ジョジョ 名言 dio。 ジョジョの奇妙な冒険(第1部)の名言・名セリフまとめ

【六部】日常で使えるジョジョの名言を紹介する。第6部 ストーンオーシャン編|今日はヒトデ祭りだぞ!

ジョジョ 名言 dio

もしかして:ワールドヒーローズのDIO NEO-DIO 『おれは恐怖を克服することが「生きることだと」思う。 世界の頂点に立つ者は!ほんのちっぽけな「恐怖」をも持たぬ者ッ!』 概要 『』シリーズにおけるである。 第1部から登場し、第6部までという実に 100年以上に渡りストーリーに大きな影響を及ぼすにしてジョースター一族の宿敵である。 第3部『』ではラスボスを務めており、主人公であると共にシリーズの代表的な存在。 長年、ジョジョ原作の看板を背負った【顔】である。 第1部では、少年期のフルネーム「」として登場。 でありながら、ラスボスも務めている。 第1部では「」か、フルネームの「」と呼ばれることが多い。 以下に呼称をまとめたものを示す。 ディオ 第1部での表記。 第1部終盤にが一度「DIO」と呼んでいるが、基本的には第3部以降に登場するディオをDIOと表記し区別されている。 第2部には登場しないが、名前だけ登場した時の表記は「ディオ」である。 DIO 第3部に登場した際の表記。 第4部~第6部まではDIOという名前だけが登場。 ディオがDIOになった瞬間は『第1部で倒され、第3部冒頭に海底から復活した時から』『ジョナサンの肉体 首から下 を奪って融合した時から』『スタンド能力に目覚めた時から』等、個々の解釈に分かれる。 Dio 第7部の登場人物、ディエゴ・ブランドーの愛称。 第6部で一度物語が完結し、第7部以降は新しい世界の話であるため、ディオ/DIOとは別人である。 別世界における同じ人間 一巡した世界 のDIOとされる。 序盤に登場した際のスタンド能力はオリジナルのものであるが、終盤に再登場した彼の 第1部のと、第7部のについては別記事を参照。 非常に容姿端麗で人心掌握の天才、かつ聡明で狡猾な利己主義者。 頭脳明晰で、上昇志向が強いハングリー精神の持ち主。 よく本を読んでいる。 第1部で古代の神秘の道具「」によりと化したディオは、波紋で肉体を滅ぼされたのちに首から下はの肉体を乗っ取り、沈没する船の棺桶の中で眠っていた。 第3部はその約100年後であり、第1部でのライバル、そして大量のを生み出していた立場から一転、スタンド能力を持ち巨万の富と信者・部下がいる帝王として登場。 宝探しをするクルーザーに棺桶を海から引き上げられ復活。 DIOはジョースターとの因縁が浮上するまで地上で約4年暗躍、その間にからもたらされた『矢』によりスタンド能力『世界()』を身に付ける。 また、この時、にも出会っており、『天国』へ行くための研究も始めていたようである。 第1部でを勧誘する際に見せていたカリスマ性を明確に発揮。 会った人物に身の毛が逆立つほどの恐怖と生への執着を起こすほどのオーラを持ち、人の心の隙へ侵入し巧みに操り、自ら命を差し出すほどの忠誠心を植え付ける。 その魔の魅力に惹かれた者たち、有能だが信用はしていないスタンド使いに能力「」を埋め込むことで操り、賞金稼ぎや情報提供者など、世界中に部下を増やす。 DIOは巧みな話術だけにとどまらず、容姿の魅力、高い知能、吸血鬼としての肉体、驚異的なまでの執念を併せ持っており、それらを存分に発揮してを追い詰める。 DIOは日光の下には出ることができないし、DIOを倒せそうなスタンドも存在する。 バトルロイヤルや最強議論になると、DIOが絶対的なトップであるとはいえない。 だが3部DIOをまともに考えたら、DIO本人に辿り着くはるか以前の段階で、配下のスタンド使いに殺されて死ぬだろう。 それを乗り越えても待ち受けているのは、DIO様と(能力秘密・その正体は)である。 