きめつの刃 ほのいかづちのかみ。 【鬼滅の刃】縁壱と厳勝の人間性の違い、シナリオ進行のこと!

鬼滅の刃/きめつのやいば最新199話ネタバレ・画バレ&200話考察!感想・解説も!【週刊少年ジャンプ17号】

きめつの刃 ほのいかづちのかみ

」 「 赫刀 かくとうじゃないと損傷も浅い・・・!! 」 「くそっ・・・」 と力不足を実感し、そのまま地面に体から落ちてしまい 無惨 むざんに狙われてしまいます。 ですが、その時・・・ また再び 無惨 むざんの2度目の衝撃派が「ドン!」という音と共に放たれました。 至近距離でもろに受けてしまった 伊之助 いのすけに 無惨 むざんが攻撃を出そうとしますが、 善逸 ぜんいつは 伊之助 いのすけのピンチを救おうとしますが、間に合いそうにありませんでした。 そこへ、今度は 炭治郎 たんじろうが 日の呼吸・ 灼骨炎陽 しゃこつえんようを繰り出し、引き続き 日の呼吸・ 烈日紅鏡 れつじつこうきょう、 火車 かしゃ、 輝輝恩光 ききおんこうと技を出し 伊之助 いのすけのピンチを救います! そして、 炭治郎 たんじろうは 「衝撃波の攻撃、 無惨 むざんは連続して出せなくなってる」 「一度出すとための時間が必要」 「腕と触手の攻撃速度も落ちてる」 と 無惨 むざんの様子を分析します。 続けて、 炭治郎 たんじろうはいくつもの日の呼吸の技を 無惨 むざん目掛けて放ちますが・・・ 炭治郎 たんじろうは技の途中で 吐血 とけつしてしまいます・・・ 無惨 むざんは 容赦 ようしゃなく 吐血 とけつしている 炭治郎 たんじろう目掛けて攻撃を放ちますが すんでの所で伊之助が 炭治郎 たんじろうのピンチを救い 伊之助に救われた 炭治郎 たんじろうは伊之助と共に攻撃します。 」「立て早く!! 」 「攻撃が途切れたら 無惨 むざんは逃げる」 「どんな一撃でもいいから放て! 無惨 むざんを削れ」 「頼む!動いてくれ!俺の体!」 「じいちゃん頼むじいちゃん」 「じいちゃんじいちゃん!! 」と今は亡き師匠に願いを込め 「俺の背中を蹴っ飛ばしてくれ!!! 」 と限界が近づいている自分自身に活を入れようとします! ですが放たれた攻撃は通常の 霹靂一閃 へいれきいっせんでしたが、 無惨 むざんの背後から切りつけ 無惨 むざんからは血しぶきが飛びます。 善逸 ぜんいつは 「速度が出ない・・・!! 」 「くそォオ!! 」と悔しがりますが、 炭治郎 たんじろうと 伊之助 いのすけが続いて攻撃を仕掛けます! その直後 無惨 むざんの触手により伊之助は吹き飛ばされてしまいますが、 炭治郎 たんじろうは 「止めるな」 「攻撃をとめるな」と日の呼吸の技を出そうとしますが、足の自由が利かなくなってき始め ガクンと態勢を崩してしまいます。 そして攻撃を受けてしまった 善逸 ぜんいつをかばうように 炭治郎 たんじろうがいくつもの日の呼吸で 無惨 むざんを壁に串刺しにします! 炭治郎 たんじろうは 「もうこれ以上俺は技を出せない」 「1秒でも長くここに 無惨 むざんを縫い止める!! 」 と、 無惨 むざんを壁に縫い付け身動きが出来ないように日輪刀で串刺しにしますが、 またもや 無惨 むざんの触手が 炭治郎 たんじろうを襲います! すると今度は負傷していたはずの 甘露寺蜜理 かんろじみつりが 無惨 むざんの腕を力いっぱい持ち・・・ 「もういい加減にしてよぉ!! 」 「馬鹿ァ!! 」 と、腕力だけで 無惨 むざんの腕を引き千切ったのです!! これには 無惨 むざんもおどろいて、瞬時に 甘露寺蜜理 かんろじみつりを攻撃します・・・ 直後には今度は負傷から復活した 不死川実美 しなずがわさねみが 無惨 むざんの反対の腕の右腕を叩き切ります! すると、 炭治郎 たんじろうに串刺しにされていた 無惨 むざんの顔が縦に亀裂が入り、 胸元から顔の額にかけて大きく 炭治郎 たんじろうを丸飲みにしようと開きます グシュ!っとされてしまったのは間一髪 炭治郎 たんじろうを救おうと割って入った 伊黒小芭内 いぐろおばないが顔の左側にかぶりつかれてしまいます。 炭治郎 たんじろうはそれを見て、言葉も出ないようですが 矢継ぎ早に 不死川実美 しなずがわさねみがさらに 無惨 むざんを壁に押し付け 「夜明けだ!! 」 「このまま踏ん張れエエエ!! 」 と気合いを入れます! そして見ると山のふもとから徐々に空が白んでいくのが見えてきています。 1つ目に人間返り• 2つ目に老化• 3つ目に分裂阻害• 4つ目に細胞破壊 と、上記の4種類の薬の効果で 無惨 むざんはどんどん弱ってきていて、通常ならば現状の鬼殺隊達の 赫刀 かくとう程度では致命傷にはならない裂傷も、とうそう効き目がある状態のようです。 以上の4通りを考察してみましたが、考察4があたるといいですね! ただし、ここまでの鬼滅の刃を見ている限りではそうそうみんな無事にハッピーエンド的に 無惨 むざん編が終わるとは思えないのです・・・ きっと、目を疑ってしまうような、とうてい受け入れられない悲劇が待っているような気がしてなりません・・・。 その悲劇の度に私は少々強引な考察をして、こうなればみんな無事でいられる的な妄想込々の考察を繰り返してきましたが 笑 今回の最終局面ではその何倍もの悲劇が待っているのではないでしょうか!? この辺の呼び方の変化にも気になるところです。 何もないのに急に呼び方が変わったりはしないと思いますので、次回以降またこの ヒノカミ神楽の展開が変わるかもしれませんね!?

