インターバル タイマー アプリ。 サーキットトレーニングに最適なインターバルタイマーアプリ。Runtastic Timer がカッコよくて使いやすい!

【無料】「インターバルタイマー」アプリのおすすめ7選!

インターバル タイマー アプリ

ブックマーク・共有について• 設定時間や音などを変更すると、ページ中程に「現在の設定のリンク」が表示され、ブックマークや共有が可能です。 お気に入りの設定のページを作ったら、ブックマークして自分で使うもよし、ツイッターなどで共有してみんなで使うもよし! 音について• 音が鳴るWebアプリでは、音選択ボックスの右にある三角形をクリックすると、音色や音量を確認できます。 PC・スマホが「スリープモード・音量0」の場合や、スマホが「マナーモード・別サイト表示」の場合、音が鳴りませんのでご注意ください。 オフライン利用について• 各Webアプリを読み込んだ後にインターネット接続が切れても、引き続きご利用いただけます。 そのため、オフラインの場所でご利用の場合は、あらかじめオンラインの場所で各Webアプリを読み込んでおくのがおすすめです。 ご連絡について• ご意見、ご要望、バグ発見報告、記事掲載報告などがおありでしたら、「webmaster hinokoto. com」までお気軽にご連絡ください。 基本的に返信しませんので、どうかご了承ください。

次の

インターバルタイマーEX (for Win)の詳細情報 : Vector ソフトを探す!

インターバル タイマー アプリ

エクササイズタイマーはインターバルトレーニング、HIITトレーニング、タバタ、さらにはヨガでもグローバルに使用されている高度にカスタマイズ可能なインターバルタイマーです。 このワークアウトタイマーにより、カスタムワークアウトルーチンの作成がこれまで以上に簡単になります。 アンラップストップウォッチまたはプランクタイマーとしてご利用ください。 エクササイズタイマーは、人気No. エクササイズ - 次を押す インターバルトレーニング中は、10回の休憩で30回のプッシュアップまたは50回のジャンプジャックが行ないたいとします。 レップスの機能を使うことで、ワークアウトの時間を設定し終了時には、次を押して進むこともできます。 トレーニングには、レップストとタイムド・エクササイズを組み合わせることが可能です。 エクササイズタイマーは簡単にスマートウォッチと同期し、あなたの手首からトレーニングルーチンを直接追跡することができます。 エクササイズタイマーは、CASIOと提携し、CASIOが開発した耐久性の高いPRO TREKスマートウォッチに最適化されています。 これは、スマートウォッチのおすすめアプリに取り上げられました。 昨今の速いペースでは、タバタとHIITトレーニングが、運動するのに好ましい方法と言われています。 スマートトレーニングルーチンを使用してそのインターバルトレーニングを受けるには、今すぐこのタブータタイマーをダウンロードしてください。 エクササイズタイマーは、アンラップストップウォッチ、クロスフィットクロック、HIITインターバルトレーニングタイマー、エンラップタイマーとして機能します。 これ以上のインターバルタイマーを見つけることはできないでしょう。 自分でオリジナルのトレーニングメニューを作ることができ、欲しかった機能・アプリで重宝しそうです。 エクササイズ アイコンにアプリ内以外の画像 jpeg、gif等 を登録できると最高なんですが。 自分用のメニューを設定しやすいのが良いです、HIITのメニュー作って活用させていただいてます。 使いやすいです。 毎朝の縄跳びにつかっています。 とても良い…求めていた機能がここに。 ありがとうございます!• めちゃくちゃいい! 準備、ワーク、休憩などを自由に追加できるし、ワークや休憩をグループ化し、それを何回繰り返すか、グループを含めた全体を何回繰り返すかの設定が可能。 ワークアウトの現場がよく分かった設計になっている。 試しに、ガッテンの血糖値低減ワークアウトである「ピントレ スロースクワット」を組んでみた。 スロースクワット用に10秒、屈伸2秒キープ、休憩を5秒、これを10回繰り返すグループとする。 全体ではこのグループと2分の休憩を設定、全体を3回繰り返すように設定した。 ほんとにイイよこれ。 要望としては、ワーク中に1秒毎にカウント音を鳴らせる機能が欲しい。 いいよこれ。 とても良くできてる。 もう少し音のバリエーションが欲しいかな。 あと、使い方の説明があると使いやすい。 なんとなくこうかな?と設定してるけどもっといい使い方あるのかも、と思いながら使っているから。 横向きの画面に対応してほしいです。 そうすればタブレットをカバーで立てて使うことができるので、もっと人気が出ると思います。 いつも筋トレに使っています。 音声も流してくれるのでとても便利です。 自宅トレーニングで活用しています。 シンプルで使いやすい。

次の

幼稚園児のバイリンガル教育は意味がある?

