小学生 オナニー。 インスタやTwitterの「#裏垢」が危険な理由

Steamで初の「無修正100%」アダルトゲームが審査を通過。今週金曜からリリース

小学生 オナニー

Steam have given the official thumbs up... そもそも当初のSteamはアダルト表現どころか「ビジュアルノベル」のジャンルそのものを認めていませんでした。 後にユーザーからの投票により登録できる権利が得られる「Steam Greenlight」が導入されたことで、ビジュアルノベルの配信は一応は可能に。 ただし、Steamストアで性的なコンテンツを含むゲーム登録はやはり認められないまま。 2015年頃を境にして「ストアでは表現をマイルドにした本編を配信、外部サイトで性的な内容をパッチとして提供」というスタイルが定着しました。 が、2017年にパッチへのリンクをSteamコミュニティ上に掲載することを禁じるなど、Valveの方針はその時々で揺れ動いています。 さらに2018年5月に、Valveがアダルト表現を含んだタイトルに対して「今月中に修正しないとストアから削除」との方針を通告したことで、大きな物議を醸しました。 トロピカルリカーのアダルト表現を今月中に修正しないとSteamストアから削除すると通知されたので現在対応中です。 しかし、すべてのゲームが登録できる自由さと、ユーザーの「目にしたくないもの」を見ない権利をどう両立するのか。 1つは個人の好みによるフィルタ。 これまでは個々のゲームごとに「無視する」を選択するかたちでしたが、開発者やパブリッシャーごとスルーすることが可能に。 個人設定では、除外するタグも以前の3つから10に増やされ「見たいもの」だけを表示する仕組みが作られています。 もう1つは、今回のニュースに直接関わる「成人向け」フィルタ。 個人設定には「成人向けコンテンツ」「暴力表現やゴア表現の頻出」「ヌードまたは性的なコンテンツ」「成人向けの性的なコンテンツ」(露骨で生々しいもの)のチェックボックスが用意され、チェックを外したタイプは表示されなくなります。 そして暴力的または性的なコンテンツを含むゲームの開発者には、コンテンツに関する説明を義務付け、その情報を元にユーザー自らがゲームが不快かどうかを判断できるようにしたとのこと。 Valveは「コンテンツが表示される際の文脈は重要」と述べています。 「Steamで無修正エロゲー配信」の実現までには、表現の自由と個人の「見たくない権利」をどう両立するのか、議論と思考が尽くされたプロセスがあったわけです。 そんな思索に浸りながら、エロゲーをプレイするのも新鮮かもしれません。

次の

インスタやTwitterの「#裏垢」が危険な理由

小学生 オナニー

によると、6月までに警察が検挙した児童ポルノに関する事件は1423件であり、年間の検挙数が過去最多だった去年同時期を281件上回っている。 また被害は、脅されたり騙されたりして自ら撮影した裸の写真などを送らされる「自画撮り被害」が全体の約40%を占めた。 2017年にSNSを通じて子どもが犯罪被害にあったサービスのうち、最多を占めたのはやはりTwitterだった。 それ以外に挙がっていたのが、今回も登場している学生限定アプリ「ひま部」、チャット系アプリ「ぎゃるる」などだ。 「ひま部」 今回は、次点に食い込みながら大人世代は耳慣れないサービスである「」についてご紹介したい。 出会い系被害が起きた学生限定アプリ ひま部はnanameueが運営する、中高校生から大学生を対象とする学生限定コミュニティアプリだ。 アルパカキャラクターが目印であり、1日の投稿数は400万を超えるという。 大人世代の間で同アプリが話題となったことはあまりないため、警視庁発表で知ったという人がほとんどだろう。 同アプリでは出会い系被害も起きている。 2016年11月、東京都の35歳男がひま部で知り合った17歳女子高生に対して、18歳未満と知りながら神奈川県内のホテルでみだらな行為をしたとして、神奈川県青少年保護育成条例違反の疑いで逮捕されたのだ。 中高生限定アプリで人気だった「ゴルスタ」がサービス終了になった2016年当時に、元ユーザーが移行したと言われている。 その際、規約内容がおかしかったり、著作権侵害をしているなどの問題が批判を集めて話題になった。 その結果、規約の修正や著作物の削除、不適切な表現のなどが行われた。 (左)ゴルスタ終了で注目を集め批判も集まった、(右)修正が行われたことが明記されている 学生限定アプリも「ニート」登録可 具体的なサービス内容についても見ていこう。 「部室」と呼ばれるタイムラインに投稿できるほか、「サークル」と呼ばれるグループでのチャットが可能だ。 そのほか、1対1または9名までのグループで同時通話もできる。 同アプリ内では、フォローは「推しメン」、フォロワーは「ファン」、メッセージは「レター」と呼ばれる。 学生限定アプリなので、学校を彷彿とさせる名称が多いのが特徴だ。 基本無料だが、月額500円のVIP会員制度では広告が非表示になるほか、自分がつけた足あと(他人のプロフィール閲覧履歴)を削除できるようになる。 しかし、学年欄を「ニート」「未設定」にしてもユーザー登録できるので、事実上制限はないと言っていいだろう。

