ホワイト アッシュ 木材。 ホワイトアッシュを合板に貼った天然木のツキ板合板の卸し売り販売

木材図鑑・北米材「ホワイト アッシュ」

ホワイト アッシュ 木材

当工房で選択可能な2素材について詳しく記載させて頂きます。 当工房では、針葉樹のホワイトパインと広葉樹のホワイトアッシュの選択が可能です。 オリジナル商品のショップページでは選択ができる様になっております。 特注オーダーも選択が可能です。 ホワイトアッシュはホワイトパインの約1. 5倍の重さがあり、大型の商品は制作時重さの関係でホワイトアッシュ制作不可の商品もございます。 よくホワイトパインとホワイトアッシュの違いのご質問を頂きますので、ホームページの方にも素材について記載させて頂いておりますが、そちらのページには記載のない内容も含めまして、ブログの方にも詳細を記載させて頂きます。 先ほども記載させて頂きましたが、ホワイトパインは針葉樹になります。 針葉樹とは杉やヒノキ、松など字のごとく葉が細いタイプの木になります。 成長が早い為、木自体の密度は低く木材の中では柔らかい木材になります。 ホワイトパインはホームセンターなどではなかなか売っているところはございませんが、ホームセンターで手に入る雰囲気の近い木材はSPF材になります。 SPF材とは、スプールス、ファー、パインの略でこの3種類の木材が混在した物です。 SPF材と記載があるホームセンターもございますが、他にツーバイ材、ホワイトウッドと記載のあるホームセンターもございます。 木材の重さや堅さ、手触りはSPF材に近いかと思います。 SPF材と比べ節の数は少なく、色を入れた雰囲気はホワイトパインならではの高級感や味のある雰囲気がございます。 当工房で仕入れているホワイトパインは北欧の木材になり、日本の木材では松の木に似た木材になりますが松より油分が少ない為、松に比べ少し乾いた肌触りです。 木材自体の色は生成りに近い白木になります。 塗料にて色を入れ5色展開しております。 色については他ページに詳しく記載しております。 ホワイトアッシュは広葉樹になります。 広葉樹とはタモ、さくらなど葉が広い木材になります。 成長が遅い為、木自体の密度が高く、針葉樹と比べ非常に堅くなります。 針葉樹では鋭角な個所で切ったりケガをすることは稀ですが、広葉樹の場合は鋭角な個所は木材自体が堅い為、ケガをする恐れがあります。 針葉樹でも程良い丸みを付け、しっかりと面取りをしておりますが、広葉樹の場合も見落としなく十分な面取りをしております。 木材の密度が高く堅い為、針葉樹に比べ1. 5倍ぐらいの重さがあります。 ホワイトパインでは2mのサイドボードなど制作しておりますが、私一人での制作の為、ホワイトアッシュではこの大きさの制作は80kgほどの重さとなり、制作が困難なため、大物の制作はお受けしておりません。 可能な範囲で棚物の制作は可能です。 ホワイトパインと比べると木材が堅く強度が増しますので、針葉樹では不可能な薄さや細さのあるデザインも制作可能です。 今後はホワイトアッシュでパイン材とはまた違ったそのようなデザインでのオリジナル家具も進めていく予定です。 ホワイトアッシュは、節は99%無い木材で制作しております。 木目はパイン材等針葉樹と比べ、はっきりとしたまっすぐ伸びた木目になります。 ホワイトパインと同じく生成りに近い白系の木材になりますので、色を付け、6色で展開しております。 透明オイルを染み込ませると、ホワイトパインよりも木材自体の色がうす茶になりますので、透明オイルのみの仕上げも自然な仕上がりで良い雰囲気になります。 ホワイトパインとホワイトアッシュで同じ色味の画像になります。 ホワイトパイン ワトコ ウォルナット色 ホワイトパイン ワトコ ウォルナット色 ホワイトアッシュ ワトコ ウォルナット色 ホワイトアッシュ ワトコ ウォルナット色 それぞれの色については他ページに詳しく記載しております。 素材についてもブログ以外の他ページにも詳しく記載しております。 他ご不明な点やご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

