佐藤健 映画。 佐藤健の宮城ロケ地はどこ?譲られなかった者たちへの撮影場所まとめ|fun doors

佐藤健の映画おすすめ人気ランキングTOP16【最新版】

佐藤健 映画

2006年、深夜放送の学園コメディ「プリンセス・プリンセスD」で俳優デビュー。 翌07年、TVドラマ「仮面ライダー電王」で初主演を務め、劇場版にも出演する。 「ROOKIES」(08)、NHK大河ドラマ「龍馬伝」、「Q10」(ともに10)といったTVドラマで人気若手俳優となり、ロッテのガム「Fit's」のCM(09〜13)でも高い身体能力を披露して話題を呼ぶ。 大ヒット漫画の実写映画版「るろうに剣心」3部作(12、14)では主人公・緋村剣心役を演じ、見事な殺陣で注目を集めた。 その後も「カノジョは嘘を愛しすぎてる」(13)、「バクマン。 」(15)、「世界から猫が消えたなら」(16)、「亜人」(17)などに主演。 TVドラマでも「とんび」(13)や「天皇の料理番」(15)などで活躍し、NHK連続テレビ小説「半分、青い。 」(18)の出演にも注目が集まる。 関連作品(映画)• 0 2021年GW公開予定• 2 2021年GW公開予定• - 2020年公開予定• 6 2020年公開• 8 2019年公開• 2 2019年公開 受賞歴.

次の

『佐藤 健』映画の興行収入ランキングTOP12!