次の

我妻 善逸(あがつま ぜんいつ)

きめつの刃 ほのいかづちのかみ

曖昧さ回避• 本項目にて詳述。 2の概要 「これで六割程の鬼狩り共の居所を把握 しかしまだ太陽を克服した娘は見つかりません」 の側近を務める女の。 長い黒髪で顔の半分を隠しており、その下は不気味な一つ目である。 名前は単行本12巻のおまけページで判明した。 常に携えた琵琶をかき鳴らしており、の鬼達からは 「琵琶女」「琵琶の君」などと呼ばれていた。 初登場はの時。 自身の血鬼術で敗死した以外の達を無限城に召喚した。 必要以上に会話するタイプではないらしく、上弦の壱からが集められた際も質問に短く答える程度。 内心は「 早く帰ってくんないかな」と思っていた様子(12巻のおまけページより)。 最初は位がなかったようだが、が倒された後は彼に代わって 「」の座に就いた。 公式ファンブックにて明かされた無惨からの評価は 「便利であるためお気に入り」とのこと。 能力 空間を自在に移動・操作するを得意とし、任意の相手を召喚したり逆に目的地へと送り込む事が可能。 この力を使い、十二鬼月の面々を無惨の本拠地・無限城に召集する役目を担っている。 また、琵琶を鳴らすことで城内の空間を自在に変転させられる。 攻撃性は低い能力だが応用が効きやすいようで、曰く 「煩わしさと厄介さは随一」。 となってからは、自身と同じく「肆」の文字が目に刻まれた使い魔を用いた 探知探索の血鬼術を新たに習得しており、隊員達の動向との居場所を探る役目も果たすようになっている。 『無限城決戦編』にて(ネタバレ注意) の仕掛けた爆弾にその身を焼かれ、更にとの追撃で身動きが取れなくなった無惨に一斉攻撃をしようとしたと達を、無限城へと落とした。 以降は自身の血鬼術を駆使し、部屋の構造を組み替えながら隊士達に接近されないようにしつつ、無惨が回復するまでの時間稼ぎを行っていた。 が尽く敗死し、無惨覚醒後も生き残った柱を集結させないように城の構造変換を続けていたが、この隙に彼女に接近していたに脳を乗っ取られたことにより視界を操作され、無限城の制御も奪われてしまう。 この事実を知った無惨が鳴女を切り捨て、自壊の呪いを発動させたことで頭部を破裂させられてしまい死亡。 その結果、制御不能に陥った無限城は崩壊して地上に露出した。 関連タグ 関連・類似キャラクター• …前任の 「上弦の肆」。 …同じく楽器により空間を操作する血鬼術を使用する鬼。 またこちらは 元・十二鬼月()である。 、…無惨により命を奪われた鬼つながり。 関連記事 親記事.

次の

雷の呼吸・漆の型・火雷神(ほのいかづちのかみ)考察、善逸の使用した強烈な斬撃!