インターバル タイマー アプリ

はじめに Hi there! 現役医師で日曜デベロッパーのドリルアプリです。 何を勉強するにしても、効率を上げることは非常に重要ですよね! 高い勉強効率のためには集中力が必要である、というのはみなさん体験からもお分かりのことと思います。 現在では集中力を高めるためには、 タイマーの使用が必須と考えられています。 特にある程度自由に時間管理ができるタイマーというと、 キッチンタイマーではなくアプリの使用が望ましいと私は考えています。 その理由は後述します。 ここでは、インターバルタイマーを使用して勉強する方法をご紹介したいと思います。 インターバルタイマーは市販のタイマーではなく、拙作の無料アンドロイドアプリであるタイマーDを用いて、 いかにお金をかけずに勉強効率を上げるかを探っていきたいと思います。 なぜ勉強にインターバルタイマーを使用するか 勉強にタイマーアプリを使用するメリットはふたつあると考えられます。 前節では、集中力を高めるためにはタイマーで時間を管理するのが大切であると述べました。 勉強を例えば 25分くらいの短い時間に区切って5分のインターバルを入れて繰り返すだけで、集中力と勉強の効率は驚くほど上がります。 これがひとつめのメリットですね。 こういったことを無料で簡単に管理するためにインターバルタイマーのアプリを使用します。 また、勉強をゲームのようにしてしまう、いわゆる ゲーム化のためには制限時間を設けるということが非常に重要と言われています。 想像してみれば、制限時間のないゲームというのはまったく味気ないものでしょうね。 制限時間を作るだけで勉強ですらずいぶんゲームらしくなります。 私は、この 「制限時間」というテクニックと持ち前の記憶力だけで受験地獄を乗り切ってきた友人医師も何人か知っています。 また、勉強の多くの目的は試験だと思います。 もちろん試験以外に勉強をする機会はたくさんあると思いますし、日常生活の多くが広い意味での「勉強」であると言えばそうですが、狭い意味での「勉強」の多くは「試験対策」なのではないかと思います。 私がタイマーDというアンドロイドアプリを作成したのも、そもそもTOEFLという試験対策で自ら必要になったからでした。 ご存知の通り、多くの試験では制限時間があります。 この「時間」というものを制するものが試験を制すると言っても過言でないと思います。 「自宅で勉強していた時は思い出せたのに、実際の試験では思い出せない!」というようなことがよくあると思いますが、こういうのを 「流暢性(りゅうちょうせい)の幻想」といいます。 勉強時のリラックスした環境で時間制限もなく、何かを参考にしながらであれば解ける、というのと試験の時に解けるというのはまったく違います。 「流暢性の幻想」を打開するためにもっとも有用なのは、 「自己テスト」であると言われています。 つまり自宅での勉強時にもテストを再現する必要があるのです。 「勉強」というよりは「練習」という感覚でアウトプットしていくのが重要ということですね。 頻度はできるだけ多くして、その自己テストを繰り返し、それがアクティブなアウトプットにつながる、という仕組みです。 そこで問題になってくるのが、時間の感覚です。 きちんと試験時と同じ時間をタイマーで計るのが大切ということになります。 長い時間の試験であればそのペース配分を感覚としてつかむことも大切だと思います。 また、私が受けたTOEFL iBTなどのコンピュータベースの語学試験など、細かい時間制限がある試験もけっこうあります。 例えば、そのスピーキングセクションで英語の文章を45秒で読んで、リスニングの後、30秒でまとめて、60秒で答える、というような問題がありました。 これを自宅で再現しようとすると、かなり大変です。 その点、 アプリのインターバルタイマーを使用するとかなり緊張感をもって練習に臨むことができると思います。 なぜキッチンタイマーではなくアプリを使うか 前述のとおり、こういう細かい設定を市販のキッチンタイマーで行うのはほとんど不可能と言えるでしょう。 こういうプログラム的な領域はスマホのアプリが非常に有利な点だと思います。 しかし、一方できちんと「使える」アプリが少ないのは否めない現状です。 以下に 勉強用のインターバルタイマーとして必須の条件をまとめたいと思います。 勉強用インターバルタイマーとしての必須条件• 使用法が簡単であること• 動作が安定していること• 時間設定がテンキーで行えること• 直線的な動作で、かつ繰り返しが出来ること• 私が考える、必須条件は以上です。 