鬼滅の刃 185。 【鬼滅の刃】185話画バレ確定 ラスボスの無残様、とんでもない実力を見せ付ける …

『鬼滅の刃』第185話 【炭治郎新たな段階へ!!?】鍵は禰豆子が握る!!?

鬼滅の刃 185

鬼滅の刃185話のネタバレ 禰豆子が目を覚ます 寝たきりだったが突如目を覚ます。 そして、そのまま屋敷を飛び出して行く。 突然の禰豆子の行動に困惑する輝利哉だったが、なぜか聞こえたの声を信じ、禰豆子を放っておくことに決める。 一方の禰豆子は竈門炭十郎の誘いの通りにひたすらに進んで行く。 悲鳴嶼・実弥が加勢 と戦う柱たちだったが、3人掛かりでも息が続かないほどに無惨の攻撃は苛烈なものだった。 、、の3人は無惨の攻撃を食らってしまう。 無惨の攻撃は食らうと細胞が破壊されていくので、これでも致命傷となる。 甘露寺のピンチに現れたのは鬼殺隊最強の剣士、。 さらに、も駆けつける。 柱が2人加勢したことで鬼殺隊の戦力が大きく増すことに。 これで無惨と対等に戦うことはできるのか?? 無惨の攻撃を受けて意識を失ってしまっている。 瀕死状態の炭治郎は、過去の世界に迷い込んでいた。 まとめ 以上、鬼滅の刃185話のネタバレをまとめてみました。 185話では、突如禰豆子が目を覚ますという展開が描かれました。 おそらく禰豆子は炭治郎の元に向かっていると思いますから、今後禰豆子の存在が鍵を握ってくることになりそうですね。 無惨との戦いで柱が2人増えたことで戦況は変わってきそうです。 今のところ無惨が圧倒的に優勢ですが、鬼殺隊側が巻き返すことはできるのでしょうか??.