次の

強姦は日常的、生理は止まり……北朝鮮の女性兵たち

小学生 オナニー

によると、6月までに警察が検挙した児童ポルノに関する事件は1423件であり、年間の検挙数が過去最多だった去年同時期を281件上回っている。 また被害は、脅されたり騙されたりして自ら撮影した裸の写真などを送らされる「自画撮り被害」が全体の約40%を占めた。 2017年にSNSを通じて子どもが犯罪被害にあったサービスのうち、最多を占めたのはやはりTwitterだった。 それ以外に挙がっていたのが、今回も登場している学生限定アプリ「ひま部」、チャット系アプリ「ぎゃるる」などだ。 「ひま部」 今回は、次点に食い込みながら大人世代は耳慣れないサービスである「」についてご紹介したい。 出会い系被害が起きた学生限定アプリ ひま部はnanameueが運営する、中高校生から大学生を対象とする学生限定コミュニティアプリだ。 アルパカキャラクターが目印であり、1日の投稿数は400万を超えるという。 大人世代の間で同アプリが話題となったことはあまりないため、警視庁発表で知ったという人がほとんどだろう。 同アプリでは出会い系被害も起きている。 2016年11月、東京都の35歳男がひま部で知り合った17歳女子高生に対して、18歳未満と知りながら神奈川県内のホテルでみだらな行為をしたとして、神奈川県青少年保護育成条例違反の疑いで逮捕されたのだ。 中高生限定アプリで人気だった「ゴルスタ」がサービス終了になった2016年当時に、元ユーザーが移行したと言われている。 その際、規約内容がおかしかったり、著作権侵害をしているなどの問題が批判を集めて話題になった。 その結果、規約の修正や著作物の削除、不適切な表現のなどが行われた。 (左)ゴルスタ終了で注目を集め批判も集まった、(右)修正が行われたことが明記されている 学生限定アプリも「ニート」登録可 具体的なサービス内容についても見ていこう。 「部室」と呼ばれるタイムラインに投稿できるほか、「サークル」と呼ばれるグループでのチャットが可能だ。 そのほか、1対1または9名までのグループで同時通話もできる。 同アプリ内では、フォローは「推しメン」、フォロワーは「ファン」、メッセージは「レター」と呼ばれる。 学生限定アプリなので、学校を彷彿とさせる名称が多いのが特徴だ。 基本無料だが、月額500円のVIP会員制度では広告が非表示になるほか、自分がつけた足あと(他人のプロフィール閲覧履歴)を削除できるようになる。 しかし、学年欄を「ニート」「未設定」にしてもユーザー登録できるので、事実上制限はないと言っていいだろう。

次の