ひとつずつ見ていきましょう。 使用法が簡単であること 当たり前ですが、 使用にあたって説明書が必要なタイマーなどは論外と言っていいと思います。 私たちは、タイマーの使い方を学びたいのではなく、勉強がしたいのです。 動作が安定していること アンドロイドアプリの開発をした経験から言わせていただくと、タイマーというものは簡単そうに見えてきちんと時間通りに動かそうと思うとけっこう複雑な処理が必要となります。 アプリがバックグラウンドになったり、端末がスリープしたりするとすぐにカウントがずれてくるものなのです。 これはプログラミングの内部事情ですが、アンドロイドOS上では他のアプリに処理が移っている間に自アプリの処理が遅れたり、消されたりすることが頻繁に起きます。 そのため、 使用するタイマーアプリがバックグラウンドできちんと動作するのか、確かめる必要があります。 時間設定がテンキーで出来ること 意外と見落とされがちですが、タイマーの操作性を決定するうえでテンキー動作は非常に重要です。 コロコロと回るカウンター式の設定画面はかっこいいのですが、なにぶん行きすぎたり戻ったりとあまり便利ではありません。 直線的な動作で、かつ繰り返しが出来ること 直線的な動作というのは、マルチタスクではない、ということです。 勉強の時には高度に集中した精神力が必要ですが、これはマルチタスクでは達成できません。 ひとつのタイマーが始まり、ひとつのタイマーが終わるとその次のタイマーが始まる、そうして シングルタスクをシフトしていく考え方が非常に大切です。 そうしてシフトした場合、 前に勉強していた項目は脳に残り続け、結果的にはマルチタスクを達成することができると言われています。 分散学習とか ツァイガルニク効果といった、高度な勉強テクニックは、この タスクシフトによって可能となります。 かつ繰り返しが容易に可能であるというのは、インターバルタイマーとしては必須の機能です。 おすすめインターバルタイマーアプリ マルチタイマー(アンドロイド) これは、iPhone用として個人的に使っているものです。 見た目もおシャレで、非常に良く出来ているのですが、少し設計が複雑すぎて、使いこなすのが難しい印象です。 インターバルタイマーを勉強に活用する実際の方法 全体としての勉強効率を上げるインターバルタイマー利用 私は、何かを勉強する場合、 25分を一単位として5分休憩をはさみ、別の教科へ移るやり方を取っています。 一般的には ポモドーロテクニックと呼ばれる方法に近いと思います。 ご自身の集中の持続時間に合わせれば15分や10分でもよいと思います。 大切なのは、 インターバルタイマーが鳴った場合、問答無用でいまの作業を止めることです。 こうして邪魔してやることで、むしろ脳内で続きを勝手に処理してくれるという驚きのマルチタスクが産まれます。 脳ってすごいですね。 大きな時間制限の中での区切り時間設定 たとえば長文読解に2時間が割り当てられていた場合、その2時間をどのように使うかはやはりあらかじめ設定しておいた方がよいと思われます。 例えば私が、専門医の試験を受けたときは、3時間の試験で、すべてマークシートの選択式、必修問題(必ず解かなければいけない問題)が30問、選択問題(自分でどれに問題を選択し解答する問題)が110問のうち70問という形式でした。 110問のうち70問を選ぶのは自己責任で、71問でも69問でも失格という注意深さを要求される試験でした。 そこで、あらかじめこの自らが解答した問題を数えてマーク間違いがないか確認する時間を15分間、割り振っておきました。 残りの165分で全100問を解くわけですから、1問につき1. 65分、10問で16. 5分ということになります。 そこで、15分という区切りをインターバルタイマーにセットし、この間に10問を解答するという勉強を繰り返しました。 10問につき1. 5分ずつおつりが出るわけです。 これができれば全体では15分の余裕を残すことができます。 専門医試験は問題なく通過しました。 まあ、落ちる方が稀な試験ではあるのですが。 まとめ 効率の良い勉強法において インターバルタイマーを使用するのはほぼ必須といって良いと思います。 私はタイマーというものを偏愛しており、それが高じてタイマーアプリを制作してしまいました。 今回はアプリを用いた効率の良い勉強法を紹介しました!.

次の