次の

最新ネタバレ『鬼滅の刃』185

鬼滅の刃 185

『鬼滅の刃』第185話「匂いのない世界」のネタバレ 父の声を受けて起き上がった禰豆子は炭治郎の元へ 無惨の攻撃により、その血を流し込まれ、倒れてしまった炭治郎。 絶対絶命の危機の中、一方の禰豆子は、父・炭十郎であると思しき声によって、その危機を報されていました。 (禰豆子起きろ) (炭治郎が危ない) 鱗滝が見守る中、突如として、寝かされていた布団から起き上がった禰豆子。 その顔は、まるで何か焦りを感じるように汗だくで、禰豆子はそのまま、戸を破り、何処かを目指して駆け始めてしまいました。 「お館様! 鬼の娘が飛び出しました」 「如何いたしますか」 そう言って判断を仰ぐ、煉獄の父・槇寿郎(しんじゅろう)。 その報告を聞いた輝利哉 は、予想外の事態を受け、狼狽をあらわにします。 (なぜだ? どうしたんだ?) (どうすればいい?) 無惨に操られている可能性。 薬が効いて人間に戻った可能性。 いずれにせよ、そのままにしてはおけない、と、輝利哉は禰豆子を追う指示を、飛ばそうとします。 しかし、その時。 (禰豆子は好きにさせなさい、大丈夫だから) そう言って、その指示を留める声が。 輝利哉の背後から、聞こえてきました。 「誰に禰豆子さんを追わせますか!?」 禰豆子の暴走を受け、輝利哉に指示を仰ごうとする、輝利哉の妹たち。 無惨の狙いは、太陽を克服した禰豆子なのですから、その判断は当然です。 しかし輝利哉は、禰豆子を追わせる指示を、飛ばそうとはしません。 「父上が好きにさせろと言ってるんだ…」 先ほど聞こえた、幻聴のような声。 輝利哉はそこに、父の面影を見て、涙を流しました。 そうして、森の中を、何処かを目指して走って行く禰豆子。 その足取りは速く、背後から追いかける鱗滝では、禰豆子に追いつく事が出来ません。 そうする内、禰豆子は、父であると思しき影に導かれ、どんどんと猛進。 遂には、高い崖から飛び降り、鱗滝の追跡を、振り払ってしまいました。 続く死闘 甘露寺の絶体絶命の危機に残る2人の「柱」が到着する 一方。 無惨の細胞により、炭治郎が倒され、無惨が暴れる住宅街。 そこでは、それぞれの「柱」たちが、尚も死闘を繰り広げていました。 (速すぎる) (三人がかりでも息が続かん) 無惨の猛撃に、どうにか、という体で食らいついていく、冨岡・伊黒・甘露寺の3人。 そうする内、無惨の攻撃が、遂に3人の体に、深い傷を穿ちました。 しかし3人は、それでも尚、追撃を避けんとして、動き続けます。 「まだ動けるか。 柱…痣のある者は即死しないな」 そう言って、余裕の表情で、攻撃を繰り出し続ける無惨。 しかし、その攻撃を食らった甘露寺は、傷口に付けられた無惨の「血」によって体勢を崩し、その場に倒れ込んでしまいます。 「甘露寺!」 それを見て、甘露寺を助けようと、思わず目を向ける伊黒。 「自分のことだけ守って!」 「お願い」 甘露寺は、伊黒が戦いに集中する事を求め、自らに迫る斬撃に、覚悟を決めます。 しかし、その時。 甘露寺に迫る無惨の斬撃が、突如として、横合いからの攻撃を受け、砕かれました。 「!」 驚きに目を見開く無惨の前で、鎖に繋がれた鉄球、という独特の日輪刀を振り回す姿。 それは、不死川・玄弥・時透と共に、黒死牟を倒した、鬼殺隊最強の剣士・悲鳴嶼のものでした。 「遅れてすまない」 そう言って、無惨へと鋭い視線を向ける悲鳴嶼。 更には、無惨が悲鳴嶼へと視線を向けた、その隙を突き、背後から迫った不死側が、無惨の体を、一刀両断にしてしまいます。 無惨はその攻撃を受け、すぐさま再生、斬撃を不死川へと送りますが、無惨の触手が斬ったものは、不死川が放った、複数の液体入りのビン。 その液体を体に被った無惨は、追加で不死川が放った、マッチの火によって、火あぶりにされます。 「小賢しい真似を」 炎に巻かれながら、そう言って憤る無惨。 対する不死川は、 「テメェにはこれくらいが似合いだ」 と言って、挑発し、怒りに満ちた目を、無惨へと向けました。 炭治郎を運び出す村田 一方の炭治郎が死の淵で見た景色は……? その頃。 無惨と柱たちの戦いを、遠巻きに眺める者がいました。 (アイツ…) (アイツが無惨…) (家族の仇…殺す…殺す!) 「那田蜘蛛山」で炭治郎たちと共に戦い、幾度も交流を重ねてきた、先輩隊士・村田です。 