本人もスタンドや実力には強い自信を持っているが、慢心しきってはおらず、などの一部のスタンドには大なり小なり警戒している他、後述の慎重さもあるため、トップとはいかずとも、総合力は非常に高いといえる。 幼少期にろくでなしのから虐待され、「酒代のために母の形見のドレスを売れ」と命じる父を憎み殺す決心をしたほど嫌っていたため、礼儀は重んじている節もある。 母親は、気高い人間だったが『天国』への狂信と独善な性格にディオからは「客観的に愚かだった」「彼女は天国には行けなかっただろう」と評され、複雑な思いを抱かれている。 元を辿れば不幸な生い立ちがあるが、ジョースター家に養子に来た時点で既に「一番の金持ちになってやる」「誰にも負けない男になる」と決意と野望を持っており、他者を犠牲にすることになんら良心の呵責が無く、からも「環境で悪人になったのではなく生まれついての悪党」だと看破された。 第3部でも変わっておらず、承太郎との決戦で正々堂々と決着をつける申し込みを拒否し、最期まで悪道を貫き通した。 DIOに心酔する者は多く、死後も様々な影響を与える。 戦闘において、第1部では攻撃を食らうとすぐ激怒して冷静さを失うなど、短気であることが弱点であり、自分でも自覚していた。 第3部では激怒している描写は無い。 相手から距離を取ったり、心音を確かめたり、首を跳ねてより確実に殺そうとしたり、第1部より慎重に(=用心深く)なっている。 第1部で使っていた気化冷凍法と空裂眼刺驚は第3部では使っていない。 忘れられてた・・・という可能性もあるが、DIOはスタンドの真の能力で戦いたいと言っているのと、気化冷凍法は波紋を防ぐために開発した技でありスタンド戦で自身を凍らせて使うのはスタンドに粉々にされる危険性がある。 空裂眼刺驚は体液なので作中では連射をしていないのと、第1部で1度目は外し、2度目はジョナサンに致命傷を与えたが直線に進むのみなので少しズレれば狙いが外れ命中率が低いことが証明されている。 第2部のも破られていた。 3部CDドラマでは使用している。 ゲーム『』では「そんな技もあったな・・・・」と口走るため、忘れていた可能性も・・・・(ちなみにその理由は小説「OVER HEAVEN」で語られている為、気になる人は読んでみよう)。 DIOが何故を武器に使ったのかたまに疑問を持たれるが、承太郎から距離を取った状態で上から圧死を狙い、さらにラッシュを叩き込んで即死をさせるための有効手段である。 ゲームやアニメではこの技がしっかりと再現されている。 OVAではロードローラーではなくをぶつけている。 これはロードローラーでは大きな爆発が起きないという理由と、石油による爆発によってできる火の海から、DIOが現れる演出がしたいという理由があっての変更である。 またDIOの台詞の「時は動き出す」は3部格闘ゲーム『未来への遺産』では「そして時は動き出す」という台詞になっているのも有名。 特徴的な台詞も多くインパクトの塊のような人物であり、第1部からコアなファンは多数いたが、第3部でも圧倒的なカリスマ性、特徴的な見た目や攻撃方法、実は意外とお茶目なのではと思われる言動もあるので連載時から読者(主に男性、だが世代に関わらず老若男女)から悪役ながら人気が高い。 連載当時から作中での呼び名である「DIO様」の愛称で呼ぶ原作ファンは多かった。 また、戦闘で時を止める能力がとても衝撃的だったので、スタンド「ザ・ワールド」と共に知名度も高く、今や時を止める能力の代名詞にもなっている。 第3部では 第3部ではジョナサンの子孫であるに念写されたことで自身の存在を知られ、DIOの障害となるを疎ましく思い始末しようと数々の刺客を送る。 その刺客たちが敗れるとで自ら迎え撃つ。 