佐藤健 映画

佐藤健は1989年3月21日生まれ、埼玉県岩槻市 現・さいたま市 出身の俳優です。 高校生の時にスカウトされ、2006年にドラマ『プリンセス・プリンセスD』で俳優デビュー。 翌年、特撮ドラマ『仮面ライダー電王』の野上良太郎役で連続ドラマに初主演し、仮面ライダー俳優として知名度を上げました。 代表作でもある「るろうに剣心」シリーズをはじめ、『亜人』、『いぬやしき』などで披露した華麗なアクションも注目されています。 2020年は、中山七里の同名小説が原作の映画『護られなかった者たちへ』が公開予定。 前科があり、連続殺人事件の容疑者となる主人公を演じます。 この記事では、今や日本を代表する実力派イケメン俳優・佐藤健の出演映画を厳選し、おすすめの13作品を役名・役柄とともに紹介します。 佐藤健の連続ドラマ初主演作となった、平成仮面ライダー第8作『仮面ライダー電王』 2007年 の単独劇場版にして、佐藤の映画デビュー作です。 主人公の野上良太郎は時の列車デンライナーに乗って時代を行き来し、時の運行を守っていました。 しかし全ての時間の支配を目論む強盗集団によって、デンライナーを奪われてしまいます。 電王と言えば、モモタロスを筆頭に、様々なイマジンを憑依させる仮面ライダー。 佐藤は気弱な性格の良太郎とイマジンを見事に演じ分け、後の活躍を予感させました。 単独映画は3作目の「さらば仮面ライダー電王」 2008年 で完結し、その後、関連作品への佐藤の出演はありませんでした。 森田まさのりの同名漫画を、佐藤隆太主演でドラマ化した『ROOKIES』 2008年 の続編にして、シリーズ完結編となる劇場版「-卒業-」。 舞台となるのは二子玉川学園高校、通称「ニコガク」。 不祥事で活動停止に追い込まれた野球部員たちが、熱血教師・川藤との出会いで情熱を取り戻し、甲子園を目指すスポ根ドラマです。 ドラマ版では登場しない赤星、濱中が登場し、オリジナルストーリーが展開しました。 佐藤が演じたのは、ドレッドヘアーにバンダナ ヘアバンド が特徴の岡田優也です。 派手な見た目とは裏腹に冷静な性格で、仲間たちを諭す一面もあるキャラクター。 脇役ながらも強い存在感を放ち、ブレイクのきっかけになりました。 和月伸宏の人気漫画『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』を、大友啓史監督、主演の佐藤健のタッグで実写映画化した「るろうに剣心」シリーズ第1弾です。 幕末の動乱期、「人斬り抜刀斎」の異名で恐れられた伝説の剣客・緋村剣心。 時代は明治に変わり、彼は不殺 ころさず の誓いを立て、刀を逆刃刀に持ち替えました。 弱者を助ける流浪人として旅する中で、守るべき人びとと出会い、新たな戦いに身を投じるアクション時代劇です。 佐藤は剣心のビジュアルを完全再現した上、実写化不可能とも言われた飛天御剣流の技の数々を、スタントなしで演じきりました。 剣心が憑依した熱演は原作ファンにも評価されて大ヒットし、2014年には剣心の宿敵、志々雄真一派との戦いを描く続編が2部作で公開。 2020年夏には、剣心の頬の十字傷の謎や隠されていた過去にも迫るシリーズ最終章「追憶編」、「人誅編」の2部作が公開されます。 原作の大場つぐみ、作画の小畑健による『DEATH NOTE』コンビが生んだ人気漫画を、『モテキ』の大根仁監督が実写映画化した作品です。 天才的な画力を持つサイコーこと真城最高と、天才的な構想力を持ち巧みなストーリーを生み出す、シュージンこと高木秋人。 彼らが高校生漫画家コンビ「亜城木夢叶」として、日本一の発行部数を誇る週刊少年ジャンプ誌上にて、ライバルたちとしのぎを削る青春ドラマです。 キャスト発表時に、サイコー役の佐藤、シュージン役の神木隆之介の配役に「逆ではないか?」との指摘が相次ぎ、本人たちもそう思ったんだとか!実際に演じてみると、ビジュアルを除けばキャラクターと重なる部分が多かったそうで、公開後は配役の妙を評価する声が寄せられました。 朝井リョウの直木賞受賞作『何者』を、主演の佐藤健、有村架純や二階堂ふみ、菅田将暉、岡田将生、山田孝之ら若手実力派俳優の共演で映画化した作品。 就職活動のための情報交換の場として、「就活対策本部」を結成した5人の大学生たち。 彼らは疑問や悩みを分かち合いますが、人間関係に少しずつ変化が表れます。 佐藤演じる主人公・二宮拓人は、大学では演劇サークルの活動に打ち込んでいました。 脚本を執筆していた経験から、人間観察、分析が得意というキャラクター。 時折垣間見える、二宮の腹黒さを滲ませた佐藤の演技を評価する声もあります。 本作の主人公・永井圭は、病を患う妹を救うために医者を目指し、研修医になりました。 ある日、彼は交通事故で死亡した直後に生き返り、不死の新人類「亜人」であることが発覚。 互いの信念の違いから、人類の大量虐殺を図る亜人・佐藤と壮絶な戦いを繰り広げる、サスペンスアクションです。 佐藤演じる圭は実験体として国家に追われ、同族の亜人とも対立するキャラクターでした。 激しいアクションシーンが高く評価され、鍛え上げられた肉体美も話題に!第6回ジャパンアクションアワードにて、ベストアクション最優秀男優賞を獲得しました。 YouTubeの動画投稿から話題となった、中原尚志・麻衣の実話をもとにした書籍を、佐藤健と土屋太鳳のW主演で映画化した「8年越しの花嫁」。 尚志と麻衣は、結婚式を3ヶ月後に控える幸せいっぱいのカップル。 それも束の間、麻衣は謎の病に倒れ、昏睡状態に陥ってしまいました。 2人を次々と待ち受ける試練を乗り越え、結婚を約束してから8年後、奇跡の瞬間を迎えるまでを描くラブストーリーです。 佐藤は婚約者への愛を貫き、義理の両親に「もう娘のことは忘れて欲しい」と言われても、決して諦めず信じ続けた尚志役を演じました。 口下手な一面はあるものの、愛情深い男性を好演し、第41回日本アカデミー賞にて優秀主演男優賞を獲得しています。 現作は奥浩哉による人気漫画で、2017年にTVアニメ化もされた『いぬやしき』。 「GANTZ」でも奥作品を手がけた佐藤信介がメガホンを取り、木梨憲武主演で実写化したSFアクションです。 うだつの上がらない毎日を送る、定年間近のサラリーマン・犬屋敷壱郎。 末期ガンに冒され、余命幾ばくもない彼はある日、謎の事故によって機械の体を手にしました。 犬屋敷は人間を超越した力を使い、傷つく人びとを助けるヒーローになるのですが……。 本作で佐藤が演じたのは、犬屋敷と同じ事故に遭って手にした力で、自分に敵対する者たちを殺害していく大量殺人鬼・獅子神皓です。 VFXを駆使したアクションシーンはもちろん、キャリア初となる悪役をどう演じたのか、ぜひ注目してみてください! 劇作家・桑原裕子が主催する「劇団KAKUTA」の代表作を、『孤狼の血』などの白石和彌監督が、主演の佐藤健、鈴木亮平、松岡茉優らの共演で映画化。 どしゃぶりの雨が降る夜、タクシー会社を営む稲村家の母・こはるは夫を殺害しました。 暴力を振るう父親から開放することが、子どもたちの幸せと信じて……。 3兄妹の運命は一夜にして一変し、15年後、再会した家族が失った絆を取り戻そうとする姿を描いた人間ドラマです。 佐藤演じる次男・雄二は、東京で働くうだつのあがらないフリーライター。 再会した母に冷たくしながらも、愛情に応えられない自分に苛立つ、とても難しい役柄でした。 眉間に深いシワを刻んでタバコを吹かし、やさぐれ度満点の無精ヒゲ姿に、「新鮮」との声が上がりました。