きめつの刃 ほのいかづちのかみ

」 「 赫刀 かくとうじゃないと損傷も浅い・・・!! 」 「くそっ・・・」 と力不足を実感し、そのまま地面に体から落ちてしまい 無惨 むざんに狙われてしまいます。 ですが、その時・・・ また再び 無惨 むざんの2度目の衝撃派が「ドン!」という音と共に放たれました。 至近距離でもろに受けてしまった 伊之助 いのすけに 無惨 むざんが攻撃を出そうとしますが、 善逸 ぜんいつは 伊之助 いのすけのピンチを救おうとしますが、間に合いそうにありませんでした。 そこへ、今度は 炭治郎 たんじろうが 日の呼吸・ 灼骨炎陽 しゃこつえんようを繰り出し、引き続き 日の呼吸・ 烈日紅鏡 れつじつこうきょう、 火車 かしゃ、 輝輝恩光 ききおんこうと技を出し 伊之助 いのすけのピンチを救います! そして、 炭治郎 たんじろうは 「衝撃波の攻撃、 無惨 むざんは連続して出せなくなってる」 「一度出すとための時間が必要」 「腕と触手の攻撃速度も落ちてる」 と 無惨 むざんの様子を分析します。 続けて、 炭治郎 たんじろうはいくつもの日の呼吸の技を 無惨 むざん目掛けて放ちますが・・・ 炭治郎 たんじろうは技の途中で 吐血 とけつしてしまいます・・・ 無惨 むざんは 容赦 ようしゃなく 吐血 とけつしている 炭治郎 たんじろう目掛けて攻撃を放ちますが すんでの所で伊之助が 炭治郎 たんじろうのピンチを救い 伊之助に救われた 炭治郎 たんじろうは伊之助と共に攻撃します。 」「立て早く!! 」 「攻撃が途切れたら 無惨 むざんは逃げる」 「どんな一撃でもいいから放て! 無惨 むざんを削れ」 「頼む!動いてくれ!俺の体!」 「じいちゃん頼むじいちゃん」 「じいちゃんじいちゃん!! 」と今は亡き師匠に願いを込め 「俺の背中を蹴っ飛ばしてくれ!!! 」 と限界が近づいている自分自身に活を入れようとします! ですが放たれた攻撃は通常の 霹靂一閃 へいれきいっせんでしたが、 無惨 むざんの背後から切りつけ 無惨 むざんからは血しぶきが飛びます。 善逸 ぜんいつは 「速度が出ない・・・!! 」 「くそォオ!! 」と悔しがりますが、 炭治郎 たんじろうと 伊之助 いのすけが続いて攻撃を仕掛けます! その直後 無惨 むざんの触手により伊之助は吹き飛ばされてしまいますが、 炭治郎 たんじろうは 「止めるな」 「攻撃をとめるな」と日の呼吸の技を出そうとしますが、足の自由が利かなくなってき始め ガクンと態勢を崩してしまいます。 そして攻撃を受けてしまった 善逸 ぜんいつをかばうように 炭治郎 たんじろうがいくつもの日の呼吸で 無惨 むざんを壁に串刺しにします! 炭治郎 たんじろうは 「もうこれ以上俺は技を出せない」 「1秒でも長くここに 無惨 むざんを縫い止める!! 」 と、 無惨 むざんを壁に縫い付け身動きが出来ないように日輪刀で串刺しにしますが、 またもや 無惨 むざんの触手が 炭治郎 たんじろうを襲います! すると今度は負傷していたはずの 甘露寺蜜理 かんろじみつりが 無惨 むざんの腕を力いっぱい持ち・・・ 「もういい加減にしてよぉ!! 」 「馬鹿ァ!! 」 と、腕力だけで 無惨 むざんの腕を引き千切ったのです!! これには 無惨 むざんもおどろいて、瞬時に 甘露寺蜜理 かんろじみつりを攻撃します・・・ 直後には今度は負傷から復活した 不死川実美 しなずがわさねみが 無惨 むざんの反対の腕の右腕を叩き切ります! すると、 炭治郎 たんじろうに串刺しにされていた 無惨 むざんの顔が縦に亀裂が入り、 胸元から顔の額にかけて大きく 炭治郎 たんじろうを丸飲みにしようと開きます グシュ!っとされてしまったのは間一髪 炭治郎 たんじろうを救おうと割って入った 伊黒小芭内 いぐろおばないが顔の左側にかぶりつかれてしまいます。 炭治郎 たんじろうはそれを見て、言葉も出ないようですが 矢継ぎ早に 不死川実美 しなずがわさねみがさらに 無惨 むざんを壁に押し付け 「夜明けだ!! 」 「このまま踏ん張れエエエ!! 」 と気合いを入れます! そして見ると、 山のふもとから徐々に空が白んでいくのが見えてきています。 