第3部の序盤、エジプトにいることが判明した際に『ヤツはなぜかエジプトから動きたくないらしい』と花京院の台詞で、いかにもエジプト滞在に理由が有り気に伏線?が張られていたが、結局それが回収される事はなかった・・・ 花京院を時止めの能力で殺害し、続けてジョセフもナイフを喉に打ち込んで戦闘不能にする。 そしてその場に居合わせた承太郎と決戦となる。 一進一退の攻防を演じ、脳天にスタープラチナの一撃を喰らって追い詰められる。 しかしジョセフの肉体から血液を奪うことで復活。 最高に「 ハイ!」になるほどテンションが最高潮になりパワーアップもした。 時間を止めてで叩き潰そうとしたが、承太郎も同じ能力に目覚めたことで抜け出され、今度は自分が動けなくなってしまう。 最後は正面切っての真っ向勝負となり、血の目潰しで承太郎の視界を封じ、トドメを刺そうと蹴りを放つ。 しかし、スタープラチナの拳によって足を始点に肉体を砕かれ、敗北した。 承太郎いわく「 てめーの敗因は・・・たったひとつだぜ・・・DIO・・・たったひとつのシンプルな答えだ。 『』」。 その後、DIOの肉体は太陽の下にさらされ、灰となって消え去った。 第3部以外の関係 第2部ではがディオの強さ、美しさ、不老不死に憧れてを被る。 の父親が、第1部でディオが生み出していたゾンビの生き残りに殺されている。 第4部ではの父親がDIOの死によって暴走した『』によって変貌した姿で登場。 が子供の頃、DIOがスタンド能力に目覚めた影響で重体になっていた。 第4部、第6部に登場するのは『』と呼ばれている。 第5部ではDIOの息子、が主人公になる。 ジョルノはDIOの写真を常に持ち歩いている。 DIOの肉体はジョナサンなのでジョースターの血統と黄金の精神を受け継ぎ、またジョナサンの体はなじむごとにDIOの吸血鬼化していたのでジョルノは黒髪から金髪に変わり、「無駄無駄」や「WRY」と言ったり、DIOと親子を感じさせる要素も受け継いでいる。 第6部ではDIOの友人の(プッチ神父)と、部下のが登場する。 過去のシーンで生前のDIOも登場。 『運命』について見解を深めていた。 プッチに『天国』へ行く方法を書いたノートの存在を伝え、重要なアイテムのスタンド能力に目覚めるための『矢』や、『DIOの骨』を渡している。 骨からは緑色の赤ん坊が産まれ重要な役割を果たす。 プッチの生まれつき足の指が歪んでいた障害を一瞬で治してみせたが方法の詳細は不明。 第1部ラストでジョナサンに「その傷もなおす」と言っており吸血鬼の能力の可能性が高い。 DIOの息子は他にも3人おり、、、が登場。 天国の時が近づくと導かれるように集まり、DIOは天国へ行く時に備え子供を作っていた。 同じくDIOの息子であるジョルノは第6部には登場しなかったが、主人公一向に遭遇していないだけで、フロリダの近くにいたかもしれないという記載が単行本に記されている。 作中で天国への行き方についてのノートに記載している、DIOがを身に付け天国へ行くために世界中を旅して探し求めていた『信頼できる友』が、天国の存在について明かした唯一の人物であるエンリコ・プッチにあたる。 また「DIOはプッチを利用していただけなのでは?」という意見もたまにあり、原作でDIO側の心理描写は無いため解釈は読者によって分かれる。 雑誌の作者インタビューにて「プッチ神父のことをDIOが好きだったということは無いと思うよ」というコメントがあるが、2人の仲の良さからがあるのではという問いに対しての回答であるため、友情については現時点で明確な作者コメントは無い。 小説「OVER HEAVEN」は彼の視点・語り口で、先述の天国ノートが書かれている。 DIOの好みのタイプはだという。 エンヤ婆が聞いたら嬉しさで昇天しそうである。 