次の

ホワイトパインとホワイトアッシュ素材説明 | 無垢家具制作販売 宮崎県延岡市 ひでじ工房

ホワイト アッシュ 木材

スワンプ・アッシュの生育地域• スワンプ・アッシュ(Swamp Ash、学名: ホワイト・アッシュの亜種で、生育地は南部から中西部の湿地帯であり、地域的には被・包含関係となる 北部に存在しない。 ホワイト・アッシュと較べ生育が早い為、質量が軽く、強度も軟らかい。 そのため、別名「ライト・ウェイト・アッシュ」とも呼ばれる。 木目もやや細かくハッキリしている。 エレクトリック・ギターおよびのボディ材として広く用いられる。 高音域特性に優れ、音抜けがよく、との相性が良い。 もしくは単純に センとも呼ぶ。 ホワイト・アッシュと同様の色調と木理をもつため、主に日本産のエレクトリック・ギターに代用材として用いられた。 注釈 [ ].

次の

タモ材・アッシュ材とは?特徴や手入れ方法、メリット・デメリットまとめ

ホワイト アッシュ 木材

天板の厚みは2. 5cmなので、安定感があり、無垢材の魅力を十分に引き出します お客様より、「木そのものの質感があって落ち着く」 「部屋に置いたら、スタイリッシュな雰囲気になった」などの声をいただいています。 年輪が織りなす美しい木目、表情豊かな節、 無垢材だからこそ、醸し出される温かみは人をほっとさせます。 かなでもので一番人気の天板です。 無垢材とは? 無垢材は、丸太から切り出した木材なので、天然木本来の風合いやぬくもり、 木によってひとつひとつ異なる木目や節を、楽しむことができます。 また長年使うことで、木材が深い飴色になり、木目もさらに美しくなっていきます。 使えば使うほど、味がでてきて、さらに愛着が湧いてくる点は、集成材にはない魅力といえます。 かなでものが扱う天板の中で、一番硬い木材なので、デスクワークにもおすすめです かなでもののラバーウッド材について、 お客様より「表面がすごく滑らかで、温かみのある天板」 「ワークスペース用のテーブルとして利用しているが、手触りが心地よくて、落ち着きながら作業ができる」 などの声をいただいています。 また、かなでもので扱っている木材の中で、一番硬い木材なので、 直接テーブルで物書きを多くされる方には、こちらのラバーウッドをおすすめします。 ラバーウッドの特徴• 柔らかく穏やかな木目の印象• 心地のいい滑らかな手触り• 環境にやさしいエコな木材• 集成材なので、乾燥や湿気による反りなどの影響が少ない• 広葉樹であるため、木の硬さは硬め(木材の比重の参考値:0. 表面が滑らかで硬い木材なので、テーブルで直接書き物を多くされる方や、 デスクワークをされる方などには、こちらのラバーウッドがおすすめ 天板の厚みが3. 5cmなので、しっかりとした重厚感、安定感があります かなでものの古材について、 お客様より「ずっと所有していたかのような愛着が湧く天板」 「古材テーブルを置いたら、部屋全体が洗練された空間になった」 「木の素材感が活かされた存在感のあるテーブル」などの声をいただいています。 またこちらの木材は、木肌の自然な手触りを感じていただくために、 古材の風合いを残した仕上げになっております。 古材の特徴• 国産杉の足場板に特殊なエイジング加工をしているため、 アンティークのような落ち着いた雰囲気で、趣のある仕上がり• 杉材特有の、木目の美しさ、節の表情の豊かさを堪能できる• 木肌の自然な手触り• 木の硬さは、パイン材と同程度、比較的柔らかめ(木材の比重の参考値:0. 