるバイトを探せば問題ありません。 スシローは無理なく働くことのできる職場ですので、シフトの提出も比較的楽でオススメす。 スシローのバイトの仕事内容は、ポジションによって大きく変わってきます。 スシローでのバイトの仕事内容は様々です。 ポジションも大きく分けるとホールとキッチンに分かれていて、それぞれのポジションによって仕事内容も異なってきます。 基本的にはホールとキッチンは、採用段階でどちらを担当するかが決まるケースが多いです。 ホールのバイトの場合は、接客が中心になりますので基本的な動きや仕事内容は他の飲食店と大きくは変わらないです。 しかし、キッチンのバイトの場合は、仕事内容はスシローならではの動きがあります。 例えばキッチンは、握り、オーダー、軍艦、仕込み、出し場、炊飯、フライヤー、デザート、洗浄など細かくポジション、仕事内容が分けられているのです。 スシローの場合、機械がシャリを作ってくれる関係で、新人のキッチンバイトなどは軍艦を任されるケースが多いのが特徴です。 ウニやイクラを適量載せるのみなので、比較的簡単なポジションなのです。 逆にオーダーはお客から受けた注文を素早く調理師提供しなければならないため、スピードと正確性が求められます。 スシローの場合、基本的にはポジションは固定されるので、仕事内容も覚えていくと楽です。

次の

スシローのバイトの面接内容は?志望動機の伝え方は?

スシロー シフト

スシローでバイトをする際、シフトを提出する必要があります。 シフトの提出については、スシローの場合1週間ごとに決まる傾向にあります。 他のバイトの場合は、1ヶ月ごとにシフトが出されるところが多いですが、スシローでは1週間毎になるのです。 また、 新人バイトの場合はシフトは2週間ごととなります。 新人のバイトの場合、スシローでは教育係のベテランバイトをつける関係で調整が必要であるため、通常よりも長い期間のシフトの提出となるのです。 また、提出するシフトですが、スシローのバイトの場合週2日、一日3時間の勤務時間からで良いため、予定を組みやすくなっています。 学生や主婦でも他の予定などを踏まえながらバイトをすることができるのです。 シフトを提出し次のシフトが組まれたのに、急遽行けなくなった場合でも、代わりに入ることのできるバイトを探せば問題ありません。 スシローは無理なく働くことのできる職場ですので、シフトの提出も比較的楽でオススメす。 スシローのバイトの仕事内容は、ポジションによって大きく変わってきます。 スシローでのバイトの仕事内容は様々です。 ポジションも大きく分けるとホールとキッチンに分かれていて、それぞれのポジションによって仕事内容も異なってきます。 基本的にはホールとキッチンは、採用段階でどちらを担当するかが決まるケースが多いです。 ホールのバイトの場合は、接客が中心になりますので基本的な動きや仕事内容は他の飲食店と大きくは変わらないです。 しかし、キッチンのバイトの場合は、仕事内容はスシローならではの動きがあります。 例えばキッチンは、握り、オーダー、軍艦、仕込み、出し場、炊飯、フライヤー、デザート、洗浄など細かくポジション、仕事内容が分けられているのです。 スシローの場合、機械がシャリを作ってくれる関係で、新人のキッチンバイトなどは軍艦を任されるケースが多いのが特徴です。 ウニやイクラを適量載せるのみなので、比較的簡単なポジションなのです。 逆にオーダーはお客から受けた注文を素早く調理師提供しなければならないため、スピードと正確性が求められます。 スシローの場合、基本的にはポジションは固定されるので、仕事内容も覚えていくと楽です。

次の