その朝日が昇るさまを見る 無惨 むざんにも動揺の色がかくせません・・・ そして、 無惨 むざんが必死の一撃を 炭治郎 たんじろう目掛けて放つと・・・・・・ 炭治郎 たんじろうが必死で 無惨 むざんを壁に串刺しにしていたところ、 炭治郎 たんじろうはもろに 無惨 むざんの攻撃を至近距離から受けてしまい、炭治郎の左腕から血しぶきが飛んでしまいます! なおも 炭治郎 たんじろうは自分が日の呼吸の技をもう繰り出すほどの体力が残っていないことを知っているため、なんとかその場に 無惨 むざんをとどめようとなおも 無惨 むざんを壁に押さえつけますが、 なにぶん左腕は怪我をしていて右手だけではこころもとありません・・・ するとそこへ、怪我から復帰した 冨岡義勇 とみおかぎゆうが駆けつけて残った左手を 炭治郎 たんじろうの日輪刀に添えて あたかも2人で1人分のように 炭治郎 たんじろうと共に 無惨 むざんを抑え込みます! すると!!!!! 無惨 むざんは日の光を少し浴びてしまったのか、体は巨大に膨れ上がり、毛髪は抜け落ち、日の光を嫌がるように手で自分の顔を覆う仕草を見せて、これまでの 無惨 むざんとは一変した姿へと変貌してしまいます! その後は力を出し尽くした柱達に変わって、隠れながらも負傷した鬼殺隊の柱や 炭治郎 たんじろう達を治療に専念していた隠し達が一気に集まり、 「柱達はもう戦えないんだ!俺達がやるんだ!」 「押せ押せ押せ押せ押せ押せ押せ押せ押せ押せ押せ!!! みなさんもお気付きだとは思いますが、 炭治郎 たんじろうの右腕・・・ 無惨 むざんの攻撃によって吹っ飛んでいったように見えませんでしたか!? そう見えたのは私だけであって欲しいのですが・・・ 気のせいであって欲しいです!せめて攻撃を喰らって盛大に血しぶきが飛んだせいで左腕がもげたように見えていて欲しいと思います・・・ それにしても、 炭治郎 たんじろうが必死に壁に 無惨 むざんを串刺しにしていた時に、あろうことか右腕を失ってしまった 冨岡義勇 とみおかぎゆうに左腕を失ってしまった可能性のある 炭治郎 たんじろうの後ろから力を貸すシーンは本当に 炭治郎 たんじろうが左腕を失ってしまったことを連想させてしまうシーンでもありました・・・。 それと驚いたのはやはり 無惨 むざんの姿と 無惨 むざんのとった行動でしょうか!? まだ最終形態を残しているとは思いましたが、まさか『AKIRA』に出てくる赤子のような姿になって、さらにまさかピンチを脱するために地中に逃げ込もうとするなんて・・・ 想像もつきませんでしたね・・・ 本当に 無惨 むざんは生きる為なら、何も考えずに行動するようです。 正直、もう少し敵ながら誇りのようなものは持ち合わせていると思っていたのですが・・・ その辺がちょっと残念に思ってしまいました。 それと共に感じたのは、てっきり 無惨 むざんは今後の展開をある程度打開するすべを持ち合わせていて、 これからピンチになっても奥の手のようなものを持っていると思っていましたが、 今回の地中に潜ろうとした姿を見る限りでは、もう必死としか言いようがありませんでしたね。 おそらくは、次週の 禰豆子 ねずこ登場に合わせて 禰豆子 ねずこ に対して何かしらの策を講じてくるとは思いますが、なにやらこのままいくと本当にもうじき 無惨 むざん戦は終幕になってしまいそうな雰囲気が出てきました。 私は、おそらく今回の 無惨 むざん戦では 無惨 むざんが倒されて最終決着を迎えるとは思っていなかったのですが、ちょっと雲行きが怪しく感じているのが正直なところです・・・。 いつも言いますが、物語の展開が面白い方向にいけば私の考察がはずれるのは全然かまわないと思っていて、むしろ面白いほうがいいですよね!? となると 無惨 むざんのこの切羽詰まった程の状況をかえるのは 禰豆子 ねずこをなんとかしようと思い、 禰豆子 ねずこに対して 無惨 むざんが何かする・・・となると、吸収か寄生のどちらかしかないような・・・ もしも吸収か寄生が行われれば、また違う展開へと発展していくような気がします! さて、 無惨 むざん戦もピークを迎えようとしています! 無惨はどのような最後を迎えるのか!? また無惨の最後はあるのか!? キメツ学園物語』を楽しく紹介しています!現在第4弾までありますが、その中でも特に人気なのがこちらです!!

次の