次の

佐藤健主演映画「護られなかった者たちへ」の原作や犯人は誰?(ネタバレ)

佐藤健 映画

主演 佐藤健:利根泰久 「恋はつづくよどこまでも」で人気急上昇中の 佐藤健が主演を演じることが決定しました。 映画「るろうに剣心」でも殺陣を披露したり、多彩な才能を認められてきています。 今回の作品では 連続殺人の容疑者、利根泰久を演じます。 「8年越しの花嫁 奇跡の実話」を監督した 瀬々敬久監督と再びタッグを組んでの制作です。 生活保護というシステムの裏に潜む人々の様々な思い、その中でも途方もないやるせなさ、悲しみ、どこへ向ければいいかわからぬ憤り、怒りをぶつけていくことがこの作品での自分の役割だと思っています。 魅力的なキャストの皆様、そして再び瀬々監督とご一緒できることを大変嬉しく思います。 監督とは前回2ヶ月の岡山ロケを共にしましたが、今回の舞台は宮城です。 またしばらく瀬々組の濃厚な映画の世界に浸ってきます。 引用元: とコメントを残しています。 阿部寛 笘篠誠一郎 利根を追う刑事を演じるのは言わずと知れた名役者、 阿部寛。 映画「テルマエ・ロマエ」で 数々の賞を受賞するほどの演技に今回も期待です。 映画の制作にあたり、 瀬々監督と数年ぶりにご一緒しますが、監督ならではの、リアリティと素朴な人間の感情が入り混じる現場に身をゆだねようと思います。 不可解な連続殺人事件を追いかける刑事役となりますが、今までとは一味違う刑事像となる予感と期待があり、撮影現場に入る事が今から楽しみです。 今回の物語の舞台は宮城県を中心とした東北地方になりますが、東日本大震災のみならず、日本各地で発生している天災を風化させないためにも、物語を通して記憶と想いを繋げていければと思います。 引用元: とコメントしています。

次の