村田は、無惨との戦いに加わるべく、隙を窺っている様子でした。 しかし、その様子を発見した冨岡が、先んじて村田へと、声をかけます。 (俺の名前覚えてたんだ冨岡…) (選別の時から一緒だったんだ俺たち…!) そう考え、冨岡が自分を覚えていてくれた事に、涙を流しながら、炭治郎を運ぶ村田。 一方、意識を失った炭治郎は、それでも尚、戦意を失ってはいませんでした。 (役に…立て…) (みんな…最期まで…頑張ったんだぞ…) しかし、そんな炭治郎が、次に見たもの。 それはどういう訳か、晴れ渡る青空が広がる、どことも知れない場所の、景色でした。 (青空?) (夜が明けたのか?) (いや違うそんなはず…) (あれ?) (匂いが全然しない) 意識を失ったはずの炭治郎は、斧を手にした、「ある炭焼き」の姿で。 どことも知れぬ場所に、1人、佇んでいました。 『鬼滅の刃』第185話を読んだ感想と考察 無惨の血を注ぎ込まれ、倒れてしまった炭治郎。 そしてそれを察するかのようにして、起き上がった禰豆子は、何かに導かれるようにして、炭治郎の元へと向かいました。 一方、無惨との死闘を繰り広げる、柱たちの元には、「岩柱」悲鳴嶼と、「風柱」不死川が到着。 村田による手当てを受けようとする炭治郎は、その頃、「匂いのしない」、青空の広がる世界に、佇んでいました。 父・炭十郎であると思しき、人影に導かれ、恐らくは炭治郎の元へと向かったのだと思われる禰豆子。 この展開は、以前炭治郎が、「下弦の伍」累と戦った際、禰豆子が血鬼術「爆血」に目覚めた時のことを、思い出します。 あの時禰豆子へと語りかけたのは、竈門家の母・葵枝。 もしもこの先、同じような展開が描かれるのだとすれば、やはり禰豆子の存在こそが、無惨を打倒するための切り札になり得る、という事でしょうか? そして、描写からすれば、竈門家の両親はその事を知っていた? 単なる演出上の描写に、過ぎないのかも知れませんが、やはり竈門家の血筋には、何か秘密がありそうな気配です。 また、同じような「死者からの語りかけ」という意味で、 輝利哉の元にも、父・耀哉の声が届きました。 「禰豆子を好きにさせろ」という、通常であれば考えられないような判断を、輝利哉に説いたその声。 そう言えば以前、悲鳴嶼が、「産屋敷家の者は勘の鋭さ・先見の明で財を成した」と言っていましたが、このような「声」が、そう言った「優れた勘」の源であったという事も、あり得そうです。 無惨との死闘が続く中、悲鳴嶼と不死川が参戦し、遂に禰豆子までもが、戦いに加わっていく気配を発し始めた第185話。 ついでに、ファンブックなど断片的にだけ語られていた、「冨岡と村田が同期」という部分にも、スポットが当てられ、なんだか全体的に、情報量の濃い回となりました。 そして、ラストシーン。 死の淵にある炭治郎が、目を覚ましたのは、青空の広がる世界。 そこに佇む炭治郎は、斧を持っていたり、痣が無かったりと、何やら「今の」炭治郎とは違う人物であるらしき描かれ方をしています。 もしもこれが、過去に縁壱から「日の呼吸」を継承された、炭治郎の先祖・炭吉のものだとすれば……? 禰豆子の参戦もあわせ、いよいよ、「鬼滅の刃」に隠された最後の謎に、言及されて行く事になりそうです。 『鬼滅の刃』の最新巻の単行本や過去作品を無料で見る方法 毎週、鬼滅の刃の最新話が待ち遠しいですが、単行本でまとめて読みたい、過去の作品をまだ見ていない方のために、最新巻や過去作品を無料で見る方法を紹介します。 やはり漫画は絵付きで読みたいですよね!鬼滅の刃の単行本を無料で読む方法を詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。 週刊少年ジャンプ連載中の漫画一覧• 『』尾田栄一郎• 『』冨樫義博• 『』古舘春一• 『』堀越耕平• 『』田畠裕基• 『』ミウラタダヒロ• 『』吾峠呼世晴• 『』原作:白井カイウ 作画:出水ぽすか• 『』筒井大志• 『』原作:稲垣理一郎 作画:Boichi• 『』原作:マツキタツヤ 漫画:宇佐崎しろ• 『』芥見下々• 『』藤本タツキ• 『』椎橋 寛• 『サムライ8 八丸伝』岸本斉史・大久保彰• 『ふたりの太星』福田健太郎• 『』寺坂研人• 『トーキョー忍スクワッド』田中勇輝・松浦健人• 『夜桜さんちの大作戦』権平ひつじ• 『ミタマセキュ霊ティ』鳩胸つるん 鬼滅の刃の関連記事一覧.

次の

漫画「鬼滅の刃」185話のネタバレと無料読み放題

鬼滅の刃 185

2019年12月2日発売の、週刊少年ジャンプ最新話! 今回の記事は、鬼滅の刃第185話のネタバレ記事です。 前回の鬼滅の刃184話では、攻撃に無惨自身の血を注入していることが判明! それにより、炭治郎が瀕死で死亡寸前のピンチに陥ってしまいました。。 鬼滅の刃185話ネタバレ!炭治郎は死亡するの? 早速、鬼滅の刃185話をみていきましょう! 無限城から抜け出した柱たちは無惨を倒すことができるのでしょうか?! そして、炭治郎はどうなってしまうのでしょうか。。 >> >> 鬼滅の刃ネタバレ185話:炭治郎の危機に禰豆子が起き上がる 炭治郎の危機に、炭治郎の父親が眠り続ける禰豆子に語りかける。 禰豆子、起きなさい。 炭治郎が危ない…。 父親の言葉が通じたのか、 今までずっと眠りについていた禰豆子が急に起き上がる。 とても驚いた様子で、かなり汗をかいている。 おそらく、炭治郎の危機を禰豆子は悟った様子。 そんな禰豆子のただならぬ雰囲気を察した鱗滝。 「禰豆子どうした?」と声をかけるも、反応がない。 すると突然、禰豆子が走り出した! 追いかける鱗滝だが、鬼の禰豆子は脚力もあり、とても追いつけなそう。 禰豆子が館を飛びたしたことは、すぐさま輝利哉の元に知らされる。 「お館様!鬼の娘が飛び出して行きました!」 この事実に、輝利哉は最悪の状況を想定する。 もしかしたら、無惨に操られてしまっているのではないかと。 輝利哉は一度、禰豆子を止めようと指示を出そうとした。 しかしその瞬間、先代の産屋敷の声が聞こえてくる。 「禰豆子は好きにさせなさい。 大丈夫だから。 」 輝利哉の妹であるかなたが、焦った様子でどうしたら良いかを輝利哉に問う。 輝利哉はどうするか迷いながらも、父の声を信じて禰豆子を好きにさせるようにした。 鬼滅の刃ネタバレ185話:無惨の攻撃を受ける伊黒、義勇、甘露寺 鬼の脚力でグングンと先へ進む禰豆子。 どこへ行くべきかは、禰豆子の父親が誘っている様子。 そして、高い崖さえも飛び降りながら、炭治郎の元へ向かう。 そして炭治郎は、意識がないのか倒れたままの姿だった。 その横で無惨と戦い続ける、伊黒、義勇、甘露寺。 そんな3人が、 無惨の攻撃を交わしきれずに無惨の攻撃を受けてしまう! 攻撃に血を混ぜている無惨。 攻撃を受けたということは、猛毒である無惨の血を体内に入れてしまったということを意味する。 甘露寺は無惨の血の毒をうまく制御できずに倒れ込んでしまった。 そこに、無惨の一撃が甘露寺を襲う!! 鬼滅の刃ネタバレ185話:悲鳴嶼と実弥が登場し無惨と対決する そこに現れたのは、岩柱である悲鳴嶼。 「遅れてすまない」と言いながら、現在の柱の中で最強の男が登場した! 悲鳴嶼に気を取られていた無惨を襲ったのは、風柱である実弥の一撃! 背後から無惨を斬りつける。 しかし、すぐに再生してしまう無惨。 そんな無惨に、実弥は液体が入った瓶を複数投げつける! その瓶を全て真っ二つに切る無惨。 しかし、中身の液体が無惨の体に付着する。 その液体の正体は、油だった。 そして実弥は火を無惨に投げ込み、無惨に付着した油に引火。 これには無惨が激おこになる。 鬼滅の刃ネタバレ185話:村田が炭治郎を救って死亡を回避するか 瓦礫の裏に隠れながら、柱と無惨の戦いを見届けていた村田。 村田は、自分もなんとかしなければと、無惨に攻撃をしようとする。 そんな村田に気づいた義勇。 義勇は村田に対して、炭治郎を安全な場所に移動させて手当てさせるように指示する。 義勇の言われるがままに、炭治郎の元にいく村田。 炭治郎を襲っている無惨の血によって、左目がさらに腫れ上がっている。 炭治郎、大丈夫か!と声をかける村田。 安心しろ、向こうに連れて行って手当てするから。 そう言いながら、村田は炭治郎を背負った。 そして心の中では、義勇が自分の名前を覚えてくれていたことに村田は感動していた。 村田は、義勇と選抜の時から一緒だった。 いわば、義勇と村田は鬼殺隊の同期。 柱としてがんばっている義勇を見て、自分も最後まで役に立つことを村田は決意した。 鬼滅の刃ネタバレ185話:匂いのない世界に入った炭治郎 炭治郎は、意識の中にいた。 かろうじて死んでいない炭治郎。 意識の中では、左目も傷ついていない。 そして青空が広がっている。 (あれ、匂いが全然しない…) 意識の中の炭治郎は、痣もなく耳飾りもなく、木を切るナタを持っていた。 死の縁で迷い込んだ世界に、戸惑いを隠せない炭治郎。 ーーー次回186話に続く 鬼滅の刃最新話185話:感想 現在生き残っている柱が集結しましたね! 最強の柱である悲鳴嶼は、無惨を倒すことができるのでしょうか。 それにしても、実弥に頭から一刀両断されてもすぐに再生するとか、無惨は最強すぎます。 どうなったら倒せるのか。。

次の