商品の特性上、板の厚みが若干異なる場合があり、板を接いでる部分に凹凸を感じることがあります• 商品の特性上、表面に若干のざらつきを感じたり、ささくれが生じる場合があります• 滑らかな手触りがお好みの方や、テーブルで直接書き物を多くされる方には、ラバーウッドやパイン材をおすすめします 淡く白い風合いが印象的。 天板の厚みが3cmなので、上品な高級感を感じられます かなでもののホワイトアッシュ材について、 お客さまより、「やさしくて穏やかな風合い。 天然木の温もりを感じられる」 「書斎のワークデスクとして使ってみたら、作業中の気分が明るく穏やかになった気がする」 「ホワイトアッシュのテーブルをダイニングルームに置いたら、トーンが明るくなり、ナチュラルな雰囲気になった」などの声をいただいています。 北欧スタイルやナチュラルテイストなお部屋はもちろん、さまざまなスタイルの空間に溶け込みます。 ホワイトアッシュの特徴• 淡く白みのある風合いで、ナチュラルな印象• 大柄な木目や通直な木目が組み合わさり、節は少なめ• 木肌の自然な手触り• 適度に堅く、弾力性があり、また耐衝撃力が高い• 広葉樹であるため、木の硬さはやや硬め(木材の比重の参考値:0. 比較的幅の広い板を、一枚板のように利用して天板を作成しているので、 唐松の木目の力強さと、自然の無垢材のような温かみを感じていただけます。 艶やかな飴色も、唐松の魅力のひとつです。 飛騨唐松の特徴• 岐阜県飛騨産の唐松を贅沢に使用して仕上げた天板• 唐松特有の、冬目の木目の力強さが魅力• 心地よい手触り感を重視し、丁寧に節の処理をした仕上がり• 木の硬さは、杉材、パイン材より硬め(一般的な唐松材の比重の参考値:0. 唐松は冬目(冬の間に緻密に成長した年輪の線)が一番の特徴。 しっかりと重みのある木材のため、物書き用のテーブルにも適しています 杉は日本を代表する木材のひとつですが、 長良杉は、岐阜県の特に長良川上流から飛騨地方で育った杉のことをいいます。 冬の4ヶ月間、雪の中で成長するため、年輪が細かく色艶がよいとされ、 仕上がり後の表情が豊かです。 長良杉は、この源平の美しさに定評があり、 落ち着いた赤身の色合いが魅力的です。 また全国の杉の中でも、木目の美しさに定評があります。 その中心部分は、色の濃い褐色の「心材」(赤身)、 樹皮に近い外側部分は、色の淡い「辺材」(白身)と呼ばれます。 天板の厚みは3cmなので、安定感があります。 比較的幅の広い板を、一枚板のように利用して天板を作成しているので、 長良杉の美しい木目の細やかさと、 自然の無垢材のような温かみを感じていただけます。 色艶がよいのも、長良杉の魅力のひとつです。 長良杉の特徴• 岐阜県長良川上流から飛騨地方で育った杉を贅沢に使用して仕上げた天板• 冬の4か月間、雪の中で成長するため、年輪が緻密で色艶がよい• 長良杉特有の、源平(白太と赤身の混在)の美しさが魅力• 木の硬さは、杉材、パイン材と同程度(一般的な杉材の比重の参考値:0. 杉材であるが、丁寧に節の処理をしているため、表面はとても滑らかな仕上がり 天板の厚みは3cm。 比較的幅の広い板を、一枚板のように利用して天板を作成しているので、 桧の木目の優しさと、自然の無垢材のような温かみを感じていただけます。 また木肌の美しい光沢も、桧の魅力のひとつです。 桧の特徴として、耐湿、耐水性も良いので、日本の気候に合った木材といえます。 岐阜桧の特徴• 岐阜県産の桧(ヒノキ)を贅沢に使用して仕上げた天板• 気分を落ち着かせる、桧特有の芳香を楽しめる• 木肌に光沢があり、美しい• 木の節が比較的少ないため、木目が優しい印象• 木の硬さは、杉材、パイン材と同程度(一般的な桧材の比重の参考値:0. 表面はとても滑らかな仕上がり。

次の