「JEORGE JOESTAR」ではラスボスである(そんな事どうでもよくなるくらい作品としてぶっとんでいるが、嘘は言っていない)。 ジョジョニウム3巻の誕生秘話で、「名前をバイクのDIOから取ったのでは」と聞くが、ディオと名付けた方がバイクの発売より先で、音の響きをジョジョと比べてみてで""を意味するdio(ディオ)が由来という内容と、モデルとなった実在人物(実名は出てないが、人が殺されるのを望むほど周りを魅了したアメリカの犯罪者)の紹介がある。 17巻では「もしもDIOが生き残ってたら」という内容の解説もある。 ゲーム「ファントムブラッド」予約特典の作者インタビューでは、ディオは頂点の"神"を目指してるので名前はイタリア語で"神"の意味のdio(ディオ)と、へヴィメタルも好きなので「DIO」(が組んだアメリカのバンド)が由来と語られた。 容姿 公式プロフィールで容姿端麗と紹介がある美形。 外見年齢は約20歳。 大体『』『通常DIO』『ハイDIO』『6部DIO』に分かれる。 原作でで描かれる事が多いが、ジョジョは固有色は決められて無いので赤髪や違う色の時もある。 や曰く「美しい」。 曰く「心の中心にしのびこんでくるような氷りつく眼ざし」「黄金色の頭髪」「すきとおるような白いハダ」「男とは思えないような妖しい色気」。 の頭部との胴体が繋がっているため、首に傷跡がある。 傷は体が馴染むごとに薄く無くなっていく(ヴァニラに語るシーンより)。 左肩にはジョースター一族の星のアザがついている。 なお、1部でに指摘された「 耳たぶに黒子が3つ並んでいる」というかなり個性的な身体的特徴があるのだが、1部のうちに描写されなくなっている。 創作物でもその設定を忠実に守っている作品はあまり見ない。 3部当初~終盤近くまでの容姿。 顔は影に隠れており見えない。 登場する度に服装が変わり、室内では主に上半身裸か背中部分が大きく開いたインナーにズボン姿。 通常DIO 初めて顔を出した時からハイになるまでの姿。 髪はウェーブがかっており、ハートのを着用。 レントゲン写真からすると、飾り部分のみが金属で、あとは布製。 初登場時は布部分が二重だったが、それ以降は一重。 初登場時のみ首輪をしている。 リング状の耳飾りをしている。 レントゲンだと完全な環ではない。 黄色の上着を着て、黒い(ハイDIOを見ると背中が開いているのが解る)を着用し、膝当てとベルトにはハートの飾りがある。 黄色いズボンを履いており、インナーが見えている。 インナーの構造がどうなっているのかは不明。 『ベルトの部分を境に上下で分かれてる』か『女性用の水着のように上下が繋がっている』のどちらかと思われる。 靴はつま先が上方へカーブしている。 手首と足首に金属製の腕輪と足環をしており、これは服の一部のように見えるが、ハイDIOを見る限り、服とは別の物であるらしい。 「服の上から腕にピッタリの腕輪をするのは難しいのでは?」という意見があるが、「蝶番があって、180度開くことが可能なのでは」という説がこれに対してある。 ハイDIO 3部終盤で登場した姿で、ジョセフの血を吸って最高に「ハイ!」になったDIO。 原作では肩の星型の痣が無くなっている。 メディア化によっては肩付近に星がある。 上着を脱いで腕輪はつけたまま。 サークレットは無くなっており、髪の毛は逆立ち、唇は色がより付いている。 ちなみに唇に色がついている場面は原作の影DIOがアヴドゥルと会った時や通常DIOでもある。 アニメ版での瞳と唇の色は原作55巻の表紙の息子・ジョルノのカラーリングに酷似している。 6部DIO プッチの回想に登場する。 靴のつま先がグルグル巻いており、影DIO時のような服を着ている。 瞳の色について 原作では瞳の色の多くは琥珀色。 メディア化の際の瞳の色は、赤色 が多い。 青色 もある。 1部劇場版=人間時代は碧眼、吸血鬼後は紅眼 3部OVA=紅眼 1部、3部TVアニメ=人間時代は金眼 紅眼に見えるときあり。 、吸血鬼後は紅眼 1部ゲーム『ファントムブラッド』=金眼 3部ゲーム『未来への遺産』=紅眼 ゲーム『ASB』=1部は紅眼、3部は金眼 ゲーム『EoH』=1部は紅眼、3部の通常DIOと、天国DIOは金眼、ハイDIOは紅眼 なので多くは金髪紅眼、金髪金眼である。 爪について 原作本編では第6部まで爪は何も塗っておらず短い時が多いが、本編登場の終了後の辺りから作者による書下ろしイラストが描かれる際は爪は長く色が付いてる事が多い。 3部での原作とメディア化によるデザインの違い 原作と細かく違うデザインになっている時もある。 3部格闘ゲームは原作画を使っているので全く同じだが、影DIOは髪の毛は淡くて薄い黄色、上半身裸でズボンは緑色。 OVAはハートが黄色、ズボンも腰回りが通常のズボン。 TVアニメは爪が黒く、ズボンの腰回りはより開いていてインナーが見える仕様。 1部でワンチェンが語っていた左耳にある3つのホクロは原作3部では無いが、TVアニメでは有る。 1部の青年期は「~だぜ」。 スタンド:『世界()』 詳しくはの別記事を参照。 DIOは自分のスタンド能力を秘密にしており、エンヤ婆やプッチなど一部の者しか知らない。 第3部の初期に1度、茨型のスタンドで念写能力を使う様子が描写されていた。 これは公式画集『JOJO A-GO! 』のスタンド辞典で「ジョナサンの肉体に発現したスタンド」と説明されている。 物語後半では体が「なじんだ」ためか、使用されることはなくなった。 茨のスタンドで念写をするシーンがあるため「初期設定ではDIOは全てのスタンド能力を使える予定だった」と噂されることもあるが根拠は無い。 の死に際のセリフ「DIO様はスタンドをきわめるお方なのだ!」が勝手に曲解されたものという説もある。 作者自身は『JOJOVELLER』にて「ザ・ワールドをスタープラチナと対比になるよう初期にボスとしてデザインした」とコメントしている。 なお、小説「OVER HEAVEN」では茨のスタンドの正体は、ジョナサンの肉体が発現したスタンド「」だったと明言されている。 第6部では過去のシーンでスタンドはそれぞれに合った個性や適材適所があるため「強い」「弱い」の概念はないとプッチに言っており、第3部の決戦でDIOが自身のスタンドについて「(戦闘において)『世界』は最強のスタンドだ」と言っている。 王には王のスタンドがあるとも第6部で説明しているので、王のスタンドは最強だ表現でもあるよう。 担当声優 第1部 映画・1部ゲーム青年期 (1部ゲーム少年期) TVアニメ、、 第3部 SFCゲームCM CDドラマ 3部格ゲー OVA TVアニメ、、、 関連イラスト 関連タグ ・・・の主人公。 DIOの首から下。 ・・・第1部の方々。 ・・・の主人公。 DIOと長年の因縁を持つ。 ・・・第3部の方々。 ・・・DIO信者の方々。 ・・・DIOの執事。 ・・・DIOの息子。 の主人公。 ・・・DIOの友人。 のラスボス。 ・・・DIOの息子。 で登場。 ・・・時を止める、ナイフを投げるなどDIOがモデル。 ・・・咲夜と同じく、一部の必殺技に時を止めて無数のナイフを投げつけるものがある。 ・・・・投稿動画からが定着した。 DIOが元ネタ。 ・・・時を止める吸血鬼つながり。 ・・・宿敵キャラでありながら後に主役となるを持った悪役つながり。 ・・・が主役で、自身もまた悪に落ちる前にそれを勤めた時期がある。 ・・・自身が人ならざる吸血鬼であること示すためにロードローラーを片手で持ち上げてみせた ...TVアニメ版で声を担当した子安武人氏が時間を操る能力を持った『』を演じている。 他の記事言語 (英語版) 関連記事 親記事.

次の

DIO (でぃお)とは【ピクシブ百科事典】

ジョジョ 名言 dio

『ジョジョの奇妙な冒険(第1部)』の概要 ジョジョの奇妙な冒険「ファントムブラッド」は1987年より荒木飛呂彦によって連載されている漫画の第1部である。 19世紀のイギリスを舞台に、謎の「石仮面」によって吸血鬼となった「ディオ・ブランドー」と、打倒ディオを目指す主人公「ジョナサン・ジョースター」との闘いを描く。 父親のつてでジョースター家へ養子に入った貧民街出身のディオは、貴族であるジョースター家の乗っ取りをひそかに計画する。 しかし、ある事件がきっかけで計画がばれ、追い詰められたディオはジョナサンの父ジョージ・ジョースターをナイフで刺し、その血と石仮面によって吸血鬼と化す。 ジョナサンは父親を殺された悲しみを勇気に変え、ジョースター家ごと炎上させることで一度はディオを倒す。 だがディオはまだ生きていた。 謎の男「ツェペリ男爵」によって石仮面に対抗する「波紋」を学ぶことになったジョナサンは、さらなるディオとの闘いに挑む。 その後ジョジョの奇妙な冒険第六部まで続くディオとジョースター家の因縁の原点にもなっている。 当時他に類を見ない「ジョジョ立ち」といわれる奇妙なポージング、奇妙な擬音表現も人気が高い。 また、ジョジョ特有のセリフ回し、語尾の「ッ!」や「・」によって強調されたハイテンションな言い回しは非常にインパクトがある。 また、人間と人間以外のものを通して描かれる「人間賛歌」がテーマになっており、「勇気」とは何か、「真の覚悟とは」「本当の正義とは」などを含んだキャラクターの発言が独特の言い回しとも合わさり、多くの名台詞を生んでいる。 様々な作品やネット上でパロディもされるなど名言として非常に有名。 2006年にはゲーム化、2007年に劇場アニメ化、そして2012年にはテレビアニメ化もされた。 ジョジョの奇妙な冒険(第1部)の名言・名セリフ 「二人の囚人が鉄格子の窓から外を眺めたとさ。 一人は泥を見た。 一人は星を見た」(フレデリック・ラングブリッジ「不滅の詩」).

次の

DIO (でぃお)とは【ピクシブ百科事典】

ジョジョ 名言 dio

本日の名言 人間は誰でも不安や恐怖を克服して安心を得るために生きる 発言者:DIO 引用元:ジョジョの奇妙な冒険第三部「スターダストクルセイダース」 概要 ヴァニラ・アイスを倒し、館の奥まで辿り着いたポルナレフはそこでDIOと対峙する。 DIOはポルナレフに対し、階段を下りるなら再び自分の仲間にしてやる、逆に死にたいならば階段を上って来いと持ちかける。 大事な仲間、そしてその仲間の死により、DIOへの恐怖心を克服したポルナレフはDIOと戦うことを決意し、DIOを目指して階段を上る。 だが、階段を上ったはずが気が付くとポルナレフは階段を下りていた。 ポルナレフは驚きながらも走って階段を上ろうとするが、気が付くといつの間にか階段を下りてしまっている。 動揺するポルナレフに対して、DIOは静かに語りかける。 「人間は何のために生きるのか 考えたことがあるかね? 『人間は誰でも不安や恐怖を克服して安心を得るために生きる』 名声を手に入れたり 人を支配したり 金儲けをするのも安心するためだ」 DIOは、安心を求めることこそ人間の目的であり、自分に仕えれば永遠の安心感を与えてやるとポルナレフに説く。 考察 100年前に吸血鬼となり、海中で眠っていた時期があったとはいえ、長きに渡って生きてきたDIOが達した結論です。 かつては人間だったDIOだからこそ、人間の深層心理も理解しており、人心を掌握する術も持ち合わせているのでしょう。 そういえば、アヴドゥルもDIOに初めて会った時は、DIOの声は安らぐ声であり、だからこそ余計に恐ろしいと言っていました。 尤も、DIOの仲間になったところで肉の芽を埋め込まれてあまり生き永らえることはできないような気もしますが。 人間は誰しも、大小の差はあれど心の中に不安や恐怖をもっているものです。 人のためになるよう動いていると言っても、DIOに言わせれば結局は自分自身が周囲に認められ、安心するためというわけです。 DIOが言っていることは実際当てはまる部分も多いでしょう。 そして、その安心の定義は人によってばらばらのため、安心を求めるための行動は人によって異なるということでしょう。 とはいえ、確かに安心する、という目的については善行も悪行も同じですが、願わくばDIOのように悪には染まりたくないものです。 こればかりは先天的な感覚が左右しそうです。 活用方法 「何のために生きるのか」を質問されたらまさしくこの答えでしょう。 自分の人生に目標がない、つまらない、と思ってしまったら、この言葉を自分に言い聞かせ、安心できる状況を作り出せれば張りのある人生を歩